「APEXピック」飯室博さんインタビュー

スタジオ、セッションギタリストとして多大なる実績を持つ超実力派ギタリストの飯室博さんは、これまでに矢沢永吉さん、徳永英明さんなど数多くのアーティストのライブ、レコーディングをサポートし、一流アーティストの中ではその名を知らぬ人がいないほどのギタリストの重鎮。


EXCEL:飯室さん 本日はよろしくお願いします。APEXピックはギターピックの分類上「マンドリンピック」と呼ばれている小さいピックですが、以前からマンドリンピックをお使いになっていらっしゃったのですか?
 

飯室博さん :

知るきっかけになったのは、EXCELさんのHPで見かけた事でした。マンドリンピックは以前に使った事はありますが、エレキで弾いた事はありませんでした。
 
EXCEL:APEXピックをお使いいただいて、演奏スタイルや、トーンなどに変化はありましたでしょうか?
 

飯室博さん :

個人的な印象は、弦にタッチした時の反応があまりに良かったので、触発されて弾くフレーズが変わった事に驚きました。
私自身、ピックはトーンに直結すると感じているので、新たなアイテムになりました。
 
EXCEL:それは凄く嬉しいです!ありがとうございます。APEXピックを握った感触や、厚み、減り具合についてはいかがでしょうか?
 

飯室博さん :

握った感触はとても好みです。多くの方は最初は小さく感じるかも知れませんが、私はすぐに慣れました。
減り具合は弾き方(アタックする角度等)にもよると思いますが、割と長持ちしている印象です。
 
EXCEL:プレーヤーごと異なるかもしれませんが、飯室さんの場合、APEXピックなら1曲ごとの早い交換ではなく、結構長時間で使えそうですか?
 

 

飯室博さん :

1mmタイプでも、激しい曲を連チャンするとそれはそれなりに減りを感じるでしょう。
しかし、APEXピックの素晴らしい点は、表裏の反りが非常に少ないので、摩耗を感じたらひっくり返せば良いと思います。
このような材質の多くのピックは、一方にはフィットし易く、裏返すと盛り上がりが気になったりする事がしばしばありますが、成形の段階からとてもクオリティーが優れていると感じました。
 
EXCEL:ありがとうございます。もう一つお試しいただいた黒のAPEX(ミディアム0.75mm)はどんな感触でしたか?
 

飯室博さん:

黒いミディアムのAPEXピックは、アコギやフラットワウンドのギターに特に向いていると思います。個人的には、メローな感じを出したい時にはとても重宝しています。
 
 
EXCEL:最後に、当店のWEBをご覧になっているプレーヤー、お客様は向上心強い方が多く見られます。第一線でご活躍している飯室さんのプロミュージシャンの視点から、メッセージ、アドバイスをお願いします。
 

飯室博さん :

アマチュアやプロに関わらずピック選びはギタリストにとっていつまでも探求するものかも知れません。
私にはこのAPEXピックはとてもフィットしたピックです。演奏ジャンルにとらわれず是非とも一度トライしてみてください。
 
EXCEL : ありがとうございます!本日はインタビューありがとうございました。
 

飯室博さん

80年代からスタジオ、セッションギタリストとして活躍する実力派ギタリスト。これまでに、矢沢永吉さん、徳永英明さん、財津和夫さん、甲斐よしひろさん、古内東子さん、CHAGE and ASKAなど数多くの一流アーティストのライブ、レコーディングをサポートするほか、TVドラマ、映画、アニメなどの楽曲も手がけるギタリスト界の重鎮。