EXTREME「PICKUPS」

 パッシブモデルのEXTREME Guitar「HYPER Standard」には、全てオリジナル製品の「EXTREMEピックアップ」が搭載されます。
 
EXTREMEピックアップは大量生産する環境で作られるのではなく、1個1個丹念に、「機械+人の手」による半手作業で製造しています。

EXTREMEピックアップの「販売について」

現在は、「販売品の取り付け用」と、「販売済みギターの交換用」の対応のみとなっております。
 
ピックアップ単体での販売はリクエストがありましたら対応いたしますが、納期は2-3ヶ月掛かります。(沢山の数が作れないので..)
 
なお、JAMES TYLER用のチューンナップセットは現在販売しておりません。


製品ラインナップ

EXTREME
ver.5 「SUPER HUMBUCKER」

「スーパー」の名の通り、「ver.5 SUPER HB」は歴代最高のパワー感を持つハムバッカーです。
 
ヴィンテージPAF系、JB系などとは相反する、「鮮やかなディストーションとの相性を考えた」ピックアップ。
 
ピックアップ単体でも既に歪みが得られる出力とパワー感を持っているため、「リア」の取り付けにお薦めします。SSHなど「リアハムバッカー=リードポジション」の概念にはピッタリ。ペダルの歪みから、TUBEアンプ、AXE-FXまで、ディストーションとの相性が良く、キレの良さ、低域は巻き弦も重厚にアウトプット。
(パワー感だけで押し切って使いにくい、と言うことはありません。)
 
色は、黒、ゼブラの他、オプションでカバードもあります(写真)。リア用はGotoh510の弦間に対応します(ワイドピッチ)。4芯でコイルタップに対応。


EXTREME「ver.4 HB」

ミッドレンジの押し出しを向上させたver.3をベースに、5弦6弦のポールピースに改良を加え、低音弦の出方にパワー感をアップ。
 
高域特性にも少し改良を加えて、ハムバッカー時にもコイルタップした際にも高域がキツくならない様に、高い方の周波数帯も少し抑え気味に作りました。
 
一番の目的は「バスウッド材」との相性を高めたかった為です。エッジの効くトーンウッド(木材から得る鳴り)を耳障りにならずに、クリーントーンでは歯切れよく、ディストーション時には明瞭に奏でられる様に設計しました。
 
「ver.4ハムバッカー」は、アレンスクリューポールピースと、スタンダートポールピースを組み合わせ、ネジの色を黒にしてルックスも個性的にしました。4芯でコイルタップに対応し、リア用はGotoh510Tなどの弦ピッチに対応する「ワイドピッチ」を採用しています。
 
オプション品として「カバード ver.4」もございます。丹念なロウづけを行うことで、ハウリング対策もしっかりと施してあります。


EXTREME「ver.4 Single」

最新のシングルコイル。耳障りな高域を抑えつつ、ver.4はクリーントーンも、オーバードライブにおいても「しっかりミドルが出る」のが特徴。シングル単体で使用したバッキングも、リードトーンもペラい音になることなく、音の太さ、コシ、音程感まで聞き取りやすく再生します。
 
ピュアでクリーンな音では「ver.2」は完成度が高いと今でも思っておりますが、ver.4はそう言ったクリアーなトーンから、「ミドルがしっかりと出る」Vintageっぽい音へと変遷したシングルコイルです。
 
ピックングニュアンスの強弱によるダイナミックレンジの表現力にも優れています。
 
ver.4 Singleでは、ポールピースの高さを指板R(12"Rを基準に)に合わせた設計にいたしました。


EXTREME「ver.3.5 SSH」

どう見てもEMGにしか見えませんが、ver.3.5はこう見えて「パッシブのピックアップ」です。平面のブラックカバーの中には、確かにスタッドポールピースのピュアシングルコイルと、ハムバッカーが存在します。
 
「形状」もEMGと同様に設計し、シングルコイルは羽根のない形にしましたので、ピックガードの無い「ダイレクトマウントのギター」であってもザグリ形状はEMG同様にスッキリしたルックスのまま搭載することができます。
ハムバッカーも同じくEMGハムバッカーの形状に合わせた形状になっています。
 
ピュアシングルコイル、パッシブハムバッカーの「ピュアな世界観」を持ちつつ、ver.3.5は、EMG SLV,SLV,85のトーンをパッシブで表現するトーンを目指して設計しました。
 
しかし、EMGみたいな皆無なノイズ、プリアンプを介した力強さやローインピーダンスは再現はできませんが、
 
・シャープで歯切れの良いHi-Midが特徴のシングルコイル、
・過激に歪ませたディストーション、それが大音量になってもミドルを失わないハムバッカー。
ver.3.5ピックアップはこれらの「SSH」本来の使い方、フロントとセンターはクリーントーンのカッティングやオーバードライブでバッキング、リアのハムバッカーはリード専用、これら「5wayセレクターを使ってどのポジションに切り替えてもその役割が分かりやすい、使いやすい」を実感いただけます。
 
ver.3.5ピックアップはEXTREME GUITARの「HYPER S-Series」に搭載されます。リアハムバッカー内部はGotoh510の弦間に対応するワイドピッチで、ハウリング対策もしっかり施して作ってあります。


EXTREME「ver.2」SSH

シャープなトーン、歯切れの良いHi-Midが特徴的なシングルコイル、ver.3以降の「太さ」にフォーカスするトーンではなく、「Hi-Fiなトーンが特徴なのがver.2ピックアップ」です。
 
ver.2は「トーンの明瞭さと音量バランスの良さ」で選ぶなら今でも完成度が高いピックアップだと思うほど、EXTREMEピックアップの名品。フラットなニュートラル特性から、「ver.2は、ほんの少しミドルにピークを持たせた」ことで、シングルはペラい音にならず、ハムバッカーは程よいパワー感でとてもコントロールしやすいです。
 
EXTREME GUITARへの搭載のほか、限定品としてJAMES TYLER BW用のカスタムピックアップとして製作したこともございます。(写真・JAMES TYLER用は現在販売しておりません。)