システム制作記 | テクニカルサービス

暑いですねー。

さて、お客様ご依頼のシステム、制作に着手。

今回は組み直しの案件。

当初は部分的に分解を計画しておりましたが、ちゃんと組み直したいので、完全バラしに変更。

機材を全て取り外し、「清掃」開始。

ベトベト系汚れには「かんたんマイペット」が活躍します..。最終的には必要箇所は再度、脱脂しますけどね。

そのまんま組んでもいいのかもしれませんけど、綺麗好きな私が納得できないため、限りなく新品に近い状態にピカピカにしてから組み直し、お客さんへお渡ししたいのです。

機材も1個ずつ綺麗にして・・ジャックもクリーニング、バリアー処理。

さて、続きは、、

明日にしよう(笑)。

システム制作記 | テクニカルサービス

地元、信州(S)のルカサー(L)「S.L様」のボード。

ご依頼のシステムが完成。先日、無事納品し、早速ライブでお使いくださったとのことで、喜びのコメントもいただきました。ありがとうございます!

これまでにも何度か組み直しも行いながら、新しい機材導入時にはその都度のバージョンアップを行なっているボードですが、今回は「コンプ」「歪みペダルx 1台」「コーラス」の入れ替えを行いました。

作業前。
3台のエフェクターの入れ替えとなっても、ケーブルはかなりの箇所をバラす必要があるので、まずは結束を全て切り取り、ケーブルは全て外します。

一度しっかり組んだボードはなかなか分解する機会はありませんので、この様なタイミングを使って、ケーブルを全て外し、専用の用品を使い「各端子の洗浄、バリアー処置」を行い、ボード内もエアブローと掃除機を使って清掃します。

基本的にボードは土足で踏みますし、野外でも使うこともあるため、運搬時に蓋をしていても隙間にはホコリや砂が入り込みます。機材を長持ちさせ、音質もキープさせるためにも、こう言った「清掃」をしっかり行なった上で、組み込み作業に入ります。
なお、ヘタリのあるケーブル、プラグはこの時に交換します。(ケーブルは寿命的にはおよそ3年くらいを目安に交換を推奨しています。5年経っているパッチケーブルは..もう..って感じです。)

さて、

今回の入れ替え機材として、

・コンプ「EXG : CP101 SUPER」
・歪み「EXG : SD-9 SUPER」
・コーラス「EXG : PAC9 SUPER」

この様に、EXGペダルほぼフルラインナップを搭載くださいました!

こちらのボードはアンプのクリーンINPUTで使用するデザインになっています。

お客様からのコメントです。

早速ライブで使いました!

お客さんも注目して見てましたよ!(笑)

基本的に歪みは「FID-1」のディストーションが気に入っているので今はこのペダルがメインです。(生産終了なんですね、残念)

私がやっているバンドの曲調に凄く合っています。新たに導入した「SD-9 SUPER」は、FID-1のブースターとして使っています。リード、ソロでもう1段階欲しいって時に「SD-9 SUPER」を足すと押し出しがよくなるんですよ!

コンプの「CP101 SUPER」も、やっぱりコレに変えてよかったと思います。前使っていたコンプより音はクッキリするし、コンプだけどしっかりニュアンスも出る。音もクリアーですよね。クリーントーンの時には欠かせません!とにかく音がクッキリするのが気に入ってます。

コーラスの「PAC9 SUPER」も良いですねー。
この薄さがいい!(音が細いとかペラいって意味じゃないですよ)
薄くかかるセンスがいい音って言ったらいいのかなー、フュージョン系の演奏が多い私にとっては理想的なコーラスです。こう言うコーラスが欲しかったって思っているくらい!
だって、昔は大きなラックにH3000やDIMENSION D(Rolandのコーラス)とか入れてましたけど、あの時代のサウンド以上のものをローノイズで、このペダルで出せるのは嬉しいですよ。今回のライブでもクリーントーンで活用しました。音は本当に気持ち良いです。

 

嬉しいです!ありがとうございます!


エフェクター、スイッチングシステムは、繋げばとりあえず音はでますし、使うことはできますが…

当店ではエフェクター、付随する機器のコーディネートに始まり、ワイヤリング処理、ノイズ対策までを考慮した「システムボードの制作」を行なっております。
費用はそれなりに掛かりますが、その「費用以上に見合ったサービスとサポートをセット」でお買い求めいただけます。

EXCELのホームページはこちら↓
http://excel-web.jp

システム製作記「左側・作業編」 | テクニカルサービス

システム製作記。いくつか同時進行で進めていたので、ちょっと間が空いてしまいました。

前の話を忘れちゃった方へ・・「→→前回の記事はこちら!」


こちらのシステム。
大型のボードを使い、左右で違うセクションを組み、合体させると言う、名付けて「スーパーロボット型システム」イデオンやゲッターロボの世界ですよ。40代以下の方は何のことか分からないと思いますが、話を進めます..

前回の記事で「右側」が完成しましたので、

↑こんな感じで..

続いて「左側」の作業へ移ります。


左側には、「FX8 MKII(FRACTAL AUDIO SYSTEMS)」を設置します。

デーン!と。

この手の「平型」のボードへの固定は、まずは「本体足を取り外す」ワケですが、当店では底面の凹凸を減らす様にネジを交換する等の工夫、処置を行なった上で固定します。

FX8,AX8の固定には、自動車用の強力なマジックテープ(※1)を使います。
(※1)面ファスナーのこと。マジックテープは株式会社クラレの登録商標です..って、コレ毎回書かないと行けませんかね??と個人的には思います。日本では一般的にマジックテープで認知されてますし、「ベルクロ」って言うと、「何すかそれ?」と言われますし。
..で、これからもマジックテープと書きます(笑)。

話を戻し、、固定したらそのまま1日放置するとよりガッチリくっ付きます。完成後の「直ぐ剥がれちゃう」「立てると機材が落ちる」を防止します。


本体背面、電源周りや、前もって加工しておいたインレット周りなども配置して固定。

「左側」の組み立て作業は早く完了。

問題は中身..
これから始まる「FX8内部のエディット」作業が一番時間が掛かります(^^;


もう一つの「隠れアイテム。」
「FX8に使用するステレオケーブル」は、パッチケーブルと同じく「日の出・カスタムケーブル」を使用。ゴールドメッキが美しく輝きます。

「なぜステレオケーブル??」については、次回「完成編」でお話しします。

では。

システム製作記 | テクニカルサービス

こんにちは。

今年になって机周りの配置などを模様替えしたところ、作業効率がアップ!

ギターメンテ、システム製作の「複数依頼の同時進行」が可能となりました。
もっと早くそうすればよかったと、思うのであった・・

(でも、もうちょっと広いスペースが欲しい..)

・・と、言うワケで、

「システム製作記」

今回のご依頼は、


「アコギ専用のシステム」が欲しいなー、ちゃんとしたヤツね。

基本。ペダルボードは軽く、内容もコンパクトに。

プリアンプは「アレ」を搭載してみたいなーと、思ってるけど、どう?

空間系エフェクトは必要。特に「リバーブは、良いもの」がいいな。ディレイもちょっと使いたい..でも、あんまし使わないかも(笑)って、
でも、ディレイ、リバーブって2台にすると大きくなっちゃうよね??

あと、
「頭にボリュームペダル」は必須。大型じゃなくてもいいけど、かと言って小さいおもちゃみたいな、「ちゃちな物は絶対イヤ!」。
そう言えば、FRACTALシステムで使っている「EV-1」の踏み心地がいいよね..あれが理想。

もちろん、チューナーも必要。

更に欲を言えば、そのままD.Iで送れる様にして欲しい。

あとはおまかせ、よろしくね!


さて、

ご依頼を基に、システムコーディネート。

今回、お客様がご希望する「アコースティック用プリアンプ」がございましたので、それもご用意し製作を進めます。

機材が揃えば、内容的には短時間。動作テストまで入れても1日作業。

ご希望通りのシステムが完成しました!
 

・VOLペダルの「EV-2」は、EV-1のサイズを小さくしたボリュームペダル。あの、深い踏み心地はそのままで、普通にハイ・インピーのVOLペダルとしても使える上、カーブも綺麗。優秀なVOLペダル。サイズ的にも、ボードにピッタリ収まりました。

それぞれが「踏みやすい位置」で、使用頻度の高い「VENTRIS(左下)」の配置もお客様へ確認しながらセッティングを進めます。

・ペダルボードは、「Aclam」を使用。アタッチメントで機材を固定するユニークなペダルボード。当店では既に、数台のペダルボードで採用して実証済み。付属のバッグで持ち運びも楽勝です。

・プリアンプD.Iは、お客様ご指名の「FISHIMANのAURA SPECTRUM DI」を搭載。(最近、フュージョンギタリストの間で使用されて話題とのこと。)こちらには、「TUNER機能も搭載」しているので、楽器のチューニングはこの機能を使います。

・電源も重要。「パワーサプライ」は色々ありますけど、今は、strymonの「Ojai」がいいですね。軽いし、スペースも取らない上、容量十分の安定供給。


・基本的な流れは、

【ギター(アコギ:P.U付)】→【VOLペダル(Post Vol)】→【FISHMAN/FX LOOP←VENTRIS】

FISHMANのプリアンプに搭載している「FX Loop」へ、SOURCE AUDIOのVENTRISを接続。
(VENTRISはハイクオリティリバーブ。まだネットショップには掲載してませんが、発売中..です。売れております。)

今回のシステムでは、FISHIMANを中心とし、本体のEQやコンプレッションを使った音作りに、VENTRISのリバーブ、エコー・バーブをVENTRIS MIXしながら、それら音作りした信号を、FISHIMANのXLRからPA機器へ送ることができます。


当店はお客様1人,1人に合わせたサービスを行えるお店です。

「時には、ご依頼の枠を超えたお話までお聞きすることもある…」そんなお店です。

遠方のお客様もお気軽にご相談ください。
(と言うか、、うちはほとんどのお客様が通販対応です。)

 

使用機器:
・Aclam:ペダルボード
・strymon Ojai:パワーサプライ
・FRACTAL AUDIO SYSTEMS EV-2:VOLペダル
・FISHIMAN Aura Spectrum DI:プリアンプDI
・SOURCE AUDIO VENTRIS:Dual DSPリバーブ
・配線部材、パッチケーブル、インサーションケーブル
・コンサルティング費用、製作費用(内容により異なります)。

この様に、色々やっております。

システム製作記「右側・製作編」 | テクニカルサービス

お客様ご依頼の大型のシステム
(と、言っても、うちで受けるシステムの大抵はいつも大型ですが)

製作中のはなし…の続き。

ちょっと間が空いちゃいましたので、ちなみにこのシステムのおける前回の話はこちら。

「インレット、ACプラグ周りの作業は完了」しまして、、

続いて、DCケーブル、ラインケーブルなどの「実配線作業」に入ります。

「完成しました!!」..って嘘です(笑)。
(お客さんに怒られます..)

あらかじめ、ケーブルの長さは測って製作して準備しておき、そこから「仮配線」をします。
写真みたいに、とりあえずバーっと配線。
「ちゃんと音が出るか」どうかをチェックします。

問題があれば、ケーブル1本ずつ追いかけますが、、このところ「日の出さんのケーブル」(日の出光機製作所さん)を使い始めてからは、トラブルは「ゼロ」。作業だけに集中できます。

仮配線したら、ボードをジーっと眺め、配線の取り回しをイメージします。
なるべく、ノイズを回避できる配置と配線も同時に考えます。。

続いて、配線部材を使いながら、配線周りを綺麗に仕上げて行きます。

今度は本当に完了。

なんと、3台の「EXGペダル」を導入いただきました!!
ありがとうございます!!


ふー。これで「右側」は完成したぞー!!

さて、続いて、、「左側」の作業に入ります。

「え?
これって、左側にも何かあるの?」

はい。

どんなシステムになるでしょうか??
続きをお楽しみにー!

・システム製作のご依頼も随時承っております。お気軽にご相談ください。