EXTREME GUITAR FORCE ユーザーレビュー

EXGをお買い上げくださったお客様よりいただいた「ユーザーレビュー」ページ。

「HYPER Custom」を特注いただいたお客様より、頂戴いたしましたご感想を本日アップしました。

今回は、「技巧派エキスパートプレーヤー様」からのカスタムオーダーで、材料や、パーツの組み合わせなど、何度かに渡って細かく打ち合わせし、お客様好みにセッティング、セットアップする点においては、当店はカーレースのメカニックの様な気分で楽しく取り組ませていただきました。

お客様とのそれらのやり取り、いただくご感想はもちろんですが、写真も送ってくださるので、ホント、嬉しいです!

今までカスタムギターはいろいろ弾いてきましたが、今回は、初めてアクティブピックアップ(EMG)を使ったギターを制作したいと思い、オーダーさせていただきました。

まず見た目で、気に入りました。

ボディーカラー選択時も、やり取りも細かくご対応いただきまして、海外オーダーでは難しい、オリジナルのカラーも選べたのもオーダーの決め手となりました。

 

・・続きは、こちらからご覧下さい!
EXG-WEB 「ユーザーレビュー・ページ」

フレット「丸エッジ」のはなし | EXG

EXG(EXTREME GUITAR FORCEの略称)の、フレットエッジは、手作業で丹念に丸めて仕上げています。

通称「丸エッジ」

メーカーによっては、斜めにスパッと切った様な仕上げを行なっている物を目にすることもありますが、削ぎすぎると、弦落ちの原因の一つになる場合がある様です。

EXGは手に優しい握り心地。
フレットの両端は丸みを持たせて、手触りで確認しながら、握った瞬間と、素早いポジション移動時にも手が痛くない、「優しい」手触りに仕上げています。


(見るからに手にやさしそうでしょ。)

「指板エッジ」も同様です。「握り心地全体が優しい感触」になる様に、フレット同様、他作業で丹念に、程よい角取りをしています。

これをやるだけでも、コードワーク、ポジション移動、パッと握った時のやりやすさに違いがでます。

この、フレットエッジと、指板エッジの作業は、意外と慎重な作業で、両方共、やり過ぎすると、前述した弦落ちや、フレット飛び出し、湿度変化で生じるバリによって、一歩間違うと、「痛い、危ない」握り心地になってしまいます。
EXGは、そうならない様に、ネックを作る前段階から上質なネック材を選び、乾燥から加工の段階までしっかり寝かせる(慣らした)ところから始まります。

この、「丸エッジ」

海外のカスタムギターブランドでは、「Hand Rolled Edges」と言うらしい..
ふーむ。

新ラインナップ・ご予約受付中! | EXTREME GUITAR FORCE

弊社オリジナルカスタムギター「EXTREME GUITAR FORCE」に、新ラインナップが登場します!

当店のお客様層には、欠かせない..「Floyd Roseバージョン」を制作します!

やっぱり、いいですよ、Floyd。何よりも、あのアームアクション、ダイナミックなアクション感はフロイドならでは。「見た目の雰囲気も」大事です。

当店のお客様層の=80-90年代HR/HMからフュージョン系へと移り変わって行った世代と機材趣向の方が多いことから、ご注目いただきたいギターラインナップです!

写真は制作途中のボディ写真。「リセス加工」、そして、P.Uのザグりで既にお気づきの通り、「EMG」を装着します。

FRTユニットについては、「Gotoh FRT」を装着します。(完成時に詳しくご説明しますが、今回のギター設計の意図と合致しやすくさせるためです。)

・発売は「10月下旬〜11月上旬」の予定。

・「予定価格」、「スペック詳細」はお気軽にお問い合わせください。

・ご予約も承っております。

 

T.M.R. LIVE REVOLUTION’16-’17 -Route 20- LIVE AT NIPPON BUDOKAN

先日発売になった T.M.Revolution ライブDVD/Blu-ray Disc

「T.M.R. LIVE REVOLUTION’16-’17 -Route 20- LIVE AT NIPPON BUDOKAN

ギタリストの柴崎浩さんが弊社オリジナルブランドEXTREME GUITAR FORCE
を使用してくださっております。

柴崎さんのテクニックとサウンドを、是非、音と映像で体感してみてください!

 

西川さんのパワー、

そして..
うーん、やっぱり柴さんカッコいいなー!!

b3 Fire

今振り返れば、2010年前後の時期、「b3」はそれなりの数を新品販売いたしました。

今も大切にご愛用のお客様もいらっしゃいますし、

b3は収集嗜好も強いギターで、構造やコンビネーションは似ていても、全体的なルックス、オプション項目の組み合わせが広かった分(当時は)、1本1本が異なる、文字通りのカスタムギターを象徴するため、現在も複数所有するコレクターもいるほどの、価値が認められているギターです。

 

「弦高低いなー(笑)」

続きは、「商品ページ」をご覧ください。

http://xc522.eccart.jp/y897/item_detail/itemCode,U%253AB3%253AFIRETT%25236/