システム制作記 | テクニカルサービス

地元、信州(S)のルカサー(L)「S.L様」のボード。

ご依頼のシステムが完成。先日、無事納品し、早速ライブでお使いくださったとのことで、喜びのコメントもいただきました。ありがとうございます!

これまでにも何度か組み直しも行いながら、新しい機材導入時にはその都度のバージョンアップを行なっているボードですが、今回は「コンプ」「歪みペダルx 1台」「コーラス」の入れ替えを行いました。

作業前。
3台のエフェクターの入れ替えとなっても、ケーブルはかなりの箇所をバラす必要があるので、まずは結束を全て切り取り、ケーブルは全て外します。

一度しっかり組んだボードはなかなか分解する機会はありませんので、この様なタイミングを使って、ケーブルを全て外し、専用の用品を使い「各端子の洗浄、バリアー処置」を行い、ボード内もエアブローと掃除機を使って清掃します。

基本的にボードは土足で踏みますし、野外でも使うこともあるため、運搬時に蓋をしていても隙間にはホコリや砂が入り込みます。機材を長持ちさせ、音質もキープさせるためにも、こう言った「清掃」をしっかり行なった上で、組み込み作業に入ります。
なお、ヘタリのあるケーブル、プラグはこの時に交換します。(ケーブルは寿命的にはおよそ3年くらいを目安に交換を推奨しています。5年経っているパッチケーブルは..もう..って感じです。)

さて、

今回の入れ替え機材として、

・コンプ「EXG : CP101 SUPER」
・歪み「EXG : SD-9 SUPER」
・コーラス「EXG : PAC9 SUPER」

この様に、EXGペダルほぼフルラインナップを搭載くださいました!

こちらのボードはアンプのクリーンINPUTで使用するデザインになっています。

お客様からのコメントです。

早速ライブで使いました!

お客さんも注目して見てましたよ!(笑)

基本的に歪みは「FID-1」のディストーションが気に入っているので今はこのペダルがメインです。(生産終了なんですね、残念)

私がやっているバンドの曲調に凄く合っています。新たに導入した「SD-9 SUPER」は、FID-1のブースターとして使っています。リード、ソロでもう1段階欲しいって時に「SD-9 SUPER」を足すと押し出しがよくなるんですよ!

コンプの「CP101 SUPER」も、やっぱりコレに変えてよかったと思います。前使っていたコンプより音はクッキリするし、コンプだけどしっかりニュアンスも出る。音もクリアーですよね。クリーントーンの時には欠かせません!とにかく音がクッキリするのが気に入ってます。

コーラスの「PAC9 SUPER」も良いですねー。
この薄さがいい!(音が細いとかペラいって意味じゃないですよ)
薄くかかるセンスがいい音って言ったらいいのかなー、フュージョン系の演奏が多い私にとっては理想的なコーラスです。こう言うコーラスが欲しかったって思っているくらい!
だって、昔は大きなラックにH3000やDIMENSION D(Rolandのコーラス)とか入れてましたけど、あの時代のサウンド以上のものをローノイズで、このペダルで出せるのは嬉しいですよ。今回のライブでもクリーントーンで活用しました。音は本当に気持ち良いです。

 

嬉しいです!ありがとうございます!


エフェクター、スイッチングシステムは、繋げばとりあえず音はでますし、使うことはできますが…

当店ではエフェクター、付随する機器のコーディネートに始まり、ワイヤリング処理、ノイズ対策までを考慮した「システムボードの制作」を行なっております。
費用はそれなりに掛かりますが、その「費用以上に見合ったサービスとサポートをセット」でお買い求めいただけます。

EXCELのホームページはこちら↓
http://excel-web.jp

DAVID LABOGA ケーブル

鋭い方からは先日の記事を見て..
「ところで、あのケーブルは何ですか?」とお気づきになっていたみたいですが、

新たな「ハイエンドケーブル」「DAVID LABOGA」が近日発売開始になります!

実際の発売時期は夏頃になるそうですが、
輸入元オールアクセスインターナショナル」さんより国内の楽器店への販売が展開になります。

先立って、当店にてこの「LABOGA」ケーブルをテストしました!

 

えー、これは「よい」です。

EVIDENCEはあれはあれで良いケーブルですが、「LABOGA」は独自のよさがあります。

その特徴は、特徴がないのが特徴かもしれませんけど、そう言った意味で「クセ」がない。
・低域〜高域まで綺麗に出る。フラットな特性を持っています。
・このケーブルで「ギター本体のポテンシャルを測れる」と思えるくらい。(店ではそうやって使おうかなー..)

なおかつ、一般的なケーブルに比較して、
・高域の暴れが治り、
・Lo-Midの厚みも綺麗にでるため、

「ギター用ケーブル」として、
実に「いいところを出してくれる良質なケーブル」です。

音のヌケもよくなります。「立体感」が増す感じになります。

 


お客様に「A/B比較」で試していただいている中..

「某社ケーブル」→「LABOGA」に差し替えただけで..

「あー、弾く前から違うの分かるわ!」って仰る方がいるくらいに、このケーブルは本来出るべきところがしっかり出ます。
・・なぜなら、
きちっと高域まで綺麗に出している実感の部分については、
(ギターのVolを全開の状態で)適当なケーブルから、LABOGAに差し替えた瞬間、ギターを弾く前に分かってしまうと思います。
アンプから聞こえる特に高い方の周波数がLABOGAに替えた瞬間から聞こえるのが分かってしまいます。本来はこのレンジが出ているんだなーと。


なお、写真の2種類のケーブル。

右の黒いケーブルは、メッシュの外装が覆ってあるだけで、「中身は同じケーブル」のはず・・なんですが、比べると音は違います(当たり前か..)。

 


この「LABOGAケーブル」は、

普段試奏用に使っていると某社ケーブルと比較後「え?今までこんなに狭いので弾いてたの..?」って驚いたくらい..です。

やはり、「よいものはよい」それをお薦めして行く「当店の初心と志」を思い返すのでありました。

 

また続報します。

 

EXCELオリジナルの「ブラック・アルマイト」「ライトゴールド・アルマイト」 | Glendaleアルミノブ

自分でできる「チューンナップ・パーツ」Glendaleアルミノブ。

先に発売になりました「シルバー」に加えまして、
・ブラック
・ゴールド
をご用意。

マイナスドライバー1本あれば、ご自分で交換ができます。
気軽に交換できますので、効果の違いも直ぐに分かります。

特に、

・普通のメタルドームノブからの交換、
・EMG(アクティブ)のギターからの交換、

これらの条件はより大きな効果が実感できます。

(もちろん、パッシブのギターにも効果はでます。)


「音がいい」
開放的なトーンは、高域の伸びや聞こえ方も向上し、ローエンドも滑らかにでます。
弾いた感触(レスポンス)にも引っかかり感がなくなり、Glendaleアルミノブと比較すると「こちらの方が気持ちよく弾けます。」
(感覚には個人差はあります..)


「操作性もよいです」

側面の深い凹凸は、操作性も向上。かなり軽いノブですので回転性もよいです。

「なぜ音がいいのかは..」まだ解明されてませんが、
素材もあると思いますし、
大きな違いは、アルミ素材に金型を押して圧をかけ成型する(押し潰す)「つぶし加工」で作っていることも特徴ですので効果があるかもしれません。

(「BBSのホイール」のこだわりに近いものが、ギターにも影響があるかもしれません..憶測ですが、そう考える方が楽しいじゃないすか。)

とにかく、このノブにすると「音がいいから」で選ばれていることは事実、実証済みですので、愛用のギターのポテンシャルをもっと引き出してみたい方には是非お試しいただきたいチューンナップ・パーツです。


 

EXCELオリジナルの、

「ブラック・アルマイト」
「ライトゴールド・アルマイト」

こちらは、国内にて「アルマイト加工」を行なったもの。メッキや塗装の様に色で覆うのではなく、アルマイトは染色の様な加工方法。
Suhrやstrymonのエフェクターを思い浮かべていただければ「あんな感じかー」とイメージできますでしょうか。あんな感じです。

「ブラック・アルマイト」は、ブラックパーツと合わせることはもちろんですが、

ダイレクトマウント系で、
濃厚色のギター(ボディの色が黒系、青系など)には、

パーツがクロームでも、
「あえてノブだけ黒」を付けると、全体のルックスがとても締まります。
これって、かなり似合いますよ!

「ライトゴールド・アルマイト」は、
前回(3〜4年前..)に販売した時の物から、明るいゴールドに変更しました。

「ライト・ゴールド(真鍮色)」
現在、流通している一般的なゴールドパーツに合うかと思います。

写真は「Gotohカタログのゴールドパーツ」と一緒に撮ったものです。


・2個入り。
・お値段は税別1,000円アップです。

 

・製品に関する詳しいページはこちら。「弊社正規輸入販売品」です。
http://excel-web.jp/glendale_guitars/Glendale_GuitarKNOBS.html

・お買い求めは「EXCELネットショップ」からご注文できます。商品ページはこちら。
https://xc522.eccart.jp/y897/item_search/rootCategoryId,33/childCategoryId,51/

Glendale Guitarノブ「販売復活!」のお知らせ。

実に数年ぶりになると思いますが、

アメリカのカスタムギター工房「Glendale Guitars」のアルミノブの販売を再開いたします。

前に販売していた際には、1組買ってから別のギター用を..とお考えのお客様が多い中、早い段階で売り切れになってしまいましたが、申し訳ございませんが、今回の入荷も少量です。ご入用のお客様は早めにお声を掛けておいてください。

「音が良いノブ」って書くと…って気がしますが (^^;
実際、本当にそうなんだからしょうがない。試した方は実感(前回販売時に弊社調査で95%の方が効果を実感。)パッシブはもちろん、EMGのギターはより効果を実感できます。

 

・お値段も前回と同じ位、
ペア(2個入り)のみの販売になりますが、8,000円前後を予定しています。

・5月上旬にはネットショップで発売を開始します。

・EXCELオリジナルの「黒」「ゴールド」については発売時期にお知らせします。

「弊社・商品ページ」
http://excel-web.jp/glendale_guitars/Glendale_GuitarKNOBS.html

TEタイプのオーダーが可能になりました。| EXTREME GUITAR FORCE

弊社オリジナルカスタムギター「EXTREME GUITAR FORCE(EXG)」

その形状、ボディの「形」について。
これまでは、スマートなSTスタイルの「スーパー・ディンキーシェープ」を主軸としておりましたが、

この度そのラインナップに「TEシェープ」を加えることになりました!(祝)。

今日は4/2なのでエイプリルフールネタではなく、

この様に、堂々の登場となります!

外周はトラディショナルなTEスタイルを「ほぼ継承」しつつ、ジャック周りは丸みのあるカーブ、ラインを描いたことで、凹んだジャックを取り付けずに、STタイプ同様にボディ面に沿ったサイドジャックプレートを取り付けることができるため、Switchcraftタイプの一般的なLプラグ形状のプラグインに対応します。

STタイプ同様に「裏ザグリ」、

ネックジョイントも「EXGストレスフリー・ジョイント」に対応しております。

更に、

カスタムオーダーの際には、コンターの有無も、表面、裏面に対応します。表のみ、裏のみ、にも対応いたします。

写真のモデルの様に、「アーム付き」にも対応いたします。

P.Gの有無についても、写真の様なP.G無しのモダーンスタイルから、P.G有りのVintageスタイルまでお好みで対応ができます。

最初の製作品は、リミテッドモデル(写真の物)として6月頃に登場いたします。


これに伴いまして、「オーダーフォームを改定」いたしました。

EXGカスタムオーダーをご希望のお客様は「EXG-WEB」をご覧いただいた上で、お気軽にお問い合わせご相談ください。

よろしくお願いします。