システム制作記 | テクニカルサービス

お客様ご依頼の「システム制作」

今回は、一からではなく、一部機材の入れ替えを行います。

機材入れ替えについては、結構難しい箇所もあって、入れ替え機材によっては大きさに限らず「プラグ向き」が変わったりしますので..場合によってはケーブルごと交換ってこともありますし、

これだけしっかり組んであると、一から組み直しに近いくらいにバラす必要も出てきちゃうワケですが、

今回はなるべく分解箇所も少なくする道筋を考えながら分解中..

何が入るかはお楽しみにー!

歪みの「前」か?「後」か? | PAC9 SUPER

引き続き、「PAC9 SUPER」のTipsについてお話しします。

テーマは、「PAC9 SUPER」は、歪みの前に繋ぐか、後に繋ぐか、

↑歪みの「前」にコーラス。

 

↑歪みの「後」にコーラス。


極論言えば、「(好みで)どっちでもいい」んですが、

しかし、エフェクターを組む上でのセオリー上では、この手のコーラスペダルは「歪みの後」とされているようです。スイッチングシステム等の説明書を見ると、多くの機器でそのような説明が書いてあります。

経験上ではそんな気はしていませんが….実際、ARIONなどは歪みの前に繋ぐ例は多かったですし、FRACTALでも内部ルーティングで歪みセクション(AMP)の前に、コーラス(CHO)を配置することもあります。

要は、「音を出してみて」からの判断でいいと思います。どっちが気持ち良いかどうか、とか、どっちが綺麗にかかるか、など。

(これについてはコーラスの「機種」にもよるかと思います。)

今回は、「PAC9 SUPER」に関する話として進めます。

「SD-9 SUPER」を接続して比較してみましたところ、


【歪みの前】
「SD-9 SUPER(歪み)」の「前に「PAC9 SUPER」を接続」する方が、トータルのサウンドは「スッキリ」します。
GAINツマミはゼロでも12時でもあまりトーンの影響も感じられませんでした。店頭でもお試しになるお客様の多くがこちらの接続順を好んでいます。

サンプル映像:この動画では、
【PAC9 SUPER】→【SD-9 SUPER】の順で弾いています。

 


【歪みの後】
対して、セオリー通りに「歪みの後に繋ぐ」方法の場合は、ペダル側で結構歪ませた状態で(GAIN 12時以上)、「PAC9 SUPER」の一番薄いモード(2つのSWは両方上側)と組みわせると、80年代HRの様なディストーションを軽く揺らすサウンドに活かすことができます。
ここでは、コーラスをONにしても、音が下がった感じもないPAC9 SUPERの利点(内部Level設定を見直しファインチューンした点)が効果していると感じられます。


 

「そもそも、コーラスってクリーントーンでしか使わない..。」

・・と言うご意見もあるかもしれませんが(笑)

お買い上げくださったお客様は、一度、両方のパターンをお試しください♪

「Musicom」販売開始のお知らせ | テクニカルサービス

前にもお知らせいたしましたスイッチングシステムの「Musicom(ミュージコム)」を当店にて販売中です。

輸入元もオールアクセスさんに決まり、これからのユーザーサポートも安心になりました。

早速。当店では、「中型〜大型のシステムボード」にこれから「Musicomを推奨」してまいります。(小型ボードにはHOTONE/Cybery(4Loop+Midi)と言うプランもあります。)

ネットショップでの販売も行うように準備しておりますが、Musicomの2機種共に、単体(本体のみ)でのお買い求めよりも、「システム一式」「うちで組む」ことで導入、お買い求めいただくことが今後メインになってくると予想しております。

「新規でボードを組む」「古いスイッチングシステムと入れ替え(ほぼ組み直し)」など、各種ご相談ください。

「Musicomの2機種」は、基本機能は「ほぼ一緒の流れ」で、

・EFX LE 「トータル7Loop(4モノ,2ステレオ,1Volループ)」58,000円

・MK-V「トータル9Loop(7モノ,2ステレオ&1Volループ)」88,800円

この内容ですが、Loopの数よりもおおまかに「本体の横幅」「操作性」の違いで見ていこうと思います。
現実的に、エフェクターを9台とか..ってなると、ボードはかなり大きくなってしまいますので(EXPペダルも載せたいでしょうし)、まずは、最低限欲しいエフェクターとVolペダルの有無などをお聞きしながら、どっちにしようかをお話させていただきます。

つまり、何も全Loopを使う必要はないワケで..

早い話が「MK-V」で「使うエフェクターは5台」とかでもいいワケです。

ちなみに「横幅(W)」は、

・LEが「320mm」

・MK-Vが「420mm」

です。DとHは同じです。

と言うことは・・

「MK-V」は、SWが増える分、操作性はその分アップします。LEにエクステンションSWを追加したくらいの向上は望めます。それに、420mmならそんなに大きくならず、既に大きめなボードを組む前提なら、「MK-V」の導入に躊躇は要らないと思います。

しかし、あくまでボードサイズとの兼ね合いもありますので、できるだけ小さくであれば「LE」がお薦めです。


・・で、
とにかく「使いやすい」です!!

「何だこれは??」って驚くほどに、
マニュアル要らないかも..って言ったら大袈裟ですが、、それ位に使いやすいです。

プリセットは全て指一本(片足だけ)で完結します。呼び出しているプリセット上で、「Loop何番と何番のエフェクターをStoreする。」この操作もフットスイッチのLEDと、画面上のナンバーがもう、、ホントに分かりやすく表示されるので「簡単」に使えます。

しかも、、ルーティングも換えられます・・。

私、これまでにこの手の色んな機器を扱って(使って)まいりましたが、これほどにシンプルで見やすいスイッチングシステムコントローラーって凄いなと、初めて使った時に感動したほど。です。


更に、Windows,Mac対応のエディタでプリセットを構築、エディットすることもできます。

しかも、シンプルに。


えー、それと、
本体はACアダプターが付属しません(12VDC)。
その点からも、付随するパワーサプライなど含めまして、「組む一式」でのご依頼で当店にお任せいただいた方がいいかもしれません。

もちろん「本体のみ」の販売も行っております。

お問い合わせご相談はお気軽に。

システム製作記「Cybery 4Loopシステム」 | テクニカルサービス

おかげさまで、昨年からシステム製作のご依頼が増えております。

 

・FRACTALのシステムや、

・FRACTALにアナログペダルを融合したシステム、これらの「最新鋭機器を中心にしたタイプ」のほかに、

最近では、ペダルエフェクターのシステムのご依頼も「回帰」している感触があります。

しかし、使う機材は数年前とはガラッと変わり、

最近ではスイッチングシステムも次世代機へと変遷し、デジタルエフェクターも次の時代へと進化。

それでも、そこにプラスして欲しくなるのが古来の「アナログペダル」。

それらの、
「次世代機器+デジタル+アナログペダル」を一つにするシステム。
そこから出てくるサウンドは、モデリング機器1つで完結するサウンド、使い心地とはちょっと違う様です。ギターを弾いた感触のレスポンス、弾いた本人だけが感じる「ダイレクト感」がそこにはある様です。

昨年から今年も色んな機器、付随するアイテムが登場し、システムの使い方も、我々の「組み方」にも変化しつつあります。


今回、製作させていただいたシステムは「エフェクター4台」のシンプルシステム。

既に、オールアクセスさんのFacebookに掲載されておりますので、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、

先に書いた「次世代機器+デジタル+アナログペダル」を実にシンプルに実現したシステムです。

スイッチングシステムには、最新鋭機器の「HOTONE Cybery」を使用。4Loop、Midi対応で、2台のデジタルエフェクター(ディレイ、リバーブ)のプログラムチェンジ(Midi PC)に対応。プリセット切り替えと同時にプログラムチェンジします。Midi CHも別々に設定。
これらのエディットは、スマホ(iPhone)で行います。Bluetoothで「Cybery」と繋がり、プリセットを組んだり、同時にMidiマップを組んで、「指1本」でSave(Store)まで行けます。
凄い時代になったもんです・・。


ここで余談。
製作中にちょっと思い出したのは、
むかーし、「RSB-18(知ってます?)」ってあったなーって・・私、使ってましたもん。
そこから、パッチメイト、GCX、4×4+RS-10・・って移り変わりましたが、、そう言った意味でもこの「Cybery」のアプリは飛躍以上の進化を感じます。しかも、2万円ちょい..ですよ。
昔は、コレを押しながら、コレを押して、コレを呼び出してから、コレを押して、、やっとできたー!って…やっていた時代がなつかしいなー。


さて、今回のご依頼。

SD-9 SUPER」をお買い求めいただいたお客様と、

「それを中心にした小さめなボード組んだら面白そうですねー」ってお話を進めていました。

それなら、一緒にディレイ、リバーブも組み込んで、

なおかつ、新製品の「CP101 SUPER」を加えたら、楽しそうですよ!

付随する機材までコーディネートしまして、製作開始!!

 

 

「できました!!」

・・って言ったら怒られますね(笑)。毎度の冗談で、、これは「仮組み」重要な作業の一つです。

 

まずは、この様に仮組みして、音のチェック。全体的な「機材の配置」も同時に考えます。

その点、パワーサプライのOjaiは、置き場所によるノイズの干渉の心配がないので、適切な場所、配線がし易い位置で、なおかつACコードを繋ぎ易い位置に固定をします。


作業中の様子は割愛しまして・・


おおむね完成した段階で、ビデオ撮影。

デモ動画ではなく、「使い方説明動画」の撮影です。
もちろん、映像はお客様しか見ることは出来ません。Cyberyの起動から、セットアップ、エディット方法まで解説。ディレイ、リバーブのSOURCE AUDIO, NEMESIS, VENTRISの使い方もザッと解説。ここまで事前フォローする事で、通販(遠方)のお客様も安心してお買い求めいただけます。
しかし、
何度やっても、自分が喋っている映像を自分で見るのは何だか妙な感じです。最近は恥ずかしさは通り越しましたが(笑)、ま、そのうち慣れるでしょうと。


今度こそ本当の「完成!!」

・コンプ、
・歪み、
・ディレイ、
・リバーブの「4種類」

お客様が「シンプルシステムで最低限欲しいサウンド」はこのボードに凝縮することができました。

しかも、
NEMESIS(ディレイ), VENTRIS(リバーブ)は、エディット次第で、コーラスや、、眠くなるくらいの揺ら揺らトレモロもできますし、
VENTRIS単体でも、ディレイ+リバーブは構築できます。エディット次第で、2つのDSPを使って・・って、書いていると長くなっちゃうので…省略しますが、
要は「うちでエディット」しているってことです。この辺も全部、お買い上げ品に含まれています。お客様も喜んでくれます。そうすると私も喜びます(笑)。

お客様からのコメント。

 

綺麗に組んでいただいてありがとうございます!!
本当に配線キレイですよ!どうやったらこんな風にできるんだろう??って、芸術的なラインをじっくり眺めちゃいます。

届いた時は、かなり大きな箱で届いたのでビックリしましたけど(笑)、箱開けて取り出したら、これは本当にコンパクトで、しかも軽い!!これなら気軽に使えます。

事前に送っていただいた動画を見て使い方はおおよそ理解できました。

いい音しますよ!このボードだけで、しかもペダルだけで出している音とは思えないですね。OD(CAE OD-100)のクリーンCHで使ってますけど、SD-9 SUPERの歪みが使いやすいので、このボードだけでいいかな・・って思えるくらいのクオリティです。

フュージョンやるにはピッタリなサウンドで、これから毎日楽しませてもらいます!

2台のSOURCE AUDIOも、プリセット入れていただいたので、よかったです。これならエディットしなくても、電源入れてこのまま使っていい音でますので、
しばらくはアプリ使わないかも(笑)。

 

 

ありがとうございます!!

今回は「軽く!」作るために、ボードはFREE THE TONEの超軽量の平型ボードを使いました。
超強力のマジックテープを使い、ガッチリ固定しているため、使用しない時には、家具やクローゼットの隙間に立て掛けて収納できます。
実は今回、「収納面」まで考えて機材チョイスとそれに伴う組み方を施しています。
お客様が、お仕事から帰宅して、「ボードを取り出して、床に置き、音を出し、楽しみ、終わったら立て掛けて収納。」この流れを想像しながら作りました。


使用機材リスト:

Sonic research:CT-300mini(チューナー)

・FREE THE TONE:FPシリーズ(ボード)

・strymonOjai(パワーサプライ)


・HOTONE:Cybery(スイッチングシステム)

・SOURCE AUDIO:NEMESIS+EXCEL PRESET(ディレイ)

・SOURCE AUDIO:VENTRIS+EXCEL PRESET(リバーブ)

・EXTREME GUITAR FORCE:SD-9 SUPER(ディストーション)


・EXTREME GUITAR FORCE:CP101 SUPER(コンプレッサー)

・日の出光機製作所:パッチケーブル、システム用ラインケーブルTEプラグ

・その他:配線部材、ラベル、コンサルティング費用、作業工賃一式。

参考価格:191,800(税別)


メモ:

今回は内容をできるだけシンプルにするため、システムI/F BOXなどは配置しませんでした。

「OUTPUT用の日の出ラインケーブル」
そのため、アンプへ向かうケーブルは、スイッチングシステムから直接取るワケですが、「それ用」に、日の出さんでケーブルを作っていただきました。TEプラグと言って、元々はテレキャスの凹んだジャックにプラグイン(届く)できる形状を持っており、このプラグ形状がCyberyのOUTPUTの位置に相性がよく、抜き差しもし易い上に、背面のLEDもプラグで隠れることなく視認性を下げることはありません。

「チューナー」については、Cyberyのチューナー端子には接続していません。これについては既にオールアクセスさんのFacebookにも書きましたが、Cyberyは現実的にプリセットモードかダイレクトモードどちらか固定で使う方が使い易いため(今日時点でのソフトウェアでの話。)、チューナーはCyberyの初段に接続。これで「MUTEスイッチを兼」ねます。
Sonicのチューナーには、BFTSのプリセットも入れました。古いSuhrや、Tom、b3、懐かしのBaker…などに対応するべく、、
(お客様とこの話しをしていて「バジーフェイトンチュー…つーか、それ、やるか?」と言う話もでたのですが、、)
ま、せっかくですのでね、このチューナーで対応できますのでね、、と、BFTSの開放と12fオクターブ用のプリセットを入れました。

「パワーサプライ」Ojaiは高容量のため、このシステムボードの機材全ての電源供給を行うことができます。しかし、端子は足りないため、1つの端子から、純正の分岐ケーブルを使用し、2台のアナログペダル(コンプ、歪み)と、チューナーへ供給。分岐ケーブルの使用の際、strymonでは、ノイズのトラブルを防ぐために「(分岐ケーブルの輪の中は)アナログだけ」か「デジタルだけ」を推奨していますが、今回のシステムではチューナーはどの道トゥルーバイパスされますので、ノイズ云々は無関係。4分岐ケーブルのうち、1本が余りましたので、切る(切断)などの乱暴なことはせず…端子を「しっかり絶縁」した上で固定。

見た目を考えれば、Ojaiは横向きで置きたかったですが..配線の取り回しの都合上、縦向きに配置。

ちょっと分かりにくい「Cybery」のLEDによる表示は、ラベルを貼って対処。今どこのプリセットに居て、どのエフェクトが働いているかを、一目で分かりやすく工夫しました。

 

お買い上げありがとうございます!

システム製作記「大型FX8システム完成編」 | テクニカルサービス


システム製作記、「FX8システム「大」」の最終回。

今回は、いよいよ「完成編」。前回の記事はこちら。

 

私の方は、以前も同じ様なシステムを組んでましたので(その時の製作事例は→こちら)、製作スタートからつまずくことなく、完成までたどり着きました・・。

組み込み、配線までは完了しても、ここからが大詰め、「FX8のエディット」に入ります・・

MacPCを繋ぎまして、FX8エディタを駆使した音作り、、いや、音作りよりもその他の方が大変かなーと。

ここでは、「FX8」の、

・内部ルーティングの構築、
・空間系エフェクトのエディットとプリセット製作、
・MIDI の設定、
・Relay機能の設定、

..とこの様な作業を続けます。10年前は、実配線とケーブル作りにハンダ付け、って作業も、FRACTALならPC上で行う時代。10年前は想像もできませんでしたねー。

そして、
右側にあります「コンパクト軍団」はスイッチングシステム「ARC-53M」をMIDIで動かしますので、FX8側で各々MIDI PCの設定、マッピングを構築して動作を確認・・

続いて、「FX8 → CAE OD100のCH切り替え」を行うために、Relay機能のエディットを行い、動作検証します・・ここで、前回の「日の出カスタムTRSケーブル」が活躍しています。

無事、いや、とりあえず完了しまして、、

お客様へ「できました!!」と電話。


..ここからはお客様とテスト開始!!

私は使い方のご説明。今回、大型のシステムで、ご説明にも時間を取りたかったので、お店は「貸切」にしました。

(この時、もしも「遠方のお客様の場合」も私の対応は全く同じです。機器をお送りして、電話や、動画を交えて、きちんとサポートしています。)

・・なぜかマイク??..それは後ほど。

こうやって眺めると、存在感ありますねー。見た目も重要。カッコいいです。


今回のシステムは、おおまかに、

↓この様に使います。↓

アンプヘッドを軸に、Preセクション(アンプ前)には、「右側」のコンパクトエフェクターを、
Postセクション(OD-100のSnd/Rtn)へFX8の空間系エフェクト、
アンプのCH切り替えもフットスイッチ1つで、一気に替わります。
(ペダルは全部OFFで、FX8単体でも使うことができます。)

このシステムでの「歪み」は、OD-100 CH2,CH2+Boostを使うことと、OD-100のクリーンCHへ3台の歪みペダルを使い分けます。

・2台のFID-1は、90年代のルカサーっぽいHi-Fiな歪みと、もう1台はその逆にBOSTONを彷彿とさせる当時のRockman風の音作りをセット。
・SD-9 SUPERは、今っぽいルカサーサウンドには欠かせない音。これら、3パターンを切り替えて、空間系エフェクトを加えて、トータルサウンドを構築します。

「マイク」については、ボード上にある「ボコーダー」で使用します。


↓以下お客様からのコメントです!↓

 

今回このシステムを組んでもらった「きっかけ」は、今持っているペダルエフェクターのシステム(RS442)が、確か..もう10年位前の物で古いので、「最新の機材を使ったフロアタイプのシステムへ新装」したかったんです。

最初は、「FX8と、歪み系のペダル1個とかでいいかなー、」って思ってましたけど、西村くんと話していくうちに「え?そんなこともできちゃうの?」って、どんどん増えちゃって、何だかんだでこの大きさと言う(笑)。

でも、このボードって、写真で見るより意外と小さい。
いや、小さくはないけど(笑)、実際に設置して使ってみると「思ったよりは大きくない」んですよね。ラック運んでた頃に比べたら、楽ですよ。

そのラックって言えば、私は「14U+ボード2つ」ってのを持ってまして(今も現役で使ってます)、あの「デカいラック」と音を比べてみましたけど、今回のシステムは「音ヌケが良い!」んですよ。
なんだろうなー、
ラックには3+SEとか入っているんだけどね、、うーむ。
それよりも、今回のシステムは歪みはペダルで作っても、十分いい音出るし、、3台のディストーションペダルがとても良いので(EXG:FID-1 x2台, SD-9 SUPER)OD-100のCHって…あんまし切り替えなくなるかも..困ったな(笑)。ま、アンプはアンプの歪みで凄く良いけどね!

あとは本当、このシステムって「まだまだ色々できそう」ですよ。FX8には空間系エフェクトが色々使えるし、入っているエフェクトのほとんどが、ちょっとエディットするだけか、Level揃える位でそのまんま使える。

今回、EXCELさんから「使い方の動画」も作ってもらえたし、それ見ながら色々やってます。

ルカサーはもちろん大好きだけど、私みたいな高中正義さんを敬愛するクロスオーバー世代にも大満足のサウンドを実現できるシステムです。

ボコーダーもあるし、
「高中メドレー」やっちゃいますよ!(笑)

 

 

ありがとうございます!嬉しいです!

実は今回、一番心配だったのが、私には初めての「ボコーダー」でした。
システムへ組み込んで音を出しても「これで使い方..合ってるの?」って、正解がよく分からず、、(^^;
でも、お客様とテストしたらすんなり合格。ちゃんと動いて良かったです。


今回の使用機材リストと参考価格:

・FRACTAL AUDIO SYSTEMS:FX8 MKII
・FRACTAL AUDIO SYSTEMS:EV-1 SILVER
・CAJ:SYSTEM BOARD 4409
・FREE THE TONE:ARC-53M SILVER
・BOSS:VO-1(ボコーダー)
・EXTREME GUITAR FORCE:FID-1(A)
・EXTREME GUITAR FORCE:FID-1(B)
・EXTREME GUITAR FORCE:SD-9 SUPER
・xotic:SP Comp
・strymon:Ojai
・日の出光機製作所:パッチケーブル、カスタムケーブル、ラインケーブル一式。
・EXCEL:コンサルティング費用、組み立て作業工賃、配線部材など一式。

参考価格:約580,000(税別)

お買い上げありがとうございます。


「システム一式」当店へ丸投げ..いや、「おまかせコース」でのご相談は随時承っております。お気軽にお問い合わせください。