「FID-1」入荷予定状況のお知らせ | EXTREME GUITAR FORCE

当店オリジナルブランド「EXTREME GUITAR FORCE」のディストーションペダル、「FID-1(フィッドワン)」おかげさまで好評につき、6月入荷分は全て完売となりました。

発売に関して、最初はドキドキしていましたが、思った以上にご注文が入り、本当にありがたく感じております。

FID-1は全て手作りで制作しているため、ご予約数に制作が追いついておりません。お客様へはご不便をお掛けしますが、引き続きご予約販売にてお買い求めください。

・現在ご注文をいただくと、「7月上旬のお届け」になります。(5/30時点の情報)

・ご予約販売時の「お支払い方法」については、ネットショップ商品ページにご案内しておりますので、そちらをご確認ください。
基本的に、お客様へ商品をお届けできる(出荷できる)段階になってからのご請求になりますので、初めて当店でお買い物くださるお客様にも安心してご注文いただける様に準備しております。

・FID-1「特設ページ」はこちら。
http://excel-web.jp/extreme_guitar/FID-1.html

・FID-1「ユーザー様のレビュー」はこちら。
http://excel-web.jp/extreme_guitar/review.html

・「ご注文に関するページ」EXCELネットショップ「FID-1商品ページ」はこちら。
http://xc522.eccart.jp/y897/item_detail/itemCode,EXGFX%253AFID-1/

実験 「XTOMP」+「FX8」

当店でお買い物くださったお客様から、機材を使用した写真や、ライブの動画など送っていただくことがあります。
こう言うのってホント、すごく嬉しいですねー!
私のエネルギーになります。

さて、本日は。

XTOMPのポテンシャルを測る実験。先日システム制作をご依頼くださったお客様と、ギタリスト林さんのご協力の下、進めます。

ところで、XTOMPってご存知でしょうか・・??

結構、今も「コレって何をするものなのかよく分からない」と思っている方が多いのと、HOTONEのエフェクターであることから、なんか「小さいエフェクターのアレね」のイメージが先行する様です。握り寿司シリーズの「skyline」とは全く異なるサウンドコンセプトを持つのが機種がXTOMPです。

XTOMPは、好きなエフェクターをBluetoothを使って本体に送信。専用のアプリはiOS, Androidで無料で手に入ります。
基本的にマルチエフェクトではなく、
1つのプロセッサで単一(または2つ)のエフェクトを作り出すので、XTOMPはその分、贅沢な処理能力でリアルエフェクトを構築していると言えます。

今回の実験では、

FX8を空間系エフェクトに使用(Postエフェクト)

アンプのINPUTへ、「XTOMP」を接続し、JCM800のアンプモデリングを動かします。

これにより、エフェクトのみのFX8を、
「XTOMP アンプモデリング+FX8 空間系エフェクト」で、
両者をAXE-FXIIに近い使い方にした上で、真空管アンプの構造(Pre, EQ部、Send/Return)を織り交ぜて、最新鋭のデジタル機器と、真空管アンプのアナログ機器の融合を行なっています。

↓サウンドテスト動画はこちら。

 

当店では、本気のお客様へ本気で取り組んでおります。

調整もお気軽に。 | EXTREME GUITAR FORCE

お客様の、EXTREME GUITAR FORCE(HYPER)

本日、調整中..。

EXTREME GUITAR FORCEは、ネックを外す事なくネック調整ができる作りになっておりますので(スポークホイールは、2.5mmの六角レンチを差し込むことで簡単調整OK)、日頃の調整は楽々ですが、

たまには、当店へピットインすることもお薦めします。ユーザーのお客様はお気軽にご相談ください(調整費用は別途掛かります)。

写真のお客様のギターは、
・ネック調整、
・指定弦に合わせたオクターブ調整、
・弦高調整などの「セットアップ一式」を行い、クリーニングしてお戻しします。

EXTREME GUITAR FORCEは、まだ「若いギター」が多いので、すり合わせまで必要になっているギターは今のところ少ないです。

EXTREME GUITAR FORCE-WEB
http://excel-web.jp/extreme_guitar/top.html

コンプ研究会。

こんにちは。

コンプ。

音を揃えるだの、音の粒立ちが云々ではなく、プレーヤーの多くは「コレを ONにしたこの音が好き!」音色を変えるエフェクターとして、
効果音としてのコンプを求める方が多いと思われます。

先頃。その「コンプを研究する会」を発足。お客様の協力などもいただきつつ、FID-1設計者の田村さんが教師となり(笑)、我々にとって最も素敵であるコンプを追い求めている最中。


お題にはこんな懐かしい機種も登場しています。今聞くと、こんな音していたんだなーと、色んな発見もあります。

「FID-1」&「EMG(S-S-H)」ムービー | EXTREME GUITAR FORCE

先日発売いたしましたディストーションペダル「FID-1」には、

内部で広いレンジを得る「チャージポンプ回路」が搭載されております。

一番の目的は、EMGユーザーのため(特に当店のお客様には多いですので..)。EMGピックアップの良いところを消さずに、内部でワイドレンジなディストーションを作り出します。

先に公開いたしました基本編ムービーに加え、

↓EMGのSSHでサウンドテストしたムービーを公開しました!
是非チェックしてみてください。

・使用ギターは、
EXTRME GUITAR FORCE :「 HYPER (EMG:S-S-H)」映像内で5wayセレクターを随時切り替えております。音で聞き分けていただけると思います。

「FID-1」は、Koch ST-CのClean CHに接続しています。

(Guitarist 林 努武さん)

・FID-1解説ページ
http://excel-web.jp/extreme_guitar/FID-1.html

・販売については、ネットショップ商品ページをご覧ください。
http://xc522.eccart.jp/y897/item_detail/itemCode,EXGFX%253AFID-1/