「どんな人に、何を、どうやって買っていただくか」| 起業コラム(1)

(検索ワードで、「ライフワーク」「起業」「本田健」..でこのページに辿り着く方が結構いらしゃいます。)

普段は「ギターショップ・ブログ」ですが、

〜 今回は、「個人事業主でライフワークに興味のある方」へ向けたテーマで書きます。

〜 お客様で興味のある方も読んでみてください。



〜「どんな人に、
何を、どうやって買っていただくか」〜

個人事業主で小商いをするのに、「広く深く」はAmazonに対抗するようなもの。

ましてや「価格」や「ベーシック品目」で行ったらレッドオーシャンで死にます。
 
「弱者の戦略」。それを少しお話すれば、私は、まず「誰に買っていただくのか?を明確化」することに始まりました。例えば、当店のお客様は80年代90年代にギターキッズだった世代で、国内外のHR/HMを経て、聴く音楽はフュージョン、スムースジャズへと嗜好が変遷し、バンドアンサンブルに限らず、一人でもギターを楽しむ、ギターや機材を部屋に並べて置くことにも悦びを感じる..。それらのお客様層にお喜びいただけることをします。すると、自ずとお客様の年齢も性別も決まります。マーケットとしては非常に狭いところをやっているワケですが、まず最初に「誰のためにそれをやるのか?」を考えなければ結局、色んな部分で軸がブレてしまうのではないでしょうか。
ちなみに、うちはギターショップなのでギターピックを置いてますが、「1種類」だけですよ。
 

私からお客様に提案することと(ただし「プル型」で)、いかに短時間でお客様好みを把握するか、話や感覚の波長に合わせられるかの「知識と情報と音の蓄積」を「日々積み重ね」で続けること。もちろん情熱やエネルギーがなければできません。情熱は自ら湧き上がるものと、家族、お客さんや、周りの方々の応援によって得られるものです。
 
もうちょっと色々書きたいことはありますが、長くなってしまいますので、今回、「商品選び」を元に、日頃どうやってそれらの「積み重ね」を行なっているかをちょっとだけ書いてみようと思います。
 
・エネルギーは人と物やお金から。商品は、自分で販売する物を実際に自分で買ってみたり、休日によそのお店で買い物をしてみたり、お金を払うサービスを受けてみたり、可能であれば自宅に持って帰ってみることもお薦めします。ごく当たり前で小さなことですが、「お客さんの気持ちがよく分かります」し、買ったものを置いてただ眺めるだけでも違います。
 
・非定番化へ。こんなことを毎日、毎日、何年(何十年?)やっていると、商品(うちの場合は機材)のおおよその概要、ま、これは結構感覚的なモノではありますが、箱を開けて電源投入から実際に試してみて、これはうちのお客さんに喜んでもらえるかどうか、そこを判断するポイントに到達することは、時間的には早くなって行きます。
 
それと、今回はスペースの都合で詳しくは書きませんが、
・ホームページは内製化、ネットショップもいきなりネットモール出店ではなく、それも「内製化」することをお薦めします。そうすることで、”それそのもの”も全てがライフワークになるからです。

買取実施中! | 「全国対応」

当店では引き続き、「買取り」、買い替え時の「下取り」を承っております。

 

ギター、ベース、システム機器の他、

 

「もしかしたら、買い取ってもらえないかも..」

「処分に困った物」

「自宅に眠っている物」

高額査定はできない場合もありますが、何とかなることもあります。

古くても、
修理、整備可能な物は当店で必要な整備を行ってから販売いたします。

詳しくは、特設ページをご覧ください。ご相談だけでもお気軽に♪

【買取・特設ページはこちら!】

http://excel-web.jp/main_page/kaitori.html

新ラインナップ・ご予約受付中! | EXTREME GUITAR FORCE

弊社オリジナルカスタムギター「EXTREME GUITAR FORCE」に、新ラインナップが登場します!

当店のお客様層には、欠かせない..「Floyd Roseバージョン」を制作します!

やっぱり、いいですよ、Floyd。何よりも、あのアームアクション、ダイナミックなアクション感はフロイドならでは。「見た目の雰囲気も」大事です。

当店のお客様層の=80-90年代HR/HMからフュージョン系へと移り変わって行った世代と機材趣向の方が多いことから、ご注目いただきたいギターラインナップです!

写真は制作途中のボディ写真。「リセス加工」、そして、P.Uのザグりで既にお気づきの通り、「EMG」を装着します。

FRTユニットについては、「Gotoh FRT」を装着します。(完成時に詳しくご説明しますが、今回のギター設計の意図と合致しやすくさせるためです。)

・発売は「10月下旬〜11月上旬」の予定。

・「予定価格」、「スペック詳細」はお気軽にお問い合わせください。

・ご予約も承っております。

 

良い「パワーサプライ」のはなし

ここでは、
輸入元WEBで解説されている技術的なお話ではなく、実際の使用感「ユーザー目線」で、分かりやすくお話します。

 

よくある「パワーサプライの定番キャッチコピー」に、

・「ノイズのある・なし」

に始まり、

続いて、

・「グランドループする・しない」
・「アイソレートした・してない」
・「完全アイソレーテッド」
・「レギュレート」

など、
こんなのが出て来ると何だか難しい話ですねー…。
でも、一般的にそう書いてあると何だか良い感じがするそうです。
楽器店でも、これらのキャッチコピーを基に販売商品や接客のネタにしていると聞いたことがあります。

しかしながら、

「じゃあそれで実際使えるかどうなのか?」が本質だと当店では考えます。

 

そんな中、
「信頼できるパワーサプライ」がこちら。

「Ojai(オーハイと読みます)」は、青い本体から5系統のDC9Vを出力、もう一つOjaiを買うと拡張も可能。

エフェクター「5台程度のペダルボード」なら、まず選択肢として考えたいパワーサプライが「Ojai」です。

近年増えつつある、デジタル機器、DSP系エフェクター。XTOMPや、strymonもそれらの分類に該当しますが、
まず、

・「デジタル、DSP系機器」に安定して供給できる容量を持ち(strymon,XTOMPは300mAは欲しい)、

・アナログエフェクターと組み合わせた時に、「ちゃんと使える」かどうか、

これらをクリアーするパワーサプライが、「Ojai」です。

「Ojai」であれば、

「デジタル、DSP系機器」+「アナログエフェクター(普通のディストーションペダルなど)」

こんな当たり前の組み合わせにおいても、

「Ojai」から供給される電源はクリーン…クリーンと言ってもイメージしにくいかと思いますが、

つまり、

電源を通じて余計なノイズ成分がエフェクターへ入って来ないため、
「Ojai」からの供給は、電源アダプターやパワーサプライの違いに左右されない「良質な電源供給」であり、
・エフェクター本来のポテンシャルを引き出し、
・デジタル、DSP系機器を安定動作させ、
・アナログペダルとの併用時にも、高周波のノイズが乗ることなく、「普通」に使うことができます。

「ピ~ヒャラ~」ってなりません。

当店では各社パワーサプライを比較し、
・小型軽量で、
・デジタル機器が動き、アナログ機器の併用も安心、
これらをクリアーにするパワーサプライとして「Ojai」をお薦めします。


当店で制作するペダルボードに搭載することで、お客様からのクレーム、ブーイングもありません。(良いことです)。

・弊社オリジナル・ディストーションペダル「FID-1」用の推奨パワーサプライです。

ご注文はEXCELネットショップからお願いします!
http://xc522.eccart.jp/y897/item_detail/itemCode,4560347887499/

30cmのペダルボード制作 | テクニカルサービス

うちでは「システム機器のテクニカルサービス」として、

・FRACTAL AUDIO SYSTEMSの組み込みセットアップもしますし、

・大型のペダルボード、

さらには、、もう、Midiが絡むとサポートできるお店も数える程かもしれない、
・ラックシステム..

..まで、

お客さんのご要望に合わせたコンサルティングサービスを行なっています。

何も大きな、そして高価な物に限らずで、

実は、もっと小回りの効くこともお受けしています。

最近ご依頼くださったお客様の例ですと、

「中途半端なペダルマルチではなく、エフェクトはそんなに併用はしないが、エフェクトの種類は適度に変更したい!」

そんなご相談から、構築を始めたのがこちらのシステムボード。

30cmくらいの小さいボードですが、サウンド面や拡張面(エフェクト変更)においても自在に近づく内容を考えました。

機材を揃えて、作業に入ります。

機材も音質や、利便性、そして、電源周りは特に気を使ったチョイスを行います。(その辺のお話はまた後日..)

ここで、
同業者様からたまに「何で新聞紙敷くの?」って、聞かれます。

気分です(笑)。特に深い意味はありません。何となく、作業台の上に敷いておくと、落ち着くのです。。それだけです。やってみてください(笑)。なんとなく、やる気に違いが出るかもしれません。

さて、こちらのボードはこの「部材」で機材を固定するユニークなボード。

引き続き作業を進めます。