「パッチケーブルのはなし」 | NINJAケーブル

前回の続き..

今回の案件から、制作時間が縮まり、作業効率が飛躍的に高まりました!

それは、

ケーブル作り!

電源周りなど加工を必要とする箇所はともかく、

ラインケーブル(信号用)の制作は意外と面倒で..(お買い上げくださっているので面倒とは大変失礼ではございますが、)

でも、ケーブルをしっかり作るのって、結構大変なんですよね。よく、「俺、半田付け得意!」って方もいますけど、単に繋がっているだけではなく、綺麗にきちんと作るのって作業的には簡単ではなく・・

ソルダーレスケーブルであっても、加工は必要で、どっちかって言うと、ソルダーレスケーブルの方が、「トラブル出ませんようーに!」って(笑)、祈りながら作るのが実情で。

で、今回から、ケーブル作りは専門業者さんへお願いしました。

その名も、「NINJAケーブル」



ネーミングが良い。

あらかじめ私の方で、長さを何パターンか測っておき、


ケーブルは、

「(株)日の出光機製作所さん」にて制作。

日の出さん特製の「軽く、コンパクト」なオリジナルプラグ(LまたはS)を、良質なハンダ(アルミット)で、熟練の職人さんが手作りで加工、半田付け。

ケーブルはカナレですが、音質面どうのこうのよりも、柔軟性がしっかりしており、システム内の配線の取り回しや、固定がしやすく、曲げにも強いため、我々の「組み立てる立場」の視点からすると、今最も使いやすいプラグ&ケーブルです。プラグもジャックとのホールド性がよく、しっかりと入力できます。プラグINした時の「カツン」と言う感触でこのプラグの品質性の良さが分かるほど。

様々な長さのケーブルを作っていただいたおかげで、配線は楽々。
おかげで作業手間は飛躍的に向上いたしました。

今後システム制作のご依頼の際には、NINJAケーブルをメインに推奨してまいります。

システムボード「制作事例」 | テクニカルサービス

当店では、お客様一人一人、ちゃんと向き合ったサービスとして、FRACTALなどの「本体+中身サポート」の様なハード+ソフトの案件から、

今回の記事の様に、「小型のペダルボード」のご相談まで応じております。

それから、よくお問い合わせをいただくことなのですが、
機材のみお持ち込みでの対応はお断りしております。(当店お買い上げ商品は除く)基本的に、機材から付随する部材まで一式「パッケージ」としてコーディネート、制作、アフターサービスまで、パッケージ化して販売、対応させていただいております。

また、「よそで買った物の配線方法だけ教えて欲しい」とか、「(どこかの)ネットに書いてある、これについてはどうなのか?」など、ただ回答や、何かの良し悪しについてだけをお求めになるお問い合わせをいただくことがありますが、申し訳ございませんが、これらについてもお断りさせていただいております。各々購入したお店へお問い合わせお願いします。

私の人生そろそろ折り返し地点。「時間は誰にとっても有限」ですので、ご理解くださいます様お願いします。


さて、今回ご依頼いただきましたお客様は、

「機動性が良い小型のペダルボードを組んで欲しいけど、miniボードで3台+チューナーみたいな感じだとちょっと足りない。4種類くらいで、できるだけ軽くして欲しい。

たまに、エフェクターも入れ替えたい。特に歪みペダルはバンドによって2-3種類を使い分けると思う。自由に入れ替えたいけど、できる?

では、よろしくね!」

できます。うまいこと考えます!

ご要望に基づいて制作いたしましたのが、こちらのボード!

お客様のご要望で、「歪みペダル」を使い分けるために、「Aパターン」「Bパターン」の2種類に簡単にチェンジできる状態に制作。

配線は直ぐに外せる状態で、ジャック位置に合わせた「余裕の長さ」で配線。

エフェクターの固定もマイナスドライバー1本で簡単にできます。(ペダルボード・Aclamの特徴)

 

・こちらは、「Aパターン」


歪みの「CTC: Black Magic MKII(左下)」は、ロック、ポップ、
そして、
「いかにもペダルで歪ませた!」みたいな、ベタな(良い意味で、ですよ!)古っぽい歪みも出せるため、昭和歌謡にも..対応できます。

 

 

そして、歪みペダルだけを入れ替えてみます・・マイナスドライバー1本でOK!

 

・こちらが、「Bパターン」

通称:Dokkenパターン(笑)。
その名の通り、ハードロック、メタル系に対応するために、この時は「FID-1」をベースに音作りをします。

FID-1ユーザーの方はセッティングもご参考ください。LEVELは写真くらい上がってないとよろしくない..です。(LEVEL: 1-2時推薦)


XTOMPについて:
「A」「B」どちらのパターンにおいても、
・XTOMP(ノーマル)は「ディレイ・リバーブ(コンビネーション アルゴリズム)」にて使用し、

・XTOMP miniは、「クリーントーン」で、コーラス(※1)に使います。

(※1)冒頭の様に、変なお問い合わせが来ると困りますので、但し書きをいたしますと、、
「このボードでは歪みペダルとX-Miniは併用しません。」撮影のために、LEDは光らせて(ON状態)ますが..。

 

お買い上げありがとうございました!


今回の使用機材リスト:

・strymon:Ojai「パワーサプライ」

・XTOMP mini「DSPエフェクト」

・XTOMP「DSPエフェクト(上位機種)」

・t.c.:Tuner「チューナー兼、MUTEスイッチ」

・OKKO:COCAINE「コンプ+ブースター(独立MIDブースターとして使用)」

・EXTREME GUITAR FORCE:FID-1「ディストーションペダル」

・CTC:Black Magic MKII「ディストーションペダル」

・Aclam:XS2「ペダルボード、ソフトケース」

・パッチケーブル、配線部材、工賃別途。

EXTREME GUITAR FORCE ユーザーレビュー

EXGをお買い上げくださったお客様よりいただいた「ユーザーレビュー」ページ。

「HYPER Custom」を特注いただいたお客様より、頂戴いたしましたご感想を本日アップしました。

今回は、「技巧派エキスパートプレーヤー様」からのカスタムオーダーで、材料や、パーツの組み合わせなど、何度かに渡って細かく打ち合わせし、お客様好みにセッティング、セットアップする点においては、当店はカーレースのメカニックの様な気分で楽しく取り組ませていただきました。

お客様とのそれらのやり取り、いただくご感想はもちろんですが、写真も送ってくださるので、ホント、嬉しいです!

今までカスタムギターはいろいろ弾いてきましたが、今回は、初めてアクティブピックアップ(EMG)を使ったギターを制作したいと思い、オーダーさせていただきました。

まず見た目で、気に入りました。

ボディーカラー選択時も、やり取りも細かくご対応いただきまして、海外オーダーでは難しい、オリジナルのカラーも選べたのもオーダーの決め手となりました。

 

・・続きは、こちらからご覧下さい!
EXG-WEB 「ユーザーレビュー・ページ」

フレット「丸エッジ」のはなし | EXG

EXG(EXTREME GUITAR FORCEの略称)の、フレットエッジは、手作業で丹念に丸めて仕上げています。

通称「丸エッジ」

メーカーによっては、斜めにスパッと切った様な仕上げを行なっている物を目にすることもありますが、削ぎすぎると、弦落ちの原因の一つになる場合がある様です。

EXGは手に優しい握り心地。
フレットの両端は丸みを持たせて、手触りで確認しながら、握った瞬間と、素早いポジション移動時にも手が痛くない、「優しい」手触りに仕上げています。


(見るからに手にやさしそうでしょ。)

「指板エッジ」も同様です。「握り心地全体が優しい感触」になる様に、フレット同様、他作業で丹念に、程よい角取りをしています。

これをやるだけでも、コードワーク、ポジション移動、パッと握った時のやりやすさに違いがでます。

この、フレットエッジと、指板エッジの作業は、意外と慎重な作業で、両方共、やり過ぎすると、前述した弦落ちや、フレット飛び出し、湿度変化で生じるバリによって、一歩間違うと、「痛い、危ない」握り心地になってしまいます。
EXGは、そうならない様に、ネックを作る前段階から上質なネック材を選び、乾燥から加工の段階までしっかり寝かせる(慣らした)ところから始まります。

この、「丸エッジ」

海外のカスタムギターブランドでは、「Hand Rolled Edges」と言うらしい..
ふーむ。

acLam guitars ペダルボード 配線 | テクニカルサービス

このところ、システムボード制作のご依頼が続いている中、人気のペダルボードが、「aclam(アクラム)」

機器固定にはマジックテープがいらないなど、ユニークな点が多いことは前にも書いた通りですが、

配線、特にDCコードの配線もし易く、基本的に「溝」に押し込むだけ。

それでも、5台分など配線本数も増えてくると、ケーブルの束が盛り上がっちゃって、上手く押し込めない箇所も出て来るワケでして・・

お客様のボードを作っていてふと思った・・こうやればいいんじゃねーの。
(既出ネタだったらすみません。)

このボードで、固定治具の類はあまり使いたくないので、
(aclamの様式美が損なう気がするため、)
所謂、「ベース板」は使わずに、

1. 結束バンドを、この様に余分な長さを残して切ります。

2. 余った箇所を、配線と一緒に溝に引っ掛けます。

1つのラインで1箇所だと取れやすいので、1つのラインで最低2箇所以上はこの様に処置します。

これで、ケーブルの押し込みにくい箇所での、DCケーブルの飛び出しがしにくくなります。
ケーブルは、2束くらいまででしょう。

応用すれば、両端などの「縦のラインにも」使えます。

 

 

こんな感じに、

ベース板を使わなくても、スッキリまとまります。(..作業は途中)

今、この手のサイズのペダルボードに「Ojai」は欠かせません!

 

引き続き、作業を進めます。続きはまた!