「弦替えてください。」 | システム製作記

システム製作記を兼ねた「雑記」

 

大型のシステムを製作中..

AC電源用のインレット、プラグを加工しているところ。


意外に面倒な作業です。3Pの電源プラグのコネクタ側は内部の長さもピッタリに合わせて、圧着端子にハンダ付けして、内部にプラス、マイナスと、、って固定する時に片側が動いちゃうからとりあえずホットボンドで仮止めして、、って、

..要は、
かなり「イラーっと来る作業」なワケですが、、納期も迫っているし(笑)。

そんな時に限って、「この時期よくある出来事」が、

「すみませーん、弦替えてください」のご相談..。

うちはそもそもマニアック過ぎる(笑)お店なのですが、(看板も出してないし)

それでも、ネットで検索したりして、

「町の楽器屋」と思ってお見えになる方もいらっしゃるのです。

もちろん仕事はいたします。

GW、お盆、年末のこの3シーズンに多いご依頼がこの「弦替えて相談」です。

「年末だから押入れにあったギター弾くか!」って、、気持ちは分かりますけど、、

(できれば、楽器は綺麗にして持ってきてください。この手のご相談で持ち込まれるその多くは、「ギターが汚い」です。
ホコリだらけで、弦はサビサビで、中にはケース無しの「裸」で持ち込まれる物もあります。
そんな楽器が持ち込まれると、「これで弦替えても本当に弾くの?」と正直思っちゃいます。)

こう言った話。
普段は全くと言っていいほどありませんけど、「年末」は多い。

大抵は、
「フォトジェニック」や、「cool-z」と言った初心者向けのギター、ベースを抱えた親子連れのお客さんなんですけども、

弦くらい、自分で交換しましょうね。
え?替え方知らない?
ニッパーも持ってない?
買ったお店に行けない?・・そうですか、じゃあ、しょうがないですね、

では、私がやりましょうか・・って、

でも、せっかくなので弦の替え方は覚えて帰ってくださいね。

じゃあ、
まずは、一旦作業台を片付けて空けまして、、ってなるワケですが、

私も対応できる時と、そうでない時はありますので、この手の案件に直ぐ着手はできません。

(それでも持ち込む方は、「直ぐやってくれ!」と言います…)

私もできる限りの対応はいたしますが(仕事ですので)、

「弦替えてください」については、
時間的な都合においても、内容的にも、それがお受けできない時は、お断りする時もあります。予めご了承お願いします。


・・と言うワケで。

「楽器店の皆様へお願いです。」
販売した楽器。初心者向けの楽器は特に、お店の方からのアフターケア、フォローアップ、
弦の替え方もそうですが、ネックも調整してあげてください・・と思うのであります。よろしくお願いします。


さて、「システム製作作業」に戻り..

AC周りの配線が完了。

まだまだ続きます。

Suhr:CLC Antique Pro「Limited Edition」 | ピックアップ商品

限定200本のリミテッドモデル。(正規輸入品です。)

アンティーク加工=この「傷めつけ具合」が音にも関係ある様な気がします。当然ながら、極薄のラッカー塗装で仕上げていること、そして、アンティーク加工による部分的な剥がしも加えて、ボディのバイブレーションはより波打つ様に「積極的な響き」に感じられます。(普通塗装のCLCに比べて。)

ネックも同様。コードトーンを奏でた時の左手に伝わる振動がグングンと伝わってきます。

3シングルと言うのがまた良いでしょ??
SSCII(パッシブのノイズ軽減回路)搭載でノイズ少ないですし、
何よりも、しかもこの色..ですよ。

持った瞬間から気分は「M.L」です。

Suhrだから弾きやすさもバツグン!で、ステンレスフレットの発音の良さとフィンガリングの滑りの良さ、ルックスの存在感と、弾きやすさ(楽しい)も同時にお買い求めいただけます。

「..グッと来ちゃった!」方は、下記商品ページをご覧ください。
http://xc522.eccart.jp/y897/item_detail/itemCode,JSTCLA0057/

ユーザー様からレビューが届きました! | EXTREME GUITAR FORCE

Maxon/SD-9を、チューンナップした「SD-9 SUPER by EXTREME GUITAR FORCE」のユーザー様からレビューが届きました!

 

とにかく「音が太い!」
一発目に音を出した瞬間に他の歪み系エフェクターでは感じない「太さ」を感じました。
最初は全部12時からセッティングを始めましたが、私の場合は特に変更しなくてもそのまんまのセッティングで概ねOKでした。ちょっとエッジが丸いと思ったらアンプでトレブル上げても良いし、TONEを2時ぐらいにしても明瞭な感じになる….

 

ありがとうございます!!

☆続きは、「EXG ユーザーレビュー」ページをご覧ください!

↓ 写真も送ってくださいました。嬉しいですねー!

おかげさまで、EXCELオープン当初からのお付き合いも長いお客様。
こちらのお客様はホントに、ギター「メチャ上手いですよー!」
パッと弾くだけで機材の良いところをどんどん引き出してしまう腕前です。

またあらためて、SD-9 SUPERのポテンシャルが実証されました。

1月製作分はまだ間に合います。ご注文はお早めに!

(☆ SD-9 SUPER 特設ページはこちら!)
http://www.excel-web.jp/extreme_guitar/SD-9SUPER.html

システム製作 | テクニカルサービス

このブログの読者の中には、楽器店の方も多くいらっしゃるそうです。光栄なことです。

さて、只今、お客様からご依頼いただいた「大型のシステム」製作中…。

機材が揃って最初にやることは、

まず、仮に並べてみます。

 

じーっと見ながら、瞑想します。

どこにアレを置いて、コレを置いて、こう配線してって・・全体図を想像します。
(作りながら、「全部置けない!」ってことのない様にサイズは予め作図しながら確認注意..しております。)

 

おおよそのイメージができたら、

 

早速、「下準備」を開始します。

写真は、EV-1のネジを取り外しているところ、、

ボードへの固定に備えます。

うーん..実は結構やりたくない作業(理由は聞かないで・笑)。

写真みたいに、EV-1側面は必ずテープで固定しておきます。
「怪我防止のため」。完成までこのままです。

見えないところ、見えない箇所も、地味ですが、色々やっております。

ギターマガジン12月号と、SD-9SUPERの販売状況について | EXTREME GUITAR FORCE

お知らせが遅れましたが、ギターマガジンの12月号に、EXTREME GUITAR FORCEエフェクターのデザインでお馴染みの、「田村進」さんについて、OD808の解説と共に掲載されております。是非チェックしてみてください!

電子書籍でも読めますよ ♪


なお、田村さんによるチューンナップ版Maxon/SD-9「SD-9 SUPER by EXTREME GUITAR FORCE」は、年内販売分はおかげさまで完売(祝)、

・現在ご注文をいただきますと、「1月中旬〜下旬頃」のお届けになります。

本日、ユーザーレビューも追加、更新いたしました。是非チェックしてみてください!

・SD-9 SUPER「特設ページ」
http://www.excel-web.jp/extreme_guitar/SD-9SUPER.html

・ユーザーレビューページはこちら。
http://www.excel-web.jp/extreme_guitar/review.html