「MK-ODの基本セッティング」の方法。

新発売のオーバードライブ「MK-OD」の基本セッティング方法についてご説明します。

まず最初に、

・DRIVE(歪み)
・Level(音量)
この2つのみを、およそ「12時」に合わせます。

下の2つのツマミ、
【左下】MID Enhance(MIDレンジ周波数特性)
【右下】TONE(トーン)
↓この2つは、両方共「ゼロ(ミニマム)」にします。

この2つは必ず「ゼロから開いてセッティング」でお使いください。
(いきなり12時とかやっちゃいますと..ちょっと「?」になると思います。)

まずは、MID, TONE共に絞った状態にして、最も丸いトーンを作り、そこから、

・TONEを開いて音を硬めにしたり、

・MID Enhanceを開いて、お好みのミドルレンジのポイントを探ります。(ピックアップの種類や、弾き手のニュアンス、ピックの当て方などで結構変わりますので、「ココ」と言うポイントはプレーヤーそれぞれ..に違います。)


ムービーで題材にしております「ロベン・フォード&ブルーライン風」のセッティングでしたら、

割とDRIVEは上げ気味にして、TONE, MIDは「1メモリ分」が近く音になると思います。

↓こんな感じです。

 


「パワーのあるハムバッカーの場合」
また、使うギターによっては、「MID Enhanceで全体を合わせる」使い方もお試しください。ハイパワーなパッシブのハムバッカー(Suhr:Aldrichや、EXG:SUPER HBなど)は、

↓意外とこの様なセッティングで、「まろやかなトーン」が作れたりします。

 

それから、

内部昇圧モードは「18Vモードを推奨」します。電池ボックス内で9V/18Vの切り替えは可能ですが、チューンナップコンセプト、製品作りの段階から「18Vモード固定」で使うことを想定して進めておりましたので、このモードで広いダイナミックレンジでお使いください。

重要なポイント:MK-ODは「MID,TONEはゼロから始める」「18Vモード」で、お願いします。

MK-OD 「6/15発売開始!」 | EXTREME GUITAR FORCE

「前回の記事はこちら」

新製品「MK-OD」は、6/15発売開始が決まりました!

マニュアルも先ほど校了いたしまして..準備ができました。

・「WEBページについては6/14に公開を予定」しております。デモムービーも合わせて公開する準備をしております。

「MK-OD」は、Maxon/ST9Pro+を素体に、サウンドコンセプトを基に(下記参照)見直しと改良、それらの熟成を重ねて作った「チューンナップ版・オーバードライブペダル」です。

エンジニア田村進氏、自らが1台1台を手作業でチューンナップ。

田村氏自らが厳選した高品位パーツ数点への交換及び取り付けなどのチューンナップを施した上で、AP測定器で計測、厳しい製品検査を経た合格品のみが販売品になります。ユーザー様は個体差のないペダルをお買い上げいただけます。(他の3機種も全て同じ流れで作っております。)

「ご予約」については既に開始しております。
・価格は「29,500円(税別)」です。
・通販の場合はネットショップに準じた送料を別途頂戴します(500円より地域によって異なります)。
・こちらからメールにてご予約ください。

今回、アンプの「クリーンINPUT」に繋いで、単体で歪みが得られる作り、広いレンジと、Midから〜Hiへ押し出すトーンは、普段私は「アンプライク」と言う言葉をあえて使いませんが..今回はその例えにハマるトーンに仕上がったので、

「ミニSWの上のポジション(オリジナルモード=MK-ODモード)」+「18Vモード」の音は、実に「アンプライクな音」と説明する様にいたします。


サウンドコンセプト。万能とか、あれもこれもとは言いません。いつも通り、当店のお客様層である「フュージョン、AOR、スムースジャズファン」に喜んでいただける音。オリジナルマークIや、J.Kelleyに代表されるスムースかつ中音域から強く押し出すオーバードライブをモチーフに「MK-ODのサウンドコンセプト」を固めました。

「ちょうどいい感じの丸さ」から、「高域は歯切れの良さを出すことも」できるペダルです。

それでは発売をお楽しみにー!

システム制作記 | テクニカルサービス

お客様ご依頼の「システム制作」

今回は、一からではなく、一部機材の入れ替えを行います。

機材入れ替えについては、結構難しい箇所もあって、入れ替え機材によっては大きさに限らず「プラグ向き」が変わったりしますので..場合によってはケーブルごと交換ってこともありますし、

これだけしっかり組んであると、一から組み直しに近いくらいにバラす必要も出てきちゃうワケですが、

今回はなるべく分解箇所も少なくする道筋を考えながら分解中..

何が入るかはお楽しみにー!

歪みの「前」か?「後」か? | PAC9 SUPER

引き続き、「PAC9 SUPER」のTipsについてお話しします。

テーマは、「PAC9 SUPER」は、歪みの前に繋ぐか、後に繋ぐか、

↑歪みの「前」にコーラス。

 

↑歪みの「後」にコーラス。


極論言えば、「(好みで)どっちでもいい」んですが、

しかし、エフェクターを組む上でのセオリー上では、この手のコーラスペダルは「歪みの後」とされているようです。スイッチングシステム等の説明書を見ると、多くの機器でそのような説明が書いてあります。

経験上ではそんな気はしていませんが….実際、ARIONなどは歪みの前に繋ぐ例は多かったですし、FRACTALでも内部ルーティングで歪みセクション(AMP)の前に、コーラス(CHO)を配置することもあります。

要は、「音を出してみて」からの判断でいいと思います。どっちが気持ち良いかどうか、とか、どっちが綺麗にかかるか、など。

(これについてはコーラスの「機種」にもよるかと思います。)

今回は、「PAC9 SUPER」に関する話として進めます。

「SD-9 SUPER」を接続して比較してみましたところ、


【歪みの前】
「SD-9 SUPER(歪み)」の「前に「PAC9 SUPER」を接続」する方が、トータルのサウンドは「スッキリ」します。
GAINツマミはゼロでも12時でもあまりトーンの影響も感じられませんでした。店頭でもお試しになるお客様の多くがこちらの接続順を好んでいます。

サンプル映像:この動画では、
【PAC9 SUPER】→【SD-9 SUPER】の順で弾いています。

 


【歪みの後】
対して、セオリー通りに「歪みの後に繋ぐ」方法の場合は、ペダル側で結構歪ませた状態で(GAIN 12時以上)、「PAC9 SUPER」の一番薄いモード(2つのSWは両方上側)と組みわせると、80年代HRの様なディストーションを軽く揺らすサウンドに活かすことができます。
ここでは、コーラスをONにしても、音が下がった感じもないPAC9 SUPERの利点(内部Level設定を見直しファインチューンした点)が効果していると感じられます。


 

「そもそも、コーラスってクリーントーンでしか使わない..。」

・・と言うご意見もあるかもしれませんが(笑)

お買い上げくださったお客様は、一度、両方のパターンをお試しください♪

PAC9 SUPER ミニSWを「THIN+CLEAR」にすると、

Maxonのエフェクターを田村進氏自らがチューンナップを施した「SUPERプロジェクト」の第三弾が「PAC9 SUPER」です。

BBDのアナログコーラスですが、うちのは「ペラくない」です。BBDらしい「かかりの薄いコーラス」ではあるものの、音全体はペラくならずに、BBDコーラスの弱点を解消しています。これは、田村氏が施した「全体のLevelの見直しと改善」にあります。「PAC9 SUPER」は、エフェクトONにした時に音が下がる感じはなく(BBDコーラスではよくあることです)、本来の音の厚みをキープしたまま、コーラスをかけています。素早いカッティングや、アルペジオなど、フレーズの途中でONにしても音が弱まった感じにはなりません。これまで、「アナログコーラスってこんなものじゃん..」で済まされていたことは、大幅に改善されています。

(元々、PAC9自体が入力段にdbxの回路、内部にDCDCコンバーターを搭載し、レスポンスやダイナミックレンジを向上させています。今回の「私達が意図するサウンド」にはピッタリの素体だったワケです。)


そして、「私達が意図とするサウンド」のルーツ。

これも、オリジナルから大幅に変更。弊社がイメージするサウンドを田村氏とじっくり打ち合わせをし、試作機から何度かのファインチューンを経て、製品化いたしました。

そのイメージは、

「空が高いなー!」

カリフォルニアの高い空。
私が初めてLAに行った時に最初に感じたことです。

この爽快な風景を見ていると、頭の中に自然と流れてくる音楽は「Maxus」や「David Garfield」など..LAフュージョン、AORの代表曲。

PAC9 SUPERの音は、
「太い」とか、「激しい揺れ」などのコーラスではなく、コーラスのかかりとしては「薄め」だと思います。

4モードあるうちの、一番薄いモード(今日のタイトル)「THIN + CLEAR」は特にそうです。

「遠くの方で薄っすらとかかっているコーラス」を出すことができます。クリーントーンを綺麗に、歪みペダルとの併用時にはトーンを軽めに揺らすこともできます。LAフュージョン好きな方々には特にお喜びいただける音です。

 

・PAC9 SUPER製品ページはこちら。

http://www.excel-web.jp/extreme_guitar/PAC9SUPER.html

 

・ご注文は「ネットショップ」からお願いします。

https://xc522.eccart.jp/y897/item_detail/itemCode,EXG%253APAC9S%25234/