システム制作記 | テクニカルサービス

お客様ご依頼の「システム制作」

今回は、一からではなく、一部機材の入れ替えを行います。

機材入れ替えについては、結構難しい箇所もあって、入れ替え機材によっては大きさに限らず「プラグ向き」が変わったりしますので..場合によってはケーブルごと交換ってこともありますし、

これだけしっかり組んであると、一から組み直しに近いくらいにバラす必要も出てきちゃうワケですが、

今回はなるべく分解箇所も少なくする道筋を考えながら分解中..

何が入るかはお楽しみにー!

システム製作記「大型FX8システム完成編」 | テクニカルサービス


システム製作記、「FX8システム「大」」の最終回。

今回は、いよいよ「完成編」。前回の記事はこちら。

 

私の方は、以前も同じ様なシステムを組んでましたので(その時の製作事例は→こちら)、製作スタートからつまずくことなく、完成までたどり着きました・・。

組み込み、配線までは完了しても、ここからが大詰め、「FX8のエディット」に入ります・・

MacPCを繋ぎまして、FX8エディタを駆使した音作り、、いや、音作りよりもその他の方が大変かなーと。

ここでは、「FX8」の、

・内部ルーティングの構築、
・空間系エフェクトのエディットとプリセット製作、
・MIDI の設定、
・Relay機能の設定、

..とこの様な作業を続けます。10年前は、実配線とケーブル作りにハンダ付け、って作業も、FRACTALならPC上で行う時代。10年前は想像もできませんでしたねー。

そして、
右側にあります「コンパクト軍団」はスイッチングシステム「ARC-53M」をMIDIで動かしますので、FX8側で各々MIDI PCの設定、マッピングを構築して動作を確認・・

続いて、「FX8 → CAE OD100のCH切り替え」を行うために、Relay機能のエディットを行い、動作検証します・・ここで、前回の「日の出カスタムTRSケーブル」が活躍しています。

無事、いや、とりあえず完了しまして、、

お客様へ「できました!!」と電話。


..ここからはお客様とテスト開始!!

私は使い方のご説明。今回、大型のシステムで、ご説明にも時間を取りたかったので、お店は「貸切」にしました。

(この時、もしも「遠方のお客様の場合」も私の対応は全く同じです。機器をお送りして、電話や、動画を交えて、きちんとサポートしています。)

・・なぜかマイク??..それは後ほど。

こうやって眺めると、存在感ありますねー。見た目も重要。カッコいいです。


今回のシステムは、おおまかに、

↓この様に使います。↓

アンプヘッドを軸に、Preセクション(アンプ前)には、「右側」のコンパクトエフェクターを、
Postセクション(OD-100のSnd/Rtn)へFX8の空間系エフェクト、
アンプのCH切り替えもフットスイッチ1つで、一気に替わります。
(ペダルは全部OFFで、FX8単体でも使うことができます。)

このシステムでの「歪み」は、OD-100 CH2,CH2+Boostを使うことと、OD-100のクリーンCHへ3台の歪みペダルを使い分けます。

・2台のFID-1は、90年代のルカサーっぽいHi-Fiな歪みと、もう1台はその逆にBOSTONを彷彿とさせる当時のRockman風の音作りをセット。
・SD-9 SUPERは、今っぽいルカサーサウンドには欠かせない音。これら、3パターンを切り替えて、空間系エフェクトを加えて、トータルサウンドを構築します。

「マイク」については、ボード上にある「ボコーダー」で使用します。


↓以下お客様からのコメントです!↓

 

今回このシステムを組んでもらった「きっかけ」は、今持っているペダルエフェクターのシステム(RS442)が、確か..もう10年位前の物で古いので、「最新の機材を使ったフロアタイプのシステムへ新装」したかったんです。

最初は、「FX8と、歪み系のペダル1個とかでいいかなー、」って思ってましたけど、西村くんと話していくうちに「え?そんなこともできちゃうの?」って、どんどん増えちゃって、何だかんだでこの大きさと言う(笑)。

でも、このボードって、写真で見るより意外と小さい。
いや、小さくはないけど(笑)、実際に設置して使ってみると「思ったよりは大きくない」んですよね。ラック運んでた頃に比べたら、楽ですよ。

そのラックって言えば、私は「14U+ボード2つ」ってのを持ってまして(今も現役で使ってます)、あの「デカいラック」と音を比べてみましたけど、今回のシステムは「音ヌケが良い!」んですよ。
なんだろうなー、
ラックには3+SEとか入っているんだけどね、、うーむ。
それよりも、今回のシステムは歪みはペダルで作っても、十分いい音出るし、、3台のディストーションペダルがとても良いので(EXG:FID-1 x2台, SD-9 SUPER)OD-100のCHって…あんまし切り替えなくなるかも..困ったな(笑)。ま、アンプはアンプの歪みで凄く良いけどね!

あとは本当、このシステムって「まだまだ色々できそう」ですよ。FX8には空間系エフェクトが色々使えるし、入っているエフェクトのほとんどが、ちょっとエディットするだけか、Level揃える位でそのまんま使える。

今回、EXCELさんから「使い方の動画」も作ってもらえたし、それ見ながら色々やってます。

ルカサーはもちろん大好きだけど、私みたいな高中正義さんを敬愛するクロスオーバー世代にも大満足のサウンドを実現できるシステムです。

ボコーダーもあるし、
「高中メドレー」やっちゃいますよ!(笑)

 

 

ありがとうございます!嬉しいです!

実は今回、一番心配だったのが、私には初めての「ボコーダー」でした。
システムへ組み込んで音を出しても「これで使い方..合ってるの?」って、正解がよく分からず、、(^^;
でも、お客様とテストしたらすんなり合格。ちゃんと動いて良かったです。


今回の使用機材リストと参考価格:

・FRACTAL AUDIO SYSTEMS:FX8 MKII
・FRACTAL AUDIO SYSTEMS:EV-1 SILVER
・CAJ:SYSTEM BOARD 4409
・FREE THE TONE:ARC-53M SILVER
・BOSS:VO-1(ボコーダー)
・EXTREME GUITAR FORCE:FID-1(A)
・EXTREME GUITAR FORCE:FID-1(B)
・EXTREME GUITAR FORCE:SD-9 SUPER
・xotic:SP Comp
・strymon:Ojai
・日の出光機製作所:パッチケーブル、カスタムケーブル、ラインケーブル一式。
・EXCEL:コンサルティング費用、組み立て作業工賃、配線部材など一式。

参考価格:約580,000(税別)

お買い上げありがとうございます。


「システム一式」当店へ丸投げ..いや、「おまかせコース」でのご相談は随時承っております。お気軽にお問い合わせください。

システム製作記「左側・作業編」 | テクニカルサービス

システム製作記。いくつか同時進行で進めていたので、ちょっと間が空いてしまいました。

前の話を忘れちゃった方へ・・「→→前回の記事はこちら!」


こちらのシステム。
大型のボードを使い、左右で違うセクションを組み、合体させると言う、名付けて「スーパーロボット型システム」イデオンやゲッターロボの世界ですよ。40代以下の方は何のことか分からないと思いますが、話を進めます..

前回の記事で「右側」が完成しましたので、

↑こんな感じで..

続いて「左側」の作業へ移ります。


左側には、「FX8 MKII(FRACTAL AUDIO SYSTEMS)」を設置します。

デーン!と。

この手の「平型」のボードへの固定は、まずは「本体足を取り外す」ワケですが、当店では底面の凹凸を減らす様にネジを交換する等の工夫、処置を行なった上で固定します。

FX8,AX8の固定には、自動車用の強力なマジックテープ(※1)を使います。
(※1)面ファスナーのこと。マジックテープは株式会社クラレの登録商標です..って、コレ毎回書かないと行けませんかね??と個人的には思います。日本では一般的にマジックテープで認知されてますし、「ベルクロ」って言うと、「何すかそれ?」と言われますし。
..で、これからもマジックテープと書きます(笑)。

話を戻し、、固定したらそのまま1日放置するとよりガッチリくっ付きます。完成後の「直ぐ剥がれちゃう」「立てると機材が落ちる」を防止します。


本体背面、電源周りや、前もって加工しておいたインレット周りなども配置して固定。

「左側」の組み立て作業は早く完了。

問題は中身..
これから始まる「FX8内部のエディット」作業が一番時間が掛かります(^^;


もう一つの「隠れアイテム。」
「FX8に使用するステレオケーブル」は、パッチケーブルと同じく「日の出・カスタムケーブル」を使用。ゴールドメッキが美しく輝きます。

「なぜステレオケーブル??」については、次回「完成編」でお話しします。

では。

システム製作記「右側・製作編」 | テクニカルサービス

お客様ご依頼の大型のシステム
(と、言っても、うちで受けるシステムの大抵はいつも大型ですが)

製作中のはなし…の続き。

ちょっと間が空いちゃいましたので、ちなみにこのシステムのおける前回の話はこちら。

「インレット、ACプラグ周りの作業は完了」しまして、、

続いて、DCケーブル、ラインケーブルなどの「実配線作業」に入ります。

「完成しました!!」..って嘘です(笑)。
(お客さんに怒られます..)

あらかじめ、ケーブルの長さは測って製作して準備しておき、そこから「仮配線」をします。
写真みたいに、とりあえずバーっと配線。
「ちゃんと音が出るか」どうかをチェックします。

問題があれば、ケーブル1本ずつ追いかけますが、、このところ「日の出さんのケーブル」(日の出光機製作所さん)を使い始めてからは、トラブルは「ゼロ」。作業だけに集中できます。

仮配線したら、ボードをジーっと眺め、配線の取り回しをイメージします。
なるべく、ノイズを回避できる配置と配線も同時に考えます。。

続いて、配線部材を使いながら、配線周りを綺麗に仕上げて行きます。

今度は本当に完了。

なんと、3台の「EXGペダル」を導入いただきました!!
ありがとうございます!!


ふー。これで「右側」は完成したぞー!!

さて、続いて、、「左側」の作業に入ります。

「え?
これって、左側にも何かあるの?」

はい。

どんなシステムになるでしょうか??
続きをお楽しみにー!

・システム製作のご依頼も随時承っております。お気軽にご相談ください。

システム製作 | テクニカルサービス

このブログの読者の中には、楽器店の方も多くいらっしゃるそうです。光栄なことです。

さて、只今、お客様からご依頼いただいた「大型のシステム」製作中…。

機材が揃って最初にやることは、

まず、仮に並べてみます。

 

じーっと見ながら、瞑想します。

どこにアレを置いて、コレを置いて、こう配線してって・・全体図を想像します。
(作りながら、「全部置けない!」ってことのない様にサイズは予め作図しながら確認注意..しております。)

 

おおよそのイメージができたら、

 

早速、「下準備」を開始します。

写真は、EV-1のネジを取り外しているところ、、

ボードへの固定に備えます。

うーん..実は結構やりたくない作業(理由は聞かないで・笑)。

写真みたいに、EV-1側面は必ずテープで固定しておきます。
「怪我防止のため」。完成までこのままです。

見えないところ、見えない箇所も、地味ですが、色々やっております。