フレット「丸エッジ」のはなし | EXG

EXG(EXTREME GUITAR FORCEの略称)の、フレットエッジは、手作業で丹念に丸めて仕上げています。

通称「丸エッジ」

メーカーによっては、斜めにスパッと切った様な仕上げを行なっている物を目にすることもありますが、削ぎすぎると、弦落ちの原因の一つになる場合がある様です。

EXGは手に優しい握り心地。
フレットの両端は丸みを持たせて、手触りで確認しながら、握った瞬間と、素早いポジション移動時にも手が痛くない、「優しい」手触りに仕上げています。


(見るからに手にやさしそうでしょ。)

「指板エッジ」も同様です。「握り心地全体が優しい感触」になる様に、フレット同様、他作業で丹念に、程よい角取りをしています。

これをやるだけでも、コードワーク、ポジション移動、パッと握った時のやりやすさに違いがでます。

この、フレットエッジと、指板エッジの作業は、意外と慎重な作業で、両方共、やり過ぎすると、前述した弦落ちや、フレット飛び出し、湿度変化で生じるバリによって、一歩間違うと、「痛い、危ない」握り心地になってしまいます。
EXGは、そうならない様に、ネックを作る前段階から上質なネック材を選び、乾燥から加工の段階までしっかり寝かせる(慣らした)ところから始まります。

この、「丸エッジ」

海外のカスタムギターブランドでは、「Hand Rolled Edges」と言うらしい..
ふーむ。

デジタル(DSP系エフェクト)だけボード | テクニカルサービス

先日、ご依頼いただき納品した「ペダルボード」の話。

今回いただいたご相談は、やや特殊な案件で、

「後々、エフェクターを1-2台追加するかも。
その時、簡単に組み替えが出来る様にして欲しい。

ギターと一緒に持ち運ぶことが多くなるから、できるだけ軽く!したい。

チューナーも使いたいから、適当な安いペダルマルチ(Z社など)でもいいかも..。

軽さ重視もあるから、FX8まで気合いを入れない規模で、何かいい方法よろしくね。」

こちらのお客様。大型のペダルボードも、小規模ライブ用の小型のボード、AXE-FXまで..多数のシステムをお持ちでしたので、「何で、どう使いますか?」と今回の「意図」を詳しく聞いたところ、

「アコギで使うことが多くなるから、リバーブとディレイがメイン。
..コーラスもちょっと使うかも。

でも音のクオリティが低いのは嫌!だな..
それなら安いペダルマルチ案はナシかなー。RAVO持ってるし。

チューナーは外部でもいいよ。」

それなら、マルチエフェクターでなくてもいいですね。

そこで今回、当店でチョイス「コーディネート」した機材はこちら。

・XTOMP
・XTOMP mini
・KORG TUNER
・strymon Ojai パワーサプライ
・AcLam Guitars ペダルボード
・パッチケーブル
・電源ケーブル(※)
(※)Ojai付属品を使用。今回、長さ加工はしていません。(と言うか、このボードを使う場合はDCコードの長さ加工が不要になる。詳しくは下記を、)

「XTOMP」は、PC,スマホアプリで、自由自在に好きなエフェクターに変えることができる素体。
「XTOMP mini」は、使用制限(2つのエフェクターを同時併用するコンビネーションが使えないなど、)がありますが、基本機能はノーマルと一緒。

・前段の「XTOMP mini」でディレイまたはリバーブ、またはコーラスなどを送信し、

・後段の「XTOMP」でリバーブまたはディレイや、コンビネーションのアルゴリズムを使えばディレイ+リバーブとしても使える。

この2台があれば、マルチエフェクターを使わなくても、(演奏時の使用エフェクトは固定になりますが、データーローディングは超速。)使いたいエフェクターにその都度対応することができます。

しかも、XTOMPは、1つのDSPによって1つ(または2つ)のエフェクトを作り出す贅沢なデータ処理により、ヴィンテージ機器の高い再現性、近年有名なエフェクターも実機に近い「リアルエフェクト」で使うことができます。

お客様の必要とする、
・ディレイ+リバーブ
・コーラス+リバーブ
・コーラス+リバーブ・ディレイ
これらには十分対応ができます。


電源周り。
strymon 「Ojai」も、このシステムには欠かせないパワーサプライ。
巷に溢れる、アイソレートしている/してない、とか、グランドループする/しない、とか、よくありますけど、じゃあ、だったらそれが「ちゃんと使えるのか?」は別問題です。音を出して試してみないと分かりません。

Ojaiは、それらの内部設計はもとより、今回の様な複数のDSP系エフェクトの使用時においても、高周波ノイズなどが混入することなく、きちんと使えます。

今回、パワーサプライ選びには様々な物をテストしましたが、Ojaiを組み込んでおくことで、将来、アナログペダル(オーバードライブやディストーションなど)を併用しても、安心してお使いいただけます。お客さんにも怒られません(笑)、喜んでもらえます。


AcLam ペダルボード。
「アクラム」のペダルボード。これはユニーク。超軽量のアルミボード。

マジックテープは不要。エフェクターはマジックテープで貼り付けるのではなく、専用のアタッチメントで固定します。スライドするので、機材は好きな位置に、自由に移動、固定が可能。マイナスドライバーでガッチリと固定できます。

「溝」が特徴で、ここにケーブル類を押し込むことができるため、配線類は結束やベース板で固定をすることなく、綺麗にまとめることができます。

溝がある分、ホコリが溜まりやすいかもしれませんが..たまに掃除機での清掃をすれば、問題ないでしょう。

更には、
ボードの傾斜も変更可能。よく考えられています。

ボード裏にはパワーサプライ固定用のブラケットが付けられますので、今回のボードでは、Ojaiの元電源(ACアダプター)を固定。

工夫すれば、裏にOjaiも一緒に固定できなくもなさそうですが、、ボード表面にOjaiを固定したほうがカッコいいじゃないすか(笑)。


・ペダルチューナーはミニタイプでなく、通常サイズの物を使用。表示が大きく、視認性を重視しました。「おお!見やすいっ!」とお喜びいただけました。

あとは、付属のソフトケースで持ち運び。ギターケースを片手に、ボードを持っても、徒歩で、スタジオ、会場まで出かけられます。

セッティング変更も簡単。その時の気分で、スタジオ、会場で「スマホで」お気に入りのエフェクターを入れ替えるだけです。

 

お買い上げ、ありがとうございます!

新ラインナップ・ご予約受付中! | EXTREME GUITAR FORCE

弊社オリジナルカスタムギター「EXTREME GUITAR FORCE」に、新ラインナップが登場します!

当店のお客様層には、欠かせない..「Floyd Roseバージョン」を制作します!

やっぱり、いいですよ、Floyd。何よりも、あのアームアクション、ダイナミックなアクション感はフロイドならでは。「見た目の雰囲気も」大事です。

当店のお客様層の=80-90年代HR/HMからフュージョン系へと移り変わって行った世代と機材趣向の方が多いことから、ご注目いただきたいギターラインナップです!

写真は制作途中のボディ写真。「リセス加工」、そして、P.Uのザグりで既にお気づきの通り、「EMG」を装着します。

FRTユニットについては、「Gotoh FRT」を装着します。(完成時に詳しくご説明しますが、今回のギター設計の意図と合致しやすくさせるためです。)

・発売は「10月下旬〜11月上旬」の予定。

・「予定価格」、「スペック詳細」はお気軽にお問い合わせください。

・ご予約も承っております。

 

30cmのペダルボード制作 | テクニカルサービス

うちでは「システム機器のテクニカルサービス」として、

・FRACTAL AUDIO SYSTEMSの組み込みセットアップもしますし、

・大型のペダルボード、

さらには、、もう、Midiが絡むとサポートできるお店も数える程かもしれない、
・ラックシステム..

..まで、

お客さんのご要望に合わせたコンサルティングサービスを行なっています。

何も大きな、そして高価な物に限らずで、

実は、もっと小回りの効くこともお受けしています。

最近ご依頼くださったお客様の例ですと、

「中途半端なペダルマルチではなく、エフェクトはそんなに併用はしないが、エフェクトの種類は適度に変更したい!」

そんなご相談から、構築を始めたのがこちらのシステムボード。

30cmくらいの小さいボードですが、サウンド面や拡張面(エフェクト変更)においても自在に近づく内容を考えました。

機材を揃えて、作業に入ります。

機材も音質や、利便性、そして、電源周りは特に気を使ったチョイスを行います。(その辺のお話はまた後日..)

ここで、
同業者様からたまに「何で新聞紙敷くの?」って、聞かれます。

気分です(笑)。特に深い意味はありません。何となく、作業台の上に敷いておくと、落ち着くのです。。それだけです。やってみてください(笑)。なんとなく、やる気に違いが出るかもしれません。

さて、こちらのボードはこの「部材」で機材を固定するユニークなボード。

引き続き作業を進めます。

「FX8MKII」+「fargen OLDE800MKII」システム | テクニカルサービス

お客様ご依頼のシステムが完成!

今回のご依頼は、fargen(ファージェン)の「800MKII」と、「FX8 MKII」を使うシステム。

「fargen OLDE800MKII」+「FRACTAL AUDIO SYSTEMES FX8 MKII」

どっちも「MKII」でややこしくなりますが(笑)、
・ヘッドと、
・FRACTAL
を組み合わせたシステム。アンプヘッドでダイレクト音を出しながら、エフェクトをFX8で組み合わせて行く内容。


よく、「AX8とFX8どっちがいいですか?」みたいなお問い合わせをいただくことがありますが、基本的に用途が異なります。AX8でFX8みたいなことは出来なくもありませんが、アンプ(モデリングではない本物のアンプ)を使う前提で考えて行くと、内部エディット面での違いが大きく、FX8はエディタそのものから始まって、アンプ使用を前提とした設計と使い方に特化しているため、その目的(アンプを使う)であれば、使いやすく断然有利になります。

あとは、スマホなんかと一緒で、買ってみてから分かることの方が多いですから、想像の毎日でストレス溜めるよりも始めてみる方がよっぽど効率的ではないかなと思います。

既に、FX8を使ったシステムは幾つか組んでおりますが、その過半数の方が「ラックタイプ(XL+)とMFC-101」も所有しております。どちらにもその用途と使い方、楽しみ方があることをお客様方も実証してくださっています。


さて、今回ご依頼のお客様は、何度かの話し合いをしながら、お使いのアンプ800MKIIを軸に、エフェクトセクションをFX8で行うデザインでまとまりました。
(前回の記事はこちら)
お客様が使用される音楽ジャンル的にも今回のシステムでは「どクリーン」を使わないため、800MKIIのDECADE設定は、軽めなオーバードライブの「70’s」か、もっと歪ませる時は「80’s」のセレクトでサウンドベースを決めます。
クリーンセッティングは、手元のボリュームで調節することで対応。アンプがシングルチャンネル設定でも、考え方を柔軟にする「使いたいアンプを活かしながら」構築を進めていきます。

ここで、ふと思う…。

つい数年前くらいまでは、この手の作業は、配線を考えて、ケーブルを半田付けして作って、機材を繋いで、テストして確認する、この繰り返し作業をしていましたが、今や、それらは全て「PC上」で行える時代。

時代は変わりましたが..その頃のノウハウが今、私はこうやって活かせているので、今面倒に思うこと(嬉しいことも、辛いこともね)でもそれらは全て将来に意味があることと思います。

 

話戻りまして..

このシステムでは、
アンプ前と、アンプのSend/Rtnにそれぞれ、FX8のエフェクターを使います。(4Cable Method)

セッティングは内部エディタ、PC上で行いますが、

こちらのシステムでは主に、
・アンプ前(Preセクション)で「コンプ」や「ブースター」を使い、
・Postセクションのエフェクトは主に空間系の「ディレイ」「リバーブ」などを構築しています。

もう、この時点で「ワケわかんねー」と仰る方へ向けて、当店では手取り足取りに近い「初心者に優しいお店」として対応いたしますのでご安心ください。「コレを押すとこうなる」まで買って直ぐ使える状態にまでにして差し上げております。

2台のEXPペダルは、VOLペダルと、Wahペダル、2台を使い分けます。
BOXから繋ぐので、持ち運びも便利、と言う点と、「Wahは滅多に使わない」と言うことから、その逆に「持ち運ばない時」にも便利、と言うワケです。

今回、WahペダルはあえてAUTO-ENGAGEはしていません。こう言った点もお客様と話をしながら、「こうした方がよくないすか?」と進めていきます。

全体図。
現代の機材の多くは(FRACTALは特に)A/D D/Aも進化しているのでありがたいですね。一昔前の機材とは考え方が大分違ってきます。機材数も簡素化できます。

「CAJ In-and-Out」はインピーダンスを下げる役割で使用。この様に、当店ではシステム全体のデザインまで含め、FX8のエディット(EXCEL PRESET)までをサポートしております。

参考価格「今回ご依頼のシステム」
・315,000円
(必要機器、システムデザイン、制作費、コンサルティング費用込み。
但し、アンプ本体(fargen 800MKII)代金は含まず。)

「お問い合わせは当店までお気軽にどーぞ!」
http://excel-web.jp