「MK-ODの基本セッティング」の方法。

新発売のオーバードライブ「MK-OD」の基本セッティング方法についてご説明します。

まず最初に、

・DRIVE(歪み)
・Level(音量)
この2つのみを、およそ「12時」に合わせます。

下の2つのツマミ、
【左下】MID Enhance(MIDレンジ周波数特性)
【右下】TONE(トーン)
↓この2つは、両方共「ゼロ(ミニマム)」にします。

この2つは必ず「ゼロから開いてセッティング」でお使いください。
(いきなり12時とかやっちゃいますと..ちょっと「?」になると思います。)

まずは、MID, TONE共に絞った状態にして、最も丸いトーンを作り、そこから、

・TONEを開いて音を硬めにしたり、

・MID Enhanceを開いて、お好みのミドルレンジのポイントを探ります。(ピックアップの種類や、弾き手のニュアンス、ピックの当て方などで結構変わりますので、「ココ」と言うポイントはプレーヤーそれぞれ..に違います。)


ムービーで題材にしております「ロベン・フォード&ブルーライン風」のセッティングでしたら、

割とDRIVEは上げ気味にして、TONE, MIDは「1メモリ分」が近く音になると思います。

↓こんな感じです。

 


「パワーのあるハムバッカーの場合」
また、使うギターによっては、「MID Enhanceで全体を合わせる」使い方もお試しください。ハイパワーなパッシブのハムバッカー(Suhr:Aldrichや、EXG:SUPER HBなど)は、

↓意外とこの様なセッティングで、「まろやかなトーン」が作れたりします。

 

それから、

内部昇圧モードは「18Vモードを推奨」します。電池ボックス内で9V/18Vの切り替えは可能ですが、チューンナップコンセプト、製品作りの段階から「18Vモード固定」で使うことを想定して進めておりましたので、このモードで広いダイナミックレンジでお使いください。

重要なポイント:MK-ODは「MID,TONEはゼロから始める」「18Vモード」で、お願いします。

PAC9 SUPER「発売日」「ご予約開始」のお知らせ | EXG Effects.

先日お知らせしました(前回の記事はこちら)「PAC9 SUPER」について、発売スケジュールについてお知らせします。

「PAC9 SUPER」は、エンジニア田村進氏がMaxonエフェクターをチューンナップするプロジェクト。弊社オリジナルブランドEXTREME GUITAR FORCE(エクストリーム・ギターフォース)より発売いたします。

BBDを使用したアナログコーラス。初段にdbxが搭載されており、信号の入力も、レンジも、サウンドの厚みそのものを大幅に向上し、アナログコーラス本来の綺麗な揺らぎをペラくなることなく「厚みある音で」創り込めるコーラスペダル。
入力はラインレベルまで受けられ、OUTはステレオ、インバート出力に対応。

コーラスサウンドそのものを「SUPER=使える音であること」へ注視し、熟成を重ねています。とにかく、内部構造は複雑どころか、複雑過ぎるコーラスですので、今回のチューンナップはあの田村さんでさえ改良設計も作業も大変苦労しました。その分、「とてもよいコーラス・ペダル」が出来上がりました。

2つのミニSWは、素体のMaxon PAC9とは異なる働きをします。音も違います。
チューンナップ版の「SUPER」は、
1. コーラスを「薄く」または「厚く」かけるモードと、
2. コーラスの音質を「クリアー」にするか「濁った感じ」に切り替えるモードを使い分け、組み合わせすることにより、

・アルペジオで綺麗に効果する「クリアーなコーラス」や、
・素早いカッティングに追随する(dbxの効果も関わります)「薄めなコーラス」、
・太く、「ちょっと濁った感じのコーラス」を得るMid Shiftモードを搭載。

近年のDSPエフェクトのコーラスでは出せないアナログコーラス独特の心地よい揺れを、決してペラくないトータルサウンドで出すために、
・コーラスサウンド、
・トーンセティングのほか、
「レベル、ダイナミックレンジまでファインチューン」しています。

詳細、デモムービーは準備中です。発売日が近づきましたら公開いたしますので、もうしばらくお待ちください。


・商品名:EXTREME GUITAR FORCE「PAC9 SUPER Analog Stereo Chorus」

・発売日:「4月下旬」

・価格:「39,900円(税別)」

・ご予約:「お電話 0263-73-0323」または「メール(ホームページから)」でお願いします。

新製品「PAC9 SUPER」コーラス・発売予告 | EXG EFFECTS

田村進氏による「チューンナップ版・Maxonプロジェクト」

「〜〜Mod」とか「モディファイ〜〜」とは本質的に違います。
本体の開発や設計を行った田村さん自身が、その内部や回路設計、性質を見直した上で、弊社がリクエストする音質、機能へ「性能アップ、性能強化」するコンセプトは、スポーツカーのテクニカルサービスやチューンナップ、モータースポーツのチームと似ていることから、私たちはこの製品プロジェクトの過程を「チューンナップ」と呼んでいます。「単なるエフェクターのMod品とは違います」やっていることも違いますし必要でない、喜ばれない付加要素もしません。
弊社と田村さんに共通するその信念は「お客さんに喜んで欲しい」です。

「田村さんは凄いですよ。」私たちの要望する音や機能については、チューンナップの企画段階で、おおまかに「この辺りの帯域がもうちょっと出て、(あるいは引っ込んで)、巻き弦側の厚みが欲しい。」など、こんな抽象的な話でも、
(うんうんと頷きながら)「了解!」と、これまでにもこんな流れで、わずか数日で試作機を作ってしまいます。

大抵は理想に近い物が第一段階でほぼ出来上がってしまっており、そこからの製品版への熟成段階についても、修正点を要望すると、早ければ現場(当店)でパパッとパーツを変更して改良してしまいます。

最終的には、耳でチェックした上で、AP測定器で検査して、耳で聞こえないレベルの可聴域までの検査をして、田村さん自身のOKが出るまで微調整、ファインチューンが行われます。現在発売中の「SD9SUPER」も「CP101SUPER」もこれらの流れで誕生しました。


そして、

第三弾のエフェクターは「コーラス(ステレオ対応)」が登場します!

(画像はイメージ。実際の発売品とラベル表記など異なる点がございます。)

BBDを使用したアナログコーラス。ステレオ出力に対応し、入力はギターレベルの他、ラインレベルの入力にも対応します。

入力段にdbxを搭載するなど、素体本体の作り自体が既に高品位で、複雑な設計になっています。中身だけ見ても、性能機能面は価格以上のことをやっている機器です。

そのPAC9を田村さんがチューンナップ化するのが、新登場の「PAC9 SUPER」です。

「チューンナップ版のSUPER」は、

DRY/WETの比率やディレイレベルを切り替える「モード切り替え」と、

全体のトーンをフラットモード/Midレンジ強調モードと切り替える「Rangeスイッチ」の2wayタイプのミニSWを装備(素体=オリジナルPAC9とは異なる働きをします)。

コーラス全体の掛かり方や揺らぎも変化し、ノーマルモードではとても解像度のよいクリアーで「綺麗なコーラス」が掛かり、
それを薄めに設定することもできるため、16のカッティングなど早いフレーズにもきちんと合い、そのフレーズ、ピッキングの早さにもコーラス本体の「レスポンスとダイナミクス」はしっかり追随します。

その逆に、ARIONの様な「ちょっとエグいコーラス」にも2wayのスイッチの組み合わせで対応します。製品発売時に詳しく説明いたしますが、「PAC9 SUPER」はクリーントーンの他、歪みペダルとの併用にも合う様に設計しております。

「t.c」とか、「CE」とか、何系と例え様のない「ワンアンドオンリー・コーラス」です。

それでは発売をお楽しみに!!