「Musicom」販売開始のお知らせ | テクニカルサービス

前にもお知らせいたしましたスイッチングシステムの「Musicom(ミュージコム)」を当店にて販売中です。

輸入元もオールアクセスさんに決まり、これからのユーザーサポートも安心になりました。

早速。当店では、「中型〜大型のシステムボード」にこれから「Musicomを推奨」してまいります。(小型ボードにはHOTONE/Cybery(4Loop+Midi)と言うプランもあります。)

ネットショップでの販売も行うように準備しておりますが、Musicomの2機種共に、単体(本体のみ)でのお買い求めよりも、「システム一式」「うちで組む」ことで導入、お買い求めいただくことが今後メインになってくると予想しております。

「新規でボードを組む」「古いスイッチングシステムと入れ替え(ほぼ組み直し)」など、各種ご相談ください。

「Musicomの2機種」は、基本機能は「ほぼ一緒の流れ」で、

・EFX LE 「トータル7Loop(4モノ,2ステレオ,1Volループ)」58,000円

・MK-V「トータル9Loop(7モノ,2ステレオ&1Volループ)」88,800円

この内容ですが、Loopの数よりもおおまかに「本体の横幅」「操作性」の違いで見ていこうと思います。
現実的に、エフェクターを9台とか..ってなると、ボードはかなり大きくなってしまいますので(EXPペダルも載せたいでしょうし)、まずは、最低限欲しいエフェクターとVolペダルの有無などをお聞きしながら、どっちにしようかをお話させていただきます。

つまり、何も全Loopを使う必要はないワケで..

早い話が「MK-V」で「使うエフェクターは5台」とかでもいいワケです。

ちなみに「横幅(W)」は、

・LEが「320mm」

・MK-Vが「420mm」

です。DとHは同じです。

と言うことは・・

「MK-V」は、SWが増える分、操作性はその分アップします。LEにエクステンションSWを追加したくらいの向上は望めます。それに、420mmならそんなに大きくならず、既に大きめなボードを組む前提なら、「MK-V」の導入に躊躇は要らないと思います。

しかし、あくまでボードサイズとの兼ね合いもありますので、できるだけ小さくであれば「LE」がお薦めです。


・・で、
とにかく「使いやすい」です!!

「何だこれは??」って驚くほどに、
マニュアル要らないかも..って言ったら大袈裟ですが、、それ位に使いやすいです。

プリセットは全て指一本(片足だけ)で完結します。呼び出しているプリセット上で、「Loop何番と何番のエフェクターをStoreする。」この操作もフットスイッチのLEDと、画面上のナンバーがもう、、ホントに分かりやすく表示されるので「簡単」に使えます。

しかも、、ルーティングも換えられます・・。

私、これまでにこの手の色んな機器を扱って(使って)まいりましたが、これほどにシンプルで見やすいスイッチングシステムコントローラーって凄いなと、初めて使った時に感動したほど。です。


更に、Windows,Mac対応のエディタでプリセットを構築、エディットすることもできます。

しかも、シンプルに。


えー、それと、
本体はACアダプターが付属しません(12VDC)。
その点からも、付随するパワーサプライなど含めまして、「組む一式」でのご依頼で当店にお任せいただいた方がいいかもしれません。

もちろん「本体のみ」の販売も行っております。

お問い合わせご相談はお気軽に。

システム製作記「左側・作業編」 | テクニカルサービス

システム製作記。いくつか同時進行で進めていたので、ちょっと間が空いてしまいました。

前の話を忘れちゃった方へ・・「→→前回の記事はこちら!」


こちらのシステム。
大型のボードを使い、左右で違うセクションを組み、合体させると言う、名付けて「スーパーロボット型システム」イデオンやゲッターロボの世界ですよ。40代以下の方は何のことか分からないと思いますが、話を進めます..

前回の記事で「右側」が完成しましたので、

↑こんな感じで..

続いて「左側」の作業へ移ります。


左側には、「FX8 MKII(FRACTAL AUDIO SYSTEMS)」を設置します。

デーン!と。

この手の「平型」のボードへの固定は、まずは「本体足を取り外す」ワケですが、当店では底面の凹凸を減らす様にネジを交換する等の工夫、処置を行なった上で固定します。

FX8,AX8の固定には、自動車用の強力なマジックテープ(※1)を使います。
(※1)面ファスナーのこと。マジックテープは株式会社クラレの登録商標です..って、コレ毎回書かないと行けませんかね??と個人的には思います。日本では一般的にマジックテープで認知されてますし、「ベルクロ」って言うと、「何すかそれ?」と言われますし。
..で、これからもマジックテープと書きます(笑)。

話を戻し、、固定したらそのまま1日放置するとよりガッチリくっ付きます。完成後の「直ぐ剥がれちゃう」「立てると機材が落ちる」を防止します。


本体背面、電源周りや、前もって加工しておいたインレット周りなども配置して固定。

「左側」の組み立て作業は早く完了。

問題は中身..
これから始まる「FX8内部のエディット」作業が一番時間が掛かります(^^;


もう一つの「隠れアイテム。」
「FX8に使用するステレオケーブル」は、パッチケーブルと同じく「日の出・カスタムケーブル」を使用。ゴールドメッキが美しく輝きます。

「なぜステレオケーブル??」については、次回「完成編」でお話しします。

では。

Musicom Lab

ニュース。

オーディオ・コントローラー(スイッチング・システム)「Musicom」の販売を当店にて近日開始いたします。

Pete Thornなどの愛用で知られるMusicom Labは、システムの拡張性、構築する上での考え方の広がりが期待できる設計、充実の機能を持っています。


・中型の「LE」は、4モノLoop、2ステレオLoopを装備。

・フラッグシップの「MK-V」は、7モノLoop、2ステレオLoopを装備。


サイズ面もよく、他社製品と比較しても「小型、軽量。」

..と言うワケで、

今後、お客様ご依頼で製作する

・「中型〜大型のペダルボードシステム」には、Musicomを推奨してまいります。

・小型システムにお薦めの「HOTONE:Cybery」もございますので、

 

大・中・小と、お客様のご要望に合わせて、コーディネートいたします。

「DSP系」のみシステム | テクニカルサービス

通常、システム製作はお客様からのご依頼を基にシステムデザインが始まりますが、

今回はそのはじまりが「逆」。
つまり、私からの提案、いや、提案を超えた事例。

このライフワークを11年(今月11周年を迎えました)もやってますと、お客様との関係性はその分だけ深まってまいります。いつもありがとうございます。

さて、
このところ、30cm大のペダルボードの製作が続く中、

「こんなボード組んだら面白いかもしれないな…」とイメージした中で、パッと浮かんだお客様へ直ぐ電話。

「○○さん、こんな風にボード組ませてもらえませんか?」

と、ご提案(お願い)をしたところ、

快く、
「いいですよ!是非やってください!」と、快諾くださいました。

(お客様からのコメントは下部に。)


さて、今回のコンセプト。

strymonだけでボードを組むと面白そうだ。」から始まりました。

アンプINPUTで使うために、クリーントーンは当然ながらアンプで、歪みはstrymonのペダルを使い、空間系も同じく、との流れでデザインしていくと、Aclamのボードを使う前提だとスペースが足りない・・。後述いたしますが、空間系の1台はXTOMP miniで代用。

趣旨は「オールDSP系エフェクト・システム」。
(チューナーは・・・ですが。)

パッと見てお判りの通り、

この内容。

価格的には、ほぼFRACTAL買えそうですけど…
って、そんなこと言ったら寂しいですよ。
価格でなく、「男のロマン」の世界です(笑)。

(ちなみに、お客様はFRACTALは「各種」お持ちです。)

真面目な話、
1個のDSPで色々やるんじゃなくて、それぞれ1台に1つのDSPで動かすことになるこのシステム。
しかもそれをただ繋いだってことではなく、
「感覚的なモノ」にはなりますが、このボード1つが「1台のシステム」と考えられる内容。だから面白いし、楽しい。

このシステムでは、

・クリーントーンはアンプクリーン(CAE/OD-100を使います。)で、

・Over DriveのSUNSETは、単体での歪みと、後段のRiverside用のブースターと、2種類の分けて使用。

基本的な歪みは、
・Riversideを使います。Riversideはプリアンプのため、アンプヘッドっぽい扱いで音作りをします。
アンプクリーンに接続することで、Marshallサウンドが簡単に作れるため、アンプの操作感覚よりもRiversideの方がEQの効きも広く細かく変化するので、そこそこのアンプよりも「良い音作り」が進められます。このボードでは、Riversideで2種類の音を切り替えて使用。
ブルース、フュージョン系から、ヘビーメタルまで、歪みだけでも、SUNSETとの組み合わせで、バリエーションは3-4種類を確保しています。

空間系エフェクトは、
・XTOMP miniは、リバーブとして使用。好きな時にエフェクトの入れ替えは容易ですので(スマホアプリ)、リバーブ固定にはならない点は自由度が広がります。

・Time Lineは、EXCEL-PRESETを入れた状態で使用。お客様好みのサウンドに近づけるため、多少のパラメータの見直しを行いました。
ディレイの他に、コーラス+ディレイや、トレモロとしても使えますので、このボードだけでも、マルチエフェクターに近い多種のサウンドを実現します。(サウンドは中途半端なペダルマルチを超えています。)

そして、この手のDSP系(デジタル)エフェクトが関係するシステムに欠かせないのが、パワーサプライ「Ojai」です。このシステムはアナログペダルが混入しませんので、高周波ノイズ等の心配はありませんが、「容量の確保」は重要でした。Ojaiはこんなに小さい本体ですが、このボードに搭載するエフェクト全てに安定供給をします。

ペダルボードは、2列になるため、奥のTime Lineの操作がし難いです・・
なんとか踏めますけど、
Time Line特有の「スイッチ2個押し」はちょっと、、足が入り難いですね。

そこで、今回のシステムでは「MULTIスイッチ」を使用し、ボードの手前に配置することで、Time LineのプリセットUP/DOWNと、本体のON/OFFを可能にしました。

ディレイエフェクトのON/OFFはよく操作する部分になるため、操作性は飛躍的に向上。

それから、パッチケーブルは今回も「日の出さんのパッチケーブル」を使用。スペースの確保、そしてしっかりとハンダ付けしてあるため、接触不良などのトラブルの心配がありません。


使用機材リスト:
・Daddarioペダルチューナー
・strymon :SUNSET(Over Drive)
・strymon:Riverside(Preamp)「+EXCEL PRESET」
・strymon:Ojai(パワーサプライ)
・HOTONE:XTOMP Mini
・strymon:Time Line 「+EXCEL PRESET」
・strymon:MULTI SW
・AcLam XS2(ペダルボード)
・日の出光機パッチケーブル各種,CAJ TRSケーブル

・コンサルティング、デザイン、制作費:別途「ご相談はお気軽に!」

↓お客様からのコメントです。

ボード受け取りました。とても綺麗に組み上げてくださり、ありがとうございます。
ノイズ無いですね。さすがです。ボードは思ったより小さかったです。
Strymonなかなか良いですね!
METAL弾くならこのボートだけで十分な感じです。

EXCEL PRESET ’80METAL+Xtomp+Timelineこれだけで弾いていて楽しいです。
Sunsetもご案内いただいたようにRiversideにAを足しても良いし、OD-100の2ch+Sunsetでも良い感じです。

35年くらい若返った気がして、ズクズクとリフを刻んでいました。こういう時はやはりフロイトローズだと思い、久しぶりにSuhr ’09 Limitedを弾きました。

 

嬉しいですねー!ありがとうございます!!

そう、システムだけでなく、今まで買っていただいた”ギターも”活用いただける様にするのが当店の存在意義。せっかく買っていただいた楽器が眠るだけじゃもったいないですからね、ポテンシャルの引き出し方や、使い道もどんどん提案させていただきます。

「パッチケーブルのはなし」 | NINJAケーブル

前回の続き..

今回の案件から、制作時間が縮まり、作業効率が飛躍的に高まりました!

それは、

ケーブル作り!

電源周りなど加工を必要とする箇所はともかく、

ラインケーブル(信号用)の制作は意外と面倒で..(お買い上げくださっているので面倒とは大変失礼ではございますが、)

でも、ケーブルをしっかり作るのって、結構大変なんですよね。よく、「俺、半田付け得意!」って方もいますけど、単に繋がっているだけではなく、綺麗にきちんと作るのって作業的には簡単ではなく・・

ソルダーレスケーブルであっても、加工は必要で、どっちかって言うと、ソルダーレスケーブルの方が、「トラブル出ませんようーに!」って(笑)、祈りながら作るのが実情で。

で、今回から、ケーブル作りは専門業者さんへお願いしました。

その名も、「NINJAケーブル」



ネーミングが良い。

あらかじめ私の方で、長さを何パターンか測っておき、


ケーブルは、

「(株)日の出光機製作所さん」にて制作。

日の出さん特製の「軽く、コンパクト」なオリジナルプラグ(LまたはS)を、良質なハンダ(アルミット)で、熟練の職人さんが手作りで加工、半田付け。

ケーブルはカナレですが、音質面どうのこうのよりも、柔軟性がしっかりしており、システム内の配線の取り回しや、固定がしやすく、曲げにも強いため、我々の「組み立てる立場」の視点からすると、今最も使いやすいプラグ&ケーブルです。プラグもジャックとのホールド性がよく、しっかりと入力できます。プラグINした時の「カツン」と言う感触でこのプラグの品質性の良さが分かるほど。

様々な長さのケーブルを作っていただいたおかげで、配線は楽々。
おかげで作業手間は飛躍的に向上いたしました。

今後システム制作のご依頼の際には、NINJAケーブルをメインに推奨してまいります。