自分にぴったりのピックが見つかる本(ギターマガジン・ムック) | メディア掲載情報

スゴイ本です。

なんと!「ピックだけ」に特化した本です。

私、読んでみましたが、よくココまで掘り下げられるものだなーと。素晴らしいです。

EXCELピック」も掲載されております。
とても、光栄なことです。ありがとうございます!

ちなみに、掲載されているEXCELピックは、APEXよりずっとずっと前の、バージョン的には5世代以上前のEXCELピック..です。..たぶん、出版社さんの手元資料が古かったのかな..。

その点では、私は「わ!懐かしい!」って思いましたが。

〜出版社の方へ。
今度は資料掲載の際にはご遠慮なくご連絡ください。

1枚100円とは異なる世界観 | APEX PROピック

EXCELの「APEX PRO」ピック。

おかげさまで有名になりました。

小さいピック..
マンドリンピックや、ルカサーピックと称されるこのピックに似た物はあるものの、「それらが、EXCELピックとはなんか違う」は、正解。

EXCELピックはそれらと姿は似ていても、形状も仕上がりも違います。

「1枚100円とは異なる世界観。」
1度に大量にプレス処理する作り方ではなく、APEX PROピックは1枚ずつ成形するめんどくさい方式で製造。

時間も手間も掛かるので、1枚あたりのコストも高くなるため、ピックとしてはちょっと高めと思われますが、「普通の1枚100円の世界とは異なる」良さが沢山詰まってます。

APEX PROピックは、輸入素材のセルロース材を使い、1枚ずつ成形、時間を掛けて作られたピックは、外形の誤差もなく、左右対象、側面のヘリのなだらかな角度や、先端の形状までほぼ一定の品質で作られます。

フィンガーピッキングの名手達は、演奏前には丹念な「爪の成形」から始めるそうですが、

EXCELピックの「なぜ?」の部分もそれと同じ理由があります。EXCELピックの目的は「指先との一体感」軽くつまんで、リキむことなく軽快に弾ける。それは、腕前にも左右されません。むしろ、初心者の方は難しいフレーズやストロークまで「え?こんなに簡単に弾けたっけ?」と思えるほどストレスを軽減するでしょう。エキスパートプレーヤーにとっても、正確なリード、軽快なリフ、カッティングまで、「整えた爪と指先で弾くかの様な感触で」弾けるのがこのピック。それらは、一流のギタリストが愛用することでも実証しています。

 

EXCELピックは何度かのバージョアップを経て現在の「APEX PRO」に至っております。

それでも、1つ2つ前のバージョンで既に「究極」をうたったワケですが・・その究極を超える製造方法と形状、品質の安定化を、APEX PROは実現しています。APEX PROを使うと「音も」変わりますよ!

お買い求めは、
・EXCELまたは、
・販売店にてお願いします。


 

 

「販売店募集中」です。販売方法に関しましては、弊社担当までお問い合わせください。
(実店舗をお持ちの楽器店様のみに限らせていただきます。)

APEX PRO-SH 「ロゴが変わりました。」

こんにちは。

EXCELピック「APEX PRO-SH 柴崎浩シグネーチャー」について、

これまで、

・旧型のAPEX

・APEX PRO

この違い、

見分けが付きにくかったため、ロゴを変えました。

この3月販売、出荷分より写真のロゴになります。柴崎さんのサインは変わりありません。

「現行品の見分け方」は、

裏面のEXCELロゴ面が、

・「APEX PRO」表記。

・ホログラムゴールド。

以上です。

なお、

初期型のAPEXと、APEX PRO名義のピックは根本から違います。製造方法が異なるため、形状はほぼ一緒ですが、フィーリング、握った感触、アタック感など、多くの面で向上を実感いただけます。

スタンダード版(青ロゴ)のAPEX PROとの違いは、両面プリント以外ほぼ変わりありませんが、これが効果的で、APEX PRO-SHの方が両面プリントの分「滑り止め効果が高い」です。素早いカッテングや、細かいアプローチにピックのホールド感がアップします。

EXCELピック「APEX PRO, APEX PRO-SH」について詳しくは、こちらのページをご覧ください。

http://excel-web.jp/apex_picks/top.html

お買い求めはネットショップをご利用ください。

http://xc522.eccart.jp/y897/item_search/rootCategoryId,7/

EXCELピック「APEX PROスタンダード」のロゴが変わります。

こんにちは。

もう何年も、ひょっとしたら10年以上、他のピックでまともに弾いてないかも..。

「初EXCELピックの方」からは、

「こんな小さいので弾けるの?」と多くの方が言います。

そこから、半分以上の方が、「もうコレじゃないと弾けない!」に変わります。

おかげさまでリピーターの方々に愛用いただいている「EXCELピック」

何度かのバージョンアップを経まして、

劇的に変わったのは、「APEX」になってから。完全なオリジナル形状を作り、「究極」の名前で発売しました。

そこから、製造方法や加工精度を更に向上させて、究極を超えたのが現行の「APEX PRO」ピックと言うワケ。

APEX PROは、

一枚ずつ成形する超めんどくさい製造方法により、品質は飛躍的に向上。

・左右対象は(ほぼ)完璧。ピックを裏返して使っても違和感はない筈です。

・側面と表面のツルツル感が一定。個体差がほとんどない安定品質。握った感触は滑らかで気持ちよいので、これまでよりも「指先との一体感を感じられる」でしょう。

・先端と側面のなだらかなエッジ。ヒット感、アタック感が向上。弦にソフトに当たるため、ピックによるトーンの変化が感じられず、プレーヤーのテクニック、ニュアンスがより出しやすくなりました。

2/16発売分からロゴ色が「ブルーメタリック」に変わります。

ロゴ表記も正式に「APEX PRO」へ変更になります。

(柴崎浩シグネーチャー(APEX PRO-SH)は従来通り、銀箔/ホログラムゴールドです。)

 

よくある質問で、

「APEX PROと、APEX PRO-SHは何が違うの?」とよく聞かれます。

基本的には一緒です。

が、

APEX PRO-SH(柴崎浩シグネーチャー)は、ロゴが両面プリントのため「滑り止め効果が高い」です。

握った感触、ホールド感はAPEX PRO-SHの方が有利です。私個人的にもそれは感じております。

http://excel-web.jp/apex_picks/top.html