SIF-4TRS(カスタム製作品) | テクニカルサービス

今月仕上げで製作するお客様システムの準備中。
・・間に合うかどうか(笑)。頑張っております。

その、
これから製作する「システム用」に「インターフェース」を作りました!

その名も、SIF-4TRS!!

「システムインターフェース、4端子と、TRS」と言う意味(笑)。

「EXTREME GUITAR FORCE エンジニアチーム謹製」です。

完全パッシブのスルーBOX。
見た目は単純なんですが、エンジニアさんの話を聞いていると、素材、パーツの選定や、配線方法、GNDの取り方など、、このBOX一つ作ることに対しても真剣で奥深いです。…素人自作品とは一味も二味も違います。

今回のインターフェースは、「4Cabele Method 用(FRACTAL AUDIO SYTEMS / FX8 MKII)」に製作。システムでは重要な役割になります。
(製作過程はまた!)

背の「高さ」にも理由があります。システム内では、エフェクターの台としても活用され、スペースを確保します。

完全カスタム製作品のため、市販モデルの予定はございませんが、

当店では、この様な「お客様一人一人に合わせたサービス」を行うことができます。


【後記】
・ネットショップモールの「鵜飼の鵜」となり、どこかの最安値に対抗しながら「どこにでもある物を売る日々」か、

・自分で考え、創り、それを自分で売る。苦しいこともあるが、「楽しい」日々か、

物は例え自分で作れなくても、自分のアイディア、創造性があれば、専門家と組むことで作れることもあります。(今日の話みたいに)。

仕事は、楽しい、楽しめることの方が良いです。

ユーザー様からのレビューが届きました。 | EXTREME GUITAR FORCE

新発売の「SD-9 SUPER by EXTREME GUITAR FORCE

お買い上げくださったお客様からレビューが届きました!

SD-9 SUPER by EXTREME GUITAR FORCE」 やはりイイですねっ!

ギターはSuhrのModernを使って、3+SEに繋いでみました。

私は「SD-9(Maxon)」の「黒ラベル」と「白ラベル」を持っていますが、

・・・続きは、「ユーザーレビューページ」からご覧ください。

 

 

お客様より、写真を送ってくださいました。

・・凄い内容です。

おおっ!「FID-1」も搭載されていますね!ありがとうございます!!

メディア掲載情報(1) | SD-9 SUPER by EXTREME GUITAR FORCE

今月発売開始の「SD-9 SUPER by EXTREME GUITAR FORCE」について、

株式会社ミュージックネットワーク様の楽器誌、
「DiGiRECO ホームページの新製品情報」へ掲載いただきました!

ありがとうございます!

→掲載ページはこちら!(DiGiRECOホームページ)

「DiGiRECO」は楽器に関する情報満載のフリー雑誌。
当店は配布店です。ご来店時にストックがあれば、ご自由にお持ち帰りいただけます。

SD-9 SUPER「発売日程」のお知らせ | EXTREME GUITAR FORCE

「SD-9 SUPER」
本当に良い物ができました。まもなく発売開始です!

Maxon SD-9をチューンナップした「SD-9 SUPER by EXTREME GUITAR FORCE」の発売日は、当初予定より少し延期いたしまして、

「12月上旬の発売(第1期分)」になります。

第1期分は事前予約で埋まっておりますので、現在ご予約いただくご注文は、「12月中旬頃の納品」になります。

詳細に関しましては下記リンクよりご覧ください。

 

 

「SD-9 SUPERとは??」特設ページ、動画はこちら!
http://www.excel-web.jp/extreme_guitar/SD-9SUPER.html

 


「商品ページ、ご予約についてはこちら!(ネットショップ商品ページ)」

http://xc522.eccart.jp/y897/item_detail/itemCode,EXG%253ASD9SUPER/

 

SD-9 SUPER「ベーシックサウンド紹介」動画 | EXTREME GUITAR FORCE

先日お知らせした「新製品 SD-9 SUPER」(前回の記事はこちら

11月末発売に向けて準備中!

早速、お問い合わせもいただいております。(概要については前回記事をお読みください。)

・ノーマルのMaxon/SD-9とは「別物」で、
・色んなところから発売されているモディファイ品とも「違います。」

でも、一番気のなるのは、「音」ですよね。

発売予定を発表してから、
お問い合わせでよく聞かれます。

「どんな音がするの?」

 

当然そうですよね、よく分かります。

「どんな音がするの? 誰かのアルバムに例えると、どんな感じ?」

 

そうですねー・・

 

その前に、
SD-9 SUPERは、主に2パターンで使えます。

1・単体歪み。

2・手元のボリュームを使ったアンプっぽい使い方。

今日は「1」の方法で使う方法、
「単体での歪み」でどんな音がする?を、ご紹介。

アルバムに例えるなら、

やっぱり、コレに近いのかなー。

「そんなバカな〜(笑)」

 

いやいや、あの雰囲気でますよ。
実際、目指したのソコですし..(あくまでもペダルでの世界観で)

そこで、EXGデモムービーでおなじみ「ギタリスト 林 努武さん」にお願いして、実際に撮ってみました。

SD-9 SUPERは、TONEの使い方が重要ポイント。

TONEが、9:00〜12:00あたりが、
丁度イイ感じの「ルカサー・ポジション」になります。

これに、空間系エフェクト(ディレイ、リバーブ)掛けたら、かなり良くなりそうです。


・SD-9 SUPERは、11月末発売予定。

・予価:30,000(税別)

・ご予約受付中!「メールまたはお電話にてお待ちしております。」