FID-1「生産終了」のお知らせ。 | EXTREME GUITAR FORCE

毎度ありがとうございます。

EXGより発売しておりましたカスタム製作品のディストーションペダル、「FID-1」は、2018年2月27日をもちちまして、「生産終了」といたしました。

お買い上げいただいた商品の「修理、メンテナンス」に関しましては引き続き弊社にて承ります。

保証期間中の商品に関しましても保証期間中は「保証規定に基づいたアフターサービス」を行います。
→保証規定についてはこちらをお読みください。

「商品のWEBページ」について。
FID-1商品紹介のWEBページに関しましては、しばらくの間掲載を行い、本件の周知がされた見込みをもって、予告なく消去する予定です。

よろしくお願いします。

システム製作記「大型FX8システム完成編」 | テクニカルサービス


システム製作記、「FX8システム「大」」の最終回。

今回は、いよいよ「完成編」。前回の記事はこちら。

 

私の方は、以前も同じ様なシステムを組んでましたので(その時の製作事例は→こちら)、製作スタートからつまずくことなく、完成までたどり着きました・・。

組み込み、配線までは完了しても、ここからが大詰め、「FX8のエディット」に入ります・・

MacPCを繋ぎまして、FX8エディタを駆使した音作り、、いや、音作りよりもその他の方が大変かなーと。

ここでは、「FX8」の、

・内部ルーティングの構築、
・空間系エフェクトのエディットとプリセット製作、
・MIDI の設定、
・Relay機能の設定、

..とこの様な作業を続けます。10年前は、実配線とケーブル作りにハンダ付け、って作業も、FRACTALならPC上で行う時代。10年前は想像もできませんでしたねー。

そして、
右側にあります「コンパクト軍団」はスイッチングシステム「ARC-53M」をMIDIで動かしますので、FX8側で各々MIDI PCの設定、マッピングを構築して動作を確認・・

続いて、「FX8 → CAE OD100のCH切り替え」を行うために、Relay機能のエディットを行い、動作検証します・・ここで、前回の「日の出カスタムTRSケーブル」が活躍しています。

無事、いや、とりあえず完了しまして、、

お客様へ「できました!!」と電話。


..ここからはお客様とテスト開始!!

私は使い方のご説明。今回、大型のシステムで、ご説明にも時間を取りたかったので、お店は「貸切」にしました。

(この時、もしも「遠方のお客様の場合」も私の対応は全く同じです。機器をお送りして、電話や、動画を交えて、きちんとサポートしています。)

・・なぜかマイク??..それは後ほど。

こうやって眺めると、存在感ありますねー。見た目も重要。カッコいいです。


今回のシステムは、おおまかに、

↓この様に使います。↓

アンプヘッドを軸に、Preセクション(アンプ前)には、「右側」のコンパクトエフェクターを、
Postセクション(OD-100のSnd/Rtn)へFX8の空間系エフェクト、
アンプのCH切り替えもフットスイッチ1つで、一気に替わります。
(ペダルは全部OFFで、FX8単体でも使うことができます。)

このシステムでの「歪み」は、OD-100 CH2,CH2+Boostを使うことと、OD-100のクリーンCHへ3台の歪みペダルを使い分けます。

・2台のFID-1は、90年代のルカサーっぽいHi-Fiな歪みと、もう1台はその逆にBOSTONを彷彿とさせる当時のRockman風の音作りをセット。
・SD-9 SUPERは、今っぽいルカサーサウンドには欠かせない音。これら、3パターンを切り替えて、空間系エフェクトを加えて、トータルサウンドを構築します。

「マイク」については、ボード上にある「ボコーダー」で使用します。


↓以下お客様からのコメントです!↓

 

今回このシステムを組んでもらった「きっかけ」は、今持っているペダルエフェクターのシステム(RS442)が、確か..もう10年位前の物で古いので、「最新の機材を使ったフロアタイプのシステムへ新装」したかったんです。

最初は、「FX8と、歪み系のペダル1個とかでいいかなー、」って思ってましたけど、西村くんと話していくうちに「え?そんなこともできちゃうの?」って、どんどん増えちゃって、何だかんだでこの大きさと言う(笑)。

でも、このボードって、写真で見るより意外と小さい。
いや、小さくはないけど(笑)、実際に設置して使ってみると「思ったよりは大きくない」んですよね。ラック運んでた頃に比べたら、楽ですよ。

そのラックって言えば、私は「14U+ボード2つ」ってのを持ってまして(今も現役で使ってます)、あの「デカいラック」と音を比べてみましたけど、今回のシステムは「音ヌケが良い!」んですよ。
なんだろうなー、
ラックには3+SEとか入っているんだけどね、、うーむ。
それよりも、今回のシステムは歪みはペダルで作っても、十分いい音出るし、、3台のディストーションペダルがとても良いので(EXG:FID-1 x2台, SD-9 SUPER)OD-100のCHって…あんまし切り替えなくなるかも..困ったな(笑)。ま、アンプはアンプの歪みで凄く良いけどね!

あとは本当、このシステムって「まだまだ色々できそう」ですよ。FX8には空間系エフェクトが色々使えるし、入っているエフェクトのほとんどが、ちょっとエディットするだけか、Level揃える位でそのまんま使える。

今回、EXCELさんから「使い方の動画」も作ってもらえたし、それ見ながら色々やってます。

ルカサーはもちろん大好きだけど、私みたいな高中正義さんを敬愛するクロスオーバー世代にも大満足のサウンドを実現できるシステムです。

ボコーダーもあるし、
「高中メドレー」やっちゃいますよ!(笑)

 

 

ありがとうございます!嬉しいです!

実は今回、一番心配だったのが、私には初めての「ボコーダー」でした。
システムへ組み込んで音を出しても「これで使い方..合ってるの?」って、正解がよく分からず、、(^^;
でも、お客様とテストしたらすんなり合格。ちゃんと動いて良かったです。


今回の使用機材リストと参考価格:

・FRACTAL AUDIO SYSTEMS:FX8 MKII
・FRACTAL AUDIO SYSTEMS:EV-1 SILVER
・CAJ:SYSTEM BOARD 4409
・FREE THE TONE:ARC-53M SILVER
・BOSS:VO-1(ボコーダー)
・EXTREME GUITAR FORCE:FID-1(A)
・EXTREME GUITAR FORCE:FID-1(B)
・EXTREME GUITAR FORCE:SD-9 SUPER
・xotic:SP Comp
・strymon:Ojai
・日の出光機製作所:パッチケーブル、カスタムケーブル、ラインケーブル一式。
・EXCEL:コンサルティング費用、組み立て作業工賃、配線部材など一式。

参考価格:約580,000(税別)

お買い上げありがとうございます。


「システム一式」当店へ丸投げ..いや、「おまかせコース」でのご相談は随時承っております。お気軽にお問い合わせください。

システム製作記「右側・製作編」 | テクニカルサービス

お客様ご依頼の大型のシステム
(と、言っても、うちで受けるシステムの大抵はいつも大型ですが)

製作中のはなし…の続き。

ちょっと間が空いちゃいましたので、ちなみにこのシステムのおける前回の話はこちら。

「インレット、ACプラグ周りの作業は完了」しまして、、

続いて、DCケーブル、ラインケーブルなどの「実配線作業」に入ります。

「完成しました!!」..って嘘です(笑)。
(お客さんに怒られます..)

あらかじめ、ケーブルの長さは測って製作して準備しておき、そこから「仮配線」をします。
写真みたいに、とりあえずバーっと配線。
「ちゃんと音が出るか」どうかをチェックします。

問題があれば、ケーブル1本ずつ追いかけますが、、このところ「日の出さんのケーブル」(日の出光機製作所さん)を使い始めてからは、トラブルは「ゼロ」。作業だけに集中できます。

仮配線したら、ボードをジーっと眺め、配線の取り回しをイメージします。
なるべく、ノイズを回避できる配置と配線も同時に考えます。。

続いて、配線部材を使いながら、配線周りを綺麗に仕上げて行きます。

今度は本当に完了。

なんと、3台の「EXGペダル」を導入いただきました!!
ありがとうございます!!


ふー。これで「右側」は完成したぞー!!

さて、続いて、、「左側」の作業に入ります。

「え?
これって、左側にも何かあるの?」

はい。

どんなシステムになるでしょうか??
続きをお楽しみにー!

・システム製作のご依頼も随時承っております。お気軽にご相談ください。

ユーザー様からのレビューが届きました。 | EXTREME GUITAR FORCE

新発売の「SD-9 SUPER by EXTREME GUITAR FORCE

お買い上げくださったお客様からレビューが届きました!

SD-9 SUPER by EXTREME GUITAR FORCE」 やはりイイですねっ!

ギターはSuhrのModernを使って、3+SEに繋いでみました。

私は「SD-9(Maxon)」の「黒ラベル」と「白ラベル」を持っていますが、

・・・続きは、「ユーザーレビューページ」からご覧ください。

 

 

お客様より、写真を送ってくださいました。

・・凄い内容です。

おおっ!「FID-1」も搭載されていますね!ありがとうございます!!

システムボード「制作事例」 | テクニカルサービス

当店では、お客様一人一人、ちゃんと向き合ったサービスとして、FRACTALなどの「本体+中身サポート」の様なハード+ソフトの案件から、

今回の記事の様に、「小型のペダルボード」のご相談まで応じております。

それから、よくお問い合わせをいただくことなのですが、
機材のみお持ち込みでの対応はお断りしております。(当店お買い上げ商品は除く)基本的に、機材から付随する部材まで一式「パッケージ」としてコーディネート、制作、アフターサービスまで、パッケージ化して販売、対応させていただいております。

また、「よそで買った物の配線方法だけ教えて欲しい」とか、「(どこかの)ネットに書いてある、これについてはどうなのか?」など、ただ回答や、何かの良し悪しについてだけをお求めになるお問い合わせをいただくことがありますが、申し訳ございませんが、これらについてもお断りさせていただいております。各々購入したお店へお問い合わせお願いします。

私の人生そろそろ折り返し地点。「時間は誰にとっても有限」ですので、ご理解くださいます様お願いします。


さて、今回ご依頼いただきましたお客様は、

「機動性が良い小型のペダルボードを組んで欲しいけど、miniボードで3台+チューナーみたいな感じだとちょっと足りない。4種類くらいで、できるだけ軽くして欲しい。

たまに、エフェクターも入れ替えたい。特に歪みペダルはバンドによって2-3種類を使い分けると思う。自由に入れ替えたいけど、できる?

では、よろしくね!」

できます。うまいこと考えます!

ご要望に基づいて制作いたしましたのが、こちらのボード!

お客様のご要望で、「歪みペダル」を使い分けるために、「Aパターン」「Bパターン」の2種類に簡単にチェンジできる状態に制作。

配線は直ぐに外せる状態で、ジャック位置に合わせた「余裕の長さ」で配線。

エフェクターの固定もマイナスドライバー1本で簡単にできます。(ペダルボード・Aclamの特徴)

 

・こちらは、「Aパターン」


歪みの「CTC: Black Magic MKII(左下)」は、ロック、ポップ、
そして、
「いかにもペダルで歪ませた!」みたいな、ベタな(良い意味で、ですよ!)古っぽい歪みも出せるため、昭和歌謡にも..対応できます。

 

 

そして、歪みペダルだけを入れ替えてみます・・マイナスドライバー1本でOK!

 

・こちらが、「Bパターン」

通称:Dokkenパターン(笑)。
その名の通り、ハードロック、メタル系に対応するために、この時は「FID-1」をベースに音作りをします。

FID-1ユーザーの方はセッティングもご参考ください。LEVELは写真くらい上がってないとよろしくない..です。(LEVEL: 1-2時推薦)


XTOMPについて:
「A」「B」どちらのパターンにおいても、
・XTOMP(ノーマル)は「ディレイ・リバーブ(コンビネーション アルゴリズム)」にて使用し、

・XTOMP miniは、「クリーントーン」で、コーラス(※1)に使います。

(※1)冒頭の様に、変なお問い合わせが来ると困りますので、但し書きをいたしますと、、
「このボードでは歪みペダルとX-Miniは併用しません。」撮影のために、LEDは光らせて(ON状態)ますが..。

 

お買い上げありがとうございました!


今回の使用機材リスト:

・strymon:Ojai「パワーサプライ」

・XTOMP mini「DSPエフェクト」

・XTOMP「DSPエフェクト(上位機種)」

・t.c.:Tuner「チューナー兼、MUTEスイッチ」

・OKKO:COCAINE「コンプ+ブースター(独立MIDブースターとして使用)」

・EXTREME GUITAR FORCE:FID-1「ディストーションペダル」

・CTC:Black Magic MKII「ディストーションペダル」

・Aclam:XS2「ペダルボード、ソフトケース」

・パッチケーブル、配線部材、工賃別途。