システム製作記 | テクニカルサービス

こんにちは。

今年になって机周りの配置などを模様替えしたところ、作業効率がアップ!

ギターメンテ、システム製作の「複数依頼の同時進行」が可能となりました。
もっと早くそうすればよかったと、思うのであった・・

(でも、もうちょっと広いスペースが欲しい..)

・・と、言うワケで、

「システム製作記」

今回のご依頼は、


「アコギ専用のシステム」が欲しいなー、ちゃんとしたヤツね。

基本。ペダルボードは軽く、内容もコンパクトに。

プリアンプは「アレ」を搭載してみたいなーと、思ってるけど、どう?

空間系エフェクトは必要。特に「リバーブは、良いもの」がいいな。ディレイもちょっと使いたい..でも、あんまし使わないかも(笑)って、
でも、ディレイ、リバーブって2台にすると大きくなっちゃうよね??

あと、
「頭にボリュームペダル」は必須。大型じゃなくてもいいけど、かと言って小さいおもちゃみたいな、「ちゃちな物は絶対イヤ!」。
そう言えば、FRACTALシステムで使っている「EV-1」の踏み心地がいいよね..あれが理想。

もちろん、チューナーも必要。

更に欲を言えば、そのままD.Iで送れる様にして欲しい。

あとはおまかせ、よろしくね!


さて、

ご依頼を基に、システムコーディネート。

今回、お客様がご希望する「アコースティック用プリアンプ」がございましたので、それもご用意し製作を進めます。

機材が揃えば、内容的には短時間。動作テストまで入れても1日作業。

ご希望通りのシステムが完成しました!
 

・VOLペダルの「EV-2」は、EV-1のサイズを小さくしたボリュームペダル。あの、深い踏み心地はそのままで、普通にハイ・インピーのVOLペダルとしても使える上、カーブも綺麗。優秀なVOLペダル。サイズ的にも、ボードにピッタリ収まりました。

それぞれが「踏みやすい位置」で、使用頻度の高い「VENTRIS(左下)」の配置もお客様へ確認しながらセッティングを進めます。

・ペダルボードは、「Aclam」を使用。アタッチメントで機材を固定するユニークなペダルボード。当店では既に、数台のペダルボードで採用して実証済み。付属のバッグで持ち運びも楽勝です。

・プリアンプD.Iは、お客様ご指名の「FISHIMANのAURA SPECTRUM DI」を搭載。(最近、フュージョンギタリストの間で使用されて話題とのこと。)こちらには、「TUNER機能も搭載」しているので、楽器のチューニングはこの機能を使います。

・電源も重要。「パワーサプライ」は色々ありますけど、今は、strymonの「Ojai」がいいですね。軽いし、スペースも取らない上、容量十分の安定供給。


・基本的な流れは、

【ギター(アコギ:P.U付)】→【VOLペダル(Post Vol)】→【FISHMAN/FX LOOP←VENTRIS】

FISHMANのプリアンプに搭載している「FX Loop」へ、SOURCE AUDIOのVENTRISを接続。
(VENTRISはハイクオリティリバーブ。まだネットショップには掲載してませんが、発売中..です。売れております。)

今回のシステムでは、FISHIMANを中心とし、本体のEQやコンプレッションを使った音作りに、VENTRISのリバーブ、エコー・バーブをVENTRIS MIXしながら、それら音作りした信号を、FISHIMANのXLRからPA機器へ送ることができます。


当店はお客様1人,1人に合わせたサービスを行えるお店です。

「時には、ご依頼の枠を超えたお話までお聞きすることもある…」そんなお店です。

遠方のお客様もお気軽にご相談ください。
(と言うか、、うちはほとんどのお客様が通販対応です。)

 

使用機器:
・Aclam:ペダルボード
・strymon Ojai:パワーサプライ
・FRACTAL AUDIO SYSTEMS EV-2:VOLペダル
・FISHIMAN Aura Spectrum DI:プリアンプDI
・SOURCE AUDIO VENTRIS:Dual DSPリバーブ
・配線部材、パッチケーブル、インサーションケーブル
・コンサルティング費用、製作費用(内容により異なります)。

この様に、色々やっております。

システム製作記 | テクニカルサービス

お客様ご依頼の大型のシステム
(と、言っても、うちで受けるシステムの大抵はいつも大型ですが)

製作中のはなし…の続き。

ちょっと間が空いちゃいましたので、ちなみにこのシステムのおける前回の話はこちら。

「インレット、ACプラグ周りの作業は完了」しまして、、

続いて、DCケーブル、ラインケーブルなどの「実配線作業」に入ります。

「完成しました!!」..って嘘です(笑)。
(お客さんに怒られます..)

あらかじめ、ケーブルの長さは測って製作して準備しておき、そこから「仮配線」をします。
写真みたいに、とりあえずバーっと配線。
「ちゃんと音が出るか」どうかをチェックします。

問題があれば、ケーブル1本ずつ追いかけますが、、このところ「日の出さんのケーブル」(日の出光機製作所さん)を使い始めてからは、トラブルは「ゼロ」。作業だけに集中できます。

仮配線したら、ボードをジーっと眺め、配線の取り回しをイメージします。
なるべく、ノイズを回避できる配置と配線も同時に考えます。。

続いて、配線部材を使いながら、配線周りを綺麗に仕上げて行きます。

今度は本当に完了。

なんと、3台の「EXGペダル」を導入いただきました!!
ありがとうございます!!


ふー。これで「右側」は完成したぞー!!

さて、続いて、、「左側」の作業に入ります。

「え?
これって、左側にも何かあるの?」

はい。

どんなシステムになるでしょうか??
続きをお楽しみにー!

・システム製作のご依頼も随時承っております。お気軽にご相談ください。

「弦替えてください。」

システム製作記を兼ねた「雑記」

 

大型のシステムを製作中..

AC電源用のインレット、プラグを加工しているところ。


意外に面倒な作業です。3Pの電源プラグのコネクタ側は内部の長さもピッタリに合わせて、圧着端子にハンダ付けして、内部にプラス、マイナスと、、って固定する時に片側が動いちゃうからとりあえずホットボンドで仮止めして、、って、

..要は、
かなり「イラーっと来る作業」なワケですが、、納期も迫っているし(笑)。

そんな時に限って、「この時期よくある出来事」が、

「すみませーん、弦替えてください」のご相談..。

うちはそもそもマニアック過ぎる(笑)お店なのですが、(看板も出してないし)

それでも、ネットで検索したりして、

「町の楽器屋」と思ってお見えになる方もいらっしゃるのです。

もちろん仕事はいたします。

GW、お盆、年末のこの3シーズンに多いご依頼がこの「弦替えて相談」です。

「年末だから押入れにあったギター弾くか!」って、、気持ちは分かりますけど、、

(できれば、楽器は綺麗にして持ってきてください。この手のご相談で持ち込まれるその多くは、「ギターが汚い」です。
ホコリだらけで、弦はサビサビで、中にはケース無しの「裸」で持ち込まれる物もあります。
そんな楽器が持ち込まれると、「これで弦替えても本当に弾くの?」と正直思っちゃいます。)

こう言った話。
普段は全くと言っていいほどありませんけど、「年末」は多い。

大抵は、
「フォトジェニック」や、「cool-z」と言った初心者向けのギター、ベースを抱えた親子連れのお客さんなんですけども、

弦くらい、自分で交換しましょうね。
え?替え方知らない?
ニッパーも持ってない?
買ったお店に行けない?・・そうですか、じゃあ、しょうがないですね、

では、私がやりましょうか・・って、

でも、せっかくなので弦の替え方は覚えて帰ってくださいね。

じゃあ、
まずは、一旦作業台を片付けて空けまして、、ってなるワケですが、

私も対応できる時と、そうでない時はありますので、この手の案件に直ぐ着手はできません。

(それでも持ち込む方は、「直ぐやってくれ!」と言います…)

私もできる限りの対応はいたしますが(仕事ですので)、

「弦替えてください」については、
時間的な都合においても、内容的にも、それがお受けできない時は、お断りする時もあります。予めご了承お願いします。


・・と言うワケで。

「楽器店の皆様へお願いです。」
販売した楽器。初心者向けの楽器は特に、お店の方からのアフターケア、フォローアップ、
弦の替え方もそうですが、ネックも調整してあげてください・・と思うのであります。よろしくお願いします。


さて、「システム製作作業」に戻り..

AC周りの配線が完了。

まだまだ続きます。

システム製作 | テクニカルサービス

このブログの読者の中には、楽器店の方も多くいらっしゃるそうです。光栄なことです。

さて、只今、お客様からご依頼いただいた「大型のシステム」製作中…。

機材が揃って最初にやることは、

まず、仮に並べてみます。

 

じーっと見ながら、瞑想します。

どこにアレを置いて、コレを置いて、こう配線してって・・全体図を想像します。
(作りながら、「全部置けない!」ってことのない様にサイズは予め作図しながら確認注意..しております。)

 

おおよそのイメージができたら、

 

早速、「下準備」を開始します。

写真は、EV-1のネジを取り外しているところ、、

ボードへの固定に備えます。

うーん..実は結構やりたくない作業(理由は聞かないで・笑)。

写真みたいに、EV-1側面は必ずテープで固定しておきます。
「怪我防止のため」。完成までこのままです。

見えないところ、見えない箇所も、地味ですが、色々やっております。

SIF-4TRS(カスタム製作品) | テクニカルサービス

今月仕上げで製作するお客様システムの準備中。
・・間に合うかどうか(笑)。頑張っております。

その、
これから製作する「システム用」に「インターフェース」を作りました!

その名も、SIF-4TRS!!

「システムインターフェース、4端子と、TRS」と言う意味(笑)。

「EXTREME GUITAR FORCE エンジニアチーム謹製」です。

完全パッシブのスルーBOX。
見た目は単純なんですが、エンジニアさんの話を聞いていると、素材、パーツの選定や、配線方法、GNDの取り方など、、このBOX一つ作ることに対しても真剣で奥深いです。…素人自作品とは一味も二味も違います。

今回のインターフェースは、「4Cabele Method 用(FRACTAL AUDIO SYTEMS / FX8 MKII)」に製作。システムでは重要な役割になります。
(製作過程はまた!)

背の「高さ」にも理由があります。システム内では、エフェクターの台としても活用され、スペースを確保します。

完全カスタム製作品のため、市販モデルの予定はございませんが、

当店では、この様な「お客様一人一人に合わせたサービス」を行うことができます。


【後記】
・ネットショップモールの「鵜飼の鵜」となり、どこかの最安値に対抗しながら「どこにでもある物を売る日々」か、

・自分で考え、創り、それを自分で売る。苦しいこともあるが、「楽しい」日々か、

物は例え自分で作れなくても、自分のアイディア、創造性があれば、専門家と組むことで作れることもあります。(今日の話みたいに)。

仕事は、楽しい、楽しめることの方が良いです。