システム製作記「Cybery 4Loopシステム」 | テクニカルサービス

おかげさまで、昨年からシステム製作のご依頼が増えております。

 

・FRACTALのシステムや、

・FRACTALにアナログペダルを融合したシステム、これらの「最新鋭機器を中心にしたタイプ」のほかに、

最近では、ペダルエフェクターのシステムのご依頼も「回帰」している感触があります。

しかし、使う機材は数年前とはガラッと変わり、

最近ではスイッチングシステムも次世代機へと変遷し、デジタルエフェクターも次の時代へと進化。

それでも、そこにプラスして欲しくなるのが古来の「アナログペダル」。

それらの、
「次世代機器+デジタル+アナログペダル」を一つにするシステム。
そこから出てくるサウンドは、モデリング機器1つで完結するサウンド、使い心地とはちょっと違う様です。ギターを弾いた感触のレスポンス、弾いた本人だけが感じる「ダイレクト感」がそこにはある様です。

昨年から今年も色んな機器、付随するアイテムが登場し、システムの使い方も、我々の「組み方」にも変化しつつあります。


今回、製作させていただいたシステムは「エフェクター4台」のシンプルシステム。

既に、オールアクセスさんのFacebookに掲載されておりますので、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、

先に書いた「次世代機器+デジタル+アナログペダル」を実にシンプルに実現したシステムです。

スイッチングシステムには、最新鋭機器の「HOTONE Cybery」を使用。4Loop、Midi対応で、2台のデジタルエフェクター(ディレイ、リバーブ)のプログラムチェンジ(Midi PC)に対応。プリセット切り替えと同時にプログラムチェンジします。Midi CHも別々に設定。
これらのエディットは、スマホ(iPhone)で行います。Bluetoothで「Cybery」と繋がり、プリセットを組んだり、同時にMidiマップを組んで、「指1本」でSave(Store)まで行けます。
凄い時代になったもんです・・。


ここで余談。
製作中にちょっと思い出したのは、
むかーし、「RSB-18(知ってます?)」ってあったなーって・・私、使ってましたもん。
そこから、パッチメイト、GCX、4×4+RS-10・・って移り変わりましたが、、そう言った意味でもこの「Cybery」のアプリは飛躍以上の進化を感じます。しかも、2万円ちょい..ですよ。
昔は、コレを押しながら、コレを押して、コレを呼び出してから、コレを押して、、やっとできたー!って…やっていた時代がなつかしいなー。


さて、今回のご依頼。

SD-9 SUPER」をお買い求めいただいたお客様と、

「それを中心にした小さめなボード組んだら面白そうですねー」ってお話を進めていました。

それなら、一緒にディレイ、リバーブも組み込んで、

なおかつ、新製品の「CP101 SUPER」を加えたら、楽しそうですよ!

付随する機材までコーディネートしまして、製作開始!!

 

 

「できました!!」

・・って言ったら怒られますね(笑)。毎度の冗談で、、これは「仮組み」重要な作業の一つです。

 

まずは、この様に仮組みして、音のチェック。全体的な「機材の配置」も同時に考えます。

その点、パワーサプライのOjaiは、置き場所によるノイズの干渉の心配がないので、適切な場所、配線がし易い位置で、なおかつACコードを繋ぎ易い位置に固定をします。


作業中の様子は割愛しまして・・


おおむね完成した段階で、ビデオ撮影。

デモ動画ではなく、「使い方説明動画」の撮影です。
もちろん、映像はお客様しか見ることは出来ません。Cyberyの起動から、セットアップ、エディット方法まで解説。ディレイ、リバーブのSOURCE AUDIO, NEMESIS, VENTRISの使い方もザッと解説。ここまで事前フォローする事で、通販(遠方)のお客様も安心してお買い求めいただけます。
しかし、
何度やっても、自分が喋っている映像を自分で見るのは何だか妙な感じです。最近は恥ずかしさは通り越しましたが(笑)、ま、そのうち慣れるでしょうと。


今度こそ本当の「完成!!」

・コンプ、
・歪み、
・ディレイ、
・リバーブの「4種類」

お客様が「シンプルシステムで最低限欲しいサウンド」はこのボードに凝縮することができました。

しかも、
NEMESIS(ディレイ), VENTRIS(リバーブ)は、エディット次第で、コーラスや、、眠くなるくらいの揺ら揺らトレモロもできますし、
VENTRIS単体でも、ディレイ+リバーブは構築できます。エディット次第で、2つのDSPを使って・・って、書いていると長くなっちゃうので…省略しますが、
要は「うちでエディット」しているってことです。この辺も全部、お買い上げ品に含まれています。お客様も喜んでくれます。そうすると私も喜びます(笑)。

お客様からのコメント。

 

綺麗に組んでいただいてありがとうございます!!
本当に配線キレイですよ!どうやったらこんな風にできるんだろう??って、芸術的なラインをじっくり眺めちゃいます。

届いた時は、かなり大きな箱で届いたのでビックリしましたけど(笑)、箱開けて取り出したら、これは本当にコンパクトで、しかも軽い!!これなら気軽に使えます。

事前に送っていただいた動画を見て使い方はおおよそ理解できました。

いい音しますよ!このボードだけで、しかもペダルだけで出している音とは思えないですね。OD(CAE OD-100)のクリーンCHで使ってますけど、SD-9 SUPERの歪みが使いやすいので、このボードだけでいいかな・・って思えるくらいのクオリティです。

フュージョンやるにはピッタリなサウンドで、これから毎日楽しませてもらいます!

2台のSOURCE AUDIOも、プリセット入れていただいたので、よかったです。これならエディットしなくても、電源入れてこのまま使っていい音でますので、
しばらくはアプリ使わないかも(笑)。

 

 

ありがとうございます!!

今回は「軽く!」作るために、ボードはFREE THE TONEの超軽量の平型ボードを使いました。
超強力のマジックテープを使い、ガッチリ固定しているため、使用しない時には、家具やクローゼットの隙間に立て掛けて収納できます。
実は今回、「収納面」まで考えて機材チョイスとそれに伴う組み方を施しています。
お客様が、お仕事から帰宅して、「ボードを取り出して、床に置き、音を出し、楽しみ、終わったら立て掛けて収納。」この流れを想像しながら作りました。


使用機材リスト:

Sonic research:CT-300mini(チューナー)

・FREE THE TONE:FPシリーズ(ボード)

・strymonOjai(パワーサプライ)


・HOTONE:Cybery(スイッチングシステム)

・SOURCE AUDIO:NEMESIS+EXCEL PRESET(ディレイ)

・SOURCE AUDIO:VENTRIS+EXCEL PRESET(リバーブ)

・EXTREME GUITAR FORCE:SD-9 SUPER(ディストーション)


・EXTREME GUITAR FORCE:CP101 SUPER(コンプレッサー)

・日の出光機製作所:パッチケーブル、システム用ラインケーブルTEプラグ

・その他:配線部材、ラベル、コンサルティング費用、作業工賃一式。

参考価格:191,800(税別)


メモ:

今回は内容をできるだけシンプルにするため、システムI/F BOXなどは配置しませんでした。

「OUTPUT用の日の出ラインケーブル」
そのため、アンプへ向かうケーブルは、スイッチングシステムから直接取るワケですが、「それ用」に、日の出さんでケーブルを作っていただきました。TEプラグと言って、元々はテレキャスの凹んだジャックにプラグイン(届く)できる形状を持っており、このプラグ形状がCyberyのOUTPUTの位置に相性がよく、抜き差しもし易い上に、背面のLEDもプラグで隠れることなく視認性を下げることはありません。

「チューナー」については、Cyberyのチューナー端子には接続していません。これについては既にオールアクセスさんのFacebookにも書きましたが、Cyberyは現実的にプリセットモードかダイレクトモードどちらか固定で使う方が使い易いため(今日時点でのソフトウェアでの話。)、チューナーはCyberyの初段に接続。これで「MUTEスイッチを兼」ねます。
Sonicのチューナーには、BFTSのプリセットも入れました。古いSuhrや、Tom、b3、懐かしのBaker…などに対応するべく、、
(お客様とこの話しをしていて「バジーフェイトンチュー…つーか、それ、やるか?」と言う話もでたのですが、、)
ま、せっかくですのでね、このチューナーで対応できますのでね、、と、BFTSの開放と12fオクターブ用のプリセットを入れました。

「パワーサプライ」Ojaiは高容量のため、このシステムボードの機材全ての電源供給を行うことができます。しかし、端子は足りないため、1つの端子から、純正の分岐ケーブルを使用し、2台のアナログペダル(コンプ、歪み)と、チューナーへ供給。分岐ケーブルの使用の際、strymonでは、ノイズのトラブルを防ぐために「(分岐ケーブルの輪の中は)アナログだけ」か「デジタルだけ」を推奨していますが、今回のシステムではチューナーはどの道トゥルーバイパスされますので、ノイズ云々は無関係。4分岐ケーブルのうち、1本が余りましたので、切る(切断)などの乱暴なことはせず…端子を「しっかり絶縁」した上で固定。

見た目を考えれば、Ojaiは横向きで置きたかったですが..配線の取り回しの都合上、縦向きに配置。

ちょっと分かりにくい「Cybery」のLEDによる表示は、ラベルを貼って対処。今どこのプリセットに居て、どのエフェクトが働いているかを、一目で分かりやすく工夫しました。

 

お買い上げありがとうございます!

Musicom Lab

ニュース。

オーディオ・コントローラー(スイッチング・システム)「Musicom」の販売を当店にて近日開始いたします。

Pete Thornなどの愛用で知られるMusicom Labは、システムの拡張性、構築する上での考え方の広がりが期待できる設計、充実の機能を持っています。


・中型の「LE」は、4モノLoop、2ステレオLoopを装備。

・フラッグシップの「MK-V」は、7モノLoop、2ステレオLoopを装備。


サイズ面もよく、他社製品と比較しても「小型、軽量。」

..と言うワケで、

今後、お客様ご依頼で製作する

・「中型〜大型のペダルボードシステム」には、Musicomを推奨してまいります。

・小型システムにお薦めの「HOTONE:Cybery」もございますので、

 

大・中・小と、お客様のご要望に合わせて、コーディネートいたします。

「DSP系」のみシステム | テクニカルサービス

通常、システム製作はお客様からのご依頼を基にシステムデザインが始まりますが、

今回はそのはじまりが「逆」。
つまり、私からの提案、いや、提案を超えた事例。

このライフワークを11年(今月11周年を迎えました)もやってますと、お客様との関係性はその分だけ深まってまいります。いつもありがとうございます。

さて、
このところ、30cm大のペダルボードの製作が続く中、

「こんなボード組んだら面白いかもしれないな…」とイメージした中で、パッと浮かんだお客様へ直ぐ電話。

「○○さん、こんな風にボード組ませてもらえませんか?」

と、ご提案(お願い)をしたところ、

快く、
「いいですよ!是非やってください!」と、快諾くださいました。

(お客様からのコメントは下部に。)


さて、今回のコンセプト。

strymonだけでボードを組むと面白そうだ。」から始まりました。

アンプINPUTで使うために、クリーントーンは当然ながらアンプで、歪みはstrymonのペダルを使い、空間系も同じく、との流れでデザインしていくと、Aclamのボードを使う前提だとスペースが足りない・・。後述いたしますが、空間系の1台はXTOMP miniで代用。

趣旨は「オールDSP系エフェクト・システム」。
(チューナーは・・・ですが。)

パッと見てお判りの通り、

この内容。

価格的には、ほぼFRACTAL買えそうですけど…
って、そんなこと言ったら寂しいですよ。
価格でなく、「男のロマン」の世界です(笑)。

(ちなみに、お客様はFRACTALは「各種」お持ちです。)

真面目な話、
1個のDSPで色々やるんじゃなくて、それぞれ1台に1つのDSPで動かすことになるこのシステム。
しかもそれをただ繋いだってことではなく、
「感覚的なモノ」にはなりますが、このボード1つが「1台のシステム」と考えられる内容。だから面白いし、楽しい。

このシステムでは、

・クリーントーンはアンプクリーン(CAE/OD-100を使います。)で、

・Over DriveのSUNSETは、単体での歪みと、後段のRiverside用のブースターと、2種類の分けて使用。

基本的な歪みは、
・Riversideを使います。Riversideはプリアンプのため、アンプヘッドっぽい扱いで音作りをします。
アンプクリーンに接続することで、Marshallサウンドが簡単に作れるため、アンプの操作感覚よりもRiversideの方がEQの効きも広く細かく変化するので、そこそこのアンプよりも「良い音作り」が進められます。このボードでは、Riversideで2種類の音を切り替えて使用。
ブルース、フュージョン系から、ヘビーメタルまで、歪みだけでも、SUNSETとの組み合わせで、バリエーションは3-4種類を確保しています。

空間系エフェクトは、
・XTOMP miniは、リバーブとして使用。好きな時にエフェクトの入れ替えは容易ですので(スマホアプリ)、リバーブ固定にはならない点は自由度が広がります。

・Time Lineは、EXCEL-PRESETを入れた状態で使用。お客様好みのサウンドに近づけるため、多少のパラメータの見直しを行いました。
ディレイの他に、コーラス+ディレイや、トレモロとしても使えますので、このボードだけでも、マルチエフェクターに近い多種のサウンドを実現します。(サウンドは中途半端なペダルマルチを超えています。)

そして、この手のDSP系(デジタル)エフェクトが関係するシステムに欠かせないのが、パワーサプライ「Ojai」です。このシステムはアナログペダルが混入しませんので、高周波ノイズ等の心配はありませんが、「容量の確保」は重要でした。Ojaiはこんなに小さい本体ですが、このボードに搭載するエフェクト全てに安定供給をします。

ペダルボードは、2列になるため、奥のTime Lineの操作がし難いです・・
なんとか踏めますけど、
Time Line特有の「スイッチ2個押し」はちょっと、、足が入り難いですね。

そこで、今回のシステムでは「MULTIスイッチ」を使用し、ボードの手前に配置することで、Time LineのプリセットUP/DOWNと、本体のON/OFFを可能にしました。

ディレイエフェクトのON/OFFはよく操作する部分になるため、操作性は飛躍的に向上。

それから、パッチケーブルは今回も「日の出さんのパッチケーブル」を使用。スペースの確保、そしてしっかりとハンダ付けしてあるため、接触不良などのトラブルの心配がありません。


使用機材リスト:
・Daddarioペダルチューナー
・strymon :SUNSET(Over Drive)
・strymon:Riverside(Preamp)「+EXCEL PRESET」
・strymon:Ojai(パワーサプライ)
・HOTONE:XTOMP Mini
・strymon:Time Line 「+EXCEL PRESET」
・strymon:MULTI SW
・AcLam XS2(ペダルボード)
・日の出光機パッチケーブル各種,CAJ TRSケーブル

・コンサルティング、デザイン、制作費:別途「ご相談はお気軽に!」

↓お客様からのコメントです。

ボード受け取りました。とても綺麗に組み上げてくださり、ありがとうございます。
ノイズ無いですね。さすがです。ボードは思ったより小さかったです。
Strymonなかなか良いですね!
METAL弾くならこのボートだけで十分な感じです。

EXCEL PRESET ’80METAL+Xtomp+Timelineこれだけで弾いていて楽しいです。
Sunsetもご案内いただいたようにRiversideにAを足しても良いし、OD-100の2ch+Sunsetでも良い感じです。

35年くらい若返った気がして、ズクズクとリフを刻んでいました。こういう時はやはりフロイトローズだと思い、久しぶりにSuhr ’09 Limitedを弾きました。

 

嬉しいですねー!ありがとうございます!!

そう、システムだけでなく、今まで買っていただいた”ギターも”活用いただける様にするのが当店の存在意義。せっかく買っていただいた楽器が眠るだけじゃもったいないですからね、ポテンシャルの引き出し方や、使い道もどんどん提案させていただきます。

30cmのペダルボード制作 | テクニカルサービス

うちでは「システム機器のテクニカルサービス」として、

・FRACTAL AUDIO SYSTEMSの組み込みセットアップもしますし、

・大型のペダルボード、

さらには、、もう、Midiが絡むとサポートできるお店も数える程かもしれない、
・ラックシステム..

..まで、

お客さんのご要望に合わせたコンサルティングサービスを行なっています。

何も大きな、そして高価な物に限らずで、

実は、もっと小回りの効くこともお受けしています。

最近ご依頼くださったお客様の例ですと、

「中途半端なペダルマルチではなく、エフェクトはそんなに併用はしないが、エフェクトの種類は適度に変更したい!」

そんなご相談から、構築を始めたのがこちらのシステムボード。

30cmくらいの小さいボードですが、サウンド面や拡張面(エフェクト変更)においても自在に近づく内容を考えました。

機材を揃えて、作業に入ります。

機材も音質や、利便性、そして、電源周りは特に気を使ったチョイスを行います。(その辺のお話はまた後日..)

ここで、
同業者様からたまに「何で新聞紙敷くの?」って、聞かれます。

気分です(笑)。特に深い意味はありません。何となく、作業台の上に敷いておくと、落ち着くのです。。それだけです。やってみてください(笑)。なんとなく、やる気に違いが出るかもしれません。

さて、こちらのボードはこの「部材」で機材を固定するユニークなボード。

引き続き作業を進めます。

実験 「XTOMP」+「FX8」

当店でお買い物くださったお客様から、機材を使用した写真や、ライブの動画など送っていただくことがあります。
こう言うのってホント、すごく嬉しいですねー!
私のエネルギーになります。

さて、本日は。

XTOMPのポテンシャルを測る実験。先日システム制作をご依頼くださったお客様と、ギタリスト林さんのご協力の下、進めます。

ところで、XTOMPってご存知でしょうか・・??

結構、今も「コレって何をするものなのかよく分からない」と思っている方が多いのと、HOTONEのエフェクターであることから、なんか「小さいエフェクターのアレね」のイメージが先行する様です。握り寿司シリーズの「skyline」とは全く異なるサウンドコンセプトを持つのが機種がXTOMPです。

XTOMPは、好きなエフェクターをBluetoothを使って本体に送信。専用のアプリはiOS, Androidで無料で手に入ります。
基本的にマルチエフェクトではなく、
1つのプロセッサで単一(または2つ)のエフェクトを作り出すので、XTOMPはその分、贅沢な処理能力でリアルエフェクトを構築していると言えます。

今回の実験では、

FX8を空間系エフェクトに使用(Postエフェクト)

アンプのINPUTへ、「XTOMP」を接続し、JCM800のアンプモデリングを動かします。

これにより、エフェクトのみのFX8を、
「XTOMP アンプモデリング+FX8 空間系エフェクト」で、
両者をAXE-FXIIに近い使い方にした上で、真空管アンプの構造(Pre, EQ部、Send/Return)を織り交ぜて、最新鋭のデジタル機器と、真空管アンプのアナログ機器の融合を行なっています。

↓サウンドテスト動画はこちら。

 

当店では、本気のお客様へ本気で取り組んでおります。