「MK-OD」ユーザー様からの「動画とレビュー」が届きました! | EXTREME GUITAR FORCE

EXGのオーバードライブペダル「MK-OD」は、アンプのクリーンINPUTに繋いでハードウッドキャビを彷彿するアンプをオーバードライブさせた様な「クランチ〜ドライブ」が出せる、EXGとしては初の表現となる「アンプライク」ペダル。広いダイナミックレンジとクリアーでワイドなサウンドを出すことができます。

発売中の「SD-9SUPER」と組み合わせることで、アンプのCH1、CH3の様に2段階の歪みを切り替えることができます。これらの「トーンの特徴」については、同じEXGのエフェクターを揃えて切り替えることで、最良のコンビネーションを実現できるため、SD-9SUPERとMK-ODのセットは心から推奨しております。

この度、お客様からその「MK-OD」をライブで使用した映像が届きました。ありがとうございます!

映像では、MK-ODのほかに、
・CP101SUPER(CMP)
・SD-9SUPER(DST)
もお使いくださっています。

我々の製品作りのイメージを超えるくらいにポテンシャルを存分に引き出している映像です。是非チェックしてください!!

..しかも私の大好きな曲です。

今回の映像と一緒に「ユーザーレビュー」も送ってくださいました。ありがとうございます!

MK-ODは「その部分(ボリュームを絞った使い方)をきめ細かく埋めてくれるツール」だと感じました。今までボリュームを絞ったときに少し物足りなかった所は、MK-ODを入れることでMIDENHANCEで..

…レビューの続きは→こちら!

「MK-ODの基本セッティング」の方法。

新発売のオーバードライブ「MK-OD」の基本セッティング方法についてご説明します。

まず最初に、

・DRIVE(歪み)
・Level(音量)
この2つのみを、およそ「12時」に合わせます。

下の2つのツマミ、
【左下】MID Enhance(MIDレンジ周波数特性)
【右下】TONE(トーン)
↓この2つは、両方共「ゼロ(ミニマム)」にします。

この2つは必ず「ゼロから開いてセッティング」でお使いください。
(いきなり12時とかやっちゃいますと..ちょっと「?」になると思います。)

まずは、MID, TONE共に絞った状態にして、最も丸いトーンを作り、そこから、

・TONEを開いて音を硬めにしたり、

・MID Enhanceを開いて、お好みのミドルレンジのポイントを探ります。(ピックアップの種類や、弾き手のニュアンス、ピックの当て方などで結構変わりますので、「ココ」と言うポイントはプレーヤーそれぞれ..に違います。)


ムービーで題材にしております「ロベン・フォード&ブルーライン風」のセッティングでしたら、

割とDRIVEは上げ気味にして、TONE, MIDは「1メモリ分」が近く音になると思います。

↓こんな感じです。

 


「パワーのあるハムバッカーの場合」
また、使うギターによっては、「MID Enhanceで全体を合わせる」使い方もお試しください。ハイパワーなパッシブのハムバッカー(Suhr:Aldrichや、EXG:SUPER HBなど)は、

↓意外とこの様なセッティングで、「まろやかなトーン」が作れたりします。

 

それから、

内部昇圧モードは「18Vモードを推奨」します。電池ボックス内で9V/18Vの切り替えは可能ですが、チューンナップコンセプト、製品作りの段階から「18Vモード固定」で使うことを想定して進めておりましたので、このモードで広いダイナミックレンジでお使いください。

重要なポイント:MK-ODは「MID,TONEはゼロから始める」「18Vモード」で、お願いします。

「MK-OD」→「SD-9 SUPER 」| EXTREME GUITAR FORCE

弊社オリジナルブランド「EXTREME GUITAR FORCE」より先日発売になりましたオーバードライブ・ペダル「MK-OD

「MK-OD」は、単体でクランチ〜ドライブが出るオーバードライブペダル(アンプのゲインブースターの用途に限らず)としてのコンセプトと、

SD-9SUPER」との併用、コンビネーションについても考えました。SD-9Sはそもそもがディストーション(SD=ソニック・ディストーション)ですので、オーバードライブペダルとは歪み方が違います。

そこで、2台を並べて、

アンプのクリーンINPUTへの接続でしたら、アンプクリーンを1CHと例えれば、

・「MK-OD」がクランチ〜オーバードライブの「CH2」

・「SD-9 SUPER」がリード、ハイゲインの「CH3」

この様な使い分けを、段階的に行うことができます。

 

「他のペダルでもできるんですけど..」って、
そうじゃなくて、ベースとなる基調の音がMaxonをベースにして、どちらも田村進氏がチューンナップするエッセンスがあることから、切り替えた音の「素性が一致」するワケなんです。

例えるなら、同じメーカーの3CHタイプのプリアンプを切り替える感触、SoldanoもEgnaterもCAA3+SEも…世代の方でしたら、何となく伝わりますでしょうか?..この様式をペダルに置き換えて考えています。

この同一メーカーを基調とする、「クランチ〜ドライブ」「ハイゲイン」この2種類を並べてバリエーションを使い分けることに「MK-OD」リリース最大の利点があります。

・MK-OD
・SD-9 SUPER
どちらも在庫ございます。お買い求めは→EXCELネットショップをご利用ください。

 

MK-OD 「6/15発売開始!」 | EXTREME GUITAR FORCE

「前回の記事はこちら」

新製品「MK-OD」は、6/15発売開始が決まりました!

マニュアルも先ほど校了いたしまして..準備ができました。

・「WEBページについては6/14に公開を予定」しております。デモムービーも合わせて公開する準備をしております。

「MK-OD」は、Maxon/ST9Pro+を素体に、サウンドコンセプトを基に(下記参照)見直しと改良、それらの熟成を重ねて作った「チューンナップ版・オーバードライブペダル」です。

エンジニア田村進氏、自らが1台1台を手作業でチューンナップ。

田村氏自らが厳選した高品位パーツ数点への交換及び取り付けなどのチューンナップを施した上で、AP測定器で計測、厳しい製品検査を経た合格品のみが販売品になります。ユーザー様は個体差のないペダルをお買い上げいただけます。(他の3機種も全て同じ流れで作っております。)

「ご予約」については既に開始しております。
・価格は「29,500円(税別)」です。
・通販の場合はネットショップに準じた送料を別途頂戴します(500円より地域によって異なります)。
・こちらからメールにてご予約ください。

今回、アンプの「クリーンINPUT」に繋いで、単体で歪みが得られる作り、広いレンジと、Midから〜Hiへ押し出すトーンは、普段私は「アンプライク」と言う言葉をあえて使いませんが..今回はその例えにハマるトーンに仕上がったので、

「ミニSWの上のポジション(オリジナルモード=MK-ODモード)」+「18Vモード」の音は、実に「アンプライクな音」と説明する様にいたします。


サウンドコンセプト。万能とか、あれもこれもとは言いません。いつも通り、当店のお客様層である「フュージョン、AOR、スムースジャズファン」に喜んでいただける音。オリジナルマークIや、J.Kelleyに代表されるスムースかつ中音域から強く押し出すオーバードライブをモチーフに「MK-ODのサウンドコンセプト」を固めました。

「ちょうどいい感じの丸さ」から、「高域は歯切れの良さを出すことも」できるペダルです。

それでは発売をお楽しみにー!

新製品 発売予告!「MK-OD」| EXTREME GUITAR FORCE

エンジニア田村進氏、自らがチューンナップを行う「チューンナップ版Maxon」プロジェクト。弊社オリジナルブランド「EXTREME GUITAR FORCE」より発売中です。

新製品発売のお知らせ。

チューンナップエフェクト「第四弾!」といたしまして、

次は「オーバードライブ・ペダル」が登場いたします!!

・ブランド名:EXTREME GUITAR FORCE
・製品名:「MK-OD」
・予価:29,500(税別)
・発売日:6月中旬予定。
・ご予約方法:下記にご案内中です。

(画像は「製作中のイメージ画像」につき、実際の製品と表記などが異なる場合がございます。)

 


こちらの「MK-OD」のコンセプト、きっかけは「単純」で、
SD-9 SUPER」をお買い上げくださったお客様からの要望でした。
SD-9 SUPERをペダルボードへの搭載に伴い、「SD-9 SUPERはリード用として、もうちょっとクランチ〜ドライブのペダルを揃えたい」
この要望から考案しました。

SD-9 SUPERをお持ちのお客様でしたら、
【1】アンプクリーン
【2】MK-OD
【3】SD-9 SUPER

この様に、3CHっぽい使い方ができます。
【1】〜【3】へ、クリーン、バッキング、リードと、弊社コンセプトの「フュージョン,AOR,スムースジャズファンに喜んでいただけるサウンド作り」に合致するペダルボードを構築していただけます。

新製品の「MK-OD」は、クリアーなトーンでありつつ、SD-9 SUPERほどの歪みまで行かない純粋な「オーバードライブ」として使います。

・ベース(基調)となる音は「クリアー」で、
・ミドルレンジから押し出しを高める様に歪むオーバードライブ。
GAIN量も豊富。クリーントーンのアンプへ繋いで「単体で十分」です。

イメージとしては、「ヴィンテージアンプをTS系オーバードライブでブーストさせた」様な音。Jim Kelleyや、オリジナルMK-Iなどを彷彿とするトーン..
MK-ODは「アンプライクと称されるトーンに寄ったオーバードライブ・ペダル」です。

18V昇圧機能により、広いダイナミックレンジで、パッシブP.UはもちろんEMGユーザーにもレスポンスや表現力を損なわずに音作りが可能になります。

発売が近づきましたら、続報いたします。

「ご予約も承っております。」
ご予約方法:→ホームページのお問い合わせよりメールにてご予約をお願いします。