「MK-OD」→「SD-9 SUPER 」| EXTREME GUITAR FORCE

弊社オリジナルブランド「EXTREME GUITAR FORCE」より先日発売になりましたオーバードライブ・ペダル「MK-OD

「MK-OD」は、単体でクランチ〜ドライブが出るオーバードライブペダル(アンプのゲインブースターの用途に限らず)としてのコンセプトと、

SD-9SUPER」との併用、コンビネーションについても考えました。SD-9Sはそもそもがディストーション(SD=ソニック・ディストーション)ですので、オーバードライブペダルとは歪み方が違います。

そこで、2台を並べて、

アンプのクリーンINPUTへの接続でしたら、アンプクリーンを1CHと例えれば、

・「MK-OD」がクランチ〜オーバードライブの「CH2」

・「SD-9 SUPER」がリード、ハイゲインの「CH3」

この様な使い分けを、段階的に行うことができます。

 

「他のペダルでもできるんですけど..」って、
そうじゃなくて、ベースとなる基調の音がMaxonをベースにして、どちらも田村進氏がチューンナップするエッセンスがあることから、切り替えた音の「素性が一致」するワケなんです。

例えるなら、同じメーカーの3CHタイプのプリアンプを切り替える感触、SoldanoもEgnaterもCAA3+SEも…世代の方でしたら、何となく伝わりますでしょうか?..この様式をペダルに置き換えて考えています。

この同一メーカーを基調とする、「クランチ〜ドライブ」「ハイゲイン」この2種類を並べてバリエーションを使い分けることに「MK-OD」リリース最大の利点があります。

・MK-OD
・SD-9 SUPER
どちらも在庫ございます。お買い求めは→EXCELネットショップをご利用ください。

 

もうちょっとお待ちを.. | VENTRIS

この2台だけでも、1つのシステムになるなー..。

(左)SOURCE AUDIO 「VENTRIS」

(右はおなじみの「SD-9 SUPER」)

VENTRISは、既に当店で販売を行ってますが、ネットショップには出してません(今は)..。

本体だけ買っても、いい音はしますし、ご自身でもエディットすることは可能ですが、
2つのDSPを使った面白い使い方など、ちょっとの工夫で驚きの使い方ってこともできます。
(ディレイ+リバーブとか..色々と..)

従来PCでエディットを頑張っておりましたが、最近スマホアプリにも対応したみたいですので、再度エディットして幾つかの音作りをあらためて行ってみようと思います。
準備出来次第、ネットショップへアップいたします。

もうちょっとお待ちください.. (^^;

新製品 発売予告!「MK-OD」| EXTREME GUITAR FORCE

エンジニア田村進氏、自らがチューンナップを行う「チューンナップ版Maxon」プロジェクト。弊社オリジナルブランド「EXTREME GUITAR FORCE」より発売中です。

新製品発売のお知らせ。

チューンナップエフェクト「第四弾!」といたしまして、

次は「オーバードライブ・ペダル」が登場いたします!!

・ブランド名:EXTREME GUITAR FORCE
・製品名:「MK-OD」
・予価:29,500(税別)
・発売日:6月中旬予定。
・ご予約方法:下記にご案内中です。

(画像は「製作中のイメージ画像」につき、実際の製品と表記などが異なる場合がございます。)

 


こちらの「MK-OD」のコンセプト、きっかけは「単純」で、
SD-9 SUPER」をお買い上げくださったお客様からの要望でした。
SD-9 SUPERをペダルボードへの搭載に伴い、「SD-9 SUPERはリード用として、もうちょっとクランチ〜ドライブのペダルを揃えたい」
この要望から考案しました。

SD-9 SUPERをお持ちのお客様でしたら、
【1】アンプクリーン
【2】MK-OD
【3】SD-9 SUPER

この様に、3CHっぽい使い方ができます。
【1】〜【3】へ、クリーン、バッキング、リードと、弊社コンセプトの「フュージョン,AOR,スムースジャズファンに喜んでいただけるサウンド作り」に合致するペダルボードを構築していただけます。

新製品の「MK-OD」は、クリアーなトーンでありつつ、SD-9 SUPERほどの歪みまで行かない純粋な「オーバードライブ」として使います。

・ベース(基調)となる音は「クリアー」で、
・ミドルレンジから押し出しを高める様に歪むオーバードライブ。
GAIN量も豊富。クリーントーンのアンプへ繋いで「単体で十分」です。

イメージとしては、「ヴィンテージアンプをTS系オーバードライブでブーストさせた」様な音。Jim Kelleyや、オリジナルMK-Iなどを彷彿とするトーン..
MK-ODは「アンプライクと称されるトーンに寄ったオーバードライブ・ペダル」です。

18V昇圧機能により、広いダイナミックレンジで、パッシブP.UはもちろんEMGユーザーにもレスポンスや表現力を損なわずに音作りが可能になります。

発売が近づきましたら、続報いたします。

「ご予約も承っております。」
ご予約方法:→ホームページのお問い合わせよりメールにてご予約をお願いします。

歪みの「前」か?「後」か? | PAC9 SUPER

引き続き、「PAC9 SUPER」のTipsについてお話しします。

テーマは、「PAC9 SUPER」は、歪みの前に繋ぐか、後に繋ぐか、

↑歪みの「前」にコーラス。

 

↑歪みの「後」にコーラス。


極論言えば、「(好みで)どっちでもいい」んですが、

しかし、エフェクターを組む上でのセオリー上では、この手のコーラスペダルは「歪みの後」とされているようです。スイッチングシステム等の説明書を見ると、多くの機器でそのような説明が書いてあります。

経験上ではそんな気はしていませんが….実際、ARIONなどは歪みの前に繋ぐ例は多かったですし、FRACTALでも内部ルーティングで歪みセクション(AMP)の前に、コーラス(CHO)を配置することもあります。

要は、「音を出してみて」からの判断でいいと思います。どっちが気持ち良いかどうか、とか、どっちが綺麗にかかるか、など。

(これについてはコーラスの「機種」にもよるかと思います。)

今回は、「PAC9 SUPER」に関する話として進めます。

「SD-9 SUPER」を接続して比較してみましたところ、


【歪みの前】
「SD-9 SUPER(歪み)」の「前に「PAC9 SUPER」を接続」する方が、トータルのサウンドは「スッキリ」します。
GAINツマミはゼロでも12時でもあまりトーンの影響も感じられませんでした。店頭でもお試しになるお客様の多くがこちらの接続順を好んでいます。

サンプル映像:この動画では、
【PAC9 SUPER】→【SD-9 SUPER】の順で弾いています。

 


【歪みの後】
対して、セオリー通りに「歪みの後に繋ぐ」方法の場合は、ペダル側で結構歪ませた状態で(GAIN 12時以上)、「PAC9 SUPER」の一番薄いモード(2つのSWは両方上側)と組みわせると、80年代HRの様なディストーションを軽く揺らすサウンドに活かすことができます。
ここでは、コーラスをONにしても、音が下がった感じもないPAC9 SUPERの利点(内部Level設定を見直しファインチューンした点)が効果していると感じられます。


 

「そもそも、コーラスってクリーントーンでしか使わない..。」

・・と言うご意見もあるかもしれませんが(笑)

お買い上げくださったお客様は、一度、両方のパターンをお試しください♪

システム製作記「Cybery 4Loopシステム」 | テクニカルサービス

おかげさまで、昨年からシステム製作のご依頼が増えております。

 

・FRACTALのシステムや、

・FRACTALにアナログペダルを融合したシステム、これらの「最新鋭機器を中心にしたタイプ」のほかに、

最近では、ペダルエフェクターのシステムのご依頼も「回帰」している感触があります。

しかし、使う機材は数年前とはガラッと変わり、

最近ではスイッチングシステムも次世代機へと変遷し、デジタルエフェクターも次の時代へと進化。

それでも、そこにプラスして欲しくなるのが古来の「アナログペダル」。

それらの、
「次世代機器+デジタル+アナログペダル」を一つにするシステム。
そこから出てくるサウンドは、モデリング機器1つで完結するサウンド、使い心地とはちょっと違う様です。ギターを弾いた感触のレスポンス、弾いた本人だけが感じる「ダイレクト感」がそこにはある様です。

昨年から今年も色んな機器、付随するアイテムが登場し、システムの使い方も、我々の「組み方」にも変化しつつあります。


今回、製作させていただいたシステムは「エフェクター4台」のシンプルシステム。

既に、オールアクセスさんのFacebookに掲載されておりますので、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、

先に書いた「次世代機器+デジタル+アナログペダル」を実にシンプルに実現したシステムです。

スイッチングシステムには、最新鋭機器の「HOTONE Cybery」を使用。4Loop、Midi対応で、2台のデジタルエフェクター(ディレイ、リバーブ)のプログラムチェンジ(Midi PC)に対応。プリセット切り替えと同時にプログラムチェンジします。Midi CHも別々に設定。
これらのエディットは、スマホ(iPhone)で行います。Bluetoothで「Cybery」と繋がり、プリセットを組んだり、同時にMidiマップを組んで、「指1本」でSave(Store)まで行けます。
凄い時代になったもんです・・。


ここで余談。
製作中にちょっと思い出したのは、
むかーし、「RSB-18(知ってます?)」ってあったなーって・・私、使ってましたもん。
そこから、パッチメイト、GCX、4×4+RS-10・・って移り変わりましたが、、そう言った意味でもこの「Cybery」のアプリは飛躍以上の進化を感じます。しかも、2万円ちょい..ですよ。
昔は、コレを押しながら、コレを押して、コレを呼び出してから、コレを押して、、やっとできたー!って…やっていた時代がなつかしいなー。


さて、今回のご依頼。

SD-9 SUPER」をお買い求めいただいたお客様と、

「それを中心にした小さめなボード組んだら面白そうですねー」ってお話を進めていました。

それなら、一緒にディレイ、リバーブも組み込んで、

なおかつ、新製品の「CP101 SUPER」を加えたら、楽しそうですよ!

付随する機材までコーディネートしまして、製作開始!!

 

 

「できました!!」

・・って言ったら怒られますね(笑)。毎度の冗談で、、これは「仮組み」重要な作業の一つです。

 

まずは、この様に仮組みして、音のチェック。全体的な「機材の配置」も同時に考えます。

その点、パワーサプライのOjaiは、置き場所によるノイズの干渉の心配がないので、適切な場所、配線がし易い位置で、なおかつACコードを繋ぎ易い位置に固定をします。


作業中の様子は割愛しまして・・


おおむね完成した段階で、ビデオ撮影。

デモ動画ではなく、「使い方説明動画」の撮影です。
もちろん、映像はお客様しか見ることは出来ません。Cyberyの起動から、セットアップ、エディット方法まで解説。ディレイ、リバーブのSOURCE AUDIO, NEMESIS, VENTRISの使い方もザッと解説。ここまで事前フォローする事で、通販(遠方)のお客様も安心してお買い求めいただけます。
しかし、
何度やっても、自分が喋っている映像を自分で見るのは何だか妙な感じです。最近は恥ずかしさは通り越しましたが(笑)、ま、そのうち慣れるでしょうと。


今度こそ本当の「完成!!」

・コンプ、
・歪み、
・ディレイ、
・リバーブの「4種類」

お客様が「シンプルシステムで最低限欲しいサウンド」はこのボードに凝縮することができました。

しかも、
NEMESIS(ディレイ), VENTRIS(リバーブ)は、エディット次第で、コーラスや、、眠くなるくらいの揺ら揺らトレモロもできますし、
VENTRIS単体でも、ディレイ+リバーブは構築できます。エディット次第で、2つのDSPを使って・・って、書いていると長くなっちゃうので…省略しますが、
要は「うちでエディット」しているってことです。この辺も全部、お買い上げ品に含まれています。お客様も喜んでくれます。そうすると私も喜びます(笑)。

お客様からのコメント。

 

綺麗に組んでいただいてありがとうございます!!
本当に配線キレイですよ!どうやったらこんな風にできるんだろう??って、芸術的なラインをじっくり眺めちゃいます。

届いた時は、かなり大きな箱で届いたのでビックリしましたけど(笑)、箱開けて取り出したら、これは本当にコンパクトで、しかも軽い!!これなら気軽に使えます。

事前に送っていただいた動画を見て使い方はおおよそ理解できました。

いい音しますよ!このボードだけで、しかもペダルだけで出している音とは思えないですね。OD(CAE OD-100)のクリーンCHで使ってますけど、SD-9 SUPERの歪みが使いやすいので、このボードだけでいいかな・・って思えるくらいのクオリティです。

フュージョンやるにはピッタリなサウンドで、これから毎日楽しませてもらいます!

2台のSOURCE AUDIOも、プリセット入れていただいたので、よかったです。これならエディットしなくても、電源入れてこのまま使っていい音でますので、
しばらくはアプリ使わないかも(笑)。

 

 

ありがとうございます!!

今回は「軽く!」作るために、ボードはFREE THE TONEの超軽量の平型ボードを使いました。
超強力のマジックテープを使い、ガッチリ固定しているため、使用しない時には、家具やクローゼットの隙間に立て掛けて収納できます。
実は今回、「収納面」まで考えて機材チョイスとそれに伴う組み方を施しています。
お客様が、お仕事から帰宅して、「ボードを取り出して、床に置き、音を出し、楽しみ、終わったら立て掛けて収納。」この流れを想像しながら作りました。


使用機材リスト:

Sonic research:CT-300mini(チューナー)

・FREE THE TONE:FPシリーズ(ボード)

・strymonOjai(パワーサプライ)


・HOTONE:Cybery(スイッチングシステム)

・SOURCE AUDIO:NEMESIS+EXCEL PRESET(ディレイ)

・SOURCE AUDIO:VENTRIS+EXCEL PRESET(リバーブ)

・EXTREME GUITAR FORCE:SD-9 SUPER(ディストーション)


・EXTREME GUITAR FORCE:CP101 SUPER(コンプレッサー)

・日の出光機製作所:パッチケーブル、システム用ラインケーブルTEプラグ

・その他:配線部材、ラベル、コンサルティング費用、作業工賃一式。

参考価格:191,800(税別)


メモ:

今回は内容をできるだけシンプルにするため、システムI/F BOXなどは配置しませんでした。

「OUTPUT用の日の出ラインケーブル」
そのため、アンプへ向かうケーブルは、スイッチングシステムから直接取るワケですが、「それ用」に、日の出さんでケーブルを作っていただきました。TEプラグと言って、元々はテレキャスの凹んだジャックにプラグイン(届く)できる形状を持っており、このプラグ形状がCyberyのOUTPUTの位置に相性がよく、抜き差しもし易い上に、背面のLEDもプラグで隠れることなく視認性を下げることはありません。

「チューナー」については、Cyberyのチューナー端子には接続していません。これについては既にオールアクセスさんのFacebookにも書きましたが、Cyberyは現実的にプリセットモードかダイレクトモードどちらか固定で使う方が使い易いため(今日時点でのソフトウェアでの話。)、チューナーはCyberyの初段に接続。これで「MUTEスイッチを兼」ねます。
Sonicのチューナーには、BFTSのプリセットも入れました。古いSuhrや、Tom、b3、懐かしのBaker…などに対応するべく、、
(お客様とこの話しをしていて「バジーフェイトンチュー…つーか、それ、やるか?」と言う話もでたのですが、、)
ま、せっかくですのでね、このチューナーで対応できますのでね、、と、BFTSの開放と12fオクターブ用のプリセットを入れました。

「パワーサプライ」Ojaiは高容量のため、このシステムボードの機材全ての電源供給を行うことができます。しかし、端子は足りないため、1つの端子から、純正の分岐ケーブルを使用し、2台のアナログペダル(コンプ、歪み)と、チューナーへ供給。分岐ケーブルの使用の際、strymonでは、ノイズのトラブルを防ぐために「(分岐ケーブルの輪の中は)アナログだけ」か「デジタルだけ」を推奨していますが、今回のシステムではチューナーはどの道トゥルーバイパスされますので、ノイズ云々は無関係。4分岐ケーブルのうち、1本が余りましたので、切る(切断)などの乱暴なことはせず…端子を「しっかり絶縁」した上で固定。

見た目を考えれば、Ojaiは横向きで置きたかったですが..配線の取り回しの都合上、縦向きに配置。

ちょっと分かりにくい「Cybery」のLEDによる表示は、ラベルを貼って対処。今どこのプリセットに居て、どのエフェクトが働いているかを、一目で分かりやすく工夫しました。

 

お買い上げありがとうございます!