VENTRIS + EXCEL PRESET の簡単な主要エディット(MIX)の方法

こんにちは。

(この記事は、VENTRIS通常販売品については該当いたしません。)

VENTRISに、

4つのオリジナルプリセットを入れて販売中の「VENTRIS + EXCEL PRESET」をお買い上げくださったお客様へ、

以下、「簡単に音を変えてみる方法」をお知らせします。

・付属の概要書をご覧いただき、本体には「4つのプリセット」が入っていることを解説しています。(しつこい様ですが、EXCEL PRESET入りをお買い求めくださった方に関して..)

preset ver.2.3以降のユーザー様には、

#2以外は全て「x2 DSP」で組んであります。

大抵は、VENTRIS本体の手前に、「コンプ」、「歪みペダル」などを繋いでおけば、そのままクリーントーンや、ディストーションとの組み合わせで気持ちよくお使いいただけると思います。

本体は「リバーブ機」ですが、うまくエディットすることで、ディレイ+リバーブも作ることができます。

それに、「2つのDSP」を活用した方がいいので、その様な音作りを行なっています。

 


↑「x2 DSP駆動中..」

(しかし、「ディレイ音」をより細かい(深い)エディットを行いたい場合には、ディレイユニットは「別途用意」することをお薦めしています。あくまでこれは、「これ1台でパッと使える空間系」がテーマです。)

さて、使ってみた際に、

「ディレイの音を少し下げたい」など、ちょっと変えたい場合には、

右側のミニスイッチで、DSPを「シングル(AまたはB)」へ切り替えてください。

写真ではECHOVERB「のみ」が選択されました。ここで、主要のツマミを回しお好みに合わせてみてください。この他に、ツマミ上で変更できる項目は簡易的にエディットができます。(作り込みにはエディタを推奨します。)

この際に、
・LEDが点滅を始めます。
・その後、保存したい場合にはSAVEすることもお忘れなく..。
但し、 SAVE=上書きされますので、どこかにコピー/保存したい場合にはやはり専用のエディタを使うことを推奨します。

(保存したくない場合は点滅のまま放置。自動上書きはされません。)

同様に、写真の場合にはミニスイッチを「B」にすることで、リバーブ側の簡易エディットもできますね。

「どのツマミがどの動きをするか?」については公式マニュアルをご参照ください。アルゴリズムによっては「トレモロ」も作れます..。

それでは、
色々、お試しください。

VENTRIS + EXCEL PRESET | テクニカルサービス

SOURCE AUDIOのリバーブユニット「VENTRIS(ヴェントリス)」

おかげさまで売れております。

ちょっと前(結構前だったかも..)発売時期からお客様のリクエストに応じて対応していた「サービスを」ネットショップ販売品にも投入します。


EXCEL PRESET for VENTRIS

今週末。私のスケジュールがちょっとだけ空いたので、エディタを使いながら音作りを進めること小一時間以上..で完了。

詳しくは商品ページをお読みいただきたいと思いますが、
そもそもVENTRISは「リバーブ」です。

でも、2つのDSP(これだけでも凄い)を搭載し、1つずつのDSPで、1つのエフェクトを動かすことで、工夫次第で色々できます。

・リバーブだけ。
・リバーブ+ディレイ
・トレモロ+リバーブ(またはディレイリバーブ)

..とか。

リバーブは単にディレイの寄せ集め版とも言えますので、エディット次第で色々できるワケです。

(私。この手の「工夫」は、、昔々..「H3000DSX」とか「いじっていた」時代に学びました。)

話は戻りまして、

エディタを駆使すれば自分でも音作りはできます。

でも、自分でやるの「めんど臭い」の方へ、
(実際めんど臭いと思います。現バージョンのエディタもたまに上手く動かなかったりする時もあります..。)

オリジナルプリセットをインストールした「EXCEL PRESET for VENTRIS」をお買い求めください。

EXCEL PRESETの「目的」は、

・適当な「歪み系ペダルエフェクター」(できれば、EXG製品がお薦め)を使い、

【オーバードライブ】→【VENTRIS】

これだけで、「ディレイ+リバーブ」を完結する「シンプルな空間系ユニット」として使える様にプリセットを構築しました。

・プリセットは「4種類をインストール」
本体のフットスイッチだけで切り替えOK。
(使っていただくと分かりますが、4種類以上にすると操作が大変になります。)

歪みペダルと併用し、クリーントーンと、+ディストーションで、「シンプルな空間系」をプラスします。

まー、この手の機器は、エディット次第で色々できますけど、「シマー」とか「リバース」とか、、実際そんなに使うか??とも思えますし、
ファクトリープリセットはどちらかと言うと「機能紹介」的な面もありますので、
「単純に使えりゃいい」ってところに持って行くには、ある程度エディットして作り込んだ方がいいワケでして..

お知らせ:EXCELプリセットは本日販売分より(6/30)ver.2.1になりました。
パラメーターをちょっと見直し、一部アルゴリズムの変更を行っています。


それから、

〜〜EXCEL PRESET版をお買い求めいただいたお客様へ。〜〜

「シングルDSPで、どんな音がするか色々試してみたい!」場合は、

プリセットを2番にして、切り替えをお楽しみください。


プリセット2番は「DSP A」のみが駆動しています。中央のクルクルを回して遊んでみてください。(SAVEさえしなければ上書きはされません。)

それでは、よろしければご注文ください。
→「VENTRIS」ネットショップ商品ページはこちらです。

もうちょっとお待ちを.. | VENTRIS

この2台だけでも、1つのシステムになるなー..。

(左)SOURCE AUDIO 「VENTRIS」

(右はおなじみの「SD-9 SUPER」)

VENTRISは、既に当店で販売を行ってますが、ネットショップには出してません(今は)..。

本体だけ買っても、いい音はしますし、ご自身でもエディットすることは可能ですが、
2つのDSPを使った面白い使い方など、ちょっとの工夫で驚きの使い方ってこともできます。
(ディレイ+リバーブとか..色々と..)

従来PCでエディットを頑張っておりましたが、最近スマホアプリにも対応したみたいですので、再度エディットして幾つかの音作りをあらためて行ってみようと思います。
準備出来次第、ネットショップへアップいたします。

もうちょっとお待ちください.. (^^;