「厳選の職人の魂でこだわってます!」・・いいえ、違います。
 
買う側のお客様目線からしたら、「厳選」だの「職人の魂」だのはどうでもいいことだと思います。そもそもこの手の価格帯のギターを買うのに「ハズレ=厳選じゃない方」があっちゃいけないんです。それに、お客様が買う商品に弊社が「固執する(こだわる)」ことって何だろうなって。つまり、ちゃんとした物を作る、それを販売するのは当たり前の話です。地元長野県は国産ギターの80%以上を製造する「ギター製造の地」だけあって、私は日常的にそう言った製造部門を材料の段階から目にしていますが、結論から言って、ある程度高価なギターであればそれ相応に良い材料が使われているのがごく普通ですし、厳選の真理は、その普通以上の材料の中から更に選りすぐりの木材を選んだことに意義があると考えます。
 
EXGで使われる木材はやがてギターと完成した後も、Neckはトラスロッドの調整がしっかり効くしなやかさと、年月が経ってもねじれなどのクセも付きにくいネック材を使い、Bodyはアルダー、バスウッドなどの材質による音の良さ「トーンウッド」を表す材料、アンプを通さずにも豊かな響きが出るバイブレーションは「ギターの生鳴り」からして違いが分かる物を普通に使用しています。

「見た目よし」
ボディ形状は「スーパーディンキーST(写真)」「Classic-TE」の2種類をご用意。
 
ボディカラーは、メタリック系、スパークルカラー、 トラディショナルなレギュラーカラーやシースルー系、Topメイプルを施したゴージャスなモデルまで幅広い「顔」をお選びいただけます。
「弾きやすく」

 
皆さんがギターを始めた頃、「Fのコード」をきちんと押さえることが出来ずにギターを挫折した方が周りにいたかもしれません。
EXGは「80%のユーザーに弾きやすさを実感いただく仕上がりが目標」。
 
弦高を低くできる作り。
一般的にEギターは弦高はサドルの調整で下げるだけなら直ぐ出来ますが、ハイポジションで詰まったり、ローポジションではむしろ弦高が高く感じたりして、結果的に弾きやすさが得られないこともあります。EXGは、弦とフレットの隙間、「弦下の状況を整える」ことに注視し、ネックは真っ直ぐな状態で、弦を張ったことと同じ力をネックに掛け、フレット上の高さを調節して行く(テンションすり合わせ)仕上げを入念に行い「弦高をきちんと下げられるネック作り」を行っています。
 
ローアクションセッティング。
数値上のセットアップは、1弦12f上で(EXTREMEは1fを抑えて)約1mmと言う「ローアクション」でセットアップします。この低さで、ローポジションから最終フレットまで詰まることはなく、最後まで音を鳴らし切ります。
 
ロールエッジ(丸エッジ)
フレットエッジ(フレットの両脇)を手作業で丹念に丸め、ポジション移動時に手の引っかかりを感じず、ネックを握るフォームで演奏する方にとっても痛さを感じない、手にやさしいフレット感触で成形。
 
Jescarステンレス・フレット標準仕様。
フィンガリングの滑らかさ、チョーキングもスムース、発音が早いです(オプションでニッケルシルバー・フレットも有ります)。
 
ストレスフリー・ネックジョイント(EXG独自デザイン)

この「丸さと角度」は、左手の手のひら、親指が気持ち良くフィット。邪魔なプレートは使わないブッシング固定方式。
 

ナット幅
EXGは握りやすいネックの形状が特徴。ローポジションは、ナット幅を「 41.2mmに設計」通常、一般的なギターは42mmのナット幅を標準としていますが、EXGは0.8mm縮めたことで、ローポジションの握りやすさを「コンパクトな握り」にすることに成功。ローポジションにおけるコードワークの向上、握り心地についても、手のひら全体で握るフォームも、親指をネック裏で挟むフォームも、素早く対応することができます。

 

一般的なスリムネック
 


「スリムシェープ」と呼ばれている形状はおおよそ、この様な形をしています。
左:1fの厚み、右:12fの厚み  


 
EXG「Soft-V-Slim」 
 


中央に向かって「角度」をつけたことで長時間の演奏時にも親指〜親指の付け根に掛けて負担が軽減。普段のトレーニング、ライブ時の左手の疲労に違いがでます。

「音も良い」

アクティブモデルの「HYPERはEMGピックアップ」搭載。
EXGのトーンウッド(生鳴り)を忠実に再生する低ノイズ&インピーダンスで定評のあるEMGを推奨。
 
パッシブモデルの「HYPER-StandardはオリジナルP.U」搭載。
ピュアなトーン、ヴィンティージフィールをお好みのプレーヤーにはカスタムP.Uを推奨。ギターのトータルサウンド、トーンコンセプトに合わせて数種類のEXG P.Uよりお選びいただけます。

ボディ裏は、DIY派のマニアの方々から、プロミュージシャンのギターテックまで、作業を円滑化することを前提にしています。
「裏ザグリ」「穴あきバックプレート」現在のEXGは、P.Gの有無に関係なく「裏ザグリ」を採用。内部はノイズの影響を受けにくいシールティング処置済み。軽量化の目的と、将来的にEMGを搭載する、EXGバッファー(EXG-FORCEFIELD)を搭載するなど、拡張性も考慮。9V電池の入るスペースも確保しています。バックプレートも外すことなくスプリングハンガーの調整が可能。