【ご注意】このホームページ(WEBページ)内の画像と、記載する全ての「記事、文章」を他のWEBページへ弊社の許可なく「転載」「転用」することを禁じます。


これ1台で「ローゲイン〜ハイゲイン」まで対応できる。

TAMURA-DRIVE
ブティックペダルの代表モデル「Jan Ray, Shiba Drive RE, Diablo+」これらに最大のリスペクト、同じステージで並ぶポテンシャルを持つモダン・オーバードライブペダルが「TAM-DRIVE」。MaxonでTS系開発設計を行ったエンジニア「田村進」氏監修の下、Maxon(OD9Pro+)をベースに自らがファインチューン。滑らかなレスポンスからブリティッシュサウンドに代表される粒の粗さと力強いオーバードライブを出すことは「TAM-DRIVE」をアンプクリーンINPUTに繋ぐだけ。

サウンドデザイン「ギターショップEXCEL」
制作技術部門「田村進」氏
技術制作はMaxon元開発者自ら全面的に行なっています。Maxon OD9Pro+を基に田村氏が選定した高品位パーツを使い1台ずつを手作業で制作、AP測定器で厳正な検査を行い合格した物をお客様にお届けします。

ハイレベルサウンドを誰が弾いても簡単に。
Marshall,HiWattに代表されるブリティッシュサウンド「粒の粗い歪み」を持ちつつ、弾き手を選ばないペダルのため、ラフに弾いてもクールなサウンドが簡単に出せます。
 
D,T,L「3つのツマミ」でシンプル操作。トーンシェープは「TONEツマミ1つ」で簡単セッティング。
 
Preブースト機能。ミニSWを上にするとオーバードライブ回路手前でブーストが作動。GAINレベルはアップし、コンプレッションとウェット感のある音質へ変化。
 
ワイドレンジ設計。9V→18Vを切り替えできるMaxonチャージポンプ機能搭載。DC9V(または電池)入力のまま18V駆動へ内部昇圧。ヘッドルームの向上、飛躍的にレスポンスがよくなり、ピッキングニュアンスを出しやすくし、EMGピックアップ等のローインピーダンス・ワイドレンジのアクティブギターにも対応。

Maxonと比べると「TAM-DRIVE」は音の輪郭がハッキリして歪みのニュアンスが随分違うね。
BoostをONにするとあまり音が潰れずにGainが上がるので、ピッキングのニュアンスも生かせると思う。逆にOFFにした時の甘さも使い分けが出来ていいと思う。

(ギタリスト 林 努武)

ラベル型名表記は「田村進」氏直筆。
LEDはブルーに換装。
 
「手作業」に関するお客様のご理解をお願いします。
細心の注意をはらってチューンナップ作業を行なっておりますが、分解や部品の交換、組み立てまで手作業で行う間に「作業痕や、すり傷が付いてしまう」場合がございます。
 
トゥルーバイパス仕様。
・サイズ:74(W)x124(D)x54(H) 約580g(電池含む)
・DC9V(センターマイナス)
・使用するパワーサプライがノイズの原因になる場合がございます。
・内部SWにて9V/18V切替可能。

・販売価格:32,500円(税別)

公式オンラインストア