strymon「Ojai」パワーサプライ

strymon(n)ojai

strymon「Ojai」パワーサプライ

(strymon(n)ojai)

信頼できるパワーサプライ。「Ojai(オーハイと読みます)」は、青い本体から5系統のDC9Vを出力、もう一つOjaiを買うと拡張も可能。エフェクター「5台程度のペダルボード」なら、まず選択肢として考えたいパワーサプライが「Ojai」です。

よくあるパワーサプライの定番キャッチコピーに「ノイズのある・なし」に始まり、
続いて、
・「グランドループする・しない」

・「アイソレートした・してない」
・「完全アイソレーテッド」
・「レギュレート」
など、何だか難しいですねー..でも、一般的にそう書いてあると何だか良い感じがするそうです。楽器店でも、これらのキャッチコピーを基に販売商品や接客のネタにしていると聞いたことがあります。

しかしながら、「じゃあそれで実際使えるかどうなのか?」が本質だと当店では考えます。近年増えつつある、デジタル機器、DSP系エフェクター。XTOMPや、strymonもそれらの分類に該当しますが、まず「デジタル、DSP系機器」に安定して供給できる容量を持ち(strymon,XTOMPは300mAは欲しい)アナログエフェクターと組み合わせた時に、「ちゃんと使える」かどうか、

これらをクリアーするパワーサプライが、「Ojai」です。「Ojai」なら、「デジタル、DSP系機器」+「アナログエフェクター(普通のディストーションペダルなど)」こんな当たり前の組み合わせにおいても、「Ojai」から供給される電源はクリーン…クリーンと言ってもイメージしにくいかと思いますが、

つまり、
電源を通じて余計なノイズ成分がエフェクターへ入って来ないため、「Ojai」からの供給は、電源アダプターやパワーサプライの違いに左右されない「良質な電源供給」であり、

・エフェクター本来のポテンシャルを引き出し、
・デジタル、DSP系機器を安定動作させ、
・アナログペダルとの併用時にも、高周波のノイズが乗ることなく、「普通」に使うことができます。

「ピ~ヒャラ~」ってなりません。

・出力は最大500mA(容量オーバー時にはLEDが消えます。)
当店でのテストで、「strymon x2, BOSS(デジタル)x1, アナログペダルx2」の計5台正常に動作いたしました。

・青い本体は小型軽量
・黒い電源アダプターも実物はそんなに大きく感じません。軽いです。

主な仕様
・完全独立 9VDC 5系統 500mA高電流出力
・5 x ペダルケーブル付属
・IEC AC電源ケーブル付属
・Ojai用(別売り)24V出力コネクターを装備
・サイズ:107mm(幅)×55mm(縦)×32mm(高)※突起部含む
・重量130g
・軽量、堅牢なアルマイト処理アルミシャーシを採用
・Made in USA

送料・中
在庫状態 : メーカー取り寄せ
¥20,900(税込)
数量