EXTREME GUITAR FORCE
「SD-9 SUPER」

チューンナップ・ディストーションペダル


きっかけは、意外にもFRACTAL(FRACTAL AUDIO SYSTEMS)をお買い上げくださった「お客様の声」からでした。

フュージョンギタリストがやっている様な "ペダルで歪ませた音" をFRACTALで上手くエディットできませんか?
モデリングそのまま使ってもちょっとイメージが違いまして..
 
ところで、先日見に行ったフュージョンバンドのライブでは、ギタリストの方が歪みは「SD-9」を使っていました。アレっていいんですか?」
 
  

..この声からひらめいた「新しいアイディア」から作り出したのが、新製品の「SD-9 SUPER」です。


「SD-9 SUPER」は、

 

弊社オリジナルブランド、
「EXTREME GUITAR FORCE」
エンジニアチームが、SD-9をチューニングした
「チューンナップ・バージョン」


チューンナップの素体「Maxon SD-9」は、

「Sonic Distortion(SD-9)」は、地元松本市のMaxon(日伸音波製作所)の製品。TS808と並ぶ世界的にロングセールスを記録するディストーションペダル。

 

実証された高いポテンシャル。

Scott Hendersonや、Michael Landauが使用することで世界中のプレーヤーに一気に広まったことはギターファン、機材好きな方々ならご存知かと思います。現在も新品製造と販売は継続されている定番ディストーションで、近年でも国内のフュージョンギタリストらが、「色あせないサウンド」として愛用されています。
 

そして、各社からモディファイ品も登場する。

SD-9は、市販モデルはもちろん、後にTone回路などを改造した「SD-9 モディファイ」と呼ばれる物が、国内外の各社エフェクターブランドから発売されました。SD-9はそれだけのポテンシャルを持っているディストーションペダルであることを実証しました。


 
「SUPER」=飛躍的向上!

 
シングルコイルでボリュームやニュアンスで音作りする「アンプっぽい使い方」と、

 

ハムバッカーで、本体単体だけで歪ませる「ペダルで歪ませるスムースなサウンド」

 

どちらにも、高音質で対応します。

 
フュージョン、スムースジャズ、AORが大好きな方々(それが当店のお客様)に喜んでいただけるディストーションペダルが「SD-9 SUPER」です。
 
田村進氏、自ら選定した約10点のパーツを使い、基板上のパターン変更や、TONEポットの改良を行うなどのチューンナップ!
 


 
音は「別物」

市販モデルのノーマルとは別物です。それから、各社モディファイ品として発売しているTone回路を変更した物とも違います。
 

モディファイ品と違うのか?

はい。我々は本質的には違うものと考えています。なぜなら「1台、1台、田村さんがチューンナップした物」であるからです。Maxon作った田村さんがMaxonをどうのこうのモディファイとか、なんとかModって言ったら..なんか、おかしいじゃないすか。
 
(田村進さんとは..Maxon TS808など数多くのエフェクターを開発設計し、先に発売となった弊社ディストーションペダルFID-1のデザインも行ったデザイナーです。今回のSD-9 SUPERも田村さんの手作業でチューンナップをしています。)


 

SD-9 SUPERは、サウンドクオリティそのものを飛躍的に向上! 

 
市販モデルや、各社モディファイ品と比べて、「ちょっと変わった」とか「あんまし変わんねー」ってレベルでもありません。

SD-9 SUPERで描く代表的なサウンドサンプルには、TOTO「Running Out Of Time」がよく似合います。
 
TONEコントロールの設定で、歪み方の変化が得られる上、
 
市販モデルの様な扱いにくさ(低域がカットされる)はなく、
 
他社モディファイ品などに比べても、可変範囲とカーブをなだらかにして、絞る〜開くセッティングをやり易く設計(チューンナップ)しています。

ミドルレンジ、音の押しを力強く向上。

「ボリューム量でギターサウンドの最もいい部分であるミドルを損なわない」本体単体での歪みとしてはもちろん、
 
Scott Henderson,M.Landauの様に、シングルコイルとボリューム量で作る音作りや、音量やピッキングニュアンスで作るアンプっぽい使い方にもSD-9 SUPERは対応します。
 

 

ローエンドを重厚に、全体的な音をゴージャスに。

「ONにした瞬間にLoが欠けてしまう様なことはなく、トーンは分厚く、5-6弦までしっかりと歪む。」このダイナミックレンジと、サウンドクオリティについてはノーマルのSD-9と比較すると最も違いが感じられる部分です。
 

 
豊富なGAIN量へ。

「ノーマルより15〜20%のGAINアップ」
 

TONEの効き方と機能を使いやすく。

フュージョンギタリストや、懐かしのAOR、更には最近のLukatherみたいな、「ちょっとコモったスムースなToneでありつつ、しっかり歪んでいる音作りができる」
Toneの可変幅やトーンカーブを追求し、使いやすいTone機能にしました。開いても低音がカットされることはありませんし、そこを改造した各社モディファイ品と比較しても効き方はかなり違います。」


デモムービーを撮り終えて
「ギタリスト林努武さん」のコメント。

 
普段はSD-9のヴィンテージ品を使ってますが、チューンナップされた「SUPER」の音の分厚さに驚きました。5弦、6弦までしっかり歪む。一番優れている点は、音の中の部分(ミドルレンジ)がしっかりしているから、ギターボリュームにしっかり付いて来る!ところですね。
TONEツマミも凄く使いやすいですね。
シングルコイルも、ハムバッカーも、どちらでも使えるし、ボクは「#3の動画」の使い方がお薦め。スコヘンやランドウが好きな方々はとても喜ぶ音だと思います。
(Guitarist 林 努武)


Audio Precision

「価値目的」以外のことはしない。

SD-9SUPERを製作(チューンナップ)するために、田村さん自らが選定した高品位パーツは、約10点。その他に、Tone回路はカーブや効き方をSD-9 SUPERのコンセプトに合致するものを使用、基板パターン上も一部変更するなど、既に存在するモディファイ品とはやっていること、「ゴール」が違います。
 
そう、
 
音に関係のないパーツまで色々替えると「やった感!」は高まりますけど、それが結局は売価に乗っかるのって、それって、買うお客さんは喜びますかね?...と我々は疑問に感じます。私達は「意図する音を出す目的」しかしません。LEDの色とかフットスイッチもICも..目的以外の部分は一切替えずに、我々の価値目的を達成しています。
 
チューンナップは田村さん自らが、手作業で行っています。
 

「耳とAP」のダブルチェック。

なお、「SD-9 SUPER」は、サウンドテストを耳での判断はもちろんのこと、写真の「AP(audio precision)」による測定検査も1台ずつ行っています。APによる測定により、レベルも周波数も、倍音の出方も全て、我々の製品の意図する部分と合致した合格点に達した物を「販売品」として検品しています。(単に音出たからOKではないです。)
 
これらの企画、チューンナップ、測定を経て製品化する「SD-9 SUPER」は内容的にはアフォーダブルな価格でお買い求めいただけます。


 
お買い求めは、 「販売店」または、「EXCELネットショップ」よりお願いします。

・トゥルーバイパス仕様。
 
・サイズ:74(W)x124(D)x54(H) 約580g(電池含む)
 
・消費電流6mA / DC9V(センターマイナス),電池使用可能。
 
・販売価格:30,000円(税別)
 
・発売中。
 
→ネットショップ・商品ページはこちら!


楽器店様へ。

「SD-9 SUPERの販売をご希望の楽器店様」は、弊社まで「お問い合わせください。」担当者よりご案内差し上げます。(実店舗のある楽器店様のみに限らせていただきます。)