「APEX PRO-WL」ギタリスト中川雅之さんよりレビューが届きました!

好評発売中の「新製品(限定版)」EXCELピック、

APEX PRO-WL

について早速、

スタジオ、セッション、フュージョングループ「Piecework」で活躍するギタリスト中川雅之さんがお使いくださいっています。

↓ 中川さんよりレビューが届きました!


通常のAPEX PROと比べると確かに僅かですが、

僕が弾いた感じだと、弦抜けがわずかに良く感じました。
これは、かなり繊細ですね。
とはいえ、大幅に弾き味が変わったわけではないので、
今までのユーザーもなんの違和感もなく使用できると思います。
元々弾きやすいピックをさらにチューンアップした感じに仕上がっているので、
数が残っている間は、まずこちらを選択されれば間違いないと思います。

ありがとうございます!

第一線で活躍するギタリストの方々が、ストック状態そのままでお使いになるほど、「実証のクオリティ」を持つEXCELピック。

限定版の「APEX PRO-WL」は、
ノーマルのAPEX PROに比べ、
・グリップ感と、
・しなり具合、
これらに工夫を凝らしています。

その違い高次元か?..それとも明確か..
ぜひお試しください!!

→EXCEL ピック「APEX PRO」紹介ページはこちら♪


お買い求め方法について。

・通販は「EXCELネットショップ」からご注文が可能ですが、

・「お近くの楽器店」「行きつけの楽器店で」リクエストしていただくと、もしかしたら、取り扱ってくださるかもしれません。店員さんに相談してみてください

システム制作事例 | テクニカルサービス

「システム制作事例集」より。

お客様ご依頼の「4Loop」+「x2 MIDI機器」のシステム!

手前味噌ながら..まー、よくこのボードサイズに凝縮できたなーと思える内容。
・コーディネートよし、
・音よし、
・見た目よし、
の充実の内容です。

基本的な「コントロール」は、HOTONEのCybery(4Loopスイッチングシステム)を使い、

「チューナー」は、Cyberyを、PCモード(プログラムチェンジモード)で使うため、本体のTUNER OUTは使わずに、チューニングはSonic research本体で、ギターの持ち替え時などにMUTE機能を兼ねています。チューナーには、通常のチューニングの他、BFTS用のプリセットも入れまして、チューナー本体のプリセット切り替えで両者に対応します。

「4LOOP」には、EXGエフェクトの4機種を接続。LOOPモードでは、右側に並んでいる4つのエフェクターをOn/Offさせます。

なお、4LOOPへ接続するEXGペダルは、
・CMP「CP101 SUPER」
・OD「MK-OD」
・DST「SD-9 SUPER」
・CHO「PAC9 SUPER」
これらを接続。

「2つのMIDI機器」は、空間系ユニット「NEMESIS(ディレイ)」「VENTRIS(リバーブ)」は、Cyberyの後段に位置して、これらは、MIDIを使ってのバイパス(MIDI-CC)と、PC(プログラムチェンジ)にて、上記4LOOPのペダルのON/OFFと連動して切り替わります。

「Cyberyは」本体でコントロール設定を行うのではなく、専用のアプリを使います。今回はiPhone用を使っていますが、Bluetoothで接続し、画面上では大きな表記で、4LoopのOn/Offのプリセット、更に、MIDIマップ、CCの設定をすごく簡単に行うことができます。一度覚えてしまえば、後はフィーリングでOK!ってレベル。
一昔前は、、マニュアルを片手に、ココを押して、ココを押して、このモードから、ココを押して切り替えて、、って、やってましたが、
今は指1本でプリセット。いい時代になったもんです…。

このシステムにおける「ギター信号」については、Cyberyのバッファーを通過させ、更に、SOURCE AUDIOの、DACを通過させることで、全体のノイズを更に軽減させています。
これについても、一昔前のデジタルエフェクターの「通過させるだけで音悪くなる」という感覚はないです。
むしろ、このシステムではこれら3台(Cybery,NEMESIS,VENTRIS)のバッファー、後段2台のAD/DAを通した方がメリットがあります。こう言った点についても、ちょっと前の観念から、現代発売されている機器と、切り分けて考えなければならなくなっています。

昔は、いちいちアナログMIXERに立ち上げて..ってやってましたが(但しPostエフェクトなど、LINEレベルの機器で)、今はそれをやらなくても音の「カラー」は変わらずに透明感をそのままに音作り、システムを構築することができる機材が増えてきました。

電源周り(1)
メイン電源は、「strymonのOjaiから供給」されます。Ojaiはよいです。全出力「1つずつ」が高容量機器に対応するため、このシステムでは、Cyberyへの供給と、2台のSOURCE AUDIOへの電源供給を行っています。安定供給、ノイズの影響もほとんどないので置き場所(設置場所)も関係ありません。熱もそんなに持たないため、トータルで考えても「今、一番安心できるパワーサプライ」です。今回の様な、アナログの歪みペダルと、デジタルDSP系ペダルの併用においても、「ヒャー」とか「ピャー」とか..おかしなノイズもでません。クレームなしのパワーサプライです。意外と気にしてない方が多いですが、システム構築においてパワーサプライのチョイス、コーディネートは重要です。

電源周り(2)
「4分岐のためのCAJ/HUB6」更に、EXGエフェクト用に、Ojai→CAJ/HUB 6で「1ポートからDC9Vを4分岐」させています。strymonのオプションケーブルでもできますが、ボード内のレイアウトと、隙間、あとは見た目がカッコよくなるため(笑)、今回搭載しました。(やっぱり主な理由は配線上の「取り回し」ですよね。)

念のため、Sonic researchへの電源供給はOjaiから行っています。どの道、ON時には音はでない(MUTE状態)で、トゥルーバイパスされるので上記HUB6から供給してもいいんですが、、ま、端子も余ってますので、気分的に(笑)そうしました。

2つの空間系エフェクト。
4LOOPのEXGペダル軍団の後段に(スイッチングシステムから)「NEMESIS」「VENTRIS」へ接続しています。
「Cyberyが、3つのMIDI個別送信(x3 MIDI CH)に対応しているため」、
これらは、冒頭の通り、LOOPに入れなくても、「VENTRISとNEMESIS」は、MIDI CCを使ってBypassできます。バイパス時も、バッファーを通過しますが、SOUCE AUDIOの「それ」がなかなかよいため、ノイズも軽減され(s/nの改善)、クリーントーンも透明感があって綺麗。
エフェクト音についても、ディレイ、リバーブ共に、プリセットをインストールし(EXCEL PRESET)、ディレイ+リバーブだったり、VENTRIS単体での「VENTRIS内蔵の2つのDSPを使ったディレイ+リバーブ」と、色々な空間系エフェクトをこの2台だけで豊富に作る、出せる様に構築いたしました。

ケーブルは、日の出光機製作所さんに(長さなど)カスタムで作っていただいたケーブル。しっかりとプラグインされ、折れや曲げにも強く、取り回しに限らず、使用中のトラブルもゼロ。

↓お客様からのご感想です。↓


「まずは、
よく、このボードに全部載りましたね!!..と。
凄いです!(笑)ピッタピタですね。

アンプは、オリジナルMK-Iに繋いでみました。アンプを単体で使っている時と変わらないくらいに、アンプクリーンでもノイズは気になりません。流石です。

ボードは綺麗にまとまってますし、見ているだけでも楽しいですね。
ペダルはペダルのよさがあります。このシステムでもペダルの組み合わせで相当いい音がでるようになりました。EXTREMEのペダルもこれでそれぞれが活かされるようになりましたし、今までみたいにいちいち繋ぎかえなくていいようになったので、とても便利になりました!

やっぱり、ちゃんと組んでいただいてよかったです。ありがとうございます。」


こちらこそありがとうございます!

当店で販売した機器を、売ってそのまま、で終わり..ではなく、
使い方の幅を広げ、
その後もフォローアップして行くこと、
それが、ギターショップEXCELの信念。

おかげさまで、今月で12周年を迎えましたが、やっていることも、やることも、変えずに、ブレずに、そして磨きをかけて年を重ねて行こうと思います。

EXCELピック「APEX PRO 限定版 WHITE LANNER」発売のお知らせ

好評のEXCELピックに、「WHITE LANNER」が登場します!

(日本語読みで「ホワイト・ランナー」)

発売中の..(と言っても現在品切れ中ですが)「青いロゴのAPEX PRO」に、

  • グリップ感
  • しなり具合

    この2つの「エッセンス」を加えました。

    もしかしたら、、違いが分からないかもしれませんが、
    使い慣れている方なら分かっていただけるかと思います。
    発売は「11/5」より


  • 販売店を募集中!「弊社担当までお問い合わせください」

続 GFI system

最新鋭エフェクター「GFI system」が今週発売になります。輸入元も正式にオールアクセスインターナショナルさんに決まり、これから国内販売とサポートが広く展開されてまいります。

メインは5機種のラインナップから始まりますが、

中でも、当店で注目しているのは、前回記事のディレイ&リバーブ一体化バージョン「通称:テンパス」と、CABエミュレーションの「キャブゼウス」の2機種に注目。


この2機種はどちらも、PCエディタが使えます。

やはり、「エディタ」による「エディット」が重要になってきます。

当店ネットショップでの発売時には、オリジナルプリセットを入れ、設定を使いやすくエディットした「テンパス・EXCELバージョン」を発売の予定です。
頑張ってエディットをするので、ちょっとお待ちください..。

GFI system | 「最新鋭エフェクター登場!!」

昨日から「新しいエフェクター」をテスト中!!

↑ 凄い写真だ!色んな意味で(笑)。

新しいエフェクター「GFI system」が登場します!
輸入代理店「オールアクセスインターナショナル」さんの協力のもと、当店にてサウンドテストを開始しております。

GFI systemは、ペダルサイズの最新鋭エフェクター。
・空間系エフェクト、
・歪み系ペダル、
・CABエミュレーションなど、ラインナップも多彩。

順番に試しているところですが、写真の「Specular Tempus」は、このサイズ=所謂Phase100サイズ横置き版(当店のお客様にはV-compと同じサイズと言った方が分かりやすかな..)
このサイズに、「ディレイ、リバーブ」を搭載!!
ありそうでなかった、あったら嬉しいエフェクターを実現。
もちろん、「音」がよくなきゃ、しょーがない。コレは音も凄い。

音にこだわる派の「みなさん」へ..。遡ること20年前とか..往年の、H3000やPCM,MPXと言ったデジタルエフェクターを彷彿とさせる「太さ」や「減衰音の丸さ」、ちょっと滲む様なディレイの残響音まで、「Specular Tempus」のアルゴリズムは”それら”を思い出すかの様な懐かしさと、驚きの音質を体感できます。

ちょっと宣伝ですが、
写真の「青いペダル」は近日発売予定の「EXG Ultra-Gain」です。
クッキリ鋭く歪むディストーション。「Specular Tempus」と組み合わせると、90年代のラックサウンドをペダルで蘇らせる世界観が広がります。(あくまでペダルで出す世界観と言う意味で..)

発売中の「DL Cable」を使うとさらに良いです。と言うか、安物のケーブル使う気がなくなります。ダイレクト音は当然よくなりますが、リバーブ・ディレイの広がりと残響音まで明瞭になります。

詳しくはまた後日解説いたします。

LABOGAケーブル「今週発売」のお知らせ。

えー。よいです。

「AXE-FXIII」も、「このケーブルも」

ポーランドのハイエンドケーブル「DAVID LABOGA」が今週発売になります。輸入元は正式にオールアクセスインターナショナルさんに決まり、これから国内販売の展開が始まります。

LABOGAケーブルについては、当店では夏頃から(春頃だったかも..)テストを始めていました。お客様にも試していただいたところ、
「え!こんなに変わるの!!」と、
..とてもよい反応をいただいています。このビックリの度合いはSOLID CABLE(ULTRA/Beta)、EVIDENCE以来かな。FRACTALでも変わるんですよね(当たり前か、).. strymonもそうですが、DSP系の機材に…
そして「ペダルエフェクター」と「従来のアンプ」のシステムにも、
驚きのケーブルです。

詳しくは発売時に色々書きます。
ネットショップで販売しますのでお楽しみにー。

お値段は、3m SSで、9,000円〜です。

「II」も元気です。

AXE-FX III のご注文を沢山いただいております。入荷順にセットアップして納品をいたします。
ご注文くださったお客様には「お待ちいただきましてありがとうございます。」

そして、、本日のトピックは「II」のはなし。

「AXE-FX II」もまだまだ行けます。新機種登場で陰に隠れると思いきや..音を出してみると、まだまだ普通に「堪能」できる音質。

現在「AXE-FX II」の「中古販売品」のセットアップ中..。近日、新ネットショップにUPいたします。お楽しみにー♪

AXE-FX III の足元 | テクニカルサービス

AXE-FX III が発売になり、足もとの「コントローラーまでの一式」でご依頼も承っております。

現在は、MIDIでの切り替えに対応するためのコントローラー、ペダルボードをデザインするため、付随する機器を合わせて製作中。


どうやったら「踏みやすいか」考え中..。

基本的にお客様は何も考えなくても大丈夫!
(きちんとご要望ご希望には応えてますよ。)
「うちで、うまいことやります(笑)。」


この様な「AXE-FXIII + コントローラーまでの一式コース」も、お気軽にご相談ください。
(本体ご注文前にお願いします。)

AXE-FX III「構築開始!」 | テクニカルサービス

AXE-FX III の入荷と販売が本格的に始まっております。

当店では早くもご予約をくださったお客様のために、「システム構築」のサービスを開始しております。 基本的には、オリジナルプリセット「EXCEL PRESET for AXE-FXIII」をベースに、

・「本体のみをお買い上げの方」にはプリセットインストールを、

・「本体+付随する機器」をコーディネートし「お客様ひとりひとり」に合わせたサービスを展開している「一式コース」

いずれのパターン、プランに「ご希望」と「ご要望」に合わせて対応中!!


「ご予約承っております。」
とりあえず..
目の前に本体がなければ何もできません。お客様も私もですが。

Topページにも書いている通り、「FX III」はホントに予約しないと買えません(「当店で」「しばらくの間」は、)

今日時点では、ご予約注文をいただければそんなにお待ちいただかなくともお買い求めいただけると思います…(今日時点の話)。

旧機種からのお乗り換え、はもちろん、新たに買おうかなーの方も、この手の機器は手にしてみて分かることが殆ど。
..スマホが出た時と一緒で、当時は「それ、いるか?」って言っていた方が多かったですが、今は「携帯=スマホ」が当たり前になっています。それと一緒だと思います。

とにかく、買って損はないどころか、、「いいことばっかり」なのが「FX III」です。従来ユーザーは、パッと音を出してその違いが分かる、初めての方もかなりの驚きがあるアンプシステム。
使う方がプロ、アマチュアも関係ないと思います。プロ、アマチュア関係なく、よい楽器、機材を使って欲しいと思います。「FX III」の鳴らし方も人それぞれ。ヘッドフォンでも、ライン機器で音を小さめで..家族に怒られない(笑)、そして、そこからの展開型の方は、アンプリターンや、パワー・アンプ、P.A機器へ送る(ライン)など、使う場面に合わせて自由に切り替えが効くのも、FRACTALの利点です。

ご予約はネットショップからお願いします。