システム制作事例集「ペダルボード編」 | テクニカルサービス

EXCELヘビーユーザーS様よりペダルボード製作一式のご依頼をいただきました。

内容が凄い。これぞEXG愛。
搭載全機種「EXTREME GUITAR FORCE(Maxonチューンナップ・プロジェクト)で統一」。
来月で14周年を迎えるGuitars Shop EXCELの節目に合ったいいタイミングのご依頼です。ありがとうございます。

コンプ、歪みペダルx3機種と言う特殊な内容。こちらのボード単体で使うのではなく、別のシステムとドッキングさせて使用する目的(その話は後日)。

事前にお客様とトータルサウンドの目的「ゴール」を打ち合わせした上で、機材チョイス。製作に入ります。

ボード(エフェクトボード)はCAJに特注。あらかじめ採寸し上でピッタリサイズを用意。今後の拡張のため右上はあえて拡張スペースを確保。

位置決めをして製作を進めます。機材を固定し、

続いて電源周りに手を入れてきます。パワーサプライは「strymon Ojai R30」を選択。電源選びの話をすると長くなりますが、仕様上○○ですとか○○ができますと称しても実際は..と言うものもある中、Ojaiは軽量、本体の発熱も少ないですし、音も良い。今最もよいパワーサプライです。これまでにも搭載実績がある中、トラブル、クレームもゼロ。良質な電源です。今回、EXG SD-9V2を18V仕様で駆動する目的にも適しているというワケです。

電源ケーブルも適した長さに加工し配線。この小さな作業が後々ノイズの少ないボードへと繋がっていきます(ハンダも分相応のものをつかってますしね..)。Ojaiの主電源はプラグ径が特殊なため加工せず取り回しで対処。

ふーっと。
コーヒー飲みながら一休みしていると・・

偶然、田村さん(元Maxonデザイナー)ご来訪。記念写真を撮りました。

田村進氏 「綺麗に組んであるねー!」

..と、この続きの製作風景はしっかり撮り忘れてしまいまして、、

一気に完成へ!!

今回からパッチケーブルはEvidence Audioを使用。ソルダーレスタイプですが、同軸ケーブルを木ネジのようにねじ込み式で固定するため「まず取れない」。透明感とミッドレンジを損なわないギターサウンドに適した良質ケーブルです。今後のシステム製作に採用してまいります(I,Sプラグ、ケーブル、単体での販売ができますので必要でしたらご用命ください)。

サウンドテスト。
うーむ、いい音だ。ST-808D&S SUPERと、SD9V2のブースターの役割を担います。ST-808は「GOLD」をチョイスしたことで深めにコンプレッションが加わり、トータルサウンドは艶やかになります。
クリーントーン時には、入力段のCP101 SUPER(CMP)が効果的。ダイナコンプのような効き方ではなく、入力信号の強弱と高い方に綺麗に掛かりトータルサウンドの輪郭を上品に仕上げます。カッティングには欠かせないでしょう。

参考価格
・機材、周辺機器、ボード、
・配線部材、工賃等一式、
合計参考価格 ¥197,000(税別)

ボードまでの製作一式のご依頼承っております。
お気軽にお問い合わせください。
全持ち込み機材のご依頼は基本的にお断りしております。