AMPERO「テスト開始!」

アンペロ。
親しみやすいネーミングである。

数年前..FRACTALの登場を機に..
(その前からもこの手の機種はありましたが、)FRACTALのULTRA/Stdが発売された頃を機に、「アンプモデリング機器」の過熱化、そして、今までギターアンプを使っていたと言うごく当たり前の「ギターを鳴らす方法とその機材」が大きく変化している時代です。
これぞ革新の時代と言えますし、この大きく変化していく時代を体験できる私は最新鋭機器を見る日々にワクワクしております。

さて、HOTONE AUDIOから登場する新機種「AMPERO」は、小型ペダルマルチタイプの「アンプシュミレーター、エフェクト、CABエミュレーション」を搭載したシステム(同社RAVOとは別物です)。

当店では(発売前に、)一足早くテストを開始!!
輸入元オールアクセスインターナショナルさん協力のもと試用しております。


「F社 某機種の60%の演算能力」を持つとされるAMPEROは、このサイズに、本格派アンプシュミレーター、CABエミュレーション、エフェクト群など、定番メニューを搭載。EDIT次第ではゴージャスな音を作れる高いポテンシャルを持っていることがテスト段階から把握できております。

現在はソフトウェアを大幅に更新中とのことで、発売時期にはテスト機以上の…いや、「正式発売日には相当大幅な向上と熟成を経て登場する」とのこと。これは楽しみですねー!

入力インピーダンスは3段階を装備。
基本的にはEギター、ベースなど、繋ぐ楽器への対応を想定していますが、パッシブ、EMGのギターなど、演奏情報を忠実に入力するべく、「ワイドな入力レンジ」に設計。EMGユーザーの多い当店のお客様にも喜んでいただけるポイント。

・ヘッドフォンでも使えますし、

・アンプ入力や、Lineレベル(+4dB)に対応。アンプリターンやパワーアンプでも使用可。

・ドラムキットも搭載(音もよいです)。


このサイズですから、「ご自宅でちょこっと弾く用(でもいい音で..)」には最適の機器。

「FX3あるからいらねー」..じゃなくて!(笑)、
AMPEROは間違いなく使い分けできる物です。

スマホみたいなタッチスクリーンで、操作も簡単。FRACTALをバリバリ使っている方ならマニュアルいらないかも..そのくらい「楽」です。


(2019.1.22追記)

・発売日は「2月上旬」に決定しました。

・価格は、
【1】「通常市販版が45,000円(税別)」

【2】+EXCEL PRESET版が「50,000円(税別)」

【2】EXCEL PRESET版は・・
他の機種でも行っているテクニカルサービスで、当店が作ったオリジナルプリセットをインストールして販売します!

クリーン、クランチ、リードなど、何パターンかの音色をエディットを駆使して制作し、ユーザー様は「買ってパッと繋いで直ぐに使える」状態でお手にしていただけます。
詳細については発売時期にお知らせしますが、当店のお客様が喜んでいただけるサウンドのアレコレを搭載する予定です。

代引きの荷物は受け取ってください。

ネットショップ(以下、当店)から「代金引き換えに関する」お知らせです。

当店では決済方法のひとつに、「代金引換」のサービスを行なっております。

※ 代引きで注文して、普通に現金と引き換えに荷物を受け取ってくださるお客様は読まなくて結構です。(それが前提で送っているんですが..)


代引き「受取拒否(配達未完)」について。

通常は、お客様(注文者)がお支払い方法に「代引きを指定」して注文実行をし、当店がそれを承諾し契約が成立いたしますが、

ごくたまに、配達に行っても受け取っていただけない方がいます。(配達未完)。

考えて欲しいのです。
佐川急便(または西濃運輸)のドライバーさんが、何度も、何度も、お宅へ荷物を届けに行き、不在時には持ち帰る。また翌日には配達に行く..
これにどれだけの労力がかかっているか。当然ながら「人件費」が生じている訳です。

通常、配送業者のお受け取り期限は出荷日から1週間が原則となり、配送業者側としても保管期限(原則1週間)があります。

  • 不在票を入れても連絡がない、
  • ご連絡が取れない、

    この場合には、相応の調査を経て(それでも調査しているんですよ!)、それでも連絡が取れない、受け取っていただけない荷物は、「受取拒否(未完)」扱いになり、当店へ荷物(商品)が着払いで返送されて来ます。これを当店が拒否することはできません。配送業者から当店へ「往復の送料、代引き手数料、事務手数料」の請求が発生します。

    当店は「送っただけで損害(赤字)」です。

もしかしたら、「なんとなく注文して、やっぱりいらないから受け取らなきゃいいや!」って、そんなお気持ちだったのかもしれませんが、ハッキリ言って「迷惑」なのでやめてください。


既にネットショップ上でも記載しております通り、

代引きで注文し、受け取りいただけない方には、

「【1】往復分の送料(実費=ネットショップの送料は実際の送料より安く設定しています)+【2】代引き手数料+【3】返品事務手数料、梱包手数料」を後日、注文者に請求いたします。

代引きの受け取り拒否履歴のある注文者より再注文がされた場合には、上記代金を合わせて請求いたします。現金で前払い、もしくは、取引自体をお断りする場合もございます。


請求に応じない、それでもご連絡が取れないなど、当店が悪質であると判断した場合。
法的措置を行います。

内容証明を送り、簡易裁判を行い、送料と諸経費をお支払いいただきます。

  • 内容証明発行に関する行政書士手数料=5000円前後、
  • 内容証明発行に関する手数料=800円前後、
  • 簡易裁判の手数料、弁護士依頼など掛かる経費=10万円以上、
  • これら全て「注文者」へ請求いたします。

以上よろしくお願いします。

EXG ペダル情報 | EXTREME GUITAR FORCE

EXCELプロデュース「チューンナップ版・Maxon」シリーズ。

地元企業Maxonのペダルを、進化向上の「サウンドコンセプト」へチューンナップ!エンジニア田村進氏による手作業でファインチューンを施し、オーディオアナライザの厳正な検査によって「合格したものだけ」を販売中。非常に厳しい検品を経て製品化しています。


「チューンナップ版Maxon by EXGペダル」のラインナップをおさらいしますと、

印の機種は現在「受注生産(納期は2週間)」モデルです。

以上のラインナップ。内容、デモ動画は各商品ページをご覧ください。


販売店情報。

「チューンナップ版Maxon by EXG」は、
島村楽器さんにてお買い求めいただけます。

島村楽器セブンパークアリオ柏店さんにて取り扱いがございます。
ギター、エフェクター担当の山口さんにお尋ねください。

その他の店舗に関しましてもお店にリクエストをしていただければ対応してくださるかも..しれません。

新モデル「HYPER Standard S-Line」 | EXTREME GUITAR FORCE

新年、ホームページのTopを飾ったカスタムギター、「EXTREME GUITAR FORCE」から、新モデルが登場します!


やっぱり、人形は顔が命..いやギターは顔が命

EXGの、
・弾きやすさと、
・音への探求は作る度に「進歩」を続け、
・長年愛用できる作りの良さ、
そして、
・「見た目も重要」であること、これらがEXGのコンセプト。

新たに登場する「S-Lineシリーズ」は、塗りつぶしカラーにライン(スクレープドバインディング=ナチュラル・セル抜き)を入れるアイディアをプラス。

ボディカラーはメタリックカラーを基本としますが、ただのメタリックカラーではなく、実車で使用するハイグレード塗料を使用。メタリックの粒子や発色は、一般的にギター塗装で使用する塗料とは異なる色鮮やかさと光沢感、とにかく高級感に違いがでます。

そして、「バインディングのラインがって..」なんか、ここまでだと「普通じゃん?」って感じなんですが、、S-Lineシリーズは、こう見えて「ソリッドボディ」

グレードの高い木材の中から、軽めの材料を厳選し(よい材選んで使うのってカスタムの冠があれば当然だと思うので、厳選って言葉はあまり使いたくないですが)使用。
元々EXGは全モデル「裏ザグリ」なので、その性質上、総重量は軽量化を目的としたチェンバード構造の物に近い、重量は軽めのギターが出来上がります。

「軽めのソリッドボディ」+「表面は高級メタリックカラー」+「外周スクレープドバインディング」+「裏側はソリッドブラック」
この様なルックスから、どう見ても「Top材貼ってあるんですか?」にしか見えない..それが狙い。
こう見えて実はソリッドボディ。オシャレなエッセンスを加えた新モデル、S-Lineシリーズ。

詳細は近日特設ページをアップします。


スーパーディンキーシェープに、2ハム+5way。
この構造は定番になりつつあります。最近では、これまでのSSHやHSHと言ったコンビネーションよりも人気です。
2つのハムバッカーの組み合わせを熟慮(切り替え時のトーンバランス)することは大前提ですが、5wayセレクターでオートTAPを組み合わせることで、クリーン〜ディストーションまで大抵のサウンドには2つのハムバッカーで対応ができますし、センターシングルがないことでスペースがある分「(感覚的な面で)ピッキングが入れやすい気がする」と言ったご意見もございます。

今回からそのコントロール系も「もうひとつのバリエーション」が加わります。

「その他の休業日」のお知らせ | 1月前半

1/12(土)は休業いたします。

日曜、祝日は定休日のため、12(土)〜14(月祝)の3日間は連休になります。

その他の休業日、営業時間の変更に関しましては、常にホームページ(Topページ)にてお知らせしております。お知らせは随時になります。

遠方よりお越しのお客様など、前もってご連絡をくだされば、詳しい営業日程についてご案内します。お手数をお掛けします。よろしくお願いします。


ネットショップに関しましてはネットショップ内の「カレンダー」「出荷可能日」をご確認ください。