EXTREME GUITAR FORCE「ST-808」『Platinum』または『GOLD』

EXG:ST-808:P/G
EXG:ST-808:P/G EXG:ST-808:P/G

EXTREME GUITAR FORCE「ST-808」『Platinum』または『GOLD』

(EXG:ST-808:P/G)

確かにいい音。

・歴史的名品から再生したトーンを初めて手にする方、

そして、

・「マレーシアチップ搭載!」とか、
・「4558艶あり!!」
..これらのキャッチコピーでおなじみの「ヴィンテージ品(OD-808,TS-808,TS-9)」をお探しの方は、それらに代わる物として。
いや、
もしかしたらこれでもう探さなくてよくなるかも..しれない..。

 

TS系と呼ばれるレプリカ、模倣する何々、高価なヴィンテージ品を探すこともなく、

ST-808を手にすることで、

最短距離で「オリジナル」に辿り着くことができます。

復刻再生への『チューンナップ』を施し!

2種類の「ST-808」を発売!!
  
【1】ST-808 『Platinum』
【2】ST-808 『GOLD』

「オリジナル Maxon OD-808 1980(愛称:GREEN)」のトーンを「堂々と再現!」

 


ST-808 by EXG
Maxon OD-808 1980「GREEN」復刻、再生プロジェクト。

現在は10万円、状態の良いものだと20万円前後で取引されている「ヴィンテージ品」として扱われるオリジナルの「OD-808」。

TSの祖師「田村進」氏が、

「こ、これは、1000個に1個あるかないかの個体かもしれない..」と、驚きの表情を見せたほど、特別な個体「GREEN(愛称)」を見事に復刻再生したのが「ST-808」である。


TSを使う本来の用途。「ゲインブースト」をする。

アンプを軽めに歪ませるクランチ〜ドライブにセッティングし、この「オリジナルMaxon」を踏んでみる。
 (アンプクリーンで使用することを「これぞTSらしさ」と称賛するプレーヤーも多い。) 
・トーンを「プッシュ」しながら音全体は「なめらかに」伸びていく。
・アタック時に「心地よいコンプレッション」が感じられる。

これは、数多くのペダル、アンプシステムを使ってきたエキスパートなら、この「オリジナルMaxon」から放たれるトーンの「差」が「とんでもなく大きく」感じられる筈。確かにいい音なのだ。

プレーヤーのみならず、エフェクターを作るエンジニア達も追い求める「オリジナルMaxon」トーン。

TSに倣ったブティックペダルであっても「出すことのできない世界観」がここにある。

マニア達が10万円、20万円しても「欲しい」付加価値はこの音を体験すれば理解できる..。

田村さんに敬意を表し。このオリジナルMaxonを作ったTSの祖師である「田村進」氏の協力(強力)のもと、『ST-808プロジェクト』を始動。

「松本から世界へ」

(田村進氏 国宝松本城にて撮影)

2モデルが堂々完成!!

・Platinum
・GOLD

TS系と呼ばれるレプリカ、模倣する何々、高価なヴィンテージ品を探すこともなく、最短距離で「オリジナル」に辿り着くことができます。


ところで..STって?「TS」じゃないの?

STは「Smooth,Shiny.. Tone」の意味か、
あるいは「S.Tamura」かもしれないし、
「TS」を捩ったのかもしれない..果たして。そのあたりはご想像にお任せしたい。


「GREEN」を復刻。

現在、新品で発売中の「Maxon OD-808」と、「(1980年製 OD-808)GREEN」の基本回路は「ほぼ共通」している。「音」を比べるとやはり「GREENとは別物」なのだが。しかし、幸いにして基本回路は1980年製を踏襲しているため、この現行品の「OD-808」をベースに「1980 OD-808復刻プロジェクト」を進行した。

田村進氏監修の下、

・AP測定器(Audio Precision オーディオアナライザ)を用いて、
・周波数特性、

・コンプレッション特性等を検証。
・「GREENの音」に最も近くなる「パーツ、素材」選びを実施。

更には、

測定器だけでは判明できない「弾いた時のフィーリング」への攻略。

我々「企画開発者」達と、マニアの域を超える「ヘビーユーザー」や、「プロミュージシャン」達のリサーチを、時に「ブラインドテストを交え」実施した。


【1】「ST-808 Platinum(プラチナ)」

エクセレントモデル。「Smooth Tone」

「1980 GREEN」のトーンバランスと並ぶポテンシャルを秘めているのが、こちらの「ST-808 Platinum(プラチナ)」だ。

軽快なコンプレッション感、まろやかに伸びるトーン。
ピッキングを入れた瞬間に始まる心地よいアタック感と、ピッキング動作後のキレのよさ、これらは一度体感すると欠かせないペダルになるだろう。

この「Platinum」は(下記「GOLD」に比較して)ピッキングニュアンスが出しやすい。

これらトーン特性とPlatinumが持つGREENの再現性は、「(GREENと比較する)複数人によるブラインドテストレベルでも合致」に達した。

愛用のアンプをクランチ~ドライブにセッティング。そこに「PlatinumをON」すると「芳醇でリッチなトーン」(Smooth Tone)が目の前に表れる。


【2】「ST-808 GOLD(ゴールド)」

リッチモデル。「Shiny Tone」


「ST-808 GOLD」は、「1980 GREEN」の低域の出方、特に「巻き弦の音の出方」が「(GREENと比較する)複数人同席によるブラインドテストレベルでも合致」した。

 
 GOLDの秘話..。
実は「下記GOLDの特徴について」は、開発時にAP測定器では判別できない「弾き手のニュアンスやフィーリング」の評価で完成したのが「GOLD」なのである。
 
GOLDの特徴。
「GOLD」は音を軽くプッシュするため、弾き手のニュアンスをアシストする効果がある。
よって、(Platinumに比べ)演奏は楽に感じるだろう。GAINレベルと強めのピッキングから発生するディープなコンプレッション感は、一度体感すると欠かせなくなるペダルになるだろう。

Platinum同様、お薦めはクランチ~ドライブにセットしたアンプに「GOLD」をONにする。音の「艶」(Shiny Tone)を目の前に体感して欲しい。

 


デモ動画

 



参考ページへのリンク:

ギタリスト中川雅之さんのコメント。

ST-808製品ページ。

 


 

「手作業」に関するお客様のご理解をお願いします。

細心の注意をはらってチューンナップ作業を行なっておりますが、分解や部品の交換、組み立てまで手作業で行う間に「作業痕や、すり傷が付いてしまう」場合がございます。

・マニュアル付属。
・お買い上げ日より「1年間」の製品保証書付属。保証規定はこちら。

 



「ご注文方法」
通常販売品が「品切れ」になった場合は、予約注文をご利用ください。

「ご予約注文」について。
おおよその納期は記載の日程になります。正確な日程についてはご注文者様へ直接ご報告します。

「お支払い」は納期が確定次第、
・「銀行振込」入金方法のお知らせをします。

・「代引き」出荷の日程をお知らせします。出荷日より1週間以内に必ずお受け取り(代引きでお支払い)ください。

・「カード」商品の出荷日に決済確定を実行します。商品お届け前にお客様にご請求が行くことはございませんのでご安心ください。


キャンセルについて。

大幅な納期の遅れなど止むを得ない事情以外のキャンセルはご遠慮ください。
これまでにキャンセル依頼が他のお客様に比べて多い方や、明らかな迷惑行為をする方は「売買契約自体をお断り」することがございますのでご了承ください。

 

ご注文に関するご質問、お問い合わせは「ご注文の前に」お願いします。

 

送料(中)商品

Platinum「プラチナ」4/26出荷分
在庫状態 : ◯
¥32,400(税込)
数量
GOLD「ゴールド」
在庫状態 : ◯
¥32,400(税込)
数量