SD9S2020について|販売店紹介。

現在、品切れ入荷待ちとなっております「SD-9 SUPER 2020」について、

次回発売分を現在製作中です。

ニュース 販売パートナーのイシバシ楽器さんのほうが早く手に入るかと思いますので、ご入用のお客様は、イシバシ楽器(担当:上田さん)へお問い合わせをお願いします。

問い合わせ方法は、イシバシ楽器さんホームページからお願いします。

BCTS|よくある質問。

Black Cloud Guitar productsのオリジナルパーツ「BCTS(Black Cloud Tremolo Springs)」に関する『よくある質問』。

Q1:「普段3本しか掛かってないところを、
5本も掛けたらギター壊れないのか?」

A1:はい。5本掛けについては、大抵のアーム付きのギターでは現状でスプリング3本(2本のもある)かと思います。BCTSの5本と、既存の3本との総合的な張力自体は大きくは変わりないはずです。これは交換してみると分かることですが、BCTSを5本掛けても、ブリッジが相当斜めになることはほとんどの場合なく、これまでの経験上、スプリングハンガー・ネジ調整はわずかな微調整で済むことが大半です。

交換自体はご自身でも行うことはできますが、自信がない場合はお近くのリペアーショップなどにご依頼ください。

そして、BCTSの効果を得るために、の、「5本」と言う意図があります。アームアクションのしなやかさや、どっしりとした響きにするために5本かける必要があります。
それと、あくまで想像の域ですが、0942の場合ハンガーネジに余裕がなくなることが想像できますが、弊社で0942のギターへ交換の際に5本掛けで実施できております。09のプレーヤーの方もおおむね5本で取り付けは可能かと思われます。

Q2:「R社と何が違うのか?」

A2:うーん。それについては「好み」です。有名なR社x5本掛けスプリングと、BCTSは音も、アーム感触も異なるものです。チューニングパーツとしてのコストも安価で、なおかつ本体側も無改造で交換できるパーツですから、一度比較して使い分けてみてはいかがでしょうか。

弊社ではEXTREME GUITAR FORCEにBCTSを『標準』装備としていますし、Black Cloud社/Black Smokerも(一部機種において)標準装備になっています。高品質が実証されていなければ標準装備化にも至っていません。それだけ良いモノです。

Gotoh 1996T +BCTS x5本掛け。

Q3:「フロイド・ローズにも有効?」

A3:はい。オリジナルFloydも、Schaller Floydも、Gotoh Floyd(1996)も、同じく効果がでます。シンクロと同じく5本で使ってください。上記写真は0942の1996T(Gotoh Floyd)です。