DAVID LABOGA から新ケーブル「SELECTIVE PRO」が発売されます。

ハイエンドケーブル「LABOGA(ラボガ)」から、新しいシリーズ、

「SELECTIVE PRO」
(略して「プロ・ケーブル」)が登場します!!

(輸入元オールアクセスインターナショナルさん協力のもと、いち早くテストを開始!)

「PRO」は、レコーディングケーブルとして登場した上位モデル。
従来のPerfectionと同様にアンプ、DSP機器どちらに使っても効果のある凄いケーブル。

現在発売中の「Perfection」に比べると、音は高域〜低域まで実にフラットで素直。特にローエンドはスッキリと出る。
一番の特徴は「ピッキングニュアンス」が出しやすくなる点。

ケーブルでの伝送感。これは感覚的な物もありますが、弦に触れ、ピッキングする動作やピックの当て方まで、しっかりとギターから機材へ伝えている感触、これらが最も高く感じられるケーブルです。
ギターはもちろん、ベースに使っても「指」のニュアンスがしっかりと出ます。

使う機材は問いません。
・真空管アンプから、
・デジタル/DSP系機器はstrymonからFRACTALまでそれらはAMP、エフェクトブロックの音の出方やニュアンスまで飛躍的に向上します。


レコーディング機器にも違いがでます(本来はこの目的のケーブル)。
ギターの存在感がアップ。このギターの存在感アップについては、こう言ったレコーディング機器以外にも普通の真空管アンプに使っても感じ取れます。

線材も柔らかめ。ブラックメッシュで絡みにくい(音の違いもあります)。PROケーブルは方向性はありません。


近日発売を開始します。先行して「予約受付を開始!」

予価(税別)
・3mSS 11,000円
・6mSS 14,500円

S-Lもあります(方向なし)。ご相談ください。

店頭で試聴できます。

限定版EXCELピック「APEX PRO-WL」残り少なくなりました。| お知らせ。

「指先で弾く感覚になれる。」

「指先との一体感が最も感じられるピック。」

「細かいニュアンスがギターに伝わる理想的なピック。」

愛用する方々から、

「このピックじゃないと弾けなくなった!!」

と言うありがたいご意見も頂戴するロングセラー「EXCELピック」

似たような形はあるかもしれませんが、EXCELピックは完全な「オリジナル形状」

プロミュージシャンの協力とリサーチを経て、始めは「手書きのラフ画」からは
じまり、先端をどうする、全体のカーブは、厚みは、素材は・・と繰り返し設計を行ったピック。よそにOEM製造もしていませんし、他社製で同じものは存在しません。類似品にご注意です..が、最終的にはお客様の好みにあったピックをお選びいただければと思います。

限定版の「APEX PRO-WL」は、滑り止め効果のあるグリップ感、しなり感も少しだけ固め。
通常版(青ロゴ)と比べてどっちがいい?でもありません。

しかし、
違いは明らかにでますので、
EXCELピック愛用者さまには是非試して欲しいピックです。

残り少なくなりました。
あんなに大量にあったのに。あっと言う間です・・ありがとうございます!
残り少なくなりますのでご入用のお客様はお早めのご注文をお薦めいたします。


販売店情報。
島村楽器 アリオ柏店(千葉県)さんにてお買い求めいただけます。
ギター担当の山口さんをお訪ねください。

EXG-WEB「カタログページ」「ギャラリー(7-2)」更新 | EXTREME GUITAR FORCE

アンプモデラー。AXE-FXIIIに始まり、新たにAMPEROも登場することで、これまでのE.ギターはギターアンプで鳴らすから→「パーソナルPA」で鳴らす。しかもデスクトップで..と言う時代へと確実に変遷しています。それだけ、アンプモデラーは新機種が出るたびに進化していますし、音は「本物のアンプ、エフェクター、ギター用SPで鳴らしている音」これらに限りなく近づいています。

住環境の変化もあると思いますが、家で大きな音で鳴らすことができない、大音量で鳴らさない(求めてない)方も増えている現状を楽器店としても受け止めなければならない時代になりました。
そりゃもう..50Wとか100Wのヘッドと4発のキャビでドカーン!と鳴らして気持ちイイ!ってのは分かります。それも知っている上で、現実的な「お客さんが欲しいモノ」を扱っていく、それらをどう使うかについての勉強も必要だと考えています。

同時に、ギターのスタイルも変化しています。

そこで考案したのが、弊社オリジナルカスタムEXTREME GUITAR FORCE「S-Lineシリーズ」

現代主流のアンプモデラーの使い勝手にうまく寄り添う設計。アンプモデラーの流行で機材もギターもコンパクトなスタイルになっているために最近ヘッドレスギターが増えて来た流れもある様ですが、EXGではEギター、これは「コンポーネントや、カスタムギター」と称されるトラディショナルデザインは踏襲。ボディデザインは普通のディンキーストラトの外周を少しシャープにした「スーパー・ディンキー」スタイル。
ネックグリップやジョイントにもヒミツがありますが、ここでは割愛します。(構造についてはEXG-WEBに解説中。
新たに考案した「S-Line」モデルは、ソリッドボディの外周にスクレープドバインディング(ナチュラルセル抜き)を施したラグジュアリーモデル。Top材を貼った様な見た目にしたことで高級感がアップ。

EXGは元々、軽めの材をセレクトし、裏ザグリも広めに設計しているために全体の重量はチャンバードボディ並みに軽い。これらの相乗効果で「使い勝手の面」「取り回しの良さ」が特徴のひとつ。

トーン。アンプモデラーに接続し、豊富なアンプコレクションから「色んな音作り」ができる様に、EXGでは最近「2H」のレイアウトが主流。5wayセレクターで5バリエーションにオートTAPをしながら切り替わるために、クリーントーンからディストーションまで..それに加えて「Toneを引っ張るとリアピックアップがパラレル化」します。この合計「6パターン」のトーンバリエーションを使うことで、LP、ストラト、TEなど、大抵のEギターの使い方はこれ1本で対応できます。

パッと持って弾きやすいと感じられるクオリティと、ちゃんと調整の効くネック。

今までアレやコレを使って来た「マニア」の方々にも、仕事道具としてお使いになる「プロフェッショナル」にも選んでいただいているのがEXGです。

→「カタログページ」更新しました。

→「EXGギャラリー(7-2)」更新しました。

新モデル「HYPER Standard S-Line」 | EXTREME GUITAR FORCE

新年、ホームページのTopを飾ったカスタムギター、「EXTREME GUITAR FORCE」から、新モデルが登場します!


やっぱり、人形は顔が命..いやギターは顔が命

EXGの、
・弾きやすさと、
・音への探求は作る度に「進歩」を続け、
・長年愛用できる作りの良さ、
そして、
・「見た目も重要」であること、これらがEXGのコンセプト。

新たに登場する「S-Lineシリーズ」は、塗りつぶしカラーにライン(スクレープドバインディング=ナチュラル・セル抜き)を入れるアイディアをプラス。

ボディカラーはメタリックカラーを基本としますが、ただのメタリックカラーではなく、実車で使用するハイグレード塗料を使用。メタリックの粒子や発色は、一般的にギター塗装で使用する塗料とは異なる色鮮やかさと光沢感、とにかく高級感に違いがでます。

そして、「バインディングのラインがって..」なんか、ここまでだと「普通じゃん?」って感じなんですが、、S-Lineシリーズは、こう見えて「ソリッドボディ」

グレードの高い木材の中から、軽めの材料を厳選し(よい材選んで使うのってカスタムの冠があれば当然だと思うので、厳選って言葉はあまり使いたくないですが)使用。
元々EXGは全モデル「裏ザグリ」なので、その性質上、総重量は軽量化を目的としたチェンバード構造の物に近い、重量は軽めのギターが出来上がります。

「軽めのソリッドボディ」+「表面は高級メタリックカラー」+「外周スクレープドバインディング」+「裏側はソリッドブラック」
この様なルックスから、どう見ても「Top材貼ってあるんですか?」にしか見えない..それが狙い。
こう見えて実はソリッドボディ。オシャレなエッセンスを加えた新モデル、S-Lineシリーズ。

詳細は近日特設ページをアップします。


スーパーディンキーシェープに、2ハム+5way。
この構造は定番になりつつあります。最近では、これまでのSSHやHSHと言ったコンビネーションよりも人気です。
2つのハムバッカーの組み合わせを熟慮(切り替え時のトーンバランス)することは大前提ですが、5wayセレクターでオートTAPを組み合わせることで、クリーン〜ディストーションまで大抵のサウンドには2つのハムバッカーで対応ができますし、センターシングルがないことでスペースがある分「(感覚的な面で)ピッキングが入れやすい気がする」と言ったご意見もございます。

今回からそのコントロール系も「もうひとつのバリエーション」が加わります。

カスタムギターは10年弾いて..

うちは「システム」だけでなく..

「ギターショップ」の名の通り、ギターも色んなことを「ちゃんと」やっており、

お買い上げくださったギターは何年経ってもしっかりと見ます。

お客様のギターをメンテ中。こちらのギター も「もう10年くらい経ったんですねー」と。

昔、「ギターは10年弾いてナンボ」と言っていた楽器業界の諸先輩を思い出しますが..
10年弾き込んだ響き..この違いはどこから?..と思いますね。大事に使っているギターは自ずとよい音がします。

さて、フレット周りの整備をし、電気系は清掃のみで完了。

せっかくなので、ノブを換えましょうようよ!と、


↑「Glendaleノブへ交換!」↑

このノブ。既にご存知かとは思いますが、軽くて、回しやすくなる(側面のゴツゴツ感がよい..)
それだけじゃなくて、「音がよくなる」信じられないかもしれませんが、

本当に、
音..変わります。生鳴りでその違いが分かるほど..アンプならもっと分かります。
プラシーボ効果ではなく(笑)。

実際に、似たような他社製のアルミノブと比較しても違いがあります。
流石、Glendaleです。

さて。ギターもフレッシュになり、トーンも向上し、お客様へ返却。


その、

Glendaleノブは在庫少なくなって来ました。

ご入用のお客様はお早めに..。

商品ページから「ノブを装着した動画」が見られますよ!→こちら!

オリジナル・バージョンの黒、ゴールドもあります。)