APEX PRO-SH『柴崎浩シグネーチャー』 | EXCELピックの秘密。

弊社フルオリジナル・ピック「EXCEL APEX PRO」

『APEX PRO-SH』は..

ギタリスト「柴崎浩」さんのシグネーチャーです。


| スタンダード「APEX PRO」と何が違うの?

と、よく聞かれます。

基本的には「APEX PRO(スタンダード)と」一緒なんですが、
ロゴが両面プリント(柴崎さんのサイン/EXCELロゴ)されていますので、滑り止め効果は確実にアップしています。これは結構大きな違いで、EXCELピックはとても小さな形状のため、慣れれば軽くつまむだけでOKですが、「ホールド感」はAPEX PRO-SHが有利「つまんでる感」が違います。比べてみてください。

それと、もうひとつ..
しいて言えばの話ではありますが、

スタンダード版と区別している訳ではありませんが・・

柴崎さんの名前を背負っているだけに、私(店主)もいい加減な仕事はできません。

APEX PRO-SHのピックは、材料加工した「成形後」に、
なんと!私が一枚一枚、おおよそではありますが、製品チェックをしています。

  • 全体に歪みがないか、
  • 表面の研磨状態、
  • 側面の仕上がり、

主にこれらを検査して、NG品は廃棄せず..店頭で使います(割合的にそんなにありません)。

検査完了品を、「印刷所へ手配」し、ようやく柴崎さんのサインがプリントされます。

プリントが完了したものは再度、印刷ミスがないか1枚ずつチェック..。

そこから、お客様への販売品はパッケージを行います。

柴崎さんもこの同じ製品の中から使用しています。つまり、ユーザー様は柴崎さんと全く同じ物を使用することができます。

使って実感してみてください!

ギタリスト中川雅之さんご来店!

Piecework, スタジオ、セッションで活躍中のギタリスト「中川雅之」さんがご来店!

ご愛用のギター(写真)EXTREME GUITAR FORCE「HYPER Standard」(EXGギャラリー2-1に掲載中!)をお持ち込みになり、

Newペダル「EXG ST-808」『Platinum』,『GOLD』の2機種をチェック!!

ST-808とは、
1980年製のマレーシアチップ搭載のオリジナルMaxon/OD-808の中でも..
「1000個に1個あるかないかの当たり中の当たりの個体(通称:GREEN)」のトーンを復刻、再生するプロジェクト。

中川さんに「ST-808 P,G」試奏中に「以下のコメント」をいただきました。ありがとうございます!!



80年製のMaxon OD-808の再現という難しい課題に取り組まれたという事ですが、結論から言うと、オリジナルモデルをギリギリ紙一重の所までは、再現されていたと言って良いと感じました。
満足度は95点以上とお考え頂いて大丈夫です。



おそらくブラインドテストではほぼ区別はできないでしょう。演奏してみて初めてわかるほどの繊細さでした。
ただその繊細な違いを求められている方が、そこに価値を見出されているのも事実です。「良いエフェクターが出来ました」だけでは納得されない不利な状況を自ら作られて、勝負された結果が詰まっていると感じました。

次に両モデルの違いは、個人が求める演奏フィーリングにも違いがあるので、あと2~3点をどちらのモデルで上積みしていくかの感じた部分です。

2つは、音はほぼ同じと考えて良いと思いますが、
(2種類の)大きな違いはピッキングニュアンスに対する反応でした。

ただピッキングニュアンスももちろん音色には反映されるので、単純なものではないという事で2モデルの選択肢ができたのは意味がある事だと思います。

「Platinum」は、
あくまで自然にピッキングに応えるニュアンスは、弾いていて楽しくなるモデルでした。

個人の感想では、オリジナルモデルに近い反応をするのがこちらだと感じました。
発売はこちらだけでも良いのではないかと思えるほどの再現性と演奏性でした。

対して「Gold」は、
そのナチュラルさを残しつつコンプ感が増しているという、相反する存在が見事に共存しているのですが、嫌味のないコンプ感を求められている方は、実は多いのではないでしょうか。

単純に太い音が出しやすいモデルになっていると思います。
同じ音色だけど、あとちょっとのプッシュ感が足されている感じでした。

大人な答えで申し訳ありませんが、どちらか一台となると甲乙つけがたい印象を受けたと言わざるを得ませんでした。

オリジナルモデルは、試奏時でも既にボロボロで、いつ壊れてもおかしくない状態にありました。もちろんそれを手元に所有していたとしても、修理して使う事はエフェクターを殺してしまう事を意味します。それでは、ライヴなどでは信頼性という観点から使えるレベルのものではなく、単なるコレクター商品です。
しかし、
むざむざ見殺しにしてしまうにはあまりにも勿体ないその輝きを、次へ繋げるチャンスが再び巡って来たという事は、大変ありがたい事なのだなと感じる事ができました。


いただいたコメントは以上です。中川さん、ありがとうございます!

ST-808 by EXG「Platinum」「GOLD」
・発売中!!

https://www.excel-web.jp/extreme_guitar/ST_808.html

EXG Custom Guitars『gallery 7-3』公開。 | 島村楽器様 納入品 EXG HYPER

カスタムギターの「硬派」EXTREME GUITAR FORCE

制作事例集(一部)を公開している「→ギャラリーページ 7-3」に、HYPER/Blue Sparkle Metallicを掲載。

こちらのギターは、島村楽器株式会社様 納入品。人気のカラーとスペックをベースに、島村楽器さんのご要望をプラスしたコラボレーション品。

島村楽器さんへEXGについてのお問い合わせ、ご相談は、→島村楽器 柏店ギター、エフェクター担当の「山口さん」をお尋ねください。EXGに関してとても知識豊富で頼れるアドバイザーです。

→EXGを紹介くださっている「島村楽器さんBLOGページ」はこちら!!


    EXTREME GUITAR FORCE (EXG)は、
  • 【1】弾きやすさ、
  • 【2】ルックス、
  • 【3】耐久性。

【1】=楽に弾ける。【2】=楽しく弾ける。【3】=長く使える。

クオリティを維持したいので沢山作れませんが、年月を重ね、全国にユーザーさんが増えております。

→『EXTREME GUITAR FORCE-WEB』はこちら!

DAVID LABOGA から新ケーブル「SELECTIVE PRO」が発売されます。

ハイエンドケーブル「LABOGA(ラボガ)」から、新しいシリーズ、

「SELECTIVE PRO」
(略して「プロ・ケーブル」)が登場します!!

(輸入元オールアクセスインターナショナルさん協力のもと、いち早くテストを開始!)

「PRO」は、レコーディングケーブルとして登場した上位モデル。
従来のPerfectionと同様にアンプ、DSP機器どちらに使っても効果のある凄いケーブル。

現在発売中の「Perfection」に比べると、音は高域〜低域まで実にフラットで素直。特にローエンドはスッキリと出る。
一番の特徴は「ピッキングニュアンス」が出しやすくなる点。

ケーブルでの伝送感。これは感覚的な物もありますが、弦に触れ、ピッキングする動作やピックの当て方まで、しっかりとギターから機材へ伝えている感触、これらが最も高く感じられるケーブルです。
ギターはもちろん、ベースに使っても「指」のニュアンスがしっかりと出ます。

使う機材は問いません。
・真空管アンプから、
・デジタル/DSP系機器はstrymonからFRACTALまでそれらはAMP、エフェクトブロックの音の出方やニュアンスまで飛躍的に向上します。


レコーディング機器にも違いがでます(本来はこの目的のケーブル)。
ギターの存在感がアップ。このギターの存在感アップについては、こう言ったレコーディング機器以外にも普通の真空管アンプに使っても感じ取れます。

線材も柔らかめ。ブラックメッシュで絡みにくい(音の違いもあります)。PROケーブルは方向性はありません。


近日発売を開始します。先行して「予約受付を開始!」

予価(税別)
・3mSS 11,000円
・6mSS 14,500円

S-Lもあります(方向なし)。ご相談ください。

店頭で試聴できます。

限定版EXCELピック「APEX PRO-WL」残り少なくなりました。| お知らせ。

「指先で弾く感覚になれる。」

「指先との一体感が最も感じられるピック。」

「細かいニュアンスがギターに伝わる理想的なピック。」

愛用する方々から、

「このピックじゃないと弾けなくなった!!」

と言うありがたいご意見も頂戴するロングセラー「EXCELピック」

似たような形はあるかもしれませんが、EXCELピックは完全な「オリジナル形状」

プロミュージシャンの協力とリサーチを経て、始めは「手書きのラフ画」からは
じまり、先端をどうする、全体のカーブは、厚みは、素材は・・と繰り返し設計を行ったピック。よそにOEM製造もしていませんし、他社製で同じものは存在しません。類似品にご注意です..が、最終的にはお客様の好みにあったピックをお選びいただければと思います。

限定版の「APEX PRO-WL」は、滑り止め効果のあるグリップ感、しなり感も少しだけ固め。
通常版(青ロゴ)と比べてどっちがいい?でもありません。

しかし、
違いは明らかにでますので、
EXCELピック愛用者さまには是非試して欲しいピックです。

残り少なくなりました。
あんなに大量にあったのに。あっと言う間です・・ありがとうございます!
残り少なくなりますのでご入用のお客様はお早めのご注文をお薦めいたします。


販売店情報。
島村楽器 アリオ柏店(千葉県)さんにてお買い求めいただけます。
ギター担当の山口さんをお訪ねください。