VENTRIS +EXCEL PRESET ver.2.0発売中。

本体に「Dual Reverb」と書いてあるので、リバーブ単体(x2)として捉えるのは正しい。..しかしながら、別途「ディレイユニット」を用意しているならともかく、VENTRISは「ディレイ/リバーブ(以下 DLY REV)」として使っている方が大半。同社(SOURCE AUDIO)からもDLY+REV一体型モデルはリリースされていますが、豊富なパラメータ、内部ルーティングの面では上位モデルとして位置しているのがこちらの「VENTRIS」。

昔々..
PCM-xx、MPXxxとか、リバーブ機として名高いエフェクターが存在しました(どちらかと言えばディレイとして重宝していましたが)、個人的にはSRV-2000やH3000もリバーブ単体として名品だったと思います。
時は流れ..
現代のテクノロジーで作るエフェクター。高速DSP、ADC/DACの進化も合わせ、上述した往年のレガシーと呼ばされる名品を超える解像度、音の広がり、処理能力を「この小型サイズ」に収める時代。音を聞けば納得できます。

2つのDSPを搭載するVENTRISは、リバーブ+リバーブと言う概念もアリなのですが、よほどの幻想的サウンドを求めてない限り出番がないかも..。一般的にギタープレーヤーは、ギターとアンプに繋いでゴージャスなリバーブが出ればよいワケで。

しかしながら、パラメーターも豊富で、エディット項目も多数あるため、ファクトリープリセットで試す分には「こう音も出せます」と言うカタログ要素が強い。

そこで、当店ではオリジナルプリセットをエディット、インストール版を発売中。

・普通に使える普通のリバーブ。
・普通に使える普通のリバーブ+ディレイ。

4種類を搭載。

専用のエディティング・アプリ(写真)を駆使して、エディットを進めて行くと、「ここはあえてゼロでいいのに」とか「ここは使わないよね」と言う部分も実際あるワケです。


(↑エディティング・アプリ)

クリーントーン、歪みペダルとの併用においても音をゴージャスに高めます。最近では、リバーブもディレイも「浅め(控えめ)にかけるのが主流」。それに倣ってエディットしています。この「少し」の効果が音の広がり、厚みを高める。ペラいかかりの空間系エフェクトでは味わえない高品位サウンド。

ペダルエフェクトと併用したサンプル動画。

EXCEL PRESET ver.2.0(従来品とは内容は異なります)概要、ご注文はネットショップをお読みください。

 

 

システム構築事例集「AXE-FX III フルシステム」| テクニカルサービス

フルシステム
このような大型のシステムのご依頼も承っております。お時間と費用は掛かりますが、基本丸投げで結構です。人生は有限。お客様の手間も時間的ストレスも大きく軽減いただけます。

AXE-FXIIIとCAA 3+SE(Tubeプリアンプ)と連動。
今回、お客様が所有していた3+SEを活用するために、
・「AXE-FXIII」単体で使用。
・「ペダルエフェクター」→「3+SE」「AXE-FXIII」を使用。
主にこの二通りの使い方を実現するためにシステムコーディネートを進行。

付随するものとして。
・パワードモニター。
・DAW/PCオーディオを組み合わせる。
パワードモニターと、オーディオI/Fを合わせてチョイスしMacPCのセットアップまで含めた「トータルコーディネート・セットアップ」でご依頼いただきました。

これが10年以上前だったら。必要な機材はもっと増えたでしょうし、8Uや10Uなどのラックマウント機器が中心になることで重量も大きさも相応に。しかもパワーアンプやSPもL,Rで必要だったでしょう。時代は大きく変遷しました。今ではデスクトップサイズに往年のサウンド、それを超えるサウンドが実現できます。機材の進化によりご自宅で従来通りの十分な音量から、現代の住宅事情にも合った小さめな音量でも楽しむことができます。
そして、
我々側のこと。兼ねてからラック、アンプシステム構築を得意分野とする当店のノウハウもそのままAXE-FXIII内部に投入できることも強み。

このシステムでは、
・AXE-FXIIIを単体で使う場合と、
・3+SE(Tube Preamp)を使いAXE3はエフェクター(post)として機能させる「二通り」で使い分けします。

3+SEを使用する際にはAXE3内部のLoop機能を使うのではなく、ギターから3+SEへ直接入力に。一番はいきなりADCを通したくなかったからです。しかしながらいずれは通過するのですが、双方音を比べての決定。
AXE-FXIIIのみを使う場合にはAXE3に直接ギターを入力。本物vsモデリング3+SEとの比較も試せます。どっちが上とかではありませんけどね。

3+SEのCH切替はAXE3とFC-12で対応。
単体直接の制御はできませんので、今回はrjm/MiniAmpGizomoを使い、MIDIで制御します。MIDI CCを使うことで、AXE3のシーンモードの連動から、FC-12からのダイレクトアクセスによるリアルタイムのCH切替にも対応。

この前段に(前回記事の)「ペダルボード」をドッキング。3+SEを使用するにあたり、postエフェクターになる「コンプ」「歪みペダルx3」はアナログペダルを使用。理にかなう方法。3+SE以降のpostセクションは、AXE3内部でpost/VOL、空間系エフェクトが起動します。
(EXP#2のWahペダルはAXE3単体時のみに使用する前提で構築)

どう鳴らす?
いずれで使う方法においても、LINEでパワードモニター(L,R)で鳴らします。当店推奨の「Adam Audio A7X」は余裕ある口径のため、低音弦もブレずに再生。そこそこの音量から、自宅使用では十分な(大きめな)音量にアップすることもできます。

そして、せっかくの高品位パワードモニターを手にしていただいたのですから、音楽も一緒に楽しみましょうと。
「Audient iD14」も導入いただきました。Mac PCで使用するDAWと、PCオーディオはaudientのDACを使い高音質で再生。これなら普段からMac PCからオケを鳴らしながらAXE3のシステムで演奏することができます。将来的にはDAWによるレコーディングにも十分対応できるシステムコーディネートです。

お客様の感想が届きました。
お客様 いつも大変お世話になっております。 いつもの無理難題の丸投げ対応を快諾いただき深謝しております。

音の良さを文章で表現するのは、至難の業ですが、まさにSupreme Soundに仕上げていただきました。マイスターマスターの耳の良さと感性の賜物であることは間違えありません。

『歪』は、永遠のテーマで、常に満足することはなく、行きつくことはないんですが、ミニペダルボードのアイデアは、未完成の完成形で大満足です。  これからも右上のスペースに未来の音を求めていきたいと思います。

inputからoutputまで最高の機材をご提供いただき、ありがとうございます。 今後も『丸投げ』しますので、宜しくお願いします。 

ありがとうございます

導入機材と参考価格

・FRACTAL AUDIO SYSTEMS AXE-FXIII
・同:純正3Uラックケース
・同:FC-12
・同:EV-1 Black
・SOURCE AUDIO EXP
・CAJ SystemBoard(特注品 FC-12用)
・CAJ SystemBoard(特注品 ペダルエフェクター用)
・ARMOR 3Uケース, CAJ/RMA-1U
・rjm MiniAmpGizmo
・strymon Ojai R30
・EXG CP101 SUPER(CMP)
・EXG ST808GOLD(OD)
・EXG D&S SUPER(FUZZ/DIST)
・EXG SD9V2(DIST)
・audient iD14
・AdamAudio A7X(L,Rペア)
・ケーブル類一式、コンサルティング費用、工賃一式。

参考価格: 約 ¥1,100,000(税別) ※1

価格は2020.11.2時点のものです。
(※1「3+SE」はお客様所有物であるため価格には含まれていません。)

書いていて思いました。安くなったなと..。ラックで構築していた時代を思い返せば、3+SEとVHT(4U)で約100万円でしたので。プリ/パワーのみで。

FRACTAL AUDIO SYSTEMS
オリジナルパッチ「EXCEL PRESETインストール版」AXE-FXIII MARKII本体のみ(2020.11.2時点で入荷日は未定)の販売も行っています。FM3も同様のサービスを展開中。