BLD(RODENBERG)|Tips集(1)「電源について」

BLD Tips(1)「電源」

2022.12.9より発売を開始する新製品「RODENBERG BLD(BL-deluxe)」について、使い方情報などを随時アップしてまいります。

その前に。
RODENBERGに限った話ではなく、エフェクターを安全に使う方法として、

電源投入前の接続を以下の通り行います。

1. DCプラグを繋ぐ。

2. IN,OUT端子にギターケーブルを繋ぐ。

3. パワーサプライの電源をONにする。

1〜3この順番で行うのが基本。意外と気にしてない方が多いですが、電気的観点からこの方法が基本で安全です。

(既にペダルボードに組み込んでいる方は割愛。)

BLD「電源」について

電源は9VDC、300mAを動作条件としています。300mAですので、ハイカレント端子を装備したパワーサプライが必要です。なおかつ、フルアイソレートポートを装備したものがなお良いです。具体例としてはOjai(strymon)、DCDC Station(CAJ)など。

(ハイカレント端子とは、デジタルエフェクターなどの高容量を必要とするエフェクターに向けた電源端子。)

または「単体電源」の使用。9VDCで500mAなどの電源アダプターの使用でも結構です(単体接続で。分岐させたものではなく)。例:BOSSなど。

仮にですけど、規定値以下のアダプターを使っても(150mAなど)、LEDは点灯しますが、音はまともに出ません。出ないと言うか、発振するなどトラブルの原因となるのでおやめください。実験のノリでやることもおやめください。

そして..念の為ですが、必ず「DC9V」で使ってください。それ以上の電圧ですと故障する恐れがあります。
同じRODENBERGでも、「BLD」は他機種SL-OD/LUKE/TBのように〜18Vには対応していません。ご注意ください。

DC端子
BLDのDC端子は「抜けにくいタイプ」を使っています。
そのため、
プラグの「差し込み感がちょっと硬め」です。

実際に使っていただければ「ああ、こういうことなんだ」って伝わるかと思いますが、従来の感触よりプラグインが少し硬めの感触ですが、しっかりと奥まで差し込めます。

 

【2022.9.20改訂】AMPERO2 STOMP +EXCEL PRESET概要

新製品アンプモデラー「AMPERO 2」

今回もオリジナルパッチ「EXCEL PRESET」をインストールして販売します。発売開始までいつもより時間がかかりました。それだけ格闘時間が長かったです。FRACTAL、NU-Xでも行なっている取り組み。もし良かったらEXCEL PRESET版をご注文ください。

はじめに。

AMPERO2の特徴。

従来機の小型モデルではなく、全てが新しくなった「新機種」
演算処理を行うDSP、伴ってAD/DAも進化。高ダイナミックレンジ、進化したモデリング技術によるアンプ、キャビネット、エフェクトブロックに始まり、EXPセクションにはVOLブロックも追加。

IRは(従来の倍)2048サンプルポイントによる高い解像度で再生。
嬉しいポイントは「特典」で入っている「Celestion公式のIRデータ」でしょう。これだけでもかなりお得感のあることが使い始めれば実感いただけます。

豊富なアンプ、エフェクトブロックを自分好みに組み合わせ音作り。そのサウンドは、同価格帯のアンプモデラーを抜きん出るクオリティ。デジタル機器は常に「新しいものは良くなっているものが多い」ことを実証するAMPERO2。小型サイズ、タッチスクリーンによる簡単操作、「チョイ使い」以上に使える、今当店が推奨する「お手軽アンプモデラー」です。

UIの進化。エディティングアプリ(Mac/Win)も刷新。本体のみでもタッチ操作でカンタンエディットは可能ですが、PC使うともっと楽。実機モデルの「絵」が表示し、直感的にパラメーター変更、エディットが可能。ある程度のエキスパートユーザーならば、マニュアル不要の直感操作。
USB-C対応。このままUSBオーディオI/Fとして使うこともできます。

この他に、ルーティングチェンジや、シリーズ/パラレル(※1)など、従来機より構築面で融通効くようになりました。
(※1)但し実際使ってみるとFRACTALとは少しことなる概念です(割愛します)。

これ以上書きたいこともありますが、長くなるので、

とにかく、このクラスで「色々できる」機器ということです。

そこで、EXCEL PRESET

普通は、ファクトリーパッチから使い始めますが、
(購入時に入っているメーカーが作ったファクトリー・プリセット)

初回電源投入時に表示される最初のファクトリーパッチが結構キャッチーなので、最初は「おおっ!」と驚きつつ、先へ進んで行くと..
この機種に限らず、ファクトリーパッチは「こんなことできる」の「カタログ要素」が強いことが伝わってきます。

そのため、

ご自身で好みのサウンドを構築する必要がでてきますが、結構しんどいと思います(個人差あり)

当店ではオリジナルパッチを構築し販売。

さっき結構しんどいと書きましたが、実際、オリジナルプリセットをエディットする手間と時間はかかるんですよね、いじっていくうちに、ここがこうなっているのか、とか、なんでこれ(機能)ないの?とか、どんどん気が付いてくる部分があって..格闘日数がかかったのでした。

当店でご購入のお客様限定の「+5,500円のサービス」です(※3)。内容的にはそれ以上の手間がかかってます。

FRACTAL、NU-Xなどで行なっている取り組みと同じく、AMPERO2にもオリジナルパッチを「21パターン構築(※2)」

パッと繋いで直ぐ使える「普通に使える普通のギターアンプシステムサウンド」を製作。

(※2)ブロックが共通しているプリセットを含む。

(※3)プリセットデータのみの販売は行なっていません。

EXCEL PRESET リスト公開(ver.1.5 2022.9.25改訂)

EXCEL PRESETリスト

※IR:本体のCABブロックは使用せず、AMPERO2特典のCelestion公式IRデータを使用(P-39はEXCELオリジナルIRデータ使用)。

ユーザーエリア(empty)の「P33」からスタートします。

P33-1 EXCEL Clean#1
P33-2 EXCEL Drive#1
P33-3 EXCEL Hi-Gain#1
AMPEORO2発売前に当店で行なっていた製品テスト時(サンプル機)に作ったデモプリセット。
以降のEXCELプリセットはこの3つのプリセットをベースに構築。
これが基礎となるベーシックプリセットとなった。

P34-1 EXCEL ODS-J#1
P34-2 EXCEL ODS-JD#2
P34-3 EXCEL ODS-RF#3
Dアンプ(Over Drive Special)を使い3パターン構築。
AMPブロック以外は共通。
3パターンのAMPセッティングが楽しめる。
34-3のRFはプレーヤー名ではなく、AMP内のVoice:Rock / FAT モード各ON 状態の略。

P35-1 EXCEL MASL50#1
P35-2 EXCEL MASL50#2
P35-3 EXCEL MASL50#3
ブロックは全て共通。
Hi Gain Marshallを使ったパッチ。
Celestion IR(V-30 4×12)と、エフェクターのコンビネーションを3パターン用意。AMPERO2はsceneモードを搭載していないため、パッチセレクト(=プログラムチェンジ)で切り替える必要があります。
以降のプリセットにおいても、共通ブロックx3パターンが続きます。

P36-1 EXCEL FUSION#1
P36-2 EXCEL FUSION#2
P36-3 EXCEL FUSION#3
Cleanコンボアンプ(JC)で「サクッとフュージョンを弾ける」テーマで構築。
歪みペダルなど一部のブロックは入れ替えをしています。
クリーン、ドライブ、リードの3パターン。

P37-1 EXCEL RECT#1
P37-2 EXCEL RECT#2
P37-3 EXCEL RECT#3
Mesa/RECTIアンプを使ったパッチ。
1は通常のアンプブロックを配置し、2,3は、Pre, Powerと分けて構築。
これらの違いをテストする意味で作ったパッチをそのまま残しました。
「メタル系」を楽しむために有効に使えます。
(空間系を過度にするともっと雰囲気高まると思いますよ)

P38-1 EXCEL #Matchless
P38-2 EXCEL #BadCat+RC
P38-3 EXCEL #MesaMK2
クランチドライブ系のアンプ3種類の聴き比べ。
「ちゃんと弾かないと上手く聞こえないアンプ群」(=ピッキングニュアンスが出る)AMPERO2のポテンシャルを知るパッチです。

P39-1 EXCEL Racksys#1 +オリジナルIR
P39-2 EXCEL Racksys#2 +オリジナルIR
P39-3 EXCEL Racksys#3 +オリジナルIR
80-90年代「ラックサウンド」をAMPERO2で再現。
Pre, Powerに分け、間にエフェクターを。クリーン、ハイゲイン1、ハイゲイン2の3パターン。
VOL(EXP)を使うとちゃんとPostVolで動きます。
Powerセクションは「KT-88」を使用。
Detuneも入ってますよ。つまり、あの時代のLukatherサウンドです。
IRデータはEXCELオリジナル「4×12」を使用。

P40-1 EXCEL JC120#1
P40-2 EXCEL JC120#2
P40-3 EXCEL JC120#3
ブロックは全て共通。
順番にエディットを進めていく中で、「こうした方がよかったかも..」のメモ的に保存したプリセット。
P36(FUSION)をベースに、再生環境の違いによる低域のブーミーさを取り除く工夫をしたり、実物のJC-120を目の前に、ペダルエフェクトと、空間系エフェクトを組み合わせて構築。
冒頭のベーシックプリセット(P33-1)の完成版とも言えるパッチ。

P41-1 EXCEL ML#1
P41-2 EXCEL ML#2
P41-3 EXCEL ML#3
前段をFender Twinをベースに再構築。
どうせなら、M.L風にしようと、それっぽく作ってあります。
クリーン、ペダルで歪ませるクランチ、リード。
ARIONのコーラス(どっちかと言うとロータリーの効果)、
矩形波のトレモロもありますよ。
IRの口径数の違いを体験したり、【DLY】【REV】のルーティングの違いも体感できるパッチ。

新規追加:2022.9.20

「AGエミュレーション」P42-1 EXCEL AGuitarD28New

「ベース用1」P42-2 EXCEL BassBSC#1New

「ベース用2」P42-3 EXCEL BassAPG#1New

「ベース用3」P42-3 EXCEL BassAPG#2New

新規追加パッチx4「2022.9.20以降発売分より追加」

↓↓追加パッチ「解説」↓↓

New P42-1 AGuitarD28:AMPERO2のアコギエミュレーションを使用し、エレキでアコギ「D-28」のサウンド風を実現。内部ルーティングもアコギ用に合わせてエディットしたためエレキとは異なる配置に”あえて”なっています。雰囲気を楽しんでもいいですし、そのまま「ワンフレーズ用」として楽曲への活用してもいいですね。

New P42-2 BassBSC#1:ベース用プリセット「BASIC」ベース用アンプブロックを「プリ」と「パワー」に分け、「ベースCAB」を配置。
ベーシックでフラットなサウンドを軸に、コーラス、フランジャーも掛けられます。
コンプレッサーを併用し、歪みペダルも配置しておりますので、往年のフュージョンからポップまで活用できるベース用プリセット。
Postで配置したリバーブをONにすると「ちょっと上手くなった錯覚」が得られます・・。
Pre配置の「歪みペダル(Bass用)」をONにすることで、モダンなロックベースサウンド。今風の強めのピッキングでゴリゴリ、ブリブリなフレーズに対応します。リバーブを組み合わせれば(エディット配置済み)サスティーン稼げて「楽」ですしね。トライしてみてください。

New P-42-3 BassAPG#1:ベース用プリセット「AMPEGブロック」を使った「ロックベース」用プリセット。
AMPEGらしいオーバードライブした野太いロックベースサウンド。ジャズベはもちろん、プレベで活用いただくと雰囲気も高まります。

エンベロープも入ってますよ。

New P-42-3 BassAPG#2:基本的に前段の「APG#1」と同じものを、クラシック調にアレンジ。ヴィンテージサウンドをイメージした、ジャコ風、リバーブをちょい足しすればあの雰囲気に近づきます。

ネットショップで発売中。