audient SONO | ギターを鳴らす手段がもう一つ増えました。

audient(オーディエント)は、オーディオインターフェース「iD」シリーズで有名で、

私も個人用に「iD」を使っていますが、主な用途はレコーディング使用以上に「音楽鑑賞用」。

audientのDACはとても優秀で、PCオーディオをパーソナルPAで鳴らすには最高の機器になります。意外ですが、この使い方をしている方は結構います。

 

新機種の「SONO(ソノ)」は、
ギタリスト向けに作られたオーディオインターフェース。

DAWによるレコーディングを意識したものではありますが、

ギターギアとして広まり始めています。

SONOは、真空管プリアンプを搭載。
..と言っても、3+SEやPDT-4みたいに歪ませられるものではなく、チューブ回路とアナログEQを装備。

ギター、ベースの直接の入力に対応し、

PCへUSB接続し、「Two notes」のCABエミュレーションソフトと連動させます。

先ほども書いた通り、レコーディング用途としてはもちろんなんですが、

SONOは、「ギターを鳴らす機器」として活躍します。

Two notesであらかじめ、お気に入りの「SP」と「空間(スタジオ、ホールなど)」「マイキング」の設定をし、SONO本体に保存。

外にそのまま持ち出せば、本体に保存したプリセットを呼び出してそのまま使用できます。

主には、ご自宅での使用がメインになるかと思います。ヘッドフォンも使えます(良い音です)。

「歪み」や「空間系」はお持ちのペダル、ペダルボードを使います。

コンプ、
オーバードライブ、
ディストーション、
ディレイなど・・

この動画がスゴいです。

SONOの手前に「ペダル軍団」を接続し、Two notesで本格CABエミュレーションを構築。
パーソナルPA(パワードモニター)から、ギターアンプとギター用SPで鳴らしているような音が、リアルに、本格的に、LINEで鳴らすことができます。

似たようなことは他の機材でもできますが・・。
SONOはそれらの上を行く高音質。
パッと音を出すだけで違いが分かるレベル。

SuhrからオフィシャルのCABデーターが発売されております。

試聴モードで1×12, 2×12, 4×12と試してみましたが、かなりよいです。


ベースも同様。

単純にSONOにベースを繋ぎ、ベース用のCABエミュレーションを設定するだけ。ベーシストは元々ベースをLINEで鳴らすことは昔から抵抗感はありませんから、ライブには「SONO」を持っていくだけでも対応できるかもしれません。
本来の使い方であるレコーディングも綺麗に録れますよ。

店頭で試聴できます。
試聴モードでの試奏になります。
(ご来店前にアポイントメントをお願いします。)

時代の変化。
SONOの登場で、
これまでの「ギターをギターアンプで鳴らす」が大きく変わります。

 

「Platinum」「GOLD」どっちがお勧め? | ST-808P,G by EXG

好評発売中!
オーバードライブペダル「ST-808 by EXG

  • OD-808(TS808)開発者 元Maxon 田村進氏自ら、
  • 1980年「マレーシアチップ搭載 OD-808」トーンの旨味を抽出。
  • 復刻再生したのが『ST-808P』『ST-808G』です。

GW前。
早速、店頭でトライしたお客様もいらっしゃる中。
2機種の「GOLD」と「Platinum」には、それぞれに特徴があることを実感いただけた様です。

トライしたお客様から共通して語られたことは、

  • クリーンINPUTでの比較時は→バランスタイプの「Platinum」
  • クランチ設定での比較時は→音が太い「GOLD」

..と、試した方々の好みを平均するとこの様な「共通点」がありました。

発売時。
2機種については、発売前からのイメージもあったのかもしれませんが、当初「Platinum」に人気が偏る傾向がありました。ネットショップではPlatinumは人気です。


「とりあえずビール!」みたいな..そのお気持ちよく分かります。

はい。よく分かりますが、、

店頭試奏での割合は逆の反応でした。

「PとG。どっちか?」
で言えば、店頭試奏でお試しになったお客様は「最初はGOLDで!」と割合的にはGOLDが売れております。

「最初は、」と言うのは、「(いずれ)どっちも欲しい」と言う意味で、P,Gどちらにも良い性質と特徴を実感いただけている様でありがたいことです。

↓↓ST-808 by EXG「ゴールド」「プラチナ」比較動画↓↓


Platinum
「品の良いローファイな世界観」。
クリーンINPUTで、ST-808でGAINを稼ぎ(プリアンプ風に)特にシングルコイルで奏でると、軽快なコンプレッションと、なめらかなトーンカーブは、上質な「ローファイ」トーンとなり、これぞ「本家TSトーン」のキレの良さを実感できます。「ピッキングニュアンスも出しやすい」です。
また、
クランチ〜ドライブのアンプに足すことで、上記の特徴を持った状態で、ギター全体のボリューム量を少しアップさせる「やさしい音でブースト」します。

GOLD
単純にGOLDは「音が太く感じられます」。
特に、歪みとの組み合わせが評判よいです。アンプをクランチ〜ドライブに設定し、GOLDでゲインブーストする。トーンは「まとまった感じ」に全体が締まることで、音圧も程よく厚みが増し、ピッキングを入れた分だけ深みのあるコンプレッション感が得られます。「演奏が楽に感じる点」も好評です。TS系ペダルで形容される「音のハリ」とか「艶っぽさ」と言うものの本家本物がST-808GOLDで手に入ります。


歪みとの組み合わせ?

P,Gどちらも「歪みとの組み合わせ」に関しては、TUBEアンプのクランチ〜ドライブに限らず、

「ペダルと併用」することも同じくお勧めです。例えばJanRayや、Diablo(OKKO)などをローゲインにセット。そこにST-808を足して「ゲインブースターとして」お使いいただくと、中音域から押し出す「TS本来」のトーンを味わえます。その違いは上記に戻り..「Platinum」「GOLD」と押し出す音の違いが出ます。


こちらがお客様の好みに向いていますよ。と言えないくらいそれぞれに特徴があるため、

「どっちがお勧め?」と尋ねられると..

「両方!」と自信を持って答えられる上質なペダルです。

使い分けてお使いいただけます。

そして、長く使えます。

 

↓↓『ST-808 by EXG 製品ページ』↓↓

「AMPERO」「+EXCEL PRESET ver.1.2.5」作業中。

ご予約のお客様お待たせしました・・。
お待ちいただきありがとうございます。

「AMPERO」が再入荷。
4月上旬販売分は「完売」しています。

なお、
標準市販品でのご注文は・・「ゼロ」
(笑)

皆さん「+EXCEL PRESET版」をご選択くださってます。
ありがたいことです。
+5,000円UPですが、内容的にはそれ以上の手間と時間とアイディアが詰まっています。

急ピッチで作業中!
プリセットインストール、テスト作業は「2台ずつ同時作業!」その方が早い。
2台置いて、2台下ろして2台置く・・
今日はこの繰り返しで1日終わりそうなのである。

本体FWがアップデートされたことに合わせて、EXCEL PRESETもアルゴリズムと、パラメータの見直しなど行っていたら、
1日半作業になってしまった・・。
と言うワケで、今回から「EXCEL PRESET ver.1.2.5」へバージョンアップ。
(以前お買い求めくださったお客様はご連絡ください。サポートします。)

「概要書」も書き直しました。
増補改訂版です。一緒にお付けします。月曜日には一斉出荷の予定です。

さて、

AMPERO +EXCEL PRESETについて。

商品ページにもお知らせしておりますが、

・「EXCEL PRESET」は「LINE使用」を想定して制作しています。
パーソナルPA(パワードモニター等)で、できればステレオで鳴らすと良いです。モノラルでもちゃんと鳴らせます。

・音質、音量の調節はお客様の再生環境に合わせて必要になります。
お買い求め後は、お客様の再生環境やお好みに合わせて、AMPブロックのEQや、post EQの調節、VOLの調節を行ってください。

AMPEROは出力がしっかりしているため、本体のVOL(ツマミのVolume)は必ずゼロから少しずつ上げ、調節してください。

それから、意外と良い発見が、

ヘッドフォン使用の音。
これが、なかなかよいです。

EXCEL PRESETもヘッドフォンからダイレクトに「優しい音」で聞こえます。
(NR=ONにしているのでノイズも気になりません。)
内臓のドラムキットもしくは、AUX INに音楽プレーヤーを接続すれば、そのまま「練習機」になります。

今回ファクトリープリセットについては述べていません。あしからず。


今日のひとりごと。
ここで思う。やっぱり、仕事は楽しい方がいいです。
嫌な仕事は続けることはしんどいです。
時計を見ながら、10分ってなげーなーって思いながら、終業時刻のカウントダウンを、「10,9,8,7…3,2,1 キターーッ!!」って、私もそんな経験があるので余計分かります。

Ultra-Gain by EXG『ユーザーレビュー』が届きました! | EXTREME GUITAR FORCE

『Maxon』x『田村進』x『EXCEL』

ディストーションペダル「Ultra-Gain」

発売直後の中。Ultra-Gainを購入くださったM様からレビューが届きました!

M様はEXCEL並びにEXG製品ヘビーユーザーのお客様。これまで数十年以上を「ハイエンドと称される機材の数々」を所有。

それらを実際に使用している「エキスパート」が評する「Ultra-Gain」について。

分かりやすく、大変細かく語ってくださっています。ありがとうございます!

↓以下「ユーザーレビューです」↓


『Suhr Riot Reloadedと比べてどうなんですか?』
新しい歪みエフェクターを購入するとき、この言葉を発したことがないギタリストはいないと思います。

それくらい、Suhr Riot Reloadedは衝撃的なトーンセンスで数多の心を鷲掴みにしたのです。

『“聖域”と称されるミッド・レンジ。』
ミッド・スクープ、ミッド・ブースト、ドンシャリ、これら全てはミッド・レンジを操作することで得られますが、

星の数ほどある歪みエフェクターの中で、「Ultra-Gain」のように580Hz~3.6kHz前後の帯域を弾き手に委ねているものは極端に少なく、Ultra Gain」は、「MID FREQ」と「TONE」の2段構えで聖域を弾き手に委ねてくれる貴重な存在です。

『劇的な変化をもたらすミッド・レンジ。』
弾き手に委ねてくれている反面、いつまで経っても目指すサウンドを手に入れることができないことも。

Ultra Gain」は、6弦を鳴らしながら「MID FREQ」を好みの周波数帯に合わせ、1弦を鳴らしながら「TONE」で、その周波数帯を調整する。たったこれだけ。

相変わらず最短距離で目指すサウンドに着地できるセンスの良さ!素晴らしい!

ただし、「MID FREQ」はダルい操作感ではなく機敏です。

『TONEはパッシヴでなくアクティヴ』
開けていくと「MID FREQ」で決めた周波数帯が強調され、閉じると減衰していくので、「MID FREQ」と「TONE」はとても密接に関係していることが分かります。この2つの関係性を理解すれば、聖域は簡単に攻略できます。

『呪縛の解放』
18Vで駆動させると、深く歪ませても分離感と飽和感という相反するものを存在させることができます。ワイドかつオープンに歪みきる感覚は正にアンプ。「これがエフェクターで得られる歪みだろうか」と思えます。

しかしながら天衣無縫な感じではなく、「狙ってやっている」ところがまた小気味好くもあります。

アンプのMiddleの位置でも劇的に音が変わるので、着地点が分からなくなる恐れもありますが、

「Suhr Riot Reloadedと比べてどうなんですか?」の呪縛から解放してくれた歪みエフェクターだと言えます。

『SD-9 Superとの組み合わせ』
改めてSD-9 SUPERを弾いてみると、M7やm7といったコードがよく似合うと感じます。

一言でいうと「おしゃれな歪み」。Ultra Gainは同じディストーションでも「武骨なリードトーン」。18Vは異質であり強烈なので、「SD-9 SUPERとUltra Gainを組み合わせて使う」なら、「Ultra Gain」は9Vで使ったほうが統一感が出ます。


 

頂戴した「レビューは以上」です。

ありがとうございます!!

AMPERO「エディットを再開」 | テクニカルサービス

アンプモデラー「AMPERO」

ここ数日のスケジュールで遅れておりましたが、本日「エディットを再開」

トータルすると、5-6日の格闘でしたが、、

EXCEL PRESETの初回バージョンは完成しました!

エディタもver.1.0.2へバージョンアップしています。(ユーザーの方はhotoneaudioのサイトからチェックしてみてください。)

・クリーントーンは主に「2種類」を2バンクに「トータル6プリセット」
1=まろやかバージョンと、2=Hi-Fiバージョンと、ちゃんと2種類のクリーントーンを作ってあります。

・クランチ〜ドライブ系を「3種類」
Orange,Marshallなどアンプヘッド風を楽しむオーバードライブを3種類。

・ハイゲインを「3種類」
5150(その雰囲気)、LUKE風を2種類。ちゃんとHold The Lineも弾けます♪


以上の内容で、

EXCEL PRESET for AMPERO
初回バージョンとして「4バンク(x3プリセット)」をインストールします。

お買い上げくださったお客様には、「概要書」をおつけします。
これから頑張って書きます(笑)。