FRACTAL『+EXCEL PRESET』| システム製作・テクニカルサービス料金表(2024.2.1改訂版)

FRACTAL AUDIO SYSTEMS

改訂内容 2024.2.1
料金表について改訂いたしました。付随機器「AdamAudio」の価格改定に伴い、価格リストを改訂しました。

当店では本体に「直ぐに楽しめる。中身の理解を深めることができる。」オリジナルプリセット(EXCEL PRESET)をインストールして販売中!

人気システム一式「エディット+制作」受付中。
「本体+EXCEL PRESET」の販売のほか、専用コントローラーFC6/12を接続し、本体、ペダルボードまで一式を組み立て、構築、エディットまで行うパッケージ販売を行っています。エキスパートユーザーから、導入にためらいのあるビギナーの方まで「買って繋いで直ぐ使える状態で納品」いたします。古くはラックシステムに始まり〜初期のAXE-Std/ULTRAから販売実績豊富な当店ならではのサービスをご利用ください。

全国販売対応。お客様は関東、東海、近畿、九州、東北、北海道、四国(ほぼ全国!!)「EXCELネットショップからお買い求め」いただいております。ありがたいことにクレームもブーイング(?)もございません。


(左)オカダインターナショナル代表取締役社長
(右)わし

 

料金表(2024.2.1現在)

見積もりの相談が多いため、はじめに下記料金表をご覧ください。

・リストは本体及び付随する機材、部材、工賃。
・製品価格の改訂に伴い予告なく変更となる場合がございます。
・付随機器(EXP、ヘッドフォン、パワードモニター)は全て『これを買っておけば間違いない』の当店推奨品。中途半端なものでまた買い替え..のないようにチョイスしています。

本体(1) AXE-FXIII MKII TURBO ¥484,000
本体(2) FM3 TURBO ¥242,000
コントローラー(1) FC-6 MK II (x6 SW) ¥121,000
コントローラー(2) FC-12 MK II(x12 SW) ¥165,000
EXP VOL(1) EV-1 ¥35,200
EXP VOL(2) SOURCEAUDIO(WAH) ¥17,600
ケーブル類 TRS,XLR等一式 ¥8,000〜
システムボード CAJ(サイズ特注) ¥50,000前後〜
ラックケース AXE3用純正3U ¥36,300
パワードモニター Adam Audio A7V(ペア) ¥228,800
ヘッドフォン Adam Audio SP5 ¥88,000
配線部材(*1) 一式 ¥6,600〜
システム制作費(*1) system製作,EDIT,工賃一式 ¥55,000〜
諸費用 送料 地域により別途

(*1)システム制作時には別途必ず必要になる金額。

 料金表の見方。

・プリセットインストールのみの販売品は「本体+5,500円」頂戴します。
本体のみ「AXE3」または「FM3」いずれにおいても+EXCEL PRESETはインストールして販売します。

 

おすすめ 購入後のアフターサポート、使い方などじっくりと向き合いたい方は「一式プラン」をお勧めします。


この場合は、【本体】+【コントローラー】+【EXP】+【ケーブル】+【ケース】+【工賃・配線部材】の合計額をご参考ください。システム内容により価格は異なりますが、おおよその価格イメージはできると思います。

AXE3 or FM3
本体は「FM3」も対応中。FM3は付随機器が随分減りますので省スペースで低価格の構築が可能です。

依頼のご相談は、
最低でも上記リストの足し算をした費用は掛かると想定いただいた上でお問い合わせをお願いします。

持ち込みの依頼は受け付けておりません。

システム製作実例など、

「システム製作事例掲載中」特設ページ

システム製作記|ペダルボード組み直し事例。

当店ではデジタルDSP系アンプモデラーのほか、従来の方式である「ペダルエフェクター」のシステム製作も行っております。基本的には「お買いものいただいたものを使えるようにする」アフターサービスの取り組みのため、お持ち込みのご依頼は承っていません。

 今回は組み直し依頼。

お客様はFRACTALユーザーですが、「ちょっとスタジオでセッション」のようなシーンで、手軽に持ち運びたい時、ペダルエフェクター特有のツマミ操作で音を作るギターキッズ時代に回帰できる気持ちの面でも、ペダルボードは必須。

早速。今まで使っていたボードを分解し、組み直しに入ります。機材の入れ替えも幾つか実施。

ボードは「Aclamのエフェクターボード」既存のものを使います。このボードは、アタッチメントで機材を固定していく仕組み。いいアイディアなんですが、現在輸入元がありません。機材が増える都合で別売の固定部材が手に入らないため一部は両面テープ等で代用して行きます。

いいボードなんですけどね。ヒートシンク状になった形状で放熱性もいいし、溝にケーブル類も挟めたり、アイディア次第で綺麗な配線周りに仕上がるんですが、使い込んでいくと「隙間にゴミが溜まりやすい」のが難点。
今回、一回分解して、綺麗に洗浄。洗浄後は表面の油分を失うのでツヤ出し剤を塗布。新品のように蘇りました。
..って、途中の写真を撮ってませんが、下準備をしっかり行った上で、

機材固定して、
パッチケーブルを作り、
DCケーブルを加工し、
配線、

ほぼ完成。

製作途中の様子って写真撮れないですね。忘れているのではないのですが、没頭していると(写真撮ろう)そう考えない。

さて、今回のご依頼は従来のボードから機材はほぼ入れ替え。「新しいよいモノ」があれば積極的に取り入れて行くのが楽しいギターライフ。オーバードライブのタコドライブや、RODENBERGの新機種COMMANDERなど、歪み系は刷新。その中でSD9SUPERはずっと使い続けていただいてます。よいものは飽きない。

コンプ、ディレイは最新のDiamondに入れ替え。Diamondのコンプはしっかりと掛かるうえ、EQが結構エグい。ちょっと遅れて引っ張るようなコンプレッションが特徴。気持ちいいコンプです(旧型と異なります)。
ディレイのMEMOLY LANEは、ディレイに、モジュレーションを追加できるSWを装備。あまりコーラスは使わないが、クリーントーンでディレイエフェクトに少し揺れを加えたい時に重宝します。結構役立つ機能です。コーラス(MOD)も綺麗にかかります。

完成後はサウンドチェック。

こちらのボードはアンプのクリーンINPUTで使います。MEMORY LANEの操作性を考慮し左下に配置したため、端子の向きの都合上、Lプラグのラインケーブルを製作。(ケーブルは長年使ったものは交換をお勧めしています。)

音を出し、確認。しっかり組んだボードは音の透明感やエネルギー感があります。配線周りもしっかりと固定しておけば機材トラブルの防止にもなるうえ、使う「プレーヤー目線」で考えても、綺麗なボードはテンションが上がる要素となるでしょう。それではいい機材でいい音をお楽しみください!

使用機器(順不問)

  • Strymon:Ojai(パワーサプライ)
  • CAJ:HUB-6II(パワーサプライ)
  • t.c:ペダルチューナー(MuteSW兼)
  • SOURCE AUDIO:ZIO(バッファー)
  • Diamond:COMP/EQ(コンプ)
  • Diamond:MEMORY LANE(ディレイ/コーラス)
  • Interstaller:通称タコドライブ(オーバードライブ)
  • RODENBERG:COMMANDER(ディストーション)
  • EXTREME GUITAR FORCE:SD9SUPER Old ver.(ディストーション)