システム製作記 | テクニカルサービス

System Board

当店ではFRACTALを中心とするデジタルDSPアンプモデラーのシステム構築(及び製作)から、従来のアナログ機器を中心とするペダルボードの製作も行なっています。

兼ねてから、お勧めできない物はお客様に売らないスタンス。しっかりと、システムコーディネートして製作まで一式行い納品いたしております。

今回ご依頼いただいた「ペダルボード一式」のシステム。

・5機種の歪み系ペダルと、
・コンプ1台。
機材は「お客様が必要とする音」をベースにチョイス。とてもEXCEL愛を感じられる内容です。

こちらのシステムは、3+SEに接続して使用。空間系エフェクト(post effect)はFRACTAL AXE-FXIIIを使いますので、ペダルボードは純粋に、3+SEのゲインブーストや、CH1でコンプを使用、またディストーションを使う目的。豊富な歪み系ペダルは「個性を使い分けて楽しみたい」お客様の目的も実現しています。これだけ揃っていれば十分楽しめますね!

で、、いつもながら製作途中の写真は撮り忘れまして。
作業に没頭してしまうので撮り忘れちゃうんですよね。気がついたら完成しているという。

最終段に「SL-OD(Rodenberg)」を配置したことで、SL-ODのクリーンブーストが活用できます。歪みを変えずに全体的音量を少しアップさせたい時に役立ちますね。

ポイント

成長と分配。岸田首相のほうは全くできていませんので困ってしまいますが、

このボードではしっかりとできています。

電源供給。台数的に、パワーサプライはOjai(R30)だけではポート数が足りないため、Ojaiから→CAJ HUB6IIで分岐。正しく成長と分配ですよ。
デジタル系への供給にこの方法はあまり適しませんが、歪み系アナログペダルは対応できます。あらかじめサウンドテストを行い、S/N、ラッシュも確認した上で、構築を進めます。

SD-9V2(EXTREME)と、SL-OD(Rodenberg)は、18V駆動に対応しているため、Ojaiから18Vを供給。Ojaiは9/12/18VとSWで切り替えできるため、ダイナミックレンジの違いを簡単に比較することもできます。

使用機器リスト・参考価格


・CP101 SUPER
・ST-808 GOLD
・TS9 Platinum
・SD9V2
・D&S SUPER
以上EXTREME GUITAR FORCE
・Rodenberg SL-OD
・CAJ System Board(特注品)
・CAJ HUB6II
・Strymon Ojai R30
・EVIDENCE AUDIO SIS(ケーブル・プラグ)

参考価格 286,000円(機器、システム製作費含む)

 

ご相談随時承っております。

システム製作事例集「AMPERO2」

テクニカルサービス

アンプモデラーの新機種「AMPERO2」従来機の小型版ではなく「刷新モデル」高速DSPによるモデリング精度の向上、UIの進化、IR解像度も大幅にアップしました。

当店では、本体にオリジナルパッチ(EXCEL PRESET)をインストール販売中。

システム製作依頼

早速、お買い求めのお客様から「システム製作」のご依頼をいただきました。

ボードは、フラットタイプを選ばず「あえて」箱型カーペットタイプをセレクト。お客様より「ノスタルジック感を」とのリクエスト。
今見ると懐かしいですね、、高校生の頃とか電車で運んだものです..。

組み立ては1時間もかからず完成。EXPの連動を考えて、中身のエディットに時間がかかったのでした。

実にシンプルなシステムですが、ギター入力で、このままLINE直、ステレオで使えます。日頃はヘッドフォンによる使用にも対応。

AMPERO2では、VOLブロックが追加となり、pre/post Volにブロックで対応。使用方法にちょっと工夫は必要ですが、今後のアップデートに期待しましょう。

(できれば、次パッチへのVOL数値継承と、SCENEモードに対応して欲しい。
=輸入元に要望済み。)

EXCEL PRESET

音をお聞かせできないのが残念ですが、EXCEL PRESET内では、通常のアンプブロック配置によるヘッドアンプや、コンボアンプで鳴らすコンビネーションから、プリ/パワー(ブロック)に分け、80-90年代のラックシステムのような構築方法でエディットしたパッチも入っています。

これらに、搭載される公式IR、当店オリジナルのIRデータを組み合わせ。なかなかリアルなサウンドがでます。(AMPERO2のCABブロックを使わない方法)