AXE III システム構築事例「フルセット編」 | テクニカルサービス

お客様の依頼内容

はじめはお客様からご相談のお電話をいただきました。

本体とコントラーラー、システムボードまで一式フルセット。自宅ではそこそこの音量しか出せないので、小さな音でも楽しめるパーソナルPAも一緒に、全部を繋いで音が出せるところまで作って使い方までサポートして欲しい。

はい!手取り足取りまでちゃんとやります。

完成の結論から言うと、今回のお客様は「本当の意味でのフルセット」で構築した初めての事例。何たって、Mac PCまで購入いただいた上で、今回はMac PC(Mac OS)の使い方までフルサポート。

お客様はその場面場面で、「これは自分じゃ出来なかったわ!」とメモを取りながら何度も仰ってました。

元々お客様からは、(予算云々よりも)「最高の環境を作って欲しい」とのご依頼でした。私の気合の入り方もいつも以上になります。

それでは内容を順番にご紹介。

システムボード

【VOL】ブロック用のEXPペダル(EV-1)
【Wah】ブロック用のEXPペダル(SOUCE AUDIO)の2台を装備。Wahペダルは踏み込み動作で自動ON/OFFがされます。

コントローラーはフラッグシップモデルの「FC-12」を搭載。「ココを押すとこーなって、長く押すとこうなります」までお客様のご要望に合わせてエディット。LEDもカラフルに光っております。

ボード(エフェクター ボード) はCAJに特注。両側ハンドルを余裕で握れるサイズでピッタリ採寸。見た目もスッキリ”美しく収まり”ました。流石特注サイズ。

どう鳴らすか?
ご自宅でそんなに大きな音では出せないが、ヘッドフォンばっかりは寂しい..。お客様もそこそこの音量でも楽しみたいとのことで、トータルでシステムコーディネート。

AdamAudioのパーソナルP.Aをステレオで使用するように構築。SPの口径に余裕があるため、歪み特に低域の鳴り方の座りが良いです。大きめな音量でも出せますし、ご自宅使用で(ご家族に怒られない)小さめな音量でもきちんとステレオの醍醐味と空間系エフェクトを加えた”臨場感”が楽しめます。

初期投資は掛かりますが、このようなシステム構築一式コースはお客様の大切な「時間」を買うことができます。当店では面倒な手間やストレスを感じることなく、この手の一見すると複雑なシステムでも分かりやすくお教えします。

AXE-FXIII お買い求めの際
本体を買ってとりあえず音は出ますが、
「AXE IIIをちょっとの工夫でこの旨さ」当店では内部エディットに始まり、プリセット構築、コントローラーまでのセットアップを行う「システム構築一式コース」が好評。

AXE III本体のみご注文の方へ。
オリジナルプリセット「EXCEL PRESET」をインストール。こちらをベーシックプリセットとして、ルーティングの概念や空間系エフェクトの「材料」としてご自身で「料理して応用」していただくことができます。

詳しくは「AXE III」特設ページをご覧ください。

取り付けtips | EXG-FORCEFIELD

ギターに内蔵するバッファー「EXG-FORCEFIELD」
取り付けtips

アオシマのプラモデルのイメージ。

購入前に「取り付けできるスペース」をご確認ください。
電池を使用するため、裏ザグリのギターが望ましく、なおかつ「9V電池と本体」が入るスペースは必須条件です。ご購入前にお確かめください。

搭載事例として、

  • EXGのギター(初期モデル、現行モデル共に)は十分に入るスペースがあります。
  • Suhrのギターは一部のモデルが内蔵可能。機種によっては電池すら入るスペースがない物もあるそうですので、前もって裏蓋を開けてご確認ください。
  • AIRCRAFT..懐かしの、AIRCRAFT AC-7には搭載できます。こちらも全てのモデルで確かめてないので事前にスペースは確認してください。
EXG-FORCEFIELDが入るかどうか、
「簡単に調べる方法」
 9V電池が入る(でないと動きません..)

本体が入るスペースがある。
本体目安は6cmくらいの「きしめん」が入るスペース。「6cmのうどん」でもいいです。

本体はしっかりとシールド、外装も保護していますから、搭載場所はあまり関係がありませんが、、

空中浮遊させるのは好ましくありません。
固定しないと中で動きますし、カタカタ音がするのも何ですしね。配線不具合の影響など電気的にもいいことはありません。

しっかり固定しましょう。

EXCELヘビーユーザーMさん調査によると、「スポンジ系(発泡タイプ)の両面テープがよい」とのこと。

弊社取り付け時にもこちらを使っています。

(コニシ ボンド社)100円ショップに売ってます。少量で買えるので便利ですよ。

側面底部への貼り付け時には「L」にしてあげるとよりしっかり付きます。貼り付け後は数時間〜1日放置でしっかり貼り付きます。

配線については、
電気知識とハンダ技術があれば付属の配線図を見ながらで、そんなに難しくはありません。ステレオジャックへの換装が必要です。

ポイント付属する配線材はできるだけ「ネジっていただくのが好ましい」です(中尾彬さん風)。

そして在庫状況。
残り少なくなってきました。当初、余るくらいに余裕見て製作をしましたが、予想以上にご注文をいただきました。ありがとうございます。