カスタムギターは10年弾いて..

うちは「システム」だけでなく..

「ギターショップ」の名の通り、ギターも色んなことを「ちゃんと」やっており、

お買い上げくださったギターは何年経ってもしっかりと見ます。

お客様のギターをメンテ中。こちらのギター も「もう10年くらい経ったんですねー」と。

昔、「ギターは10年弾いてナンボ」と言っていた楽器業界の諸先輩を思い出しますが..
10年弾き込んだ響き..この違いはどこから?..と思いますね。大事に使っているギターは自ずとよい音がします。

さて、フレット周りの整備をし、電気系は清掃のみで完了。

せっかくなので、ノブを換えましょうようよ!と、


↑「Glendaleノブへ交換!」↑

このノブ。既にご存知かとは思いますが、軽くて、回しやすくなる(側面のゴツゴツ感がよい..)
それだけじゃなくて、「音がよくなる」信じられないかもしれませんが、

本当に、
音..変わります。生鳴りでその違いが分かるほど..アンプならもっと分かります。
プラシーボ効果ではなく(笑)。

実際に、似たような他社製のアルミノブと比較しても違いがあります。
流石、Glendaleです。

さて。ギターもフレッシュになり、トーンも向上し、お客様へ返却。


その、

Glendaleノブは在庫少なくなって来ました。

ご入用のお客様はお早めに..。

商品ページから「ノブを装着した動画」が見られますよ!→こちら!

オリジナル・バージョンの黒、ゴールドもあります。)

システム製作事例「AXE-FXIII」 | テクニカルサービス

「AXE-FXIII」当店では普通に売りません..。

【1】本体+直ぐに色々使える「ベーシックプリセット」をインストールして販売(しかもお値段は一緒)。

または、

【2】システム一式でのご依頼も多くいただいております。既に構築も始まっております。その「実例をご紹介」します。


今回ご紹介するシステムをご依頼くださったお客様は、「II」ユーザーでしたが、パッと音を聞き比べた段階で、乗り換えを即断。(クリーントーンでもその違いは体感できます。)

普段のトレーニングにはもちろんですが、「バンドリハーサル」「ライブ」での使用を始めから重視されていましたので、フットコントローラーは必須とのご要望。なおかつ、「シンプルに切り替えできるように」との事。

何度かの打ち合わせのやり取りで、こちらの機材をコーディネートし、早速構築、システム製作に入りました。

今現在(2018.11月)「III」を足元でコントロールするためには、「MIDI」での呼び出し、切り替えを行うために、CAJ PRG Stationを活用します。

「III」はPC(プログラムチェンジ)が恐ろしく早くなったため、シーンモードは使わずに、プリセットの切り替えで対応。
足元での使用になるため、フロアタイプのチューナーも必須になりました。


余談..
「チューナーはKORG」と仰る「KORG派」は結構います。私もメンテ用のメインチューナーは骨董品に近い「Master Tune」を使っています。合わせやすいです。


話戻り。

ダイレクトアクセス用の4つのSWと、EXP(VOL用)も装備。

これらが動くように、MIDIコントローラーも、FXIII本体の設定も、しっかりと行います。

最後にバックアップを取って完了。
これで、遠方のお客様(通信販売)でも、販売後にいつでもサポートができるワケです。

 

いよいよお客様へ納品になります。

 


FRACTAL..
この手の機器をご自身でいじれる方は、最初からこのページを見てないかもしれませんが、、

「買って直ぐ使える状態にしてくれ!」の..今時で言う「丸投げ」で結構です。私もその方がやり甲斐感じます(笑)。

実際、今回の記事の様なシステム一式をご依頼くださるお客様の多くは、
「大体こんな感じの、」「こんな風に、」「○○風の音、」こんな感じのやり取りをしながら始まります。

お気軽にご相談ください。


まつわる私の話。
昔々..大きなラックケースに機材を固定、付随する機器を設置し、ケーブルを作って、配線して、、MIDIコントローラーを繋いで、「動くか?」「音はちゃんと出るか?いい音するか?」ってやっていたラックシステム..そして、ペダルボードも一緒。
この経験とノウハウがそのまんま投入できているのが、「AXE-FXIII」。FRACTALに関しては「Std,ULTRA(なつかしー)」の時代から販売しております。

その「AXE-FXIII」も、欲しい時がその時。まずはお問い合わせください。

→ネットショップ商品ページはこちら♪

EXG 「ver.5.5 SUPER HUMBUCKER LP」 | 新製品

EXG(EXTREME GUITAR FORCE)のカスタムピックアップに、新製品「ver.5.5 SUPER HUMBUCKER LP」が登場しました!


ver.5.5ピックアップは「EXGユーザー様からの要望で制作」しました。

「バスウッド・ボディ」等のギター本体の音、「トーン・ウッド」との相性を考えて設計制作を進行。

具体的には、特に高域のチリチリ感、音の暴れと称される部分を抑え、パワー感は十分ありながら、バスウッドボディ(等)「特定のトーンウッドを持つギターに対し耳に痛い周波数を抑える、ロー・レゾナントピーク化」を実現(LP=ローパワーと言う意味ではありません)。
トーンウッド(特にボディ材)の特徴から中高域がバイトぎみになる特性を持つギターでしたら、ほぼ専用設計されたこちらの「ver.5.5」を是非チョイスして欲しいです。カスタムオーダーのEXGで取り付けが可能です。

↓早速「ver.5.5ハムバッカーを」トライしたEXGユーザー様から、レビューが届きました!!

 


トーンウッド固有(バスウッドバック、メイプルトップ)の
高音域をうまく引き出してくれるので、どの帯域もバランス良く鳴っています。
もともとゲイン量が豊か且つLowがタイトなPUなので、Hi-Midが大人しくなって面白みがなくなったのかと言えばそうではなく、使いやすくなりました。これはよい。本当によい。

豊かなゲイン量がこれを補いつつ、
アンプのトレブルを広げられるようになったことによりダイナミクスが増しました。
クランチよりもハードディストーション向きなPUだと言えるのは確かです。


 

ありがとうございます!


現在、「ver.5.5」を搭載するEXG「販売製品のカスタムギター」を製作中!!

詳しくはお問い合わせください。

Glendaleのアルミノブで音はよくなるか? |「検証動画有り」

当店にて輸入販売を行なっている「Glandale カスタムノブ(アルミノブ)」

「このノブ」について、あらためてご紹介しますと、これに変えると、「音がよくなる」
(本当なんだからしょーがない。)

プラセボ効果的..ではなく、ハッキリと分かります。

このノブは「アルミ製」アルミ製のギターノブは多々ございますが、他社のアルミ製ギターノブとの比較でも、Glandaleギターノブの音質向上効果は高いことがプロギタリストの間でも実証されており、当店のお客様を中心とした「カスタムギターユーザー(マニア)」の間でも、「Glendaleギターノブへの交換」を積極的に行なっていただいております。

元々は、「テレキャス・ノブ」ですが、一般的に「ドームノブ」「メタルノブ」「メタルドームノブ」と呼ばれるノブが付いている殆どのギターに交換が可能。

(ストラトタイプのプラスチックノブから→「Glandaleへ交換」も効果的。)

これらのことから、Music Manや、Suhr, Sadowsky, JAMES TYLER, Tom Andersonなどのカスタムギター、更には本来のFender等のテレキャスへの交換にもご愛用いただいております。

では、

「音はどう変わるか?」

今回、(弊社製品デモ動画でおなじみの)ギタリスト「林努武さん」所有Fender TEモデルのノブを→「Glandaleカスタムノブ」に交換していただきました!

その際に、「純正→Glandaleカスタムノブ」に交換すると、どのくらい音が変わるかの検証動画を撮影。

その動画はこちら↓

どうですか?

結構、変わっているのがお伝えできましたでしょうか。

(途中で「音を大きくしたのでは?」とかツッコミが入るといけませんので..商品ページには上記動画のノーカット版を掲載しています。よーくみてご納得いただければ、注文ください。)

 

ギタリスト林さんからの「ご感想」は、


日頃私が愛用しているテレキャスターのノブを、Glendaleに換えました。


交換後、パッと弾いただけで出音が変わったことが分かりました。

特に、ミドルの厚みが増すようになって、全体の出音の押し出しも強くなった。その結果、ギター全体のボリュームが上がったようになり、今まで以上に鳴るようになりました。これはスゴイですよ!


ありがとうございます!

 

Glandaleカスタムノブは、アルミ製。
軽量で、側面の凹凸も深めで、操作性もアップ。

でも、お値段は「高い」です。高いにも理由あり・・それだけの効果もでます。

なお、弊社では、
「EXCELオリジナルバージョン」として、
・ブラックアルマイト(黒)
・ライトゴールドアルマイト(金)
も発売中!!

詳しいお話は、商品ページをお読みください。
→Glendale カスタムノブ「商品ページ」はこちら!

システム制作事例 | テクニカルサービス

「システム制作事例集」より。

お客様ご依頼の「4Loop」+「x2 MIDI機器」のシステム!

手前味噌ながら..まー、よくこのボードサイズに凝縮できたなーと思える内容。
・コーディネートよし、
・音よし、
・見た目よし、
の充実の内容です。

基本的な「コントロール」は、HOTONEのCybery(4Loopスイッチングシステム)を使い、

「チューナー」は、Cyberyを、PCモード(プログラムチェンジモード)で使うため、本体のTUNER OUTは使わずに、チューニングはSonic research本体で、ギターの持ち替え時などにMUTE機能を兼ねています。チューナーには、通常のチューニングの他、BFTS用のプリセットも入れまして、チューナー本体のプリセット切り替えで両者に対応します。

「4LOOP」には、EXGエフェクトの4機種を接続。LOOPモードでは、右側に並んでいる4つのエフェクターをOn/Offさせます。

なお、4LOOPへ接続するEXGペダルは、
・CMP「CP101 SUPER」
・OD「MK-OD」
・DST「SD-9 SUPER」
・CHO「PAC9 SUPER」
これらを接続。

「2つのMIDI機器」は、空間系ユニット「NEMESIS(ディレイ)」「VENTRIS(リバーブ)」は、Cyberyの後段に位置して、これらは、MIDIを使ってのバイパス(MIDI-CC)と、PC(プログラムチェンジ)にて、上記4LOOPのペダルのON/OFFと連動して切り替わります。

「Cyberyは」本体でコントロール設定を行うのではなく、専用のアプリを使います。今回はiPhone用を使っていますが、Bluetoothで接続し、画面上では大きな表記で、4LoopのOn/Offのプリセット、更に、MIDIマップ、CCの設定をすごく簡単に行うことができます。一度覚えてしまえば、後はフィーリングでOK!ってレベル。
一昔前は、、マニュアルを片手に、ココを押して、ココを押して、このモードから、ココを押して切り替えて、、って、やってましたが、
今は指1本でプリセット。いい時代になったもんです…。

このシステムにおける「ギター信号」については、Cyberyのバッファーを通過させ、更に、SOURCE AUDIOの、DACを通過させることで、全体のノイズを更に軽減させています。
これについても、一昔前のデジタルエフェクターの「通過させるだけで音悪くなる」という感覚はないです。
むしろ、このシステムではこれら3台(Cybery,NEMESIS,VENTRIS)のバッファー、後段2台のAD/DAを通した方がメリットがあります。こう言った点についても、ちょっと前の観念から、現代発売されている機器と、切り分けて考えなければならなくなっています。

昔は、いちいちアナログMIXERに立ち上げて..ってやってましたが(但しPostエフェクトなど、LINEレベルの機器で)、今はそれをやらなくても音の「カラー」は変わらずに透明感をそのままに音作り、システムを構築することができる機材が増えてきました。

電源周り(1)
メイン電源は、「strymonのOjaiから供給」されます。Ojaiはよいです。全出力「1つずつ」が高容量機器に対応するため、このシステムでは、Cyberyへの供給と、2台のSOURCE AUDIOへの電源供給を行っています。安定供給、ノイズの影響もほとんどないので置き場所(設置場所)も関係ありません。熱もそんなに持たないため、トータルで考えても「今、一番安心できるパワーサプライ」です。今回の様な、アナログの歪みペダルと、デジタルDSP系ペダルの併用においても、「ヒャー」とか「ピャー」とか..おかしなノイズもでません。クレームなしのパワーサプライです。意外と気にしてない方が多いですが、システム構築においてパワーサプライのチョイス、コーディネートは重要です。

電源周り(2)
「4分岐のためのCAJ/HUB6」更に、EXGエフェクト用に、Ojai→CAJ/HUB 6で「1ポートからDC9Vを4分岐」させています。strymonのオプションケーブルでもできますが、ボード内のレイアウトと、隙間、あとは見た目がカッコよくなるため(笑)、今回搭載しました。(やっぱり主な理由は配線上の「取り回し」ですよね。)

念のため、Sonic researchへの電源供給はOjaiから行っています。どの道、ON時には音はでない(MUTE状態)で、トゥルーバイパスされるので上記HUB6から供給してもいいんですが、、ま、端子も余ってますので、気分的に(笑)そうしました。

2つの空間系エフェクト。
4LOOPのEXGペダル軍団の後段に(スイッチングシステムから)「NEMESIS」「VENTRIS」へ接続しています。
「Cyberyが、3つのMIDI個別送信(x3 MIDI CH)に対応しているため」、
これらは、冒頭の通り、LOOPに入れなくても、「VENTRISとNEMESIS」は、MIDI CCを使ってBypassできます。バイパス時も、バッファーを通過しますが、SOUCE AUDIOの「それ」がなかなかよいため、ノイズも軽減され(s/nの改善)、クリーントーンも透明感があって綺麗。
エフェクト音についても、ディレイ、リバーブ共に、プリセットをインストールし(EXCEL PRESET)、ディレイ+リバーブだったり、VENTRIS単体での「VENTRIS内蔵の2つのDSPを使ったディレイ+リバーブ」と、色々な空間系エフェクトをこの2台だけで豊富に作る、出せる様に構築いたしました。

ケーブルは、日の出光機製作所さんに(長さなど)カスタムで作っていただいたケーブル。しっかりとプラグインされ、折れや曲げにも強く、取り回しに限らず、使用中のトラブルもゼロ。

↓お客様からのご感想です。↓


「まずは、
よく、このボードに全部載りましたね!!..と。
凄いです!(笑)ピッタピタですね。

アンプは、オリジナルMK-Iに繋いでみました。アンプを単体で使っている時と変わらないくらいに、アンプクリーンでもノイズは気になりません。流石です。

ボードは綺麗にまとまってますし、見ているだけでも楽しいですね。
ペダルはペダルのよさがあります。このシステムでもペダルの組み合わせで相当いい音がでるようになりました。EXTREMEのペダルもこれでそれぞれが活かされるようになりましたし、今までみたいにいちいち繋ぎかえなくていいようになったので、とても便利になりました!

やっぱり、ちゃんと組んでいただいてよかったです。ありがとうございます。」


こちらこそありがとうございます!

当店で販売した機器を、売ってそのまま、で終わり..ではなく、
使い方の幅を広げ、
その後もフォローアップして行くこと、
それが、ギターショップEXCELの信念。

おかげさまで、今月で12周年を迎えましたが、やっていることも、やることも、変えずに、ブレずに、そして磨きをかけて年を重ねて行こうと思います。