フレットエッジ(ROUNDED Fret Edges.)

このところ雨続きで結局、梅雨明けしてなかったのかも。

6月下旬の猛暑から、雨続きでいきなり涼しくなったり、蒸したりの繰り返して、普段よりネックも動きやすい。

ギターの避暑地?

当店は日陰立地で、店内は湿度管理、送風をしているためギターにとって快適な場所。この時期はしばらく預かっているギターもあります。オーナー様にとってギターの別荘のような存在となっています。

お客様のEXTREME-RXもピットイン中。

EXTREME-RX「SPEC-A」の調整中。
夏はネックが動きやすい時期。夏を越えれば戻る?と言う考えもありますが、様子見の重ねはあまりお勧めしません。逆反り(または順反り)放置でネックそのものを悪い補正=クセをつける恐れがあるため、長い目で見て、その都度調整することをお勧めします。EXTREMEの場合はネックを外さずに調整できる(ホイルナット方式)ため、異常を感じたら簡単に調整可能。
目安は:逆反りすると音が詰まる出なくなる、順反りするとやたら弾きにくいギターになる。

今日はタイトルにある小話で、

ROUNDED Fret Edges.

RX以降、フレットエッジの仕上げ方法、仕上がり形状が進化しました。一般的に球面処理と呼ばれます。
EXTREME-RXでは、この「形状」についてBlack Cloudさん(製作パートナー)と幾度も打ち合わせを行い、形状のテストを実施しました。
手に痛くなく、優しい手触りで、
一番重視したのは弦落ちしそう感の軽減。RXのフレットエッジは丸エッジしつつも、縦方向を少し残す形状にしたことで、演奏中に「落ちそう..」と言う心的な感覚を軽減します。

Steve Lukatherみたいに弾いても大丈夫。です。

梅雨〜後「調整をお勧め」

ネックは動きます。

木なので、湿度、温度の変化に伴い動くネックはその都度トラスロッドで調整する必要があります。これはどこのメーカーでも共通して言えることです。どこそこだから反らないとか、反るとかありませんし、
反る反りにくいにそのギターのアタリ・ハズレの評価も存在しません。反ったら調整するだけです。

「そうかなー、気にしてないけどなー」

って、本当に気にしてないだけで、大抵の場合ネックは動いています。反ったまま放置が一番よくない訳ですが・・(悪化放置は、クセついて直せなくなることも。)

そうならない前にコマメな調整をお勧めします。

梅雨の時期は湿気を含み逆反りしやすいシーズンです。夏越えて自然治癒を期待することなく、その都度調整が適切。

本日は「お客様のRX」がピットイン中。
ローストネックでも反ります。(ローストネックはどちらかと言うと、トーン・ニュアンスの違いが大きい。)
写真はまだ新しいギターですが、新しい物でもコマメな調整を行うことで、この先ギターは長持ちしますし、異常の際にも早く気が付くことができます。

お気軽にご相談ください。