ST-808プロジェクト『始動』 | EXTREME GUITAR FORCE

昔々..約25年前。

私がまだ楽器業界に入った頃の話。

(1990年代)その時には既に、

70-80年代のMaxon/OD-808(以下、オリジナルMaxon)は、

「現行のTS-9より音がいい。」

「これにはプレミアが付いている。」

当時は今みたいにネットで情報を集める..って時代ではないために、「音を聞き比べて判断」していた時代。当時新品で販売されていたTS-9と比較しても、「音が太く、なめらかに前に出る」印象が残っている。

その90年代当時にも、比較すると音の違いは明らかで、なおかつ国内で手に入らない場合には海外のヴィンテージギターの卸し業者などから「逆輸入扱い」として仕入れるほどに当時から「オリジナルMaxon」でしか得られない「欲しいトーンと希少性」があったのだ。


時が経ち。

昨年。
2018年。

「とある1台の1980年製 Maxon OD-808(写真手前)」を試す機会に恵まれた。


(手前:1980年製。奥:1970年代製。)

 

世の中に、TS系と呼ばれるオーバードライブは数えきれないほどあり、それを模倣するオーバードライブも数々ありますが、

久々に触れる「この1台(写真手前)」にフォーカスすると、確かに違う。
現在は10万円、状態の良いものだと20万円前後で取引されている「ヴィンテージ品」として扱われるオリジナルの「OD-808」。

早速、田村さんに連絡。店に来てもらう(近所)。
検証していただくと、

田村さん曰く、
「こ、これは、1000個に1個あるかないかの個体かもしれない..」

と、驚きの表情を見せた。TS開発者による高評価。つまり、当たり中の当たりの1台であることは間違いないのだ。


TSを使う本来の用途。「ゲインブースト」をする。
アンプを軽めに歪ませるクランチ〜ドライブにセッティングし、この「オリジナルMaxon」を踏んでみる。

  • 「トーンをプッシュしながら」音全体は「なめらか」に伸びていく。
  • アタック時に「心地よいコンプレッション」が感じられる。

これは、数多くのペダル、アンプシステムを使ってきたエキスパートなら、この「オリジナルMaxon」から放たれるトーンの「差」が「とんでもなく大きく」感じられる筈。確かにいい音なのだ。これは、25年前の私の記憶「音が太く、なめらかに前に出る」を思い返した。正しくあの音だ。

プレーヤーのみならず、
エフェクターを作るエンジニア達も追い求める「オリジナルMaxon」トーン。
TSに倣ったブティックペダルであっても「出すことのできない世界観」がここにある。

マニア達が10万円、20万円しても「欲しい」付加価値はこの音を体験すれば理解できる..。

ーーーー ここからは情熱的に行こう。

田村さんに敬意を表し。
そのオリジナルMaxonを作ったTSの祖師である「田村進」氏の協力(強力)のもと、

ST-808プロジェクトを始動。

果たして、
STは「Smooth,Sleek,Shiny.. Tone」の意味か、
あるいは「S.Tamura」かもしれないし、
「TS」を捩ったのかもしれない..そのあたりはご想像にお任せしたい。

「製品化?」
そう。この話は水面下レベルではなく、既に完全再現への道は「ゴールに近づいている」のだ。それは、これから徐々に明かしていくので楽しみにしておいて欲しい。

(次回へ続く。)

 

DAVID LABOGA から新ケーブル「SELECTIVE PRO」が発売されます。

ハイエンドケーブル「LABOGA(ラボガ)」から、新しいシリーズ、

「SELECTIVE PRO」
(略して「プロ・ケーブル」)が登場します!!

(輸入元オールアクセスインターナショナルさん協力のもと、いち早くテストを開始!)

「PRO」は、レコーディングケーブルとして登場した上位モデル。
従来のPerfectionと同様にアンプ、DSP機器どちらに使っても効果のある凄いケーブル。

現在発売中の「Perfection」に比べると、音は高域〜低域まで実にフラットで素直。特にローエンドはスッキリと出る。
一番の特徴は「ピッキングニュアンス」が出しやすくなる点。

ケーブルでの伝送感。これは感覚的な物もありますが、弦に触れ、ピッキングする動作やピックの当て方まで、しっかりとギターから機材へ伝えている感触、これらが最も高く感じられるケーブルです。
ギターはもちろん、ベースに使っても「指」のニュアンスがしっかりと出ます。

使う機材は問いません。
・真空管アンプから、
・デジタル/DSP系機器はstrymonからFRACTALまでそれらはAMP、エフェクトブロックの音の出方やニュアンスまで飛躍的に向上します。


レコーディング機器にも違いがでます(本来はこの目的のケーブル)。
ギターの存在感がアップ。このギターの存在感アップについては、こう言ったレコーディング機器以外にも普通の真空管アンプに使っても感じ取れます。

線材も柔らかめ。ブラックメッシュで絡みにくい(音の違いもあります)。PROケーブルは方向性はありません。


近日発売を開始します。先行して「予約受付を開始!」

予価(税別)
・3mSS 11,000円
・6mSS 14,500円

S-Lもあります(方向なし)。ご相談ください。

店頭で試聴できます。

限定版EXCELピック「APEX PRO-WL」残り少なくなりました。| お知らせ。

「指先で弾く感覚になれる。」

「指先との一体感が最も感じられるピック。」

「細かいニュアンスがギターに伝わる理想的なピック。」

愛用する方々から、

「このピックじゃないと弾けなくなった!!」

と言うありがたいご意見も頂戴するロングセラー「EXCELピック」

似たような形はあるかもしれませんが、EXCELピックは完全な「オリジナル形状」

プロミュージシャンの協力とリサーチを経て、始めは「手書きのラフ画」からは
じまり、先端をどうする、全体のカーブは、厚みは、素材は・・と繰り返し設計を行ったピック。よそにOEM製造もしていませんし、他社製で同じものは存在しません。類似品にご注意です..が、最終的にはお客様の好みにあったピックをお選びいただければと思います。

限定版の「APEX PRO-WL」は、滑り止め効果のあるグリップ感、しなり感も少しだけ固め。
通常版(青ロゴ)と比べてどっちがいい?でもありません。

しかし、
違いは明らかにでますので、
EXCELピック愛用者さまには是非試して欲しいピックです。

残り少なくなりました。
あんなに大量にあったのに。あっと言う間です・・ありがとうございます!
残り少なくなりますのでご入用のお客様はお早めのご注文をお薦めいたします。


販売店情報。
島村楽器 アリオ柏店(千葉県)さんにてお買い求めいただけます。
ギター担当の山口さんをお訪ねください。

Ultra-Gain by EXG『ユーザーレビュー』が届きました! | EXTREME GUITAR FORCE

『Maxon』x『田村進』x『EXCEL』

ディストーションペダル「Ultra-Gain」

発売直後の中。Ultra-Gainを購入くださったM様からレビューが届きました!

M様はEXCEL並びにEXG製品ヘビーユーザーのお客様。これまで数十年以上を「ハイエンドと称される機材の数々」を所有。

それらを実際に使用している「エキスパート」が評する「Ultra-Gain」について。

分かりやすく、大変細かく語ってくださっています。ありがとうございます!

↓以下「ユーザーレビューです」↓


『Suhr Riot Reloadedと比べてどうなんですか?』
新しい歪みエフェクターを購入するとき、この言葉を発したことがないギタリストはいないと思います。

それくらい、Suhr Riot Reloadedは衝撃的なトーンセンスで数多の心を鷲掴みにしたのです。

『“聖域”と称されるミッド・レンジ。』
ミッド・スクープ、ミッド・ブースト、ドンシャリ、これら全てはミッド・レンジを操作することで得られますが、

星の数ほどある歪みエフェクターの中で、「Ultra-Gain」のように580Hz~3.6kHz前後の帯域を弾き手に委ねているものは極端に少なく、Ultra Gain」は、「MID FREQ」と「TONE」の2段構えで聖域を弾き手に委ねてくれる貴重な存在です。

『劇的な変化をもたらすミッド・レンジ。』
弾き手に委ねてくれている反面、いつまで経っても目指すサウンドを手に入れることができないことも。

Ultra Gain」は、6弦を鳴らしながら「MID FREQ」を好みの周波数帯に合わせ、1弦を鳴らしながら「TONE」で、その周波数帯を調整する。たったこれだけ。

相変わらず最短距離で目指すサウンドに着地できるセンスの良さ!素晴らしい!

ただし、「MID FREQ」はダルい操作感ではなく機敏です。

『TONEはパッシヴでなくアクティヴ』
開けていくと「MID FREQ」で決めた周波数帯が強調され、閉じると減衰していくので、「MID FREQ」と「TONE」はとても密接に関係していることが分かります。この2つの関係性を理解すれば、聖域は簡単に攻略できます。

『呪縛の解放』
18Vで駆動させると、深く歪ませても分離感と飽和感という相反するものを存在させることができます。ワイドかつオープンに歪みきる感覚は正にアンプ。「これがエフェクターで得られる歪みだろうか」と思えます。

しかしながら天衣無縫な感じではなく、「狙ってやっている」ところがまた小気味好くもあります。

アンプのMiddleの位置でも劇的に音が変わるので、着地点が分からなくなる恐れもありますが、

「Suhr Riot Reloadedと比べてどうなんですか?」の呪縛から解放してくれた歪みエフェクターだと言えます。

『SD-9 Superとの組み合わせ』
改めてSD-9 SUPERを弾いてみると、M7やm7といったコードがよく似合うと感じます。

一言でいうと「おしゃれな歪み」。Ultra Gainは同じディストーションでも「武骨なリードトーン」。18Vは異質であり強烈なので、「SD-9 SUPERとUltra Gainを組み合わせて使う」なら、「Ultra Gain」は9Vで使ったほうが統一感が出ます。


 

頂戴した「レビューは以上」です。

ありがとうございます!!

AMPERO「エディットを再開」 | テクニカルサービス

アンプモデラー「AMPERO」

ここ数日のスケジュールで遅れておりましたが、本日「エディットを再開」

トータルすると、5-6日の格闘でしたが、、

EXCEL PRESETの初回バージョンは完成しました!

エディタもver.1.0.2へバージョンアップしています。(ユーザーの方はhotoneaudioのサイトからチェックしてみてください。)

・クリーントーンは主に「2種類」を2バンクに「トータル6プリセット」
1=まろやかバージョンと、2=Hi-Fiバージョンと、ちゃんと2種類のクリーントーンを作ってあります。

・クランチ〜ドライブ系を「3種類」
Orange,Marshallなどアンプヘッド風を楽しむオーバードライブを3種類。

・ハイゲインを「3種類」
5150(その雰囲気)、LUKE風を2種類。ちゃんとHold The Lineも弾けます♪


以上の内容で、

EXCEL PRESET for AMPERO
初回バージョンとして「4バンク(x3プリセット)」をインストールします。

お買い上げくださったお客様には、「概要書」をおつけします。
これから頑張って書きます(笑)。