「溝なし Sサドル」 | EXTREME GUITAR FORCE

こんにちは。

通称、「溝なし Sサドル」

EXTREME GUITAR FORCEのサドルは、現在コレを標準装備としています。

ヴィンテージタイプのスチール製の「曲げ」サドル。

これまで、ブロックタイプなど色々試した中で、
こちらの「溝のない S型のサドル」が良い結果を出しているため、
現在は標準装備としています。

・音の違いの他に、
・フィーリングも変化があります。

2点支持でPush inアームを組み合わせる全体像はJAMES TYLERの「G2RV」に近い内容。

 

もちろん搭載するギターによって違いはございますが、
「EXTREME GUITAR FORCEでの検証」では、響きがワイドになり、サスティーンも豊富になります。曲げた構造がバネの様な響きをもたらすかもしれませんし、

更に、表面がニッケルメッキであることも影響があるかもしれません(そのためサドルは曇りやすいですが..)。

フィーリングの面も違いがあります。

溝がない分、駒圧に対し少しの遊びができる影響からか、チョーキングの動作がもう「ひと息行ける」感じになります。

なお、EXTREME GUITAR FORCEでは、ネジがなるべく飛び出さない様に(すごく飛び出ていると危ないので!)、適切なネジの長さを取り付けた上で、イモネジは「ステンレスのイモネジ」を使用しています。

サビに強くなるため、ネジが回せなくなると言うトラブルを防ぎます。

先ほど書きました通り、サドル自体はニッケルパーツ特有の曇りやすい性質を持ちますが、曇った方が、イモネジの座りは良くなるので、曇ってくれた方がかえって良いかも.. と、最近思います。

弦高交換時などに多少の動きが繰り返されると、サドル高が変わる場合がありますが、その都度、1.5mmのレンチで調整いただければ大丈夫です。

使っていくうちにサドルが曇ってくることで、ネジの食いつきもしっかりしてくると思います。
EXTREME GUITAR FORCE オーナー様から、
「(溝がないから)弦を張る位置を迷う」とお問い合わせいただくこともあります。

この場合、

基本的に、「メケン(目見当)」で行きます(笑)

おおよそ、外側の1弦、6弦は、内側に寄せつつ、残りはおおよその位置に揃えます。

弾いたフィーリング、コードワークで問題なければそれでOKとします。(じゃないと、永遠に..)

通常はこれでチューニングをした状態(演奏する適正な張力がある状態)であれば、0942でもチョーキングして弦が動いてしまう様なことはまずありません。

その点考えると、普段サドルは拭き程度で、曇りっぱなしにしておいた方がいいかも..とこれを書きながら思う。

FRTのオーバーホール

こんにちは。

お客様ご依頼の「Floyd Roseオーバーホール」

FRTは見ての通り、多くのパーツで構成されているため、使い込んでいくうちに稼働が鈍くなる部分や、消耗する部材が出てきます。

 

インサートブロックやアームの交換は一般的ですが、それ以外の部分も10年、20年近くなるものは老朽化が目視で分かります。

中には「分解&組み直し」で調子よくなるものもありますが、年月経ったらメインの部品を中心にオーバーホールすると良いです。

と言うワケで、パーツも揃いまして「作業開始」

ユニットごと交換..と言うのも選択肢としてアリですが(その方が作業は楽ですが..)、消耗や老朽箇所を明らかに断定できる場合、部材交換で対処した方がコストは抑えられます。

分解開始。

後ろからみると、フィンガースプリング(板バネ)がヘタっているのがよく分かります。

分解し、稼働、摺動部分をしっかり清掃、

(多くの劣化はホコリなどのゴミが詰まる、汗によるサビが原因。)

既存で残すパーツも、これから取り付ける新品のパーツも稼働部分に少し注油して準備。

組み立て完了。

今回は、台座とサスティーンブロック以外の殆どのパーツを新品交換。フレッシュになりました。

 

..ここからが長い作業。
ギター本体へ戻す作業に入り、セットアップをします。