「II」 → 「III」 | テクニカルサービス

好評のAXE-FXIII

ひたすらにセットアップ、出荷の用意(※)
システム制作まで「一式コース」のお客様には、エディットして足元のボードを組むなど..進行中。

(※)ご注文のほどんとがネットショップから「通販」です。早くも北海道から九州まで、お買い求めいただいております。ありがとうございます。


ただ今、「II」から乗り換えのお客様のシステムを構築中..

ラックケースは再利用できてよかったよかったの図。「IIとKochのパワーアンプ」で使っていた3Uのケースが「III」には再利用そのまま使えます。

ここで、「パワーアンプ使わないの??」..の疑問になるワケですが、、

「III」のCABエミュレーションは飛躍的進化をしました。(もちろんAMPブロックもエフェクターもスゴイですけど)
これまで、「II」をギター用パワーアンプとSPで鳴らしていた方も、これから「III」を使う場合に、
・ご自宅ではパワードモニター、
・ライブ、バンドリハーサルでは「ライン」で、
使い方そのものを切り替えた方も多くいらっしゃいます。

このように「AXE-FXIII」は..
もう、これまでの「ギターアンプで鳴らす」と言う考えを変えた機器。と言えます。


ご自宅でコッソリ楽しむ方には..ご家族に怒られない(笑)音量で。
(でも高音質)
今までご自身に蓄積してきた様々な音の数々がAXE-FXIIIで作れます。
音の遅れ感は感じられない、正にアンプそのものの「III」次回ご予約販売を承っております。お問い合わせもお気軽に♪
→ネットショップ商品ページはこちら。

システム製作事例「AXE-FXIII」 | テクニカルサービス

「AXE-FXIII」当店では普通に売りません..。

【1】本体+直ぐに色々使える「ベーシックプリセット」をインストールして販売(しかもお値段は一緒)。

または、

【2】システム一式でのご依頼も多くいただいております。既に構築も始まっております。その「実例をご紹介」します。


今回ご紹介するシステムをご依頼くださったお客様は、「II」ユーザーでしたが、パッと音を聞き比べた段階で、乗り換えを即断。(クリーントーンでもその違いは体感できます。)

普段のトレーニングにはもちろんですが、「バンドリハーサル」「ライブ」での使用を始めから重視されていましたので、フットコントローラーは必須とのご要望。なおかつ、「シンプルに切り替えできるように」との事。

何度かの打ち合わせのやり取りで、こちらの機材をコーディネートし、早速構築、システム製作に入りました。

今現在(2018.11月)「III」を足元でコントロールするためには、「MIDI」での呼び出し、切り替えを行うために、CAJ PRG Stationを活用します。

「III」はPC(プログラムチェンジ)が恐ろしく早くなったため、シーンモードは使わずに、プリセットの切り替えで対応。
足元での使用になるため、フロアタイプのチューナーも必須になりました。


余談..
「チューナーはKORG」と仰る「KORG派」は結構います。私もメンテ用のメインチューナーは骨董品に近い「Master Tune」を使っています。合わせやすいです。


話戻り。

ダイレクトアクセス用の4つのSWと、EXP(VOL用)も装備。

これらが動くように、MIDIコントローラーも、FXIII本体の設定も、しっかりと行います。

最後にバックアップを取って完了。
これで、遠方のお客様(通信販売)でも、販売後にいつでもサポートができるワケです。

 

いよいよお客様へ納品になります。

 


FRACTAL..
この手の機器をご自身でいじれる方は、最初からこのページを見てないかもしれませんが、、

「買って直ぐ使える状態にしてくれ!」の..今時で言う「丸投げ」で結構です。私もその方がやり甲斐感じます(笑)。

実際、今回の記事の様なシステム一式をご依頼くださるお客様の多くは、
「大体こんな感じの、」「こんな風に、」「○○風の音、」こんな感じのやり取りをしながら始まります。

お気軽にご相談ください。


まつわる私の話。
昔々..大きなラックケースに機材を固定、付随する機器を設置し、ケーブルを作って、配線して、、MIDIコントローラーを繋いで、「動くか?」「音はちゃんと出るか?いい音するか?」ってやっていたラックシステム..そして、ペダルボードも一緒。
この経験とノウハウがそのまんま投入できているのが、「AXE-FXIII」。FRACTALに関しては「Std,ULTRA(なつかしー)」の時代から販売しております。

その「AXE-FXIII」も、欲しい時がその時。まずはお問い合わせください。

→ネットショップ商品ページはこちら♪

「II」も元気です。

AXE-FX III のご注文を沢山いただいております。入荷順にセットアップして納品をいたします。
ご注文くださったお客様には「お待ちいただきましてありがとうございます。」

そして、、本日のトピックは「II」のはなし。

「AXE-FX II」もまだまだ行けます。新機種登場で陰に隠れると思いきや..音を出してみると、まだまだ普通に「堪能」できる音質。

現在「AXE-FX II」の「中古販売品」のセットアップ中..。近日、新ネットショップにUPいたします。お楽しみにー♪

システム製作 | テクニカルサービス

このブログの読者の中には、楽器店の方も多くいらっしゃるそうです。光栄なことです。

さて、只今、お客様からご依頼いただいた「大型のシステム」製作中…。

機材が揃って最初にやることは、

まず、仮に並べてみます。

 

じーっと見ながら、瞑想します。

どこにアレを置いて、コレを置いて、こう配線してって・・全体図を想像します。
(作りながら、「全部置けない!」ってことのない様にサイズは予め作図しながら確認注意..しております。)

 

おおよそのイメージができたら、

 

早速、「下準備」を開始します。

写真は、EV-1のネジを取り外しているところ、、

ボードへの固定に備えます。

うーん..実は結構やりたくない作業(理由は聞かないで・笑)。

写真みたいに、EV-1側面は必ずテープで固定しておきます。
「怪我防止のため」。完成までこのままです。

見えないところ、見えない箇所も、地味ですが、色々やっております。

SIF-4TRS(カスタム製作品) | テクニカルサービス

今月仕上げで製作するお客様システムの準備中。
・・間に合うかどうか(笑)。頑張っております。

その、
これから製作する「システム用」に「インターフェース」を作りました!

その名も、SIF-4TRS!!

「システムインターフェース、4端子と、TRS」と言う意味(笑)。

「EXTREME GUITAR FORCE エンジニアチーム謹製」です。

完全パッシブのスルーBOX。
見た目は単純なんですが、エンジニアさんの話を聞いていると、素材、パーツの選定や、配線方法、GNDの取り方など、、このBOX一つ作ることに対しても真剣で奥深いです。…素人自作品とは一味も二味も違います。

今回のインターフェースは、「4Cabele Method 用(FRACTAL AUDIO SYTEMS / FX8 MKII)」に製作。システムでは重要な役割になります。
(製作過程はまた!)

背の「高さ」にも理由があります。システム内では、エフェクターの台としても活用され、スペースを確保します。

完全カスタム製作品のため、市販モデルの予定はございませんが、

当店では、この様な「お客様一人一人に合わせたサービス」を行うことができます。


【後記】
・ネットショップモールの「鵜飼の鵜」となり、どこかの最安値に対抗しながら「どこにでもある物を売る日々」か、

・自分で考え、創り、それを自分で売る。苦しいこともあるが、「楽しい」日々か、

物は例え自分で作れなくても、自分のアイディア、創造性があれば、専門家と組むことで作れることもあります。(今日の話みたいに)。

仕事は、楽しい、楽しめることの方が良いです。