RODENBERG エフェクター | FAQ よくある質問集

RODENBERGエフェクターに関するよくあるお問い合わせを今後こちらの記事にまとめてまいります。

Q1 「18Vで使ってもいいですか?その方法は?」

はい。SL-OD,TB-DRIVEどちらもDC9V〜18Vに対応します。一般的なペダルエフェクトと同じ扱いとしては9Vでいいですし、DC18Vで動かすことで、広いヘッドルーム、高ダイナミックレンジで使うことができます。ニュアンスも出しやすくなり、ハムバッカーやEMGを使う場合にも余裕が得られます。(下記へ続く)

方法その1 弊社推奨のパワーサプライ3機種であれば18Vで使うことを確認しています。

VooDooLAB(PP2+)とCAJ(DC-DC Station)はダブラーのケーブルを使います。

strymon(Ojai R30)はミニスイッチで18Vモードに切り替えます。

※これ以外のパワーサプライについては確認をしていないことと、機種によっては危険な場合があるのでお勧めしません。特に分配型や非アイソレートポートの物からダブラーケーブルで供給するのは絶対しないでください。なお、アイソレートポートを謳っていても正しく使用ができないものもあります。(推奨3機種以外)これらを使用し本体または周辺機器が故障、トラブルを起こした際に弊社は保障いたしません。

上記3機種のどれかをお使いいただくことをお勧めします。

方法その2 単体のDC18Vを使う。あまり種類はないかと思いますが、単体のDC18V(センターマイナス)アダプターで供給していただいても使うことができます。今はスイッチングタイプが主流ですが、できればトランスタイプがいいかと思います..最近見かけなくなりましたね。スイッチングのアダプターの場合、特有のシュワシュワノイズは避けられないことが殆どですのでその辺は仕方ないかもしれません。

結論 フルアイソレートポート装備のパワーサプライ(推奨3機種)をお使いいただくことが音質や安全面どちらにおいても賢明です。

RODENBERG SL-OD Steve Lukather Signature Overdrive | ご注文の前に(ユーザー向け情報)

RODENBERG(ローデンベルク)「SL-OD(Steve Lukather Overdrive)」は、6/18発売、ご注文受付は6/15よりネットショップ/店頭で開始いたします。

これからお買い求めになるお客様へ事前情報(お気をつけいただきたい点)をお知らせいたします。

ミニスイッチは縦(上下)に動きます。
パネルに横矢印が記載されているため(別の意味を表しています)一見横動作に思えますが、「縦↑↓」に動きます。

横に動かさないようにお気をつけください。ミニスイッチの効果:各動作説明は日本語マニュアルに書いてあります。
EXCEL正規輸入品には「シリアル番号印字のEXCELロゴ」を本体と箱に貼付。

また本体には「封印シールも貼付」シール剥がれ(開封済み)や分解改造したものは弊社の定める保証及びサポート対象外になりますのでお気をつけください。
パワーサプライ。トラブルや故障(主にショート)の原因とならないために安全なパワーサプライの使用をお願いします。

パワーサプライは「アイソレート・ポート(またはフルアイソレートポート)」を装備したものをお使いください
→詳しくは商品ページに記載中
推奨リストは実際に試し動作確認をしてなおかつ音質も良いもの。数多くあるメーカー全てを検証することができないため現時点ではリストに3種類のメーカーを挙げています。
・strymon : Ojai, Ojai/R30
・VooDooLAB : PedalPower2Plus
・CAJ : DC-DC Station(写真の現行機種の物)

(非絶縁)アイソレートしていないパワーサプライや、分配型のパワーサプライ、タコ足型のアダプター、これらはノイズ増等のトラブルや故障の原因(主にショート)になる場合がございますのでお使いにならないでください。→詳しくは商品ページに記載中

単体供給についてはこの限りではありません。例えば「BOSS/PSA-100S」「CAJ/PowerBlocks(センターマイナスDC9V版)」を単体で直接→SL-ODに接続。
現在入手しやすいことからこの2種類を挙げていますが、他社スイッチングタイプのアダプターによってはノイズの原因となる場合がございます。

理想的にはトランスタイプのDC9Vアダプターのほうが音質面はよいかと思いますが..最近見なくなりましたね。