【新発売】「TS9 Platinum」「TS9 GOLD」 | EXTREME GUITAR FORCE

弊社オリジナルブランド「EXTREME GUITAR FORCE」より新製品「TS9 Platinum」「TS9 GOLD」を発売!!

これまでのMaxonチューンナッププロジェクト同様に、TS開発者のエンジニア田村進氏によるチューンナップを実施。

TS9 Platinum/GOLD
ベストセラーモデルの「ST-808 by EXG(※1)」
(※1)1980年製Maxon OD-808の当たり個体「GREEN」を再現したコンセプトの2機種「Platinum」「GOLD」を、TS9上に再現したのが今回発売の2モデル。

↓(参考) ST-808 by EXGとは?
https://excel-web.jp/extreme_guitar/ST_808.html


Ibanez TS-9(Tube Screamer)に←ST-808(※1)を投入。
現行のMaxon/OD808とIbanez/TS-9は基本的に同じことから、今回、ST-808(※1)を投入することはスムースに行うことができました。

基本的には「ST-808(Maxon/OD808)」の「TS9バージョン」と言っていい筈なのですが…
比較するとMaxon版と音やニュアンスが異なります。

主には「ケースの違い=亜鉛ダイキャスト」も影響があるかと思われますが、TS9版Platinum/GOLDのほうが「よりモダンな音」でPlatinum,GOLDの違いも(これまで以上に)ハッキリするようになりました。

基本構成。
→1980年製「GREEN(OD808の当たり個体)」の音を再現するためにTS開発者「田村進氏」がチューンナップ。高価なヴィンテージ品を探すことなく、この2機種で同等のトーンを手にすることができます。

出力回路。
→TS9 Platinum/GOLDは出力回路もヴィンテージ品に合わせて変更。現行(新品)のTS9とはバイパス時においても音は異なります。

今あるOver Driveべダルの中において、ヴィンテージ云々に限らず「普通によいモノ」として使えるハイクオリティペダル。

それぞれの特徴は「ST-808 by EXG」と同様。

1980GREEN TS9 Platinum

Platinum 軽快なシルキーTS。カサッとした乾いたキレの良さ。数多くある「TS系」では再現されない本物のハジけるトーン。

1980GREEN TS9 GOLD

GOLD 艶やか、ハリのある音と言われる「TS系ペダル特有の表現」の「本物」を手にすることができるのがGOLD。豊かなコンプレッションはLo感を補い、演奏、ニュアンスを出しやすくなります。まろやかトーン。

LED換装「GOLD=エメラルドグリーン」「Platinum=ライトブルー」

型名は田村進氏直筆。


ご注文はこちら↓
・オープン価格。
・EXCELネットショップからお買い求めいただけます。

 

『GREENの持ち主に訊く』 | Maxon 1980″GREEN”復刻再生プロジェクト「ST-808」

1980マレーシアチップ期「オリジナルMaxon OD-808″GREEN”」を復刻再生した『ST-808 Platinum, GOLD』

GREENとは。
TS系の祖師「田村進」氏が「Vintage TSを何百何千と集めてもこの音を目の前にすることはない」と驚いたほどの特別な個体「GREEN」

当然ながらその「GREEN」には「持ち主(オーナー)」さんがいます。

今回、ST-808開発に協力くださったEXCELヘビーユーザーの「Mさん」がGREENの主の元を訪れ、「GREENとST-808」について伺って来てくださいました。

 icon-warning 記事についておことわり。
ST-808発売以降、TSマニアの間でGREENの持ち主を探す動きがあるようです。記事にも出てまいりますが、ご本人様は手放すご意向もなければ、ましてや貸す意向もありません。「貸して」「見せて」「売って」この様なオファーはオーナー様に大変迷惑になりますので、どうかお控えくださいますよう私からもお願い申し上げます。

今回の記事では以下「MR.G」と仮称し、聞き手のMさんは「M氏」と記載いたします。


M氏Maxon OD-808(以下、GREEN)を入手した経緯を教えてください。
MR.G 先輩から譲ってもらいました。ありきたりでごめんなさい。

M氏その時の印象はどうでしたか。すでにプレミアが付いていたと思いますが、どこに魅力を感じてましたか。
MR.G 当時、自分でTS-9にモディファイを施したり、1stリイシューやデラックスなどを購入したり・・・理想とするトーンを追い求めるために散財していました。それでも当時物は一度も試したことがありませんでした。そんな中、オリジナルを借りる機会に恵まれて。で、一発で「求めていたトーンはこれだ!」となった訳ですが、譲り値を聞いてやはり高嶺の花だと諦めていました。

M氏その先輩、よく手放しましたね?
MR.G ピートコーニッシュが欲しいから買い取ってくれない?安くしとくよ?と打診がありました。もちろん即答ですよ。これが手に入ればTS探しの旅は終わると直感しました。お金の工面には苦労しましたが(笑)。

M氏 オリジナルだけが持つトーンを手に入れた訳ですね。開発者の田村さんから「1,000個に1個(後に「万に1個」に訂正)」の個体だというお墨付きを頂き、どう思いましたか?
MR.G いわゆるA基盤、マレーシアンチップ搭載の極初期の個体だとは分かっていました。しかしながらまさかの展開で正直びっくりしました。全てオリジナルパーツ、半田ごてが当てられた跡が一ヶ所もない(無改造)って凄いことですね。音楽遺産だと思いました。

M氏 今回のオリジナルだけが持つトーンを再現しようとしたプロジェクトをどう感じましたか?おいおい止めてくれよ~とは思いませんでしたか?
MR.G ははは。このオリジナルはすでに30年近くが経過しており、故障するのが怖くてライブで使えなかったけど、クローンが出来たらライブで使えるので渡りに船だと思いましたよ(笑)。

M氏 特にキャラメルスイッチが故障したら大変ですもんね。仲間内でもこのオリジナルのトーンは有名なので譲って欲しいという人が多いのではないですか?
MR.G オリジナルを友人に貸すと口を揃えて、「欲しい!譲って!」と言われます。もちろん断るんですが、これからは、同じ音が出るやつがEXCELさんにあるよと紹介できます。

M氏 僕もオリジナルの魅力に憑りつかれたひとりです。で、このトーンがどうしても欲しくて、持ち込み企画としてエクセルさんに打診した訳です。オリジナルが持つ、サスティーンに乗っかるシルキーな歪み成分が最大の魅力だと感じていますが、オリジナルで一番気に入っているところはどこですか?
MR.G もう全て(笑)。アンプを選ばないペダルだということもありますが、特にフェンダーのヴィンテージアンプに繋ぐと、甘さ・かったるさ・ダルさが加味されて、ステキなトーンになります。

M氏 プラチナの出来はいかがでしたか?

MR.G オリジナルと比較しても優劣なんて付けようがないくらいの素晴らしい出来でした。ツマミ位置をオリジナルのトーンに寄せていくと、もう耳では判別できないですね。正直驚きました。いわゆるチューブスクリーマーを使ったことがないプレイヤーにもお薦めしたいです。過去には自分でもモディファイをしましたが、ヴィンテージ臭が出せずにいました。このプラチナはそこがよく再現できています。集積回路や容量抜けしているコンデンサが肝って訳でもなさそうですね(笑)。

M氏 ありがとうございました。
MR.G とても良い企画に少しでも協力できてよかったです。

-END-