良い「パワーサプライ」のはなし

ここでは、
輸入元WEBで解説されている技術的なお話ではなく、実際の使用感「ユーザー目線」で、分かりやすくお話します。

 

よくある「パワーサプライの定番キャッチコピー」に、

・「ノイズのある・なし」

に始まり、

続いて、

・「グランドループする・しない」
・「アイソレートした・してない」
・「完全アイソレーテッド」
・「レギュレート」

など、
こんなのが出て来ると何だか難しい話ですねー…。
でも、一般的にそう書いてあると何だか良い感じがするそうです。
楽器店でも、これらのキャッチコピーを基に販売商品や接客のネタにしていると聞いたことがあります。

しかしながら、

「じゃあそれで実際使えるかどうなのか?」が本質だと当店では考えます。

 

そんな中、
「信頼できるパワーサプライ」がこちら。

「Ojai(オーハイと読みます)」は、青い本体から5系統のDC9Vを出力、もう一つOjaiを買うと拡張も可能。

エフェクター「5台程度のペダルボード」なら、まず選択肢として考えたいパワーサプライが「Ojai」です。

近年増えつつある、デジタル機器、DSP系エフェクター。XTOMPや、strymonもそれらの分類に該当しますが、
まず、

・「デジタル、DSP系機器」に安定して供給できる容量を持ち(strymon,XTOMPは300mAは欲しい)、

・アナログエフェクターと組み合わせた時に、「ちゃんと使える」かどうか、

これらをクリアーするパワーサプライが、「Ojai」です。

「Ojai」であれば、

「デジタル、DSP系機器」+「アナログエフェクター(普通のディストーションペダルなど)」

こんな当たり前の組み合わせにおいても、

「Ojai」から供給される電源はクリーン…クリーンと言ってもイメージしにくいかと思いますが、

つまり、

電源を通じて余計なノイズ成分がエフェクターへ入って来ないため、
「Ojai」からの供給は、電源アダプターやパワーサプライの違いに左右されない「良質な電源供給」であり、
・エフェクター本来のポテンシャルを引き出し、
・デジタル、DSP系機器を安定動作させ、
・アナログペダルとの併用時にも、高周波のノイズが乗ることなく、「普通」に使うことができます。

「ピ~ヒャラ~」ってなりません。

当店では各社パワーサプライを比較し、
・小型軽量で、
・デジタル機器が動き、アナログ機器の併用も安心、
これらをクリアーにするパワーサプライとして「Ojai」をお薦めします。


当店で制作するペダルボードに搭載することで、お客様からのクレーム、ブーイングもありません。(良いことです)。

・弊社オリジナル・ディストーションペダル「FID-1」用の推奨パワーサプライです。

ご注文はEXCELネットショップからお願いします!
http://xc522.eccart.jp/y897/item_detail/itemCode,4560347887499/

「FID-1」お客様レビュー | EXTREME GUITAR FORCE

ディストーションペダル「FID-1」をお買い上げくださったお客様より、ご自身の活動するバンドで使用したご感想など、レビューをお送りくださいました。ありがとうございます!

FID-1に限らずですが、お買い物くださったお客様から写真付きのメールをいただくと、ホント嬉しいです!

FID-1導入により、歪みのバリエーションが増えたご様子で嬉しいです。

(お客様より写真掲載について承認いただいております。)

以下、お客様よりコメント:


色の決め手となるWAVEとCOUNOURは、設定を10時にして若干暖かみのある音からスタートしましたが、結局12時に落ち着きました。程よいエッジ感と輪郭感が得られ、結果音抜けがよくなったように聴こえます。
 
物凄く歪むのに、ここまで透明感のあるものは中々ないでしょう。

>>続きは「レビューページ」をご覧ください。
http://excel-web.jp/extreme_guitar/review.html