システム製作記「AXE-FXIII MKII」(4.6) | 完成編

前回までの記事。
→その1
→その2

今回「ボードまで一式のシステム」でご依頼いただきました。3つのEXPペダルと、コントローラー(FC-12)を足元に、本体はプリセットのエディットに始まり、初期設定から変更したほうがよいsystem設定などをお客様のご要望と照らし合わせながら製作を進めました。
(制作途中については上記リンクから読めます。)

いよいよ完成!!

右から【WAH1】ブロックを動かすEXPペダル。普通のWahペダルと同じ動きとストローク幅のため、AXE3のWAHブロックを動かすことに最も適しています。ON/OFFはオートで動かすことができるため、使いたい時にペダルを動かすだけ。

隣り合う2台の「EV-1(SIL,BLK)」は、【PIT1】【VOL1】ブロックで使用します。WAHブロックと同様に、PIT1の操作「Whammyペダル」としてこちらもオートでON/OFF動作します。VOLはPost Volumeの操作を行います。歪み量はそのままで音量を上下させ、空間系エフェクトの残響を残すことができます。古くはCAE/CAJのラックシステムで行われてきたノウハウのひとつです。バーチャル空間で構築するAXE3においてもこれらのノウハウ、ルーティングの概念を活かす、投入することができます(私も昔からラック組んでてよかった..と思う時です)。
更に今回のシステムでは、VOLペダルをゼロ時に自動でチューナーが起動するように設定。AXE3本体、FC-12にチューナー表記がされます。ギター持ち替え時のプラグの抜き差しをしてもいいワケです。

ポイント 実際のところ、ただ繋いでも初期設定のものは動きますが、ギターシステムとして活用するにはある程度の設定やエディット、プリセットに合わせた機能紐付けは必要です。想像だけで「どうなのかなー」と考えるよりも現物を使いながら覚える、そのスタートとなるきっかけと、しっかり製作まで当店ではサポートいたします。今回ご依頼のお客様も遠方の方です。何度かのメールのやり取りで必要機材の選定とお見積もりをしながら、ご要望に合わせて承りました。

「FRACTAL」を初めてみたいけどちょっとなー..の方は、じーっと考えていても(検討)何も変わりませんので、お気軽にご相談ください。

お客様のコメント

ご依頼くださった「K様」よりご感想をいただきました。

EXCELさんで購入したしたきっかけは、今まで使っていたマルチエフェクターでは出来ない事が多くなっきたんです。 他のメーカーも考えていたんですけどどうせなら最高のものをと思ってネットであらかじめ探して知っていたEXCELさんのWebサイトに見に行ったらちょうどMark Ⅱが発売すると記載されていました。だったらもう買っちゃえと思って制作依頼のメールを送りました。

FC-12が思ったよりデカくてびっくりしました。本体は思ったより小さいですね。 操作してみたのですが、AXE FXⅢMARKⅡでできない事はほぼない、やっぱりすごいですね。本当に構成をお願いして良かった! 自分でやったらここまで綺麗できなかったですね。本当にありがとうございました。
こちらこそ当店でお買い物くださいましてありがとうございます!
導入機器と参考価格
・AXE-FXIII MKII
・AXE-FX 3U Rack Case
・FC-12
・EV-1(SIL)
・EV-1(BLK) 以上FRACTAL AUDIO SYSTEMS
・CAJ System Board(特注品)
・SOUCE AUDIO Dual EXP
・ケーブル類(XLR, TRS等)
・配線部材一式
・製作、セットアップ工賃一式。
合計 ¥700,000(税込) 配送料別。

システム製作記 | AXE-FXIII MKII (2021.3.27)

前回の続き
→前回の記事はこちら

配線作業も完了し、ここからは実際にAXE3 MKII本体へ接続してエディティング作業に入ります。

ボードを設置。今回、FRACTALのシステムとしては大きめのボードサイズですが、昔々懐かしのRSB-18の時代を考えれば..「十分スリム」ですね。

ちょっとした裏側の話..「しっかり養生」
システム制作時に最も気をつけているのがこれです。本体はもちろん、ボード、ケースには傷が付かないように養生(保護)が欠かせません。土足のままスイッチを踏むなんて御法度モノ。SWは指操作もしくは綺麗なスリッパに履きかえて操作しています。..実はここが結構神経使う部分。

XLRケーブルでAXE3 MKIIに接続し、エディットに入ります。

前もってお客様からの要望もお聞きした上で、各部セットアップをし、システム設定も変更。EXPペダルもただ繋いだだけでは動作はしません。

お客様のお手元に届いたらパッと繋いで直ぐに使える状態にします。

次回は完成編。
また後日。