検証:パワードモニターを→本格的ギターアンプ化する方法【初歩編】 | 動画有り。

「昔。ギターアンプってあったね」と言う時代も近い。今まさにアンプモデラーの進化は続き、製品はピンキリながら価格帯も様々。

そんな中、同時に生活環境の変化もあります。「大きい音が出せない」「置く場所がない」とか、「むしろ、小さい音で可能な限り良い音で」と言うニーズも増えつつあります。時代の変化、そしてデジタル化、楽器店も切り替えて行かなければなりません。

気持ち良い音。私も50W,100Wのヘッドを4発入りキャビで鳴らすことが最高に気持ち良いのは知っています。その時代に育って来ましたし、今もそう思います。

その気持ち良い音の蓄積や知識を大切にしつつ、
ここからは、これからの時代に合わせた「ギターを鳴らす方法の変化と新しい方法」についてお話しします。

(AXE-FXなどのアンプモデラーは今日のところは置いておいて..)

・小型。
・なおかつ今持っているペダルエフェクターを使うこともできる。
・ツマミで直感的操作するだけで簡単。

しかも「気持ち良い音」で。これを実現する方法をお話しします。

但し、付随する機材を揃える必要があります。

1 パワードモニター。

口径は6〜7インチ以上を推奨。出力の問題ではなく、これ以下のサイズ/口径は再生能力的にちょっと厳しいです。詳しくはご相談ください。

2 strymon/IRIDIUM

この機器からは「アンプとスピーカーの音」が出ます。
最初に一番誤解されているのは「(昔で言う)Palmerみたいなヤツでしょ?」です。そうではありません。IRと名が付くと「CABエミュレーションのみの機材でレコーディング機器?俺には関係ねー!」って考える方が結構いらっしゃるのですが、それは誤解です。IRIDIUMは、Fender/VOX/Marshallの3種類のAMPを搭載。AMP INPUTにギターを入力することと同じことができます。更に、IR CAB..と書くとまた難しくなるので割愛しますが、要はCABエミュレーションをアンプごとにx3種類(計9種類)搭載。

(念の為)SPを直接繋ぐことはできませんので..

IRIDIUMをパワードモニターに繋ぐだけで「ギターアンプ化」すると言うワケです。

(IRIDIUMの能力、IRデーターの密度、高解像度については長くなるので割愛いたします。ご興味あったら輸入元ホームページをお読みください。)

3 歪みペダル。空間系エフェクト。

お持ちの物がそのまま使えます。歪み(コンプ,一部モジュレーション系含む)はIRIDIUMの前段に、DLY/REVなど空間系は後段に接続します。
普段、AMP INPUTに接続しているペダルボードでしたら試しにIRIDIUMの前段にそのまま繋いでください。IRIDIUMをクリーンセッティングにしておけば、普段アンプで使っている感覚と同じに使える筈です。

1+2+3=動画で解説

ギタリストの林さんにご協力をいただき、パワードモニターを使ってどのようにギターアンプ化するのかを検証しました。「モニターにギターを直接入力だけではダメなのか?」についてもお伝えしています。

できるだけ難しい用語などは使わず、機能面の深い部分にもあえて触れていません。

当店ではシステム一式のコーディネートのご相談を承っております。特に「機材のことはよく分かんないけど、やってみたい!」好奇心旺盛なお客様には手取り足取り丁寧に対応いたします。

SD-9 V2を18Vで使う『推奨パワーサプライ』

弊社オリジナルブランドEXTREME GUITAR FORCEより、
9月上旬発売の新機種『SD-9 V2』(税抜価格 31,500)

Maxon Sonic Distortionをベースに、現代版に作り直したのが「V2」。


(Sonic Distortion V2 by EXTREME GUITAR FORCE)

前回まではトーンコンセプトのお話しをしたところですが、
前回の記事

「V2」の特徴のひとつには、9-18Vの電源に対応しました。
普通のMaxon SD-9, SD-9 SUPER by EXGを9V以上の電源で使用してはいけません。故障します。)

「V2」を9Vで使用すると、
伝統的Maxonサウンドをそのままに、「V2」で進化をしたLo感、押し出すMIDレンジ、クリアーな歪み、TONE機能、これらの進化はそのまま使うことができます。ヴィンテージ嗜好の方や、お手元に9Vパワーサプライしかないお客様はとりあえず9Vでお試しくださっても結構ですが、

本来我々の意図する「V2の音」は18Vで発揮されます。

設計、テスト段階においても、18V入力で繰り返し行なっていますので、「V2」のポテンシャルを100%引き出すためにも「DC18V」の使用を推奨します。

18Vパワーサプライ。
電池x2個で18Vにすることは現実的ではありませんので「18VでV2」を使う場合には、DC18Vに対応するパワーサプライの使用をお勧めします。

これもピンキリです。「V2」設計時には田村さんと幾つかのパワーサプライで検査を行いました。
数社の物をテストしましたところ、
いわゆる「単体モノのスイッチング DC18Vアダプター」ではあまりよい結果はでませんでした..。
音は普通にでますが、我々の意図する音、特に高域の明瞭さ、伸び、低域の座りのよさなどが今ひとつ。高域のノイズも気になる物や、高周波ノイズを除去するフィルターをかます様な物だとかえって音が丸くなってしまうものもありました。

各社の供給タイプのパワーサプライを何種類か試してみましたが、

格段によいもの、「V2」で目指した音を正確に表す電源は..

 strymon Ojai R30(オーハイ R30)です。

これは「別格でよい」です。

他社製品については全て試せた訳ではありませんので、もしかするとstrymon以外にも適した製品(18Vパワーサプライ)は存在すると思われます。この辺は今後ユーザー様や、販売店様と連携して今後も調査を続行します。

今現在は「strymon Ojai R30」をお勧めします。

ミニスイッチで18V出力を行える上、安定した電圧供給で、設置場所によるノイズの干渉もほとんど気になりません。

Ojai R30 DC18Vから供給する「V2」は、一気に高ダイナミックレンジ化、高域から低域まで一瞬でワイドレンジ化したことが分かります。ローエンドは高速リフから、ローチューニングしたギターであっても、どっしりとした低音、ブレない低域の座りの良さ、高域は明瞭に綺麗に伸びます。
レンジの部分以外にも、18Vで使うことで、広いヘッドルームを活かし、弾き手のニュアンスがつけやすくなります。ペダルの枠を超えた気持ち良いディストーションを是非ご体感ください。

SD-9 V2 by EXGは9月上旬発売予定。
価格 ¥31,500(税別)

島村楽器 柏店さんにて『V2 先行予約販売』を開始しております。
詳しくは「島村楽器 柏店 山口さん」にお問い合わせください。V2以外のEXGペダルについてもお尋ねください。