EXG ペダル情報 | EXTREME GUITAR FORCE

EXCELプロデュース「チューンナップ版・Maxon」シリーズ。

地元企業Maxonのペダルを、進化向上の「サウンドコンセプト」へチューンナップ!エンジニア田村進氏による手作業でファインチューンを施し、オーディオアナライザの厳正な検査によって「合格したものだけ」を販売中。非常に厳しい検品を経て製品化しています。


「チューンナップ版Maxon by EXGペダル」のラインナップをおさらいしますと、

印の機種は現在「受注生産(納期は2週間)」モデルです。

以上のラインナップ。内容、デモ動画は各商品ページをご覧ください。


販売店情報。

「チューンナップ版Maxon by EXG」は、
島村楽器さんにてお買い求めいただけます。

島村楽器セブンパークアリオ柏店さんにて取り扱いがございます。
ギター、エフェクター担当の山口さんにお尋ねください。

その他の店舗に関しましてもお店にリクエストをしていただければ対応してくださるかも..しれません。

CP101 SUPER(COMP)をきちんと使う方法 | EXG Effects

・音はクリアー。
・上の方にやさしく掛かる。

音は薄いと言うことはなく、
強弱のニュアンスを意識して弾くことで、しっかり(深く)かけることもできるコンプが(Maxonチューンナップ・プロジェクト)「CP101 SUPER by EXG」です。

ユーザー様には説明書にも記載しておりますが、内部の「CdS」が通電後1〜2分で安定化してくることで、「CP101Sの本領が発揮」されます。

「(使い始めより)かかり方がツヤっぽくなったぞ!」は「正解!」なのです。

これは、車の暖機運転と似ています。常に通電(※1)=アイドリング状態でいることが好ましいです。
(※1)CP101SはバッファードバイパスのためON/OFFに関係ありません。

「CdSの仕組みを解説」するエンジニア「田村進 氏」

ユーザーのために「まじめ」に作っています。

音出たからオーケー..とか、波形でこうなったからいい!ってのと、やってることが全然違いますよ。

↓詳しくは商品ページをご覧ください。デモムービーも見ることができます。
CP101 SUPER by EXG 商品ページ。

Jazz Life 2018 5月号に掲載 | CP101 SUPER

既にFB等でお知らせしておりますが、

5月号のJazz Lifeに「CP101 SUPER」が掲載されました!

「Jazz Life」はスムースジャズ、フュージョンファンには嬉しい内容。

CP101 SUPERも、同じくスムースジャズ、フュージョンファンのギタリストに喜んでいただける「コンプレッサー」

・CP101 SUPERに関する「解説」「デモ動画」は→こちらからご覧ください。

・「お買い求めは」EXCELネットショップからお願いします。→ネットショップ商品ページはこちら!

メディア掲載情報

ペダル・コンプレッサー「CP101 SUPER」が、楽器誌「DiGiRECO」さんへ掲載になります。

先立って、DiGiRECOホームページへ掲載になりました。とてもシンプルに分かりやすくご紹介くださってます。

↓こちら↓

https://digireco.com/?p=5644

ありがとうございます!

 

「CP101 SUPER[CMP]再入荷しました!」 | EXTREME GUITAR FORCE

田村進氏によるチューンナップ版ペダル・コンプレッサー、「CP101 SUPER(CP101S)」が再入荷しました。

先に発売になった「SD-9SUPER(SD-9S)」をお買い求めくださったお客様から「CP101 SUPER」もお買い上げくださったり、

中には、SD-9Sと、Cp101Sと同時購入くださるお客様もいらっしゃいます。
ありがとうございます!


・ダイナコンプ系?→「違います。音はクッキリです。」

・ONにした時に音そのものが変わる?濁る?沈む?→「それ、ないです。」


カッティングにもいいですし..

お薦めの「ポイント」の一つ。
シングルコイルでの単音弾きは、CP101Sが優しくプッシュしてくれる分、「いつもより上手くなった!..気分になれます。」..よいことです(笑)。

→「CP101S」について詳細はこちら!

→ご注文は「ネットショップ」からお願いします。