電話を切る。

お問い合わせのお電話をいただく中、

一連の話をして、用件が済めばお互いに「ありがとうございました。失礼します。」で電話を切るのが一般的だと思うのですが、

私。
話の途中で突然「いきなり切られる」のが苦手です。
ちょっとビックリします。

(電波状況や通信の不具合で電話が「切れてしまったのとは違う」ことが分かっている上での話です。)

子曰く、「其れ恕か。己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」

こちらは聞かれたことに答え、時に調べてお答えし、ご説明をしている最中、そこで「いきなり切る」方は、ご自身の聞きたいことが聞けたのでそれで終わりにしたかっただけなのかもしれません。或いは本人が期待していた返事でなかったのかもしれません。

行き届かない点があれば改善したいと思うのですが、いきなり電話を切られるこちらはその後いい気分ではないことを考えてみてください。

ホームページにも付記しております通り、これからはお電話をいただいた際、はじめに「お客様のお名前」をお聞きする場合がございますことをあらかじめご了承ください。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です