SONO | 再考

再考「オーディオI/F」

音楽の表現の部分でも、住宅事情の変化にも伴い、今とても売れている機材がオーディオ・インターフェース。

各社、音はピンキリ。
音質で選ぶなら「Audient」をご選択いただければまず間違いありません。
私(EXCEL店主)も使ってます。

そもそも、レコーディング用途で使用する機材ですが、ずーっとレコーディングに使う必要はなく、主には「PCオーディオで活用」することが多いです。

そして、ギターをLINEで鳴らす。ギターを直接繋いだり、今持っているペダルをそのまま繋いで使うことに、ギタリスト/ベーシスト向きオーディオインターフェース+TUBEプリアンプ「Audient/SONO」は適しています。

ギター(ベース)用のTUBEプリアンプ、EQを搭載。エレアコ、Eギター、Eベースを直接繋ぐことも(D.I)、ペダルエフェクトを繋いで、CABエミュレーション「Two Notes」を使って本格的なパワーアンプ+CABのサウンドを再生することができます。

(Windows/Mac PCが必要です。)

具体的にどう使うのか?

じょんがら武士さんの動画をご覧ください。

この様なDAWと連携した「レコーディング・ギターギア」としての活用のほか、

iTunes(Apple Music)等の「PCオーディオを再生」させるためにも、SONOは活用できます。同社のiDシリーズ同等のDACを搭載しており、高品位高音質でオーディオ再生が可能。放送機器用等の高級レコーディング/ミキシングコンソール同等のハイグレードMICプリアンプ、DACがSONOに搭載されています。音の密度、音圧、音のエネルギー感に優れることが簡単に実感いただけます。

ヘッドフォンを使っても高音質。これらは同価格帯でのA/B比較動画などで大抵「Audientが高評価」されるレビューがいくつか見られるほか、当店のお客様においても、Audientの導入/買い換えによって、好結果を出し実証しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です