FRACTAL AUDIO SYSTEMS AXE-FX3 MKII TURBO|システム製作記「その1・準備編 MIDI」

「FRACTAL AUDIO SYSTEMS | AXE-FXIII MKII TURBO」大型のシステム製作ご依頼。

早速取り掛かります。

その前に、

Botに繋いだらアップデートがありました。

たまにお客様の母艦を預かると、エラく古いFWのままの方がいらっしゃいますが、特別なこだわりがなければ、最新にアップデートをすることをお勧めします。バグ修正もされますし、新しいモデルが加わっていたりします。

DLして、

GO!したら、

じっくり待つ。
昔..FXIIの時代とか、このパーセンテージ表示がありませんでしたね。
途中で固まったとか文鎮化とか..初期はMIDI使ってやってましたし。懐かしい。3以降は速度もシステム上の視認性も安心感高まりました。TURBOはよりスムーズ。

終わりました。

5秒以上待ちからの再起動。

シャーン♪と起動音は鳴りませんが、

やっぱし「TURBO」
この画面、テンション上がります。クッキリしてますしね。

さて、

システム構築前に、今回製作のシステムではMIDI機器を連動するため、「下準備」として、MIDI設定を行います。

しばらくやってないと忘れてる。
やりだせば思い出す。やりながら思い出しながら操作続行。
マニュアル読みません。
過去経験からフィーリングで行きます。

余談:MIDI知識は昔々のRocktron, Lexiconとかで鍛えられたと思う。この2社は特に苦戦した機材。今思えばマニュアルの日本語が難解だった。

とりあえず、FRACTAL内のMIDI/Remoteを覗きながら、「こうかな?」と動かしながら構築を進めます。

現代は、本当にすごい時代になったものだな、と。
PC側で、こんな簡単にMIDI情報を設定し送信できる。昔々のラック機器では考えられない世界。なんたってあの「2行」の画面の行き来でやってましたからね。

エディタから。CC8個も送れるんだねと今気づきましたが、今回のシステムでは2つあれば十分。

これも昔はRS-10(CAE)でやっていたなー。当時「RS-10」の使い方をマスターしていたら一目置かれてましたが、楽器業界的には「Rocktron ALL ACCESS」を駆使できる人のほうが別の意味で凄いと思って見ていた。今思い返してもあれは難解だった。「でも、MIDI-MATE(Rocktron)よりはマシですね」と言う意見もありましたが。マニアックな話ですみません。同調した方は90年代ラック世代です。

引き続き作業を進めて行きます。

 

FRACTAL AUDIO SYSTEMS「システム製作一式コース」についてはこちらのページをご覧ください。

コメントを残す