システム製作事例「AXE-FXIII」 | テクニカルサービス

「AXE-FXIII」当店では普通に売りません..。

【1】本体+直ぐに色々使える「ベーシックプリセット」をインストールして販売(しかもお値段は一緒)。

または、

【2】システム一式でのご依頼も多くいただいております。既に構築も始まっております。その「実例をご紹介」します。


今回ご紹介するシステムをご依頼くださったお客様は、「II」ユーザーでしたが、パッと音を聞き比べた段階で、乗り換えを即断。(クリーントーンでもその違いは体感できます。)

普段のトレーニングにはもちろんですが、「バンドリハーサル」「ライブ」での使用を始めから重視されていましたので、フットコントローラーは必須とのご要望。なおかつ、「シンプルに切り替えできるように」との事。

何度かの打ち合わせのやり取りで、こちらの機材をコーディネートし、早速構築、システム製作に入りました。

今現在(2018.11月)「III」を足元でコントロールするためには、「MIDI」での呼び出し、切り替えを行うために、CAJ PRG Stationを活用します。

「III」はPC(プログラムチェンジ)が恐ろしく早くなったため、シーンモードは使わずに、プリセットの切り替えで対応。
足元での使用になるため、フロアタイプのチューナーも必須になりました。


余談..
「チューナーはKORG」と仰る「KORG派」は結構います。私もメンテ用のメインチューナーは骨董品に近い「Master Tune」を使っています。合わせやすいです。


話戻り。

ダイレクトアクセス用の4つのSWと、EXP(VOL用)も装備。

これらが動くように、MIDIコントローラーも、FXIII本体の設定も、しっかりと行います。

最後にバックアップを取って完了。
これで、遠方のお客様(通信販売)でも、販売後にいつでもサポートができるワケです。

 

いよいよお客様へ納品になります。

 


FRACTAL..
この手の機器をご自身でいじれる方は、最初からこのページを見てないかもしれませんが、、

「買って直ぐ使える状態にしてくれ!」の..今時で言う「丸投げ」で結構です。私もその方がやり甲斐感じます(笑)。

実際、今回の記事の様なシステム一式をご依頼くださるお客様の多くは、
「大体こんな感じの、」「こんな風に、」「○○風の音、」こんな感じのやり取りをしながら始まります。

お気軽にご相談ください。


まつわる私の話。
昔々..大きなラックケースに機材を固定、付随する機器を設置し、ケーブルを作って、配線して、、MIDIコントローラーを繋いで、「動くか?」「音はちゃんと出るか?いい音するか?」ってやっていたラックシステム..そして、ペダルボードも一緒。
この経験とノウハウがそのまんま投入できているのが、「AXE-FXIII」。FRACTALに関しては「Std,ULTRA(なつかしー)」の時代から販売しております。

その「AXE-FXIII」も、欲しい時がその時。まずはお問い合わせください。

→ネットショップ商品ページはこちら♪

「Musicom」販売開始のお知らせ | テクニカルサービス

前にもお知らせいたしましたスイッチングシステムの「Musicom(ミュージコム)」を当店にて販売中です。

輸入元もオールアクセスさんに決まり、これからのユーザーサポートも安心になりました。

早速。当店では、「中型〜大型のシステムボード」にこれから「Musicomを推奨」してまいります。(小型ボードにはHOTONE/Cybery(4Loop+Midi)と言うプランもあります。)

ネットショップでの販売も行うように準備しておりますが、Musicomの2機種共に、単体(本体のみ)でのお買い求めよりも、「システム一式」「うちで組む」ことで導入、お買い求めいただくことが今後メインになってくると予想しております。

「新規でボードを組む」「古いスイッチングシステムと入れ替え(ほぼ組み直し)」など、各種ご相談ください。

「Musicomの2機種」は、基本機能は「ほぼ一緒の流れ」で、

・EFX LE 「トータル7Loop(4モノ,2ステレオ,1Volループ)」58,000円

・MK-V「トータル9Loop(7モノ,2ステレオ&1Volループ)」88,800円

この内容ですが、Loopの数よりもおおまかに「本体の横幅」「操作性」の違いで見ていこうと思います。
現実的に、エフェクターを9台とか..ってなると、ボードはかなり大きくなってしまいますので(EXPペダルも載せたいでしょうし)、まずは、最低限欲しいエフェクターとVolペダルの有無などをお聞きしながら、どっちにしようかをお話させていただきます。

つまり、何も全Loopを使う必要はないワケで..

早い話が「MK-V」で「使うエフェクターは5台」とかでもいいワケです。

ちなみに「横幅(W)」は、

・LEが「320mm」

・MK-Vが「420mm」

です。DとHは同じです。

と言うことは・・

「MK-V」は、SWが増える分、操作性はその分アップします。LEにエクステンションSWを追加したくらいの向上は望めます。それに、420mmならそんなに大きくならず、既に大きめなボードを組む前提なら、「MK-V」の導入に躊躇は要らないと思います。

しかし、あくまでボードサイズとの兼ね合いもありますので、できるだけ小さくであれば「LE」がお薦めです。


・・で、
とにかく「使いやすい」です!!

「何だこれは??」って驚くほどに、
マニュアル要らないかも..って言ったら大袈裟ですが、、それ位に使いやすいです。

プリセットは全て指一本(片足だけ)で完結します。呼び出しているプリセット上で、「Loop何番と何番のエフェクターをStoreする。」この操作もフットスイッチのLEDと、画面上のナンバーがもう、、ホントに分かりやすく表示されるので「簡単」に使えます。

しかも、、ルーティングも換えられます・・。

私、これまでにこの手の色んな機器を扱って(使って)まいりましたが、これほどにシンプルで見やすいスイッチングシステムコントローラーって凄いなと、初めて使った時に感動したほど。です。


更に、Windows,Mac対応のエディタでプリセットを構築、エディットすることもできます。

しかも、シンプルに。


えー、それと、
本体はACアダプターが付属しません(12VDC)。
その点からも、付随するパワーサプライなど含めまして、「組む一式」でのご依頼で当店にお任せいただいた方がいいかもしれません。

もちろん「本体のみ」の販売も行っております。

お問い合わせご相談はお気軽に。