MG-30 +EXCEL PRESET | スタート編

MG-30とMG-300
ゼロ1個少ない方が安い方?って間違えてしまうのですが、「名称MG-30」にはやっと慣れてきました。(値段は)MG-300が安い方で、MG-30が高い方。

上位/下位って言うより、機能も使い方違うので、どっちも楽しめる機器です。

その新製品「MG-30」は只今、エディット中。
EXCEL PRESET作ってます。

入荷後のテストでいきなりモノラル化、急に音出なくなる・・ってことがありましたが、現在FWアップデートで改善されています。ま、慌てずに。
→詳しくは輸入元(荒井貿易)サイトに書いてあります。

FWアップデート後は一応、sysytemリセット実行しておいた方が無難。
(エディット済みのプリセットがあるならエクスポートをお忘れなく!ついでに流したIRも消えますので共にバックアップ必須。)アップデート後はプリセット/IRのインポート、ペダルキャリブレーションなど手動で再構築します。

使い方はおおよそフィーリングで行けますが、もうちょっと細分化したマニュアルが欲しいかなと(荒井貿易さんへ要望)。

「EXCEL PRESET」エディット進行中。粛々と。
MG-30は凄いですよ。ルーティング変更もできますし、後段の主に空間系で使うセクションのパラレル化も対応。FRACTALでやっているみたいなDLYマスターがけもできますね。エフェクトの数も少し多めですし、基本的にはMG-300とサウンドは異なります。もう少し熟成高めたいですが、そこそこのエディットでもゴージャスなサウンド構築が可能です。

2wayのスイッチも付属してこの値段。安いですね。

それからディスプレイがとても綺麗。十字ノブも操作性を高めています。

初回販売分は完売しておりますので次回分をご注文ください。初期FRACTAL(Std/ULTRA)の記憶がまだ残っている方..時代の進化に結構ビックリしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です