ギタリスト中川雅之さんご来店!

Piecework, スタジオ、セッションで活躍中のギタリスト「中川雅之」さんがご来店!

ご愛用のギター(写真)EXTREME GUITAR FORCE「HYPER Standard」(EXGギャラリー2-1に掲載中!)をお持ち込みになり、

Newペダル「EXG ST-808」『Platinum』,『GOLD』の2機種をチェック!!

ST-808とは、
1980年製のマレーシアチップ搭載のオリジナルMaxon/OD-808の中でも..
「1000個に1個あるかないかの当たり中の当たりの個体(通称:GREEN)」のトーンを復刻、再生するプロジェクト。

中川さんに「ST-808 P,G」試奏中に「以下のコメント」をいただきました。ありがとうございます!!



80年製のMaxon OD-808の再現という難しい課題に取り組まれたという事ですが、結論から言うと、オリジナルモデルをギリギリ紙一重の所までは、再現されていたと言って良いと感じました。
満足度は95点以上とお考え頂いて大丈夫です。



おそらくブラインドテストではほぼ区別はできないでしょう。演奏してみて初めてわかるほどの繊細さでした。
ただその繊細な違いを求められている方が、そこに価値を見出されているのも事実です。「良いエフェクターが出来ました」だけでは納得されない不利な状況を自ら作られて、勝負された結果が詰まっていると感じました。

次に両モデルの違いは、個人が求める演奏フィーリングにも違いがあるので、あと2~3点をどちらのモデルで上積みしていくかの感じた部分です。

2つは、音はほぼ同じと考えて良いと思いますが、
(2種類の)大きな違いはピッキングニュアンスに対する反応でした。

ただピッキングニュアンスももちろん音色には反映されるので、単純なものではないという事で2モデルの選択肢ができたのは意味がある事だと思います。

「Platinum」は、
あくまで自然にピッキングに応えるニュアンスは、弾いていて楽しくなるモデルでした。

個人の感想では、オリジナルモデルに近い反応をするのがこちらだと感じました。
発売はこちらだけでも良いのではないかと思えるほどの再現性と演奏性でした。

対して「Gold」は、
そのナチュラルさを残しつつコンプ感が増しているという、相反する存在が見事に共存しているのですが、嫌味のないコンプ感を求められている方は、実は多いのではないでしょうか。

単純に太い音が出しやすいモデルになっていると思います。
同じ音色だけど、あとちょっとのプッシュ感が足されている感じでした。

大人な答えで申し訳ありませんが、どちらか一台となると甲乙つけがたい印象を受けたと言わざるを得ませんでした。

オリジナルモデルは、試奏時でも既にボロボロで、いつ壊れてもおかしくない状態にありました。もちろんそれを手元に所有していたとしても、修理して使う事はエフェクターを殺してしまう事を意味します。それでは、ライヴなどでは信頼性という観点から使えるレベルのものではなく、単なるコレクター商品です。
しかし、
むざむざ見殺しにしてしまうにはあまりにも勿体ないその輝きを、次へ繋げるチャンスが再び巡って来たという事は、大変ありがたい事なのだなと感じる事ができました。


いただいたコメントは以上です。中川さん、ありがとうございます!

ST-808 by EXG「Platinum」「GOLD」
・発売中!!

https://www.excel-web.jp/extreme_guitar/ST_808.html

Ultra-Gain 「2月末」発売! | EXTREME GUITAR FORCE

地域から世界へ。
地元企業「Maxon」製品を、同じく松本市在住エンジニア「田村進」氏がチューンナップするプロジェクト。

EXCELが日々探求するテーマ
「お客さんが喜んでくれることをやる!」この信念をベースに、描いた音作りを製品にしていくために、時間と、ご賛同くださっている田村さんの手間はかかりますが、「どんなお客さんに喜んでいただくのか」が (※)明確であるため、
・1つは完成したとき、そして、
・2つ目はお客様が「おお!これはいいぞ!」と喜んでくださるとき、この2つのやりがいがあります。
((※)80-90年代HR/HMを聞いて育ち、やがてフュージョン、AORへ、でもたまにメタルも聴く。当店のお客様に多い嗜好。)


新作「Ultra-Gain(ウルトラ・ゲイン)」が2月末に登場します!!


「Ultra-Gain」はディストーションペダル。
SD-9 SUPERと音の毛色は異なります。
Maxon/SM9Pro+をベースに回路の見直しや高品位パーツへの交換、そして機能面も改良を行い「別物」に進化しています。

Ultra-Gainの特徴は
・キメ細かい歪み方。
・エッジの効いたトーン。
・鮮やかさ。

アンプに例えるとするなら
3+SE(CH3)、
VHT Ultra Leadを彷彿とさせる「シャープさ」と「突き抜ける」音。


2つのトーンシェープ「MID FREQ」「TONE」を使いこなす

MIDレンジコントロール「MID FREQ」で自在に「ドンシャリ感」や、モダーンファズを彷彿するような飽和するミッドレンジ。
「TONE」コントロールと合わせてセッティングすることで、巻き弦のヘビィリフから、突き抜けるリードトーンまで、トーンシェーピングを駆使し、ペダルエフェクトで「豪快な歪み」と「切れ味鋭いトーン」を出すことができます。

高ダイナミックレンジ
Maxonチャージポンプによる「18V」(9Vも可)への昇圧機能によるヘッドルームの強化と高いダイナミックレンジも実現。
カスタムギターの「ワイドレンジ」な音を内部で広く受け取り、
余裕あるヘッドルームは、EMGユーザーにも快適にお使いいただける設計を考慮。

発売日、価格(2/25訂正)
(訂正1)・3月上旬発売
(訂正2)・価格:30,000円(税別)

商品ページは現在「製作中」
発売時期に合わせて公開いたします!