EXTREME GUITAR FORCE「RX」 | 発売開始

RX 発売開始。

オリジナルブランド「エクストリーム・ギターフォース」のカスタムギターは、2021.10月より刷新。

伝統的ディンキーSTを基礎に、ボディ、ネック、ヘッドデザインは新設計。昨年からのコロナ禍以降増えた「おうち時間」による鳴らす環境の変化。デジタルDSP機器の主流化は更に加速。ギターの在り方も変化。

デスクトップでギターを楽しむことに合わせ、「RX」はコンパクトデザイン..と言ってもいきなり変形&ヘッドレスにすることではなく、

・小ぶりなディンキーST、
・ネックグリップをコンパクトなSoft-V形状にして長時間弾いても疲れない、
・たまご型ネックジョイントのHeel access、
ギターは抱えやすく、握りやすく、ポジション移動も楽。41.2mmのナット幅でローポジションのコードワークも簡単。ローアクションで弾きやすく使えます。

「音」はとにかく、ペラくならないようにしました。材質、ネック形状、パーツのコンビネーション、ピックアップ、セットアップにおける工夫とアイディア、

そして、

クリエイティビティに。

「どのサウンドを目指すのか」をBlack Cloudさんと長期に渡るミーティングを経て「それなら、ここをこうしたらどうだろう」の意見の出し合いを何度も行い、創り上げていきました。

ギターサウンドの心臓ともいえるMIDレンジを充実に引き出し、ローエンドも重厚。FRACTAL,strymon等のアンプモデラーを使うことに対しても、ニュアンス、欠けないロー、エフェクトのコンビネーションも美しく奏でられます。

国産ギターっぽくない「良さ」がある。

国産ギター。と言うと、きっちり、かっちり、作り込みが良過ぎてどこか無機質な感じがすると評価されることがあります。なんとなくわかります。そこが海外ギター特にアメリカ製カスタムギターとの「ほんの少しの違い」なのかもしれません。
いい意味で、どこか緩んだ、力が抜けた感じ、どこかの帯域に寄っていることが個性。
「RX」の製作は新たに地元企業Black Cloudさんと提携。近い距離であることから用があればパッと行ける距離、これはお客様サービスの円滑化にもつながります。


写真:ブラッククラウドギタープロダクツ株式会社(安曇野市)

店主はこれまで何度も(ほぼ毎日..)足を運び、作業風景を見ていますが、Black Cloudさんでは実にゆったりした時の中でギターを作っています。楽しそうに仕事しています!
そのような環境で作られる「RX」は、国産ギターで評される”それら”とは異なり、作りの良さの中にどこか力を抜いた「(良い意味での)ラフさ加減」があります。お客様からの「国産ギターっぽくない!」の好評価も理解できます。音が前に出る、アンプシステムを通じてもミドルがちゃんと出る、ラフに弾ける。

発売中!

新世代ネオ・カスタムギター「EXG-RX」をこれからご愛用ください。

・販売商品。随時ネットショップに公開いたします。

・EXTREME GUITAR FORCEに関するお問い合わせは「ギターショップEXCEL」へお願いします。

お願い ブラッククラウドさんにEXTREMEに関する問い合わせは業務の妨げとなりますのでご遠慮ください。

・デモ動画は現在編集中! 近日公開いたします。

製品ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です