「Platinum」「GOLD」どっちがお勧め? | ST-808P,G by EXG

好評発売中!
オーバードライブペダル「ST-808 by EXG

  • OD-808(TS808)開発者 元Maxon 田村進氏自ら、
  • 1980年「マレーシアチップ搭載 OD-808」トーンの旨味を抽出。
  • 復刻再生したのが『ST-808P』『ST-808G』です。

GW前。
早速、店頭でトライしたお客様もいらっしゃる中。
2機種の「GOLD」と「Platinum」には、それぞれに特徴があることを実感いただけた様です。

トライしたお客様から共通して語られたことは、

  • クリーンINPUTでの比較時は→バランスタイプの「Platinum」
  • クランチ設定での比較時は→音が太い「GOLD」

..と、試した方々の好みを平均するとこの様な「共通点」がありました。

発売時。
2機種については、発売前からのイメージもあったのかもしれませんが、当初「Platinum」に人気が偏る傾向がありました。ネットショップではPlatinumは人気です。


「とりあえずビール!」みたいな..そのお気持ちよく分かります。

はい。よく分かりますが、、

店頭試奏での割合は逆の反応でした。

「PとG。どっちか?」
で言えば、店頭試奏でお試しになったお客様は「最初はGOLDで!」と割合的にはGOLDが売れております。

「最初は、」と言うのは、「(いずれ)どっちも欲しい」と言う意味で、P,Gどちらにも良い性質と特徴を実感いただけている様でありがたいことです。

↓↓ST-808 by EXG「ゴールド」「プラチナ」比較動画↓↓


Platinum
「品の良いローファイな世界観」。
クリーンINPUTで、ST-808でGAINを稼ぎ(プリアンプ風に)特にシングルコイルで奏でると、軽快なコンプレッションと、なめらかなトーンカーブは、上質な「ローファイ」トーンとなり、これぞ「本家TSトーン」のキレの良さを実感できます。「ピッキングニュアンスも出しやすい」です。
また、
クランチ〜ドライブのアンプに足すことで、上記の特徴を持った状態で、ギター全体のボリューム量を少しアップさせる「やさしい音でブースト」します。

GOLD
単純にGOLDは「音が太く感じられます」。
特に、歪みとの組み合わせが評判よいです。アンプをクランチ〜ドライブに設定し、GOLDでゲインブーストする。トーンは「まとまった感じ」に全体が締まることで、音圧も程よく厚みが増し、ピッキングを入れた分だけ深みのあるコンプレッション感が得られます。「演奏が楽に感じる点」も好評です。TS系ペダルで形容される「音のハリ」とか「艶っぽさ」と言うものの本家本物がST-808GOLDで手に入ります。


歪みとの組み合わせ?

P,Gどちらも「歪みとの組み合わせ」に関しては、TUBEアンプのクランチ〜ドライブに限らず、

「ペダルと併用」することも同じくお勧めです。例えばJanRayや、Diablo(OKKO)などをローゲインにセット。そこにST-808を足して「ゲインブースターとして」お使いいただくと、中音域から押し出す「TS本来」のトーンを味わえます。その違いは上記に戻り..「Platinum」「GOLD」と押し出す音の違いが出ます。


こちらがお客様の好みに向いていますよ。と言えないくらいそれぞれに特徴があるため、

「どっちがお勧め?」と尋ねられると..

「両方!」と自信を持って答えられる上質なペダルです。

使い分けてお使いいただけます。

そして、長く使えます。

 

↓↓『ST-808 by EXG 製品ページ』↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です